浅田真央と水蜜桃

 浅田真央選手・高橋大輔選手を中心に、
 フィギュアスケートの動画を紹介するブログです。
 採点の疑問も記事にしています。
 

04月« 2017年05月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»06月
BLOGTOP » CATEGORY … 2011.4 世界選手権

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年世界フィギュアスケート選手権はフランス開催

2010-12-26-10.jpg


2012年に日本で世界フィギュアスケート選手権を開催するフランスの提案は、実現しないようですね。

フランスの2012年開催を日本に譲る提案も、かわりにより条件の良い2013年を譲ってもらうのを前提にした提案なので、それを2013年開催予定のカナダが拒否するのは、致し方ないと言うか、至極当然です。

どの国だって、自国の選手に現世界王者・女王の看板を背負わせてから、オリンピックイヤーに挑みたいですからね。
ソチオリンピックは2014年2月7日開幕、世界選手権は毎年3月開催なので、2013年世界選手権の優勝者が現世界王者・女王としてオリンピックへコマを進められます。
自国開催ならホームアドバンテージが最大限利用できるので、ソチオリンピック前年の2013年世界選手権は、フランスじゃなくとも、カナダじゃなくとも、のどから手が出るほど欲しいでしょう。

ISUのチンクワンタ会長は、フランスの提案は受けず、2015年なら日本開催も検討するとの見解を示してます。
フランスが無条件で日本に譲ると提案しているのではない以上、1度決定したものを簡単にくつがえしたら信用問題ですから、この件でのISUの判断は妥当だと思います。
まぁ、2011年といい、2015年といい、日本開催はどちらもオリンピック翌年というのが露骨ですが。

日本はISUにとって金づるですが、カナダは絶対に2013年開催を手放さないし、フランスだって自国の開催を断念してまで日本に花を持たせる義理はないですからね。
ロシアで世界選手権が代替開催された際にも、2012年世界選手権はフランス開催とチンクワンタ会長が明言したそうですし、放射能ダダ漏れ状態の今、日本開催の望みは残っていないでしょうね。

このブログで政治批判や国策批判はあまりしたくありませんが、天災は致し方ない事ですが、東電や政府の対応の悪さは人災だと思ってます。
先日、首相から中部電力へ原発停止の要請があり、それが唐突で根回しがなく、別の利権問題が湧き上がる後手後手ぶりは、見ていて呆れるばかりです。
学習能力はないのか。

浜岡原発を停止した場合の中部地方の電力確保は定かでないですが、東海地震が予想されている上、場所が東京の近い静岡なので、おそらく中電は停止要請を受け入れると予想されてます。
(追記:5月9日17:45~中電の停止要請受け入れ記者会見が行われました)

そうなった場合、個人レベルでは節電を心がけるしかないですが、名古屋は日本でも夏暑く冬寒い地域なので、夏に空調が使えなくなれば、熱中症患者の続出は不可避でしょう。
個人の枠を超えて考えれば、愛知県はトヨタ自動車のお膝元で、自動車製造・輸出で国内産業を支えています。
計画停電が実施されるかはまだ分かりませんが、万が一にも大規模停電になったら、トヨタ関連を始めとした工場や、公共交通機関はどうなるんだろ?
政府はノープランで停止要請したようにしか見えないから不安だわー(∩´・ω・`∩)
フィギュア関連でも、通年営業のスケートリンクや中京大学のオーロラリンクって、大丈夫なのかな?

