浅田真央と水蜜桃

 浅田真央選手・高橋大輔選手を中心に、
 フィギュアスケートの動画を紹介するブログです。
 採点の疑問も記事にしています。
 

09月« 2017年10月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»11月
BLOGTOP » CATEGORY … ~2011.10 テレビ出演・他

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小塚崇彦 J-Sports 1 「世界一周スポーツの旅~挑戦」 【動画】

2011-10-10-4.jpg
2011-10-10-2.jpg
2011-10-10-3.jpg

小塚崇彦選手を特集した、J-Sports 1 「世界一周スポーツの旅~挑戦」の動画です。
練習仲間の浅田真央選手の映像もあります。

司会進行はお笑い芸人のフットボールアワー、ナレーションはタレントの武井咲さん、ゲスト解説は太田由希菜さんです。

冒頭で、4歳から練習を始めた由希菜さんの練習体験談が聞けます。
最初は氷に慣れる所から始めて、スネークとかひょうたんとか続けて、ジャンプをするのが小学校1年生位からとか。
他の選手も似たような経緯を話してたし、だいたい皆そんな感じかのかな?

でも、フットボールアワーの2人がこの辺からすでにどこまで理解してるのか怪しい感じで、あんまり話題が膨らまなかったし、上手く会話を回せてないのが残念。
お笑い番組に選手が出演してるんじゃなくて、まがりなりにもスポーツバラエティの体裁を取ってるんだから、司会者はフィギュアの技術本の1冊位は読んで、少しでもゲストに会話を合わせられるようにしておいてよ~(ノд-。)ホロリ



フィギュアスケートの基本テクニックを写真で紹介。
採点競技として、何が「よい」とされているかをていねいに解説。
2度のオリンピック出場経験があり、TV解説でもおなじみの名コーチ・樋口豊が全面監修。
プロスケーター・太田由希奈がモデルとなり、基礎からトップレベルの美技まで、撮り下ろし写真で詳しく解説します。
 


-話を戻して、崇ちゃんのコメント。
自身が掲げる今季の目標が2つあって、1つは4回転の種類と回数を増やす、2つ目は表現力にタメをつくってフェンスの外まで届ける、だそうです。
信夫先生の考える演技ポイントの解説もあります。

練習仲間の真央ちゃんに対しては、「いつも真面目にコツコツと、気が乗る時も乗らない時も自分で決めた事をやっているのを見習わなければならないと感じた」、と話しています。
これは、舞ちゃんのスポトモ!のインタビューでも影響を受けたと話していましたね。
真央ちゃんの練習熱心さに関しては、「あれだけの選手なら嫌がりそうな地道な基礎練習もやってくれる」と、久美子先生も関心してました。
信夫先生も、「以前の崇は練習にムラがあった。そこが以前とは違う」と話していましたし、真央ちゃんが信夫門下生に加わった事は、崇ちゃんにも良い刺激になったようですね(*^~^*)

他にも、全日本選手権で優勝、世界選手権で2位と健闘した昨季の活躍について、J-Sportsの解説を勤める田村岳斗さんのコメントが、短いながら興味深いです。
日本男子の層の厚さに言及する解説は多いですが、民放の浮かれた実況と違って、元選手の言葉は重いですね。

崇ちゃんが大きな影響を受けたコーチ兼振付師の佐藤有香さん、ジェフ・ビリングス氏との衣装合わせ、振付師の宮元賢二さん、ディヴィット・ウィルソン氏のコメントもあります。

2011-10-10-5.jpg
2011-10-10-6.jpg
2011-10-10-7.jpg

また、崇ちゃんが憧れの選手としてよく名前を挙げるカート・ブラウニングさんとの、振付してもらったEXをデュエットしている映像もあります。
これは貴重!(☆ω☆)
崇ちゃんが「笑いが止まらない、ずっとニヤケる」と話しているように、すごーく楽しそうに滑ってます。
リンク外でもブラウニング氏に、「君はロックスター、もっと自分をさらけ出せ」と叱咤激励してもらって、これは励みになるでしょうね。

昨季大躍進した崇ちゃんですが、まだまだ伸びしろはたくさん。
あそこからどれだけ伸びてくるか、今季の活躍が楽しみです。(∩^ω^∩)


■動画投稿者さんのコメント

☆10月7日、J-Sports 1 「世界一周スポーツの旅~挑戦」の放送より 
☆浅田真央選手のSP練習風景が少しあります。
☆公開は10日までの限定といたします。また、長いので画質を落としています。悪しからずご了承ください。
スポンサーサイト

続きを読む »

小塚崇彦「アスリートのチカラ」 浅田真央の話題と恋バナも【動画】

2011-5-29-1.jpg

2011-5-29-2.jpg


小塚崇彦選手が出演した、「アスリートのチカラ」の動画です。
八木沼純子さんが進行役で、一緒に佐藤信夫先生に師事している浅田真央選手や、高橋大輔選手の話題も登場します。

この動画の個人的見所は、16分からの親子ゲンカのシーン。
リンクでパパに「ふざけるな、この野郎!」と怒られ、崇が「何だよ、さっきから大きい声ばかり出して…」と涙声で訴えるも、パパは「泣くくらいならやめとけ最初から!」とさらに怒って、反抗期の崇はふて腐れてリンクから出てってしまいます。

