浅田真央と水蜜桃

 浅田真央選手・高橋大輔選手を中心に、
 フィギュアスケートの動画を紹介するブログです。
 採点の疑問も記事にしています。
 

09月« 2017年10月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»11月
BLOGTOP » CATEGORY … 準備中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浅田真央展と、初めての3A【動画】

「浅田真央展」で振り返る―12歳でトリプルアクセルを決めた全日本選手権

atari_DSC_1397.jpg

 連日たいへんな賑わいを見せている「浅田真央展」(日本橋高島屋で9月25日まで開催中)。20年に及ぶ競技生活の集大成ともなる展覧会で、幼少期から26歳の引退、その後のアイスショーでの衣装や写真パネルなど約100点の展示物はすべて、真央さん自身がセレクトしたものです。

 浅田真央さんが世界的な人気を得たのは、2005年のグランプリファイナルで15歳にして優勝したことがきっかけでした。年齢制限のために翌年のトリノ五輪に出場できないということも当時は大きなニュースになりました。

 今回は「浅田真央展」を記念して、それよりも少し前、国内のフィギュアスケート界でその名が大きく知られるようになった大会をご紹介します。

 それは2002年12月の全日本選手権でした。

 まだ小学校6年生で、身長は140cm台前半、細い体つきだった真央ちゃん。年齢的にジュニアの下の「ノービス」というカテゴリーの選手でしたが、全日本ノービス選手権(ノービスA)で優勝したことで、全日本ジュニア選手権に特別出場すると、4位に入りました。

 ちなみにこの全日本ジュニア選手権の優勝は、真央ちゃんの3歳年上の安藤美姫さん。2位は、2歳年上の姉・浅田舞さん。3位は4歳年上で、このシーズンの世界ジュニア選手権で優勝する太田由希奈さん。5位には、5歳年上の鈴木明子さんが入っています。

 全日本ジュニア選手権でも上位入賞した真央ちゃんは、やはり特別出場で全日本選手権へ。全日本選手権といえば、当時、村主章枝さんや荒川静香さんなどが優勝を争っていた日本で一番大きな大会です。シード選手以外は、シニアのお姉さんたちでも、地方大会を2度通過しないと全日本選手権には出場できません。

 そこにノービスとして初出場した真央ちゃんは、ショートプログラムで9位。すると、フリーではなんと、トリプルアクセルを片足で降りたのです。しかもその後には、3回転フリップ+3回転ループ+3回転トウループのジャンプコンビネーションにも成功。(トリプルアクセルも3+3+3も回転が足りなかったけれど、当時の採点方式では、回転不足による減点などはありませんでした)。

02JPN_R082s-550x827.jpg

© Masami Morita 小さい体いっぱいでジャンプを跳び、駆け回る演技に、会場中が大盛り上がり! 演技後には、観客席で見ていた、当時の出場選手の本田武史さん(その大会の男子シングルで優勝)や田村岳斗さん(同2位)がスタンディングオベーションで称えていました。

 ちなみに、その時に着ていたのは、世界で初めてトリプルアクセルを公式戦で跳んだ女子選手である、伊藤みどりさんが以前着ていた薄紫色の衣装。伊藤みどりさんも浅田真央さんも、同じ山田満知子コーチの下で練習をしていたので、お下がりとして譲り受けたそうです。(残念ながらその衣装は今回展示されていませんが、代わりに5歳の時に初めて出場した大会で着用した衣装などが展示されています)

atari_DSD_0166-550x824.jpg

 フリーは7位、総合も7位になった真央ちゃんは、次の年もまだ年齢的にジュニアに上がれなかったため、ノービスで戦いました。そして中学2年生になってジュニアに上がると、一気に「世界の真央」になっていったのです。

 現役引退を発表してから5か月が経っていますが、初日のオープン時には250人以上のファンが並ぶなど、まだまだ浅田真央さんは大人気です。<取材・文/日刊SPA!取材班>

「美しき氷上の妖精 浅田真央展」
会場:日本橋高島屋 8階ホール ※入場無料
会期:2017年9月13日(水)~25日(月)
入場時間:午前10時半~午後7時(午後7時半閉場)
※最終日9月25日(月)は午後5時半まで
★今後の巡回予定
10月18日(水)~29日(日)横浜高島屋8階ギャラリー
12月13日(水)~25日(月)大阪高島屋7階グランドホール
2018年1月4日(木)~22日(月) 京都高島屋7階グランドホール
4月18日(水)~30日(月・振休)ジェイアール名古屋タカシマヤ10階特設会場

2017.09.22 日刊SPA!




浅田真央展、楽しみですね(´∀`*)
私も名古屋の会場に行くつもりです。

続きを読むに、動画を2本紹介します。

①真央ちゃんが12歳で全日本選手権に初出場し、3Aと3-3-3を着氷した動画です。
採点方法が今とは違うのも印象的ですね。

②15歳でグランプリファイナルに初出場し、優勝をさらった動画です。
スルツカヤ選手下した事も、当時の首相のコメントも思い出深いですね。
スポンサーサイト

続きを読む »

68回目の終戦記念日【動画】

 



今日8月15日は、68回目の終戦記念日。
世界唯一の戦争被爆国である日本は、そのあまりの核の威力に、諸外国から「日本は再建できないだろう」と評されていました。
私達の今日があるのは、脅威の忍耐力と不屈の根性で日本を再建してきてくれた人達のおかげ。