東京開催のつもりで練習してきた選手達は調子が狂ったと思いますが、グチもこぼさず、それぞれなりの精一杯の演技をし、その後は積極的にチャリティーショーに参加する頑張り屋さん達ばかり。
みんな、ええ子や(゜ーÅ)

放射能漏れの問題もいつ収束できるのか五里霧中で、この先の電力の在り方も泥縄状態。
不安要素はたくさんありますが、2015年世界選手権は日本で開催し、そこで日本人選手が輝かしい成績を残せる事を期待します。
スポンサーサイト

続きを読む »

藤森美恵子のキム・ヨナ本音解説、浅田真央ら帰国記者会見【動画】

世界選手権にまつわる動画の5本立てです。
浅田真央選手、安藤美姫選手、村上佳菜子選手、高橋大輔選手、小塚崇彦選手、キム・ヨナ選手が登場します。


①「Jスポーツ」の藤森美恵子氏による、本音解説の動画

ヨナのEXで、何とかフォローをしようとする田村岳人さんをさえぎって、「伝わってこない」とバッサリ。
SPやFSにも言及し、「クラシックバレエを知ってる人ならあのジゼルのインタープリテーション(曲の解釈)はあまり(得点を)出したくない雰囲気」、「アリランも男性的で…」、「GOEで高い点取っちゃうのがちょっと…」と、これまたジャッジごとバッサリ。
いいぞ、美恵子女史!GOGO、美恵子女史!(☆ω☆)


②FS記者会見後に、真央ちゃんと満知子先生がハグしてる動画

2011-5-4-7.jpg

2011-5-4-8.jpg


インタビューでは表情が硬くなっていましたが、恩師との再会に笑顔がこぼれてます。


③フジの地上波ではカットされた、世界選手権のフィナーレの動画

2011-5-4-1.jpg

2011-5-4-2.jpg


世界女王に返り咲いた美姫ちゃんが、とびきりの笑顔を見せてます。
銀メダルに輝いた崇ちゃんと、来季続行を決意した大ちゃんと一緒の、微笑ましいトリオです(^^)
やりきった選手達も、良い笑顔です(^^)

残念ながら、6位となった真央ちゃんはEXに参加できませんでした。
ロシアの地で、タラママデザインの素敵なチュチュ衣装でバラードを滑る真央が見たかったし、タラママも楽しみにしていたでしょうが、こればかりは仕方ないですね。

また大会中の4月29日には、著名なピアニストだったタラママのご主人が亡くなってしまったそうです。
ご冥福をお祈りします。

2011-5-4-3.jpg



④選手達の帰国記者会見の動画

美姫ちゃんのインタビューも聞きたかったですが、ロシアでチャリティーショに参加するためまだ帰国していないそうです。
2度目の世界女王おめでとう★.+。(ノ^∇^)ノ゚.+。

銀メダルを持って帰ってこれた崇ちゃん、輝いてます。
4Tを決めただけでなく、力を出し切ったFSの演技には、見てるこっちも様々が思いが去来して、涙がにじんで画面が見えなかった。
奥行きのある演技だった!銀メダルおめでとう★ヾ(*^▽^*)〃

連覇を期待されながらも、演技中にビスが外れ5位に沈んだ大ちゃん。
来季続行を決意してくれたとの事で、不完全燃焼をバネにさらなる飛躍をしてくるんでしょうね。
楽しみ~♪(´∀`人*)

真央ちゃんと佳菜子ちゃんは残念でしたが、気力は萎えていないようで一安心。
きっと乗り越えて、もっと強い選手になれるはず。
応援してるよ♪o(*^▽^*)o

2011-5-4-6.jpg


なお、FSでまたザヤックルールに抵触してしまった殿のインタビューはありません…。
メダル圏内にいながらまた自爆…。
SPでは4回転失敗時の練習してたのに、FSでのリカバリーは練習してなかったの…?(T□T)


⑤「すぽると!」に崇ちゃん生出演

2011-5-4-5.jpg

5月3日、崇ちゃんが帰国後にスタジオ生出演してます。
FSの技術点ではPちゃんを上回った事、会場の声援の大きさ、信夫先生やお父さんの反応など話してます。
胸に輝く銀メダルが眩しいよ!(∩^ω^∩)
野球の始球式でフォークを投げた事も振り返ってます。


