浅田真央と水蜜桃

 浅田真央選手・高橋大輔選手を中心に、
 フィギュアスケートの動画を紹介するブログです。
 採点の疑問も記事にしています。
 

10月« 2017年11月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»12月
BLOGTOP » CATEGORY … 2011.12 全日本選手権

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浅田真央 「世界選手権でレベルアップ」 チュッキョ・フィギュア 【動画】

2012-1-12-1.jpg

2012-1-12-2.jpg

2012-1-12-3.jpg

2012-1-12-4.jpg


熾烈を極める全日本選手権を勝ち抜き、世界選手権への出場キップを手にした、浅田真央選手・鈴木明子選手・村上佳菜子選手・高橋大輔選手・小塚崇彦選手・羽生結弦選手。

その内の愛知県出身の4名の選手が、世界選手権への意気込みを語っている動画です。
そして、代表発表の時の花束贈呈で、崇ちゃんにハプニングが起こっていた事が判明。
女子が笑っていたのはこのせいだったのね(^m^)


2011-12-26-11.jpg


スポンサーサイト

続きを読む »

浅田真央 「真央スマイルを忘れずに」 チュッキョ・フィギュア 【動画】

2011-12-26-2.jpg

2011-12-26-3.jpg



浅田真央選手の全日本選手権の様子を特集した、チュッキョ・フィギュアの動画です。

最愛の母を亡くしたばかりの真央ちゃんに、「真央スマイルを忘れずに」と信夫先生が滑走直前に声をかけたそうです。
辛かったとは思いますが、出場すると決めた以上、最善は尽くさねばなりませんからねo(TヘTo) くぅ

真央ちゃんの次の試合は、2012年2月7日開幕の四大陸選手権(アメリカ・コロラドスプリングス)です。
四大陸は出場しないと思っていたので意外ですが、昨季は四大陸で良い演技が出来たので、相性が良い大会なのかも知れませんね。
次の試合でも、良い演技をして、心からの「真央スマイル」が見られるのを期待したいと思います。


2011-12-26-1.jpg

2011-12-26-4.jpg

2011-12-26-5.jpg


続きを読む »

浅田真央ら出演M・O・I全編、高橋大輔&鈴木明子の新年挨拶【動画】

皆様、初詣には行かれましたか?
管理人は名古屋娘らしく、熱田神宮に参拝してきました。
真央ちゃんもこれまで毎年行っていたようですが、今年はお母さんをなくしたばかりだし、お参りには行ってないかな?


さて、ここから本題。
今年も浅田真央選手を中心に、頑張るフィギュアスケーターを応援していきますよ~♪o(*^▽^*)o
動画を3本立てで紹介します。

1.高橋大輔選手と鈴木明子選手の、新年の挨拶。

2.母の死・試練の真央を包む仲間たち

全日本選手権での記者会見、舞台裏の交流、信夫先生や久美子先生、タラママやザンナ先生とのハグシーンを集めた、ファンの方が作成された応援動画です。 

3.メダリスト・オン・アイス 

90分強の番組を全編HDでアップロードされたものです。
真央ちゃんはもちろん、鈴木明子選手、村上佳菜子選手、高橋大輔選手、小塚崇彦選手、羽生結弦選手、マーヴィン&高橋ペアらの映像がお楽しみいただけます。

匡子さんの訃報を受けた直後の山田満知子コーチが、「芯の強い子なので、(スケートは)何事もなかったようにやるだろう」と話していましたが、全日本選手権での真央ちゃんは、正にその通りの演技でした。
こんな時はファンが真央ちゃんを支えてあげなければならないのに、この日の笑顔で逆に真央ちゃんに安心させてもらう形になりました。

これまで本当に、血のにじむような努力を重ね、日本中のプレッシャーを一身に背負い、勝って当たり前と思われ、2位で負け呼ばわりされ、マスコミからは辛酸を舐めるような不条理な扱いを受けてきた真央ちゃん。

努力の深さも苦労の数も、並みの人とは違うんでしょうね。
期待される人間の底知れない部分を想像させる、深遠な演技でした(ノд-。)ホロリ

2011-12-27-1.jpg

2011-12-27-2.jpg

続きを読む »

母と滑った浅田真央が全日本V。取材陣の壁となった佐藤 【コラム】

2011-12-26-1.jpg



母と一緒に滑った浅田が全日本でV。男子は最強の世界選手権代表トリオ。

 大阪・なみはやドームに集まった5千人あまりの観客たちが、静まり返った。大勢集まったカメラマンたちのシャッターの音も、心なしか遠慮がちに聞こえる。

 12月24日、クリスマスイブの日に開催された全日本選手権、女子ショートプログラム。氷の上にいるのは、浅田真央だ。12月9日に最愛の母親を亡くしたばかりの彼女は、以前よりもさらにほっそりし、顔色が少し沈んで見える。それでもこの大会に出てきたのは、本人の希望だった。報道陣には、「選手への質問は競技のことのみ」とあらかじめ日本スケート連盟から規制がしかれていた。

演技終了後、天から見守る母に向かって微笑むようだった浅田。
 シェヘラザードのメロディがはじまり、滑りはじめる。2アクセル、3フリップ+2ループ、3ループ。ノーミスだった。観客たちもほっとしたようで、ようやく惜しみない歓声と拍手が沸き起こった。

「いつもと違う緊張があった。でも音楽が鳴り始めたら、いつも通りに滑れたと思います。終わってほっとしています。次につながる演技ができたかと思います」

 普段はキラキラとよく光る瞳は、やはり少し元気がない。それでもけなげにときおり笑顔を見せながら、メディアの質問に答えた。勢いのあるすばらしい演技を見せた村上佳菜子に次いで、僅差の2位スタートになった。

 そして翌日のクリスマスは、フリーの決勝だった。浅田真央は、最終グループ6人中4番目の滑走だった。「愛の夢」のメロディに合わせて、3フリップ+2ループ、2アクセル+3トウループなどを着氷していった。後半のサルコウとループが2回転になり、いくつかほかにも回転不足になったジャンプはあったものの、最後まで大きく崩れることのないまとまった演技だった。

 演技が終わった浅田真央は、ほっとしたように天井を見上げた。まるで天から見守る母に向かって微笑んだように見えた。

 逆転優勝。2年ぶり、5度目の全日本タイトルだった。


2011-12-26-2.jpg



■「選手として、やるべきことをやらなくてはならなかったので」

「得意なループで失敗したのはすごく悔しかったです。スタミナは問題なかったけれど、パーフェクトに滑れるかと思って気持ちがあせってしまって」

 SPの後のときよりも、少しだけ表情が明るかった。GPファイナルを棄権した後、4日間練習を休み、再開したときは筋肉痛もあったという。

「とにかく試合まで時間がなかったので、余計なことを考えている暇がなかった。選手として、やるべきことをやらなくてはならなかったので」

 そう言いながら、浅田真央は何度かぐっと何かをこらえるように唾をのみこんだ。これまでじっくり悲しむ暇もなく集中してきた緊張感が、少しだけ溶けてきたのだろうか。



2011-12-26-3.jpg



■「ずっと近くにいてくれているような気がしていた」

 亡くなった浅田匡子さんは、ある時私にこう言ったことがある。

「フィギュアスケートは、勝った、負けたではないと思うんです。その人の生きざまをどう氷の上で見せるか。それがフィギュアスケートではないですか」

 そして浅田真央は、この日なみはやドームの氷の上で、私たちに彼女の生きざまをしっかりと見せてくれた。悲しいとか、つらいということは、最後まで一切口にしなかった。

「いつもと違う状況の中で、今までやってきたことを出せればいいなと思って滑りました」

 世界選手権代表が発表された後、会見の最後にこういう質問が出た。

「いろいろあった中で世界の代表に選ばれたことを、お母さんにどのように報告しますか?」

 ほんの一瞬、関係者の間に緊張感が漂った。トリノ五輪で似たような質問をされた安藤美姫が泣き出してしまった一件が頭をよぎった。だがそれは、杞憂だった。

「ずっと近くにいてくれているような気がしていたので、何も報告しなくてもわかってくれていると思います」

 浅田真央は、曇りのない笑顔でそう答えた。周りが思っているよりも、彼女はずっと強い。結果的に5度目のタイトルになったけれど、彼女にとってはこの場に出てきて本人らしい演技をすることだけで、大きな勝利だったのだと思う。


2011-12-26-4.jpg



■今シーズン最悪の出来ながら優勝を果たした高橋の覚悟。

 男子は、高橋大輔が5度目の優勝を果たした。

 SPでは数年ぶりに4+3のトウループコンビネーションを成功させて、96.05という高得点を獲得。演技終了後に、ガッツポーズを見せた。

 だがフリーでは3度転倒という、今シーズン最悪の出来だった。それでもSPで10ポイント以上の点差をつけていた小塚崇彦をふりきり、トップを保った。

「SPでは自分でも思っていなかったほどの滑りができて、欲がでてしまった。優勝はできたけれど、演技には納得していません」

 フリー後の会見で、高橋大輔はそう語った。

「今季はいろいろ新しいことにチャレンジしているので、3位以内を目指していたけれど優勝はできると思っていなかった。結果よりも内容にこだわって滑ろうと思った。最終的にはソチ五輪に行きたいし、行くのなら勝ちたい。そのために不十分なところをすべて見直していきます」

2011-12-29-1.jpg



■男子の世界選手権日本代表チームは世界最強!!

 フリーでは羽生結弦、小塚崇彦、そして高橋の順で、特に羽生は最後のサルコウの失敗を除くとほぼ完ぺきの、素晴らしい演技だった。

 この3人は、一国の世界選手権代表として、おそらく世界でも最強のチームだろう。

 会見に来た高橋は、「今日はどうもありがとうございました」と、記者たちに向かってごく自然な様子で頭を下げた。2位の小塚も、3位に入賞した羽生も、チャンピオンを見習うように「ありがとうございました」と口にした。

 フィギュアスケートのようなスポーツでは、品格のある立ち振る舞いの手本を見せることもまた、一流選手には求められる。

 その意味でもやはりまだ日本のエースは高橋大輔だ。

 王座交代はいつか起きることでも、もう少し先のことになると感じさせる大会だった。

(Number Web 田村明子)

続きを読む »

浅田真央 「声」~フィギュアスケーターの2011 【動画】

2011-12-28-1.jpg

2011-12-28-2.jpg

2011-12-28-3.jpg


浅田真央選手を独占インタビューした動画です。

SP「シェヘラザード」についてや、取り組み中のジャンプ改造についてなど、真央ちゃんの言葉で話しています。

続きを読む »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。