日本人は平和ボケなんて言葉がありますが、ボンヤリしていても事件に巻き込まれないで済む社会って、どれだけ巨額の費用と莫大な年月をかけたところで、なかなか成立しません。
ロンドンオリンピックでも、日本人選手や現地観戦した日本人のマナーやモラルが高く評価されました。
日本人はもっと自分達の国民性に誇りに思っていい。

私は生まれ変わっても日本人でいたいです。
どうか政治家も官僚も国民一人一人も、そして私自身も、自分の生まれた国と、そこで根性出して頑張ってる人達への尊敬と愛情を胸に抱いていられますように。



続きを読む »

2011.3.11から2年

 


未曾有の被害をもたらした東日本大震災から、今日で2年が経過しました。
被災された方々の復興と、亡くなられた方のご冥福を、心よりお祈り致します。
私も些少ながら寄付とボランティアを継続しています。
1日でも早く、皆さんが元の生活に戻れる日が来ますように。


 

 




今回の記事はフィギュアと直接関係がないので、ブログランキングへのリンクは貼りません。

世界Jr. 「ISUに意見すると約束してもらいました」 田村岳斗

2013-3-8-1.jpg 


世界ジュニアの女子シングル テクニカルパネル判定について

世界ジュニアが行われていたイタリアから帰って来ました。この大会の女子シングルについては、日本の選手たちも含めてスケーターたちは素晴らしいパフォーマンスをみせてくれました。しかし、テクニカルパネルの判定に対しては、よくあんな判定ができたものだと、怒りを感じてしまいました。時間をかけてビデオ判定までして、テクニカルパネルは一体何を見ていたのか! という気持ちです。

今大会の女子シングルは、スコアも全体的にロースコアで、お客さんにとっても違和感がある大会だったのではないでしょうか。選手の出来とスコアがあまりにも噛み合わず、ブーイングが起きたのも事実です。2002年のソルトレイクシティ五輪で採点の不正があって以来、現在のジャッジングシステムになったのですが、今回のような判定が繰り返されるようであれば、スケーターはもちろん見ている方たちも納得がいかないような競技になってしまうかもしれません。男子で多くの選手が4回転に挑まなくなってしまった時があったように、女子も3アクセルや3回転+3回転にチャレンジしにくくなってしまうのでは?と危惧したくなるほどでした。テクニカルパネルの判定によって、勝った選手、負けた選手双方にとって後味の悪い盛り上がらない試合だと思いました。今回の世界ジュニアは、あの判定によって、女子シングルの技術の進歩を妨げ、選手のモチベーションを大きく下げるものだったと僕は思います。

回転不足判定、ダウングレード判定には、「全てのはっきりとしない場合には、テクニカルパネルはスケーターの利益になるように務めるべきである。」とありますが、今回の大会ではその理念は感じられませんでした。選手は0.1、0.01スコアを上げるために、いろいろな努力を積み重ねています。ショートプログラムからこうした判定が出ていたので、フリー当日の公式練習で多くの選手たちは着氷後の跡を何度も確認して、ちょっと異常な雰囲気でした。終わってしまった結果については何を言っても始まらないのですが、この結果を受けて、偉大な先輩スケーターがそうだったように、選手はこの悔しさと怒りをエネルギーに変えて新しいスタートを切ってさらに向上していくしかありません。

帰国してすぐに、今回の世界ジュニアで現地に行っていた日本の関係者の方たちに「もう一度映像を見てください。」とお願いしたところ「宮原のフリーの1本目のルッツはしっかりアウトエッジで踏み切れている。「e」がつくのは確かに判定がおかしいと思う」と言ってもらいました。「それ以外の回転不足に関してはグレーゾーンだと思う」とも言っていました。先に書いたルール「全てのはっきりしない...」の観点からすれば「グレーゾーン=はっきりしない」です。少なくともルッツの判定に関しては、見ている方にも不当だと認識してもらいました。今さらISUに抗議はできなくても意見する方向で行動すると約束してもらいました。今回のような判定が繰り返されないよう、強化部や僕たちコーチは大切な自国の選手を守るために気持ちを一つにして、なんらかの対応や行動をとる必要があると僕は思っています。よい演技によい判定、よい結果がでる、フィギュアスケートを愛する人が望む本来フィギュアスケートがあるべき姿になってほしいと思い、あえてここで言わせてもらいました。

(J-SPORTS/田村岳斗 March 7, 2013 8:26 PM / フィギュアスケート 12/13シーズン)

続きを読む »

67回目の終戦記念日に思う

 



今日8月15日は、67回目の終戦記念日。
世界唯一の戦争被爆国である日本は、そのあまりの核の威力に、諸外国から「日本は再建できないだろう」と評されていました。
私達の今日があるのは、脅威の忍耐力と不屈の根性で日本を再建してきてくれた人達のおかげ。

日本人は平和ボケなんて言葉がありますが、ボンヤリしていても事件に巻き込まれないで済む社会って、どれだけ巨額の費用と莫大な年月をかけたところで、なかなか成立しません。
ロンドンオリンピックでも、日本人選手や現地観戦した日本人のマナーやモラルが高く評価されました。
日本人はもっと自分達の国民性に誇りに思っていい。

私は生まれ変わっても日本人でいたいです。
どうか政治家も官僚も国民一人一人も、そして私自身も、自分の生まれた国と、そこで根性出して頑張ってる人達への尊敬と愛情を胸に抱いていられますように。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。