浅田真央と水蜜桃

 浅田真央選手・高橋大輔選手を中心に、
 フィギュアスケートの動画を紹介するブログです。
 採点の疑問も記事にしています。
 

04月« 2017年05月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»06月
BLOGTOP » CATEGORY … ~2013.10 テレビ出演・他

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浅田真央、髙梨沙羅の共通点 「イメージしたら出来ちゃう勝負師」

2013-2-23-1.jpg

2013-2-23-2.jpg


髙梨沙羅、浅田真央支えるトレーナー「人間は男と女とトップアスリートの3種類」

浅田真央と高梨沙羅の活躍の裏に1人の若手トレーナーがいる。牧野講平33歳だ。牧野が高梨のトレーナーになったのは去年3月(2012年)だ。さっそく高梨の弱点を分析し、着地姿勢の得点の低さと見抜いた。スキーのジャンプ競技は飛距離点と飛型点を合わせた得点で争われるが、高梨は飛距離が長いため着地は平坦な所になりがちだ。

司会の羽鳥慎一羽鳥「そのため、着地の際の衝撃は相当なもので、飛型点で思った通りの得点を得ることができなかったことが何度もあったそうです」

牧野は小さなマクラぐらいの半円柱に乗り、バランスを崩さないようなトレーニング方法を導入してみた。羽鳥によると、「スタッフも挑戦しましたが、グラつかないでまっすぐ立つというのはかなり難しかったそうです。浅田真央ちゃんはバーベルを肩に担いで膝を屈伸させ、背中や腰の筋肉を鍛えた結果、それまでの慢性腰痛が解消されたそうです」という。

浅田も髙梨もイメージしたらその通りにできる

牧野は浅田と髙梨の共通点として、「イメージしたらそれがそのままできること。2人とも手を抜かない、妥協しないという点でも同じですね」と話している。

コメンテーターの吉永みち子(作家)「高梨選手はまだ16歳でしょ、それなのにそれ一筋でやってきた職人という雰囲気がありますよね」

羽鳥「牧野トレーナーは、人間は男と女とトップアスリートの3種類に分けられると話していました」

長嶋一茂(スポーツキャスター)「日本では昔から心技体といわれているが、子供から成長期にかけての体や心の変化は男性よりも女性の方がいろいろ起こるんですよね。その時にどうフィジカルコントロールをするか、それが世界のトップアスリートを育てるポイントになると思います」

イメージしたように体を動かせるというのが、一流アスリートの絶対条件ということだ。

(J-CASTニュース 2013/2/22 13:14)


沙羅、真央から刺激「自分もがんばる」/ジャンプ

 ノルディックスキー・世界選手権(20日開幕、イタリア)ジャンプ女子代表5人が11日、成田空港から欧州へ出発した。ワールドカップ(W杯)個人総合首位の高梨沙羅(16)=グレースマウンテン・インターナショナル=は、フィギュアスケート女子の浅田真央(22)=中京大=から刺激を受けた。

 「浅田さんがトリプルアクセルを跳んでいるところは見た。自分もがんばらないといけない」

 10日のW杯蔵王大会で連勝し、その後は新幹線などを利用して成田へ移動する多忙ぶり。自身の活躍を報じる映像を確認する時間はなかったものの、四大陸選手権(大阪)で真央が3回転半ジャンプを解禁するシーンだけは、しっかり目に焼き付けた。16、17日のスロベニアでの2連戦で、W杯総合初優勝が決まる可能性もある。「もう一度自分のジャンプを確認して世界選手権に臨みたい」。跳んだ真央に対し、沙羅は誰よりも遠くへ飛ぶ

(サンスポ/江坂勇始 2013.2.12 05:01)



トップアスリートを献身的に支える牧野トレーナーにとって、真央ちゃんや高梨選手の活躍は責任重大である分、結果がついてきた時の喜びもひとしおでしょうね。

真央ちゃん自身のインタビューはもちろん楽しみですが、チーム真央の方達の言葉も興味津々ですよね( • ̀ω•́ )✧キラリ
牧野トレーナーからは、真央ちゃんはこう見えてるのねー。

スポーツ選手と故障は切っても切れない関係ですが、真央ちゃんがあれだけ体に負担がかかる演技を続けていけるのも、牧野トレーナーを始めとした後方支援の方達の尽力のおかげですよね(´▽`)

