浅田真央と水蜜桃

 浅田真央選手・高橋大輔選手を中心に、
 フィギュアスケートの動画を紹介するブログです。
 採点の疑問も記事にしています。
 

06月« 2017年07月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»08月
BLOGTOP » CATEGORY … 2010.10 GPシリーズ

安藤美姫が今季SP初披露 暫定3位 中国杯【動画】

2010-11-5-1.jpg 2010-11-5-2.jpg 2010-11-5-3.jpg

安藤美姫選手が、今季のSPをGPシリーズ中国杯で世界初公開しました。
残念ながらDGされていますが、冒頭で3Lz-3Loに挑戦しています。

Lz-Loは最高難度の連続3回転ですが、美姫ちゃんは存在自体が華やかな上にジャンプの切れ味が鋭くて、見る者の目を奪いますね~(☆ω☆)
これが見られるとかなり嬉しい♪(´∀`人*)
思わずテレビに向かって、「跳んだ!」と喚声をあげてしましました。

トリノオリンピックでの惨敗後の相次ぐ誹謗中傷に、「(あてつけに)死んでやろうかと思った」と、当時の心境を告白していた美姫ちゃん。
その後はモロゾフコーチと出会い、「逃げたと思われたくない」、「絶対に見返してやる」と、悔しさをバネに復活劇を遂げました。
やっぱり、美姫ちゃんはジャンプの天才で、日本の宝です。

逆転Vへ2・65点差…美姫“攻めて”SP3位

フィギュアスケートのGPシリーズ第3戦、中国杯第1日は5日、北京で行われ、女子ショートプログラム(SP)で07年世界選手権女王の安藤美姫(22=トヨタ自動車)が56・11点で3位につけた。今季からSPに入れた3―3回転のコンビネーションジャンプは回転不足となったが、首位の長洲未来(17=米国)に2・65点差で逆転Vを射程圏に入れた。昨年の中国杯を制した鈴木明子(25=邦和スポーツランド)は57・97点で2位。男子SPでは小塚崇彦(21=トヨタ自動車)が77・40点でトップ。町田樹(20=関大)は66・78点で7位だった。

 笑顔の交じった微妙な表情が、内容そのものを示していた。冒頭の3回転ルッツ―3回転ループに挑戦し、着氷。しかし、ループが回転不足の判定を受け、中盤のダブルアクセルも乱れた。「もったいないミスだった」。だが、昨季までなら安全策をとった場面で、攻めたことが何よりの成長だった。

 「楽しく挑戦する」。バンクーバー五輪まで演技の完成度を重視してきた安藤が、掲げた今季の目標がそれだった。本来、4回転という大技が武器だった “ジャンプの安藤”への回帰。前日から右腕にしびれを感じ「(直前の)6分間練習でも(3―3回転が)跳べなくて不安だった」というが、逃げることなく大技に挑んだ。「強気でやったし、気持ちをコントロールできたのが良かった」と満足感も口にした。

 今季はニコライ・モロゾフ・コーチとともに米国からロシアに拠点を移した。さらに記録的猛暑などでラトビアに移動するハプニングもあった。それでも「(五輪という)重圧を背負わず、スケートを始めたころのように」という純粋な気持ちで環境の変化も克服した。

 日中関係が悪化した状況での試合で、地元記者にはリンクの雰囲気を問われたが、「正直、少し心配したけど、中国の人も“ミキ!!”と言ってくれて、凄く落ち着いてできた」と笑って答える余裕もあった。

 首位とはわずか2・65点差。フリーは基礎点が1・1倍となる後半に5度のジャンプを組み込む“挑戦”が盛り込まれる。「あすはもっとスピードを上げていきたい」。07年世界選手権女王の復活、ではない。新たな安藤のアピールには、逆転優勝こそがふさわしい。
[ スポニチより引用 ]

余談。
2010年9月7日午前に、日本の領海である沖縄県尖閣諸島で中国漁船が操業し、警告を発する日本の海上保安庁の巡視船に故意に衝突するという、尖閣諸島中国漁船衝突事件が起こりました。
中国側は非を認めず更なる反日感情が高まる中、本日衝突の映像が流出され、事態は更に混沌としてきました。

そんな中でのフィギュア中国杯と、バレーの日中戦。
フィギュアは北京で行われるので、暴動の心配は少ないと予測されていますが、選手達がとばっちりを受けないか心配です。
政治の事は横に置いて、頑張っている選手達が精一杯の演技が出来るよう、応援したいと思います。

2010年11月5日、中国北京で行われ、同日テレビ朝日系列にて放送されました。

続きを読む »

テーマ:フィギュアスケート - ジャンル:スポーツ