そして、休止していた美姫ちゃんの公式サイトが5月2日に再開しました。
美姫ちゃん公式サイト⇒コチラ

4月29日には、崇ちゃんの公式サイトも開設。
ブログは突っ込み所満載な感じですが、個人的ツボは5月2日のNG動画です。
「これ(銀メダル)に懲りる事無く…」ってオイ★ヽ(´▽`)
崇ちゃん公式サイト⇒コチラ
今後の更新が楽しみですね♪(∩^ω^∩)

開催時期が遅れ、調整にとまどった選手達もお疲れ様でした。
日本には優秀な選手が多いけど、世界は広くて素晴らしい選手がたくさんいる。
本気と本気のぶつかり合いで、また次の大会も楽しませてね!

我らがアクセルマスター真央は、まだ進化途中。
真央ちゃんはオリンピックで金メダルの目標を捨ててませんからね。
来季はこれまで以上の活躍をして、また私達をとりこにしてくれるでしょう。
今から楽しみ♪(´∀`人*)

摩訶不思議な判定もあったけど、頑張ってる選手は応援したい。
真央ちゃんも、頑張ってる選手も、みんな大好き!ヾ(*^▽^*)〃


2011-5-4-4.jpg

続きを読む »

世界フィギュアスケート選手権 女子FSを見終えて (追記有り)

今回の感想も感情的で口が悪いです。

続きを読む »

世界フィギュアスケート選手権 女子SPを見終えて

今回の感想は感情的で口が悪いです。

続きを読む »

女子SP滑走順 安藤美姫25、浅田真央29、金妍兒30 小塚逆転銀

浅田真央選手、安藤美姫選手、村上佳奈子選手、高橋大輔選手、織田信成選手、小塚崇彦選手の、世界フィギュアスケート選手権のニュースのまとめです。


2011-4-29-1.jpg


<女子>

真央、先手必勝で2連覇!SPでヨナに勝つ!…世界フィギュア

 ◆フィギュアスケート 世界選手権第4日(28日、モスクワ・メガスポーツ) 女子は29日のSPで決戦の火蓋を切る。2連覇を狙う浅田真央(20)=中京大=は28日、バンクーバー五輪女王・金妍兒(キム・ヨナ、20)=韓国=との1年1か月ぶりの対決へ、SPのロケットスタートを宣言した。過去に制した08、10年大会は共にSPで金を上回って優勝しており、今回も“先手必勝”で金メダルを狙う。

 震災で中止になった東京大会の代替開催として注目されると同時に、金妍兒の1年1か月ぶりの復帰戦としても話題を集める今大会。真央は「(今季)初めて金妍兒が出場することでたくさんの方が注目すると思うし、見応えのある試合になる。自分も一緒に出ることを楽しみにしていた」と再戦を前に力を込めた。

 「今大会はSPが一番の課題だと思っている」と真央。ジャンプの修正に着手した今季は過去4戦でSPを1度も完璧に滑れていないが、今回も冒頭で大技のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)に挑む。この日昼にサブリンクで行った練習では、SPの曲に合わせて3回転半を着氷。銀メダルを獲得したバンクーバー五輪以来、6大会ぶりとなるSPでの大技成功に手応えをつかんでいた。

 ◆女子SP滑走順 浅田真央は29番目、金妍兒は最後の30番目に演技することになった。安藤美姫は25番目。村上佳菜子は浅田ら最終組の一つ前の組で19番滑走。

(2011年4月29日06時02分 スポーツ報知)


2011-4-29-2.jpg


真央、連覇へ「SPはパーフェクト狙う」

 フィギュアスケート・世界選手権第4日(28日、モスクワ)29日の女子ショートプログラム(SP)に向けて、連覇を狙う浅田真央(20)=中京大=が28日、最終調整。代名詞のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)には課題を残したが、昨季まで師事した名伯楽タチアナ・タラソワ女史(64)の言葉を胸に、約1年ぶりの金妍児(キム・ヨナ、20)=韓国=とのライバル対決に打ち勝つ。安藤美姫(23)=トヨタ自動車、村上佳菜子(16)=中京大中京高=も調整を行った。

 今季を締めくくる世界選手権。金妍児との大一番を控えた真央が、高らかな“パーフェクト”宣言で先制パンチを見舞った。

 「今大会はSPが課題だと思っている。シーズン後半になってジャンプも安定してきた。SPはパーフェクトな演技をしたい」

 昨年のバンクーバー五輪以来となる、SPのノーミス演技を誓った。

 否が応でも注目が集まる。バンクーバー五輪で金メダルを奪われた金妍児と、約1年ぶりの直接対決。真央はこの日の会見で、「一緒に滑れることが楽しみ」と対戦を心待ちにした。五輪後の前回大会では真央が勝利。雪辱に燃える金妍児との再戦に向け、真央は「見応えのある試合になる」と言うなど、早くも心はヒートアップしている。

 不安要素もある。モスクワ入り後の練習では、“伝家の宝刀”トリプルアクセル(3A)の成功率が高くない。この日行われた公式練習では、6本跳んでほぼ完璧な着氷は1度だけ。本番での3AはSPで1回、フリーで1回の計2回の予定だが、その成功が勝負のカギを握っている。

 だが、真央には心の支えがある。モスクワ入りした翌日の26日、昨季まで師事したタチアナ・タラソワ女史と、約10カ月ぶりに再会。大きなパワーをもらった。

 「タチアナ先生は久しぶりに会ったので、たくさんハグをしてくれました。(真央の)体もスリムだから大丈夫、と言ってくださいました」

 タラソワ女史の健康上の理由などで師弟関係は昨季限りで解消したが、今季のSP「タンゴ」の振り付けを依頼するなど現在も関係は良好。演技面でもアドバイスをもらい、「来季は3AをSP、フリーで計3回跳ぶこと」と発破もかけられた。

 本番当日もタラソワ女史は会場で見守る予定。真央は「(09年に)連覇が懸かったときはすごく緊張したけど、今回は大丈夫」と言い切った。恩師に報いるためにも、代名詞の3Aを成功させ、連覇へロケットスタートを決める。

(産経スポーツ/伊藤昇 2011.4.29 05:05 紙面から)


2011-4-29-3.jpg


真央「SPが課題」女子が会見

 フィギュアスケートの世界選手権で29日にショートプログラム(SP)に臨む日本の女子が28日、記者会見し、2連覇を目指す浅田真央(中京大)は「SPが一番の課題なので、今はSPのことだけ考えている」と好スタートを誓った。

 武器のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)はSPで1回、フリーで1回跳ぶ予定。2年前に4位で2連覇を逃したことを引き合いに「前回は緊張で頭がいっぱいだった。今回は自分のやってきたことをしっかり出したい」と意気込んだ。

 初出場の16歳、村上佳菜子(愛知・中京大中京高)は「緊張してしまうので、リラックスして落ち着いてやりたい」と初々しかった。(共同)

浅田真央の話

「この大会はSPが一番の課題。SPでパーフェクトな演技をしたい。今季初めて金妍児選手が出場し、見応えがある試合になると思う。自分でもとても楽しみにしていた」

村上佳菜子の話

「(代替開催が)決まってからは、動揺もなくしっかり練習できた。初めての世界選手権なので楽しみたい。シーズン最後の大会で一番いい演技ができればいい」

(産経スポーツ 2011.4.28 17:15)


2011-4-29-4.jpg


真央2連覇へSPで“先手必勝”宣言

 ◆フィギュアスケート 世界選手権第4日(28日、モスクワ・メガスポーツ)女子は29日のSPで決戦の火蓋を切る。2連覇を狙う浅田真央(20)=中京大=は28日、バンクーバー五輪女王・金妍兒(キム・ヨナ、20)=韓国=との1年1か月ぶりの対決へ、SPのロケットスタートを宣言した。過去に制した08、10年大会は共にSPで金を上回って優勝しており、今回も“先手必勝”で金メダルを狙う。

 震災で中止になった東京大会の代替開催として注目されると同時に、金妍兒の1年1か月ぶりの復帰戦としても話題を集める今大会。真央は「(今季)初めて金妍兒が出場することでたくさんの方が注目すると思うし、見応えのある試合になる。自分も一緒に出ることを楽しみにしていた」と再戦を前に力を込めた。

 「今大会はSPが一番の課題だと思っている」と真央。ジャンプの修正に着手した今季は過去4戦でSPを1度も完璧に滑れていないが、今回も冒頭で大技のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)に挑む。この日昼にサブリンクで行った練習では、SPの曲に合わせて3回転半を着氷。銀メダルを獲得したバンクーバー五輪以来、6大会ぶりとなるSPでの大技成功に手応えをつかんでいた。

(2011年4月29日11時09分 スポーツ報知)


真央「SPが課題ミスなく」

 フィギュアスケート世界選手権女子のショートプログラム(SP)は今日29日に開幕。
2連覇を狙う浅田真央(20=中京大)は、28日の会見で、昨年の世界選手権以来約1年1カ月ぶりの対決となるバンクーバー五輪金メダルの金妍児に対し「SPが課題になる。ミスなくパーフェクトな演技をしたい」と、パーフェクトなSPで挑むことを宣言した。
過去、浅田は4度の世界選手権と1度の五輪に出場したが、SPで首位に立ったことは1度もない。「(この1カ月)しっかりと滑り込みをしてきた」とSP首位で、金妍児にプレッシャーをかける。

(日刊スポーツ 2011年4月29日9時18分 紙面から)


2011-4-29-5.jpg


女王経験者3人の争いか=29日に注目の女子SP

 当地で開催中のフィギュアスケート世界選手権で注目される女子は29日にショートプログラム(SP)が行われる。連覇を狙う浅田真央(中京大)と4年ぶりの優勝を目指す安藤美姫(トヨタ自動車)の日本勢、約1年ぶりの実戦となるバンクーバー五輪金メダルの金妍児(韓国)。3人の世界女王経験者の争いになりそうだ。

 浅田は得点源であるトリプルアクセル(3回転半)に不安が残る。モスクワ入り後の公式練習でも着氷が安定していない。ジャンプを基礎から見直した今季は出遅れたが、昨年末の全日本、今年2月の四大陸選手権では復調の兆しがあった。進化の過程とはいえ、勝負強さを見せられるか。

 安藤は磨きをかけた表現面、ジャンプともに隙がなさそうだ。いち早くモスクワ入りし、黙々と調整を重ねた。今季は全日本、四大陸とも浅田をかわして優勝しており、安定感は十分だ。

 金妍児は今季前半を休養したブランクを感じさせない。練習で曲をかけて演技を通したSPは、見る者を引き込む迫力があった。豪快で上質なジャンプは昨季そのまま。韓国の伝統音楽を選んだフリーは「母国へのラブレター。感謝の気持ちを示したい」。新たなモチベーションを手に、勝負の舞台へ戻ってきた。

(時事com 2011/04/28-17:23)


美姫、精神面不安「気持ち強く持てない」

 ◆フィギュアスケート 世界選手権第4日(28日、モスクワ・メガスポーツ) 女子は29日のSPで決戦の火蓋を切る。07年大会女王の安藤美姫(23)=トヨタ自動車=は28日、3日ぶりに公式練習に参加し、高難度の3回転ルッツ―3回転ループの2連続ジャンプを成功させた。それでも「全然ダメです。気持ちが強く持てない。いい緊張が保てていない」と精神面の不安を吐露した。震災で代替開催が決まったときには出場を迷ったが、多くの激励のメールで頑張る気持ちが湧いたという。「1人でも多くの方に笑顔が戻ればいい」と日本へ向けて華麗な舞いを送る。

(2011年4月29日06時02分 スポーツ報知)


続きを読む »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。