私は初めて見たけど、当時の密着取材中のエピソードだったのかな?
宇都宮直子さんの著書にも、パパに怒られた崇ちゃんがリンクを出て叔母さんの所へ逃げていた事件が書かれてて、へぇ~と思ってたけど、実際にこういう感じだったのね~(∩´・ω・∩)

2011年5月27日、BSフジ「アスリートのチカラ ~one secret piece~」にて放送されました。


ちょこっとオススメ本の紹介。



■浅田真央○○歳シリーズでおなじみの方ですが、フィギュア全体のファンという方にはこちらの方がオススメ!
真央本は低年齢層にも安心の内容でしたが、こちらは宇都宮さん最後のフィギュア本だからか、フィギュアの暗部にも触れてます。
信夫先生の感じた世界の中での日本の立ち位置についてとか、やっぱりね~ってうなづける内容。
崇が小学1年生の時に始めて信夫先生の合宿に参加した際に、カバンに忍ばせたブツの小話もお気に入り。このかわいらしいモンチッチ坊やめ(^m^)

■内容紹介
伊藤みどり、荒川静香、浅田真央、…と有望選手を輩出しつづける日本フィギュアスケート界。なぜ、いつから強くなったのか。組織、ビジネスという観点からフィギュア界を分析します。
フィギュアスケートの世界を変えた天才スケート選手・伊藤みどりと名伯楽・山田満知子コーチの出会い。愛知県をスケート王国にした人々と、それを支えた学校や企業。有望選手を次々と生みだした長期的な強化戦略…。欧米に引き離されていた日本が、世界有数のフィギュアの強国に変化していくまでの歩みを、貴重な証言をもとにつづる。



■動画内でもショーの話題に触れていますが、書籍内でも語られてます。
タイトルに反して本田武史さんのバックボーンにも触れてますが、微妙にトゲのある書き方でした…。
テレビでは如才なく振舞いタレント化している八木沼さんですが、行間にフィギュアの暗部がにじみ出てる感じ…。文章のテクニックとして言外ににじませたのか、無意識に漏れちゃったのかは不明。
フィギュアの暗部つながりで紹介しました。ナムー(´-人-`)

続きを読む »

小塚崇彦銀メダル 地元テレビ多数スタジオ出演 恋バナも【動画】

世界選手権で銀メダルに輝いた小塚崇彦選手の、地元テレビ局にスタジオ出演した動画3本立てです。


①中京テレビ「news every」にスタジオ出演した動画。

2010-5-6-1.jpg 2010-5-6-2.jpg
2010-5-6-3.jpg 2010-5-6-4.jpg


当日のコンディションや、メダルを手にした喜び、やりとげた達成感などについて話しています。

他には、女子選手について聞かれ、「男子よりも精神的には強い」と言って笑われてます(^^)
確かに、日本の女子達は漢前だものね~。

周りの女子選手から崇ちゃんと呼ばれる件について、「それはかわいいイメージで?」の質問に、「抜けてるというイメージかな」と答え、やっぱり笑われてます(^^)

年下の村上佳菜子選手からもニックネームで呼ばれていると聞いて、驚いた様子の恩田アナウンサー。
確かにフィギュアって体育会系の縦の厳しさが少ないですよね。
そういう環境にいるから、ほのぼの感がにじみ出るのかな。

幼少の頃の日常の質問でも、やっぱりスタジオからクスクス笑いが(^^;
すごい選手のはずですが、相変わらずのぽやーんとした感じに和みますね。
勝って奢らず負けて腐らずの、気持ちの良い子です(^^)

2011-4-29-9.jpg


印象的だった、崇ちゃんの後ろで大きくガッツポーズする信夫先生の写真。
この画像とは少しアングルが違いますが、スタジオでもパネルとして飾られていました。
やっぱり、多くの人から見ても象徴的な写真だったんですね(∩^ω^∩)

とっても大きな成果をあげた、崇ちゃん。
3年後のソチへ向けて、更なる高みを目指すと宣言しています。
応援してるよ、頑張って!.+。(ノ^∇^)ノ゚.+。

他にも、安藤美姫選手と一緒に練習してた中学生時代の秘蔵映像、仲良しの浅田真央選手と一緒に出演するチャリティーショーの話しもあります。


②東海テレビ「スーパーニュース」に出演した動画

帰国後の最初の食事が焼肉だった事、スケートを始めたばかりの5歳の希少映像、緊張すると呼吸が上手くできなくなるが落ち着いて集中できた事、休日の過ごし方、ソチオリンピックへの抱負等について取り上げています。

お父さんからのビデオメッセージもあります。


③CBCテレビ「イッポウ」にスタジオ出演した動画

地元に帰ってきた安堵感、4回転を飛ぶ瞬間の気持ち、お爺さんやお父さんの反応、今季の強さに海外での1人暮らしが役立った事、オフの過ごし方について話してます。

また、高橋大輔選手の靴のビスが跳んだアクシデントについて、自分は内容は知らなかったが、信夫先生が冷静に対処してくれたと話しています。

信夫先生は、娘の有香さんが出場したリレハンメル五輪で、かの有名な’トーニャ・ハーディング靴紐事件’を経験してますからね。
詳しくは信夫先生の著書に書いてありますが、大会中のアクシデント時の対処は初めてではありません。
経験豊富で強く冷静な指導者だからこそ、崇ちゃんも信夫先生を信頼できたのでしょうね。

最後の方で、ちょっぴり恋バナもしてます。

続きを読む »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。