人見知りする真央ちゃんが信頼できるトレーナーについているのは、ファンとしても安心します。
牧野トレーナー、これからも頑固で負けず嫌いで侍な真央をよろしくお願います(ぺこり)
スポンサーサイト

続きを読む »

浅田真央と高梨沙羅の共通点 「真面目で頑固な職人みたい」

2013-2-20-1.jpg


沙羅 真央と同じトレーナーに師事 ソチでジャンプ“競演”だ

 ソチ五輪では真央とのアベック金メダルが実現する!?高梨が遠征の合間にトレーニングに通うのが森永製菓「ウイダートレーニングラボ」(東京都港区)。昨オフから定期的に通い、浅田真央のトレーナーでもある牧野講平氏(33)から指導を受けている。

 女子ゴルフの有村智恵らも見てきた牧野氏は、高梨について「優れているのはバランスの良さと感覚の鋭さ」と評する。「単純に脚力でいえば海外の選手の方が上。浅田選手と似たようなところがある」と2人の共通点を語った。牧野氏が同行できない海外遠征でも高梨はストレッチポールなどを持参し肉体づくりに励んでいる。今遠征の出発前には「浅田真央さんがトリプルアクセルを跳んでいるところを見た。自分も頑張らなきゃ」と語っていた。ソチの大舞台でも2人のジャンプの“競演”が見られるはずだ。

[スポニチ 2013年2月18日 06:00 ]


真央、沙羅 氷と空の妖精が誌面“対談”

 真央から「沙羅ちゃん」へ、沙羅から「真央さん」へ-。14年ソチ五輪まで7日であと1年に迫った。フィギュアスケートの浅田真央(22=中京大)と新競技の女子ジャンプの高梨沙羅(16=グレースマウンテン・インターナショナル)。最注目の2人にそれぞれ、互いの印象、ライバル、そして1年前の決意について語ってもらった。紙上の“対談”で、金メダル候補のいまに迫る。【取材・構成=松末守司、阿部健吾】

 2人の冬のヒロインが大輪の花を咲かせる時を待っている。1人は2度目の五輪で銀盤の新女王になるため、氷上を幾千回と跳んできた。もう1人は新たに採用される競技で、白銀の初女王になるため、幾千回と空を飛んできた。

 3年前、初出場した10年バンクーバー五輪は19歳だった浅田。華麗な滑りに、期待を一身に背負っていた。

 新競技の女子ジャンプで無類の強さを誇る高梨。五輪では初となる表彰台の頂点へ、いま期待は日々高まっている。

 2人はこれまで面識はない。ただ、冬季五輪で戦う先輩、後輩として、その姿は互いを刺激している。

 浅田 16歳ですが、しっかりとしていてまじめな印象です。

 高梨 すごくすてきで、物腰が柔らかく、それでいて、スポーツ選手として心(しん)の強さを感じます。その部分がすごく光っています。

 浅田は同じ10代で初五輪を踏むだろう後輩に、たくましさを感じている。高梨は6歳上の先輩へのあこがれを、日ごろから隠さない。そして、自分もそうなりたいと願う。

 高梨 試合を見ていると引き込まれる気がします。すごくきれいな演技。自分も見ている人が楽しいと思えるジャンプを飛びたいと思います。

 どうすればそうなれる? 浅田の答えはシンプル。そして、それは同時に後輩へのエールでもある。

 浅田 (五輪では)練習が自分を支えてくれると思います。同じスポーツ選手として一緒にソチ五輪を目指して行きたいですね。

 氷上で8時間以上も滑り通しのこともある浅田。厳しい練習の積み重ねが向上となり、自信となってきた。だから、説くのは日々の大切さだ。

 ソチ五輪まであと1年。2人の共通点はライバルの存在にある。

 浅田には同学年の金姸児(韓国)がいる。バンクーバー五輪で金メダリストに。その後は休養していたが、五輪プレシーズンとなる今季復帰。国際スケート連盟(ISU)の公式記録ではないが、合計点で今季最高点を記録するなど、実力は健在。3月の世界選手権(カナダ)で11年の同大会以来、2年ぶりに同じ試合で争う。

 浅田 (バンクーバー五輪前は)やはり(金に)勝ちたいという思いが強くなってしまう時もありました。しかし、それは自分を成長させてくれたし、強くしてくれていたのだと思います。いまは自分のやってきたこと、自分の滑り、表現したいこと、自分が目指している技術を成功させることに気を付けてます。

 高梨のライバルはくしくも、同じ名前の「サラ」。米国の18歳サラ・ヘンドリクソンは、昨季W杯で13戦9勝して総合優勝、今季も五輪プレ大会となった2月ソチ開催のW杯で優勝するなど2勝を挙げる。

 高梨 ずっと目標にしてきた存在。彼女の勝負強さ、技術、安定性を見習いたいなと思います。

 切磋琢磨(せっさたくま)の先にある夢舞台まで365日。あらためて五輪とは-。

 浅田 バンクーバーが終わった後、すぐは悔しい気持ちでした。でも、今まで小さな時から夢だった五輪に出られたことは良かったですし、メダルを取れたこと、トリプルアクセルを跳べたこと、ショートもフリーも自分の全てを出せたこと、五輪までの全てが思い出です。大きな舞台を経験して、気持ちが強くなったと思います。いまはソチ五輪がとても楽しみです。出場できるように頑張ります。五輪シーズンは曲やプログラムも大切になってきます。最高の舞台で、自分の最高の演技ができるようにしたいです。

 高梨はその道を歩いている途中だ。女子ジャンプは99年に国際大会が実施されたが、10年バンクーバー五輪の採用は見送られた。世界選手権が始まったのは09年。苦節を味わいながら先人たちが築いてきた道の続きを、高梨は歩いている。

 高梨 ずっとあこがれていた五輪で正式種目に採用されました。女子ジャンプをずっと引っ張ってきて下さった先輩たちの夢がかなって、やっと報われたと思いましたし、自分の夢でもあったのでうれしい気持ちでした。今は五輪が目標としてあるので、やるべきことが明確になりました。1試合1試合を大事に戦っていきたい。まだ、安定性と精度に欠けている。そこをレベルアップさせたい。

 初めての思い出を、より楽しい思い出で塗り替える舞台。あこがれの先に、初めての思い出を刻む舞台。真央と沙羅、2人の日本のヒロインを迎える冬の祭典の足音が近づく。

 ※おことわり 浅田、高梨それぞれ別に取材を行い、対談形式に構成しました。

 [日刊スポーツ 2013年2月10日8時16分]





ニュースで引っ張りだこの高梨沙羅選手は、真央ちゃんと同じ牧野トレーナーにサポートしてもらっているんですね。
以前真央ちゃんを尊敬していて見習いたいと話していましたし、ほんのりと親近感を感じてしまいます(´∀`*)

↓古いニュースですがコチラです
14歳ジャンパー高梨こっそりメダル宣言

 14歳の高梨沙羅(北海道・上川中)が“こっそり”メダル奪取を宣言した。今日25日、ノルディックスキーの世界選手権女子ジャンプの個人ノーマルヒル(HS106メートル、K点95メートル)が行われる。公式練習(23、24日)で6本中5本で1位。報道陣の前では「6位以内」と話したが、渡瀬弥太郎コーチは「狙うのは6位かって聞いたら『3位以内』だって」と裏話を披露した。

 尊敬するフィギュアスケートの浅田真央に続くつもりだ。浅田は07年に初出場した世界選手権で2位に入った。高梨は「どんな逆境になっても絶対にはい上がってくる。私も見習いたい」と話す。女子ジャンプは14年ソチ五輪の新種目候補に挙がっている。「先輩たちの背中を追ってきた。作ってくれた道をきちんと歩きたい。最高のジャンプを飛んで(五輪決定に)貢献したい」。沙羅ちゃんがいよいよ世界に舞う。

 [日刊スポーツ2011年2月25日9時22分]

マッキー曰く、そんな二人の共通点は「真面目で頑固で手を抜かない」。
真央ちゃんはコーチからも選手からも同じ内容の事をいわれますよね。

もちろん類まれなる才能に恵まれたのは間違いありませんが、それが開花し更なる進化を遂げているのは、陰日向なく黙々と厳しく地道な練習を続けているからこそなんですよね。
注目されるというのは励みにもなり、同時に重圧にもなるものですが、そこで立ち上がれるのがスター選手がスターである所以でしょうね。

私の努力や大変ぶりは比べるまでもなく彼女たちの足元にも及びませんが、それでもくじけそうになった時は、私も高梨選手のように「どんな逆境になっても絶対にはい上がってくる真央ちゃん」を思いだし、頑張る勇気をもらおうと思います(´▽`)

素晴らしいアスリートと同じ時代に生きられるのは、無形の財産を分けてもらえるようなもