浅田真央と水蜜桃

 浅田真央選手・高橋大輔選手を中心に、
 フィギュアスケートの動画を紹介するブログです。
 採点の疑問も記事にしています。
 

05月« 2018年06月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»07月
BLOGTOP » CATEGORY … 浅田真央

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浅田真央ってどんな人? 本人が語る、今までとこれからの私。

浅田真央ってどんな人?
本人が語る、今までとこれからの私。


81fZYz78gIL.jpg
 

浅田真央ってどんな人? と聞かれたら――。

 8年前なら、編集者の私はこう答えた。

「まず、圧倒されるほどの輝きを放っている。姿勢が良く、凛とした美しさがあり、誰に対しても礼儀正しく、相手の目を見てしっかりと受け答えする。『真央は~』とおっとりと話し始めるが、実は芯が強く、その後に出てくる言葉は自信に溢れている」

 8年前、彼女は19歳。バンクーバー五輪前後の話だ。2008-09シーズンから本格的に師弟関係を結んだタチアナ・タラソワのもと、フリープログラムで2度のトリプルアクセルを入れるなど技術的な面に加え、『仮面舞踏会』というこれまでとは違ったイメージの曲に挑むなど、フィギュアスケーターとして大きな成長を遂げていた。

 世界選手権やグランプリファイナルの頂点の座も手中にし、“女王”としてバンクーバー五輪の準備を着実に積み重ねていた頃だ。

 2009-10年、その五輪シーズンのフリープログラム『鐘』のステップシークエンスを覚えているだろうか。指の先まで赤と黒の衣装に身を包み、長い手足を最大限に使い精魂尽くして踊り切る約40秒。タラソワコーチに課せられたハードルの高い振付けをモノにした彼女は、自分のステップは世界一だという自信を持っていた。

「私、あの頃はものすごく気が強かったと思います。それが滑りに出ているんです」

 2017年12月、27歳になった浅田真央は『Sports Graphic Number』(942号/12月20日発売)のインタビューで当時を振り返りそう言った。

「スケートは、そのときの心境や性格がすべて出てしまうから怖い。ソチ五輪のあと1年休養して復帰してからは、優しい雰囲気になったと自分でも思います」

『鐘』およびソチ五輪のフリーに選んだ『ピアノ協奏曲第2番』の作曲家であるセルゲイ・ラフマニノフは、彼女を強くした。女王としての強さ、風格を身につけるにはふさわしい曲でありプログラムだったと言えよう。

「その後性格が変わったとは思わないんですけど。いまでも自分の性格ってわからない(笑)」と、グレーと紫を掛け合わせたようなシックな染めの着物に身を包んだ彼女は続けた。

 引退を発表してから8カ月――。

 鎧を脱いだ戦士は、世界一を手にするための訓練で身に付けた生き抜くための術と、今まさに得た自由で、新しい色のオーラを放つ。

 冒頭の質問。今なら私はこう答える。

「人を惹き付ける趣きは変わらない。終始穏やかだが、自分の意志のもと行動しているように見える。『真央は~』と話し始め、その後語られるのは、新しい夢、希望。それを考えると楽しくてしょうがないと言う姿はのびやかだった」

テキスト/藤森三奈(Number編集部)



スポンサーサイト

続きを読む »

「まさに女王」 浅田真央、五輪公式が「伝説の3A映像」公開

平昌五輪開幕まで2か月…
五輪SP女子初のトリプルアクセル成功者・浅田さんに再脚光



2010-2-25-19.jpg


 フィギュアスケートは現在、グランプリ(GP)シリーズ上位6名によって争われるGPファイナルが開催されており、女子ではSP3位の全日本女王・宮原知子(関大)、5位の樋口新葉(日本橋女学館高)が9日、勝負のフリーに挑む。来年の平昌五輪開幕までちょうどあと2か月となった同日、オリンピックの大会公式ツイッターが元女子フィギュアスケートの浅田真央さんが五輪SPで女子初のトリプルアクセルを成功させた功績を紹介。銀メダルを獲得したバンクーバー五輪のSP演技を動画付きで紹介し、改めて称賛を受けている。

 オリンピックの大会公式ツイッターは9日、「マオ・アサダが五輪のSPでトリプルアクセルを成功させた最初の女性であることをご存知か?」と投稿。そして、動画で添えたのは、19歳で迎えたバンクーバー五輪のSPだった。

 ワインレッドの衣装をまとい、仮面舞踏会の荘厳なメロディーに合わせ、演技を開始。代名詞となったトリプルアクセルを冒頭で見事に決め、客席からは大きな歓声と拍手が送られる。その後も美しいスピンやターンを披露し、現地バンクーバーのファンも魅了した。そして、2分50秒を演じ切ると、「真央スマイル」を見せ、映像は終わっている。

 SPでトリプルアクセルを決めたのは史上初。伝説の演技に続き、フリーでも2度決め、1大会で3度成功させた。ライバルのキム・ヨナ(韓国)に敗れこそしたが、見事に銀メダルを獲得した。

ファンにもあの感動が甦る「伝説的なパフォーマンス」

 ツイートの返信欄には、「伝説的なパフォーマンス」「まさに女王だ」「ビューティフル・マオ・アサダ」「美しきレジェンド」「彼女は女性という領域をも超越した存在」と称賛のコメントが到着。ファンにも“あの感動”が甦ったようだ。

 今年4月の現役引退表明から早8か月が経過したが、現役時代に輝かしい実績を残した偉大なスケーターの人気、インパクトは衰えを知らない。

(2017/12/09 11:16THE ANSWE)


2010-2-25-20.jpg


2010-2-25-32.jpg





次回のオリンピックが近づいた事で、我らが真央ちゃんの偉業が改めて認知されてきていますね。
ソチでのSP「仮面舞踏会」は、要素がギッシリ詰め込まれているのに息切れもせず、華やかで優美な3分間です。
特に、可憐なツイズル・圧巻のステップ・美ポジションのスパイラルは瞬きも惜しまれる程の完成度で、見る者の目を引き付けて離さない、何度見てもうっとりとため息がこぼれるような、見惚れてしまう演技です。
うっとり❤(´∀`人*)

五輪公式ツイッターに動画が挙げられた事で、真央ちゃんの神演技が世界各国の方達の目に再び触れる事になるでしょう。
真央ちゃんは日本の宝であり、世界的なフィギュアスケート選手でした。
今までも、そしてこれからも、多くの方達から愛され続けるスケーターであると思います。

続きを読む »

「舞への指導は真剣になっちゃった」浅田真央が振付けデビュー

2017112500006_1.jpg


元女子フィギュアスケートの世界女王でバンクーバー五輪銀メダリストの浅田真央(27)が、指導者に向けて動き出した。アイスショーの振り付けの初めての相手は姉の舞(29)。現役時代に世界から愛された真央ちゃんが、次世代を育てていくことになりそうだ。

 浅田姉妹は11月24日、東京の日比谷公園で行われたランニングイベント「スミセイ バイタリティ アクション Presents プレミアム“カラダ”フライデーRUN」に登場した。リオデジャネイロ五輪の陸上4×100メートルリレーで銀メダリストの飯塚翔太(26)と共に、公園や皇居周辺を6キロ走った。真央はハワイ・ホノルルマラソン(現地時間12月10日)への挑戦を控えている。

2017112500007_4.jpg

 イベントでは姉の舞が真央の指導について言及した。舞が出演するアイスショー「クリスマスオンアイス 2017」(12月15日、新横浜スケートセンター)で、振り付けを真央が担当している。真央にとって振り付けの指導は初めてだという。
 既に6回ほど指導を受けてるそうで、舞は「せっかく初めて振り付けをしてくれているので、私もいいプログラムを滑れるように頑張ってるところです」と笑顔を見せた。真央も「舞への指導は本当に真剣になっちゃって(笑)。でも、楽しかったです」と笑った。

続きを読む »

浅田真央展と、初めての3A【動画】

「浅田真央展」で振り返る―12歳でトリプルアクセルを決めた全日本選手権

atari_DSC_1397.jpg

 連日たいへんな賑わいを見せている「浅田真央展」(日本橋高島屋で9月25日まで開催中)。20年に及ぶ競技生活の集大成ともなる展覧会で、幼少期から26歳の引退、その後のアイスショーでの衣装や写真パネルなど約100点の展示物はすべて、真央さん自身がセレクトしたものです。

 浅田真央さんが世界的な人気を得たのは、2005年のグランプリファイナルで15歳にして優勝したことがきっかけでした。年齢制限のために翌年のトリノ五輪に出場できないということも当時は大きなニュースになりました。

 今回は「浅田真央展」を記念して、それよりも少し前、国内のフィギュアスケート界でその名が大きく知られるようになった大会をご紹介します。

 それは2002年12月の全日本選手権でした。

 まだ小学校6年生で、身長は140cm台前半、細い体つきだった真央ちゃん。年齢的にジュニアの下の「ノービス」というカテゴリーの選手でしたが、全日本ノービス選手権(ノービスA)で優勝したことで、全日本ジュニア選手権に特別出場すると、4位に入りました。

 ちなみにこの全日本ジュニア選手権の優勝は、真央ちゃんの3歳年上の安藤美姫さん。2位は、2歳年上の姉・浅田舞さん。3位は4歳年上で、このシーズンの世界ジュニア選手権で優勝する太田由希奈さん。5位には、5歳年上の鈴木明子さんが入っています。

 全日本ジュニア選手権でも上位入賞した真央ちゃんは、やはり特別出場で全日本選手権へ。全日本選手権といえば、当時、村主章枝さんや荒川静香さんなどが優勝を争っていた日本で一番大きな大会です。シード選手以外は、シニアのお姉さんたちでも、地方大会を2度通過しないと全日本選手権には出場できません。

 そこにノービスとして初出場した真央ちゃんは、ショートプログラムで9位。すると、フリーではなんと、トリプルアクセルを片足で降りたのです。しかもその後には、3回転フリップ+3回転ループ+3回転トウループのジャンプコンビネーションにも成功。(トリプルアクセルも3+3+3も回転が足りなかったけれど、当時の採点方式では、回転不足による減点などはありませんでした)。

02JPN_R082s-550x827.jpg

© Masami Morita 小さい体いっぱいでジャンプを跳び、駆け回る演技に、会場中が大盛り上がり! 演技後には、観客席で見ていた、当時の出場選手の本田武史さん(その大会の男子シングルで優勝)や田村岳斗さん(同2位)がスタンディングオベーションで称えていました。

 ちなみに、その時に着ていたのは、世界で初めてトリプルアクセルを公式戦で跳んだ女子選手である、伊藤みどりさんが以前着ていた薄紫色の衣装。伊藤みどりさんも浅田真央さんも、同じ山田満知子コーチの下で練習をしていたので、お下がりとして譲り受けたそうです。(残念ながらその衣装は今回展示されていませんが、代わりに5歳の時に初めて出場した大会で着用した衣装などが展示されています)

atari_DSD_0166-550x824.jpg

 フリーは7位、総合も7位になった真央ちゃんは、次の年もまだ年齢的にジュニアに上がれなかったため、ノービスで戦いました。そして中学2年生になってジュニアに上がると、一気に「世界の真央」になっていったのです。

 現役引退を発表してから5か月が経っていますが、初日のオープン時には250人以上のファンが並ぶなど、まだまだ浅田真央さんは大人気です。<取材・文/日刊SPA!取材班>

「美しき氷上の妖精 浅田真央展」
会場:日本橋高島屋 8階ホール ※入場無料
会期:2017年9月13日(水)~25日(月)
入場時間:午前10時半~午後7時(午後7時半閉場)
※最終日9月25日(月)は午後5時半まで
★今後の巡回予定
10月18日(水)~29日(日)横浜高島屋8階ギャラリー
12月13日(水)~25日(月)大阪高島屋7階グランドホール
2018年1月4日(木)~22日(月) 京都高島屋7階グランドホール
4月18日(水)~30日(月・振休)ジェイアール名古屋タカシマヤ10階特設会場

2017.09.22 日刊SPA!




浅田真央展、楽しみですね(´∀`*)
私も名古屋の会場に行くつもりです。

続きを読むに、動画を2本紹介します。

①真央ちゃんが12歳で全日本選手権に初出場し、3Aと3-3-3を着氷した動画です。
採点方法が今とは違うのも印象的ですね。

②15歳でグランプリファイナルに初出場し、優勝をさらった動画です。
スルツカヤ選手下した事も、当時の首相のコメントも思い出深いですね。

続きを読む »

浅田真央・小塚崇彦 THE ICE 「鐘」ステップ・スピンの同時再生【動画】


o0660100013993860886.jpg

mao505-jpp024653662.jpg

f2041747bd14478ecd1ade039b3b1f1b.jpg


ご報告が遅れましたが、私も真央ちゃんの地元・名古屋でのTHE ICE観てきましたよー(๑→ܫ←)♡
愛に溢れた素晴らしいショーで、とてもとても幸せな気持ちに浸れました。
今でもふわふわと夢心地が続いています。
特に真央ちゃんの演技は、うっとりとため息がこぼれるような美しさでした。ε-(´∀`*)ウットリ

今回は、ショーでも話題になった真央ちゃんの演技メドレーの中の、崇ちゃんの「鐘」完全コピーの比較動画を紹介します。
崇ちゃんの細かいモノマネは以前バラエティ番組でも披露していましたが、今回も特徴を捉えています。
(当時の動画はコチラ

崇ちゃんは自分の著書でも感じましたが、他のゲーム系・スポーツ系バラエティ番組でも勘の良さが感じられました。
見る力と、それを出力する力に長けているんでしょうね。

地元が同じで年齢も近く、子供の頃から今でも仲良しの二人。
見てて感心するし、ほっこりする動画です。


20582884_250199208830432_5734999294100897792_n.jpg


6ad3d0eeda3d6a3502bd182b2bbd3402-334x500.jpg



■動画投稿者icenews2015さんのコメント

THE ICE 小塚崇彦「鐘」と浅田真央「鐘」(World 2010 FS)のステップ、スピンを同時再生にしてみました。
演技は、ステップが終わって最後のスピンに入るところで合わせています。色々と検証した結果ステップ部分は少し短く(出だしが遅い)、最後のスピンの時間も短くなっています。
動画では、浅田真央「鐘」のスピンを一部カットしました。
後は動画をご覧の通りです。ステップでは主要エレメンツを合わすために回転数を減らしたり一部省略しているところもありますが、短時間でよくここまで滑れるようになりましたね。流石、小塚さん!

続きを読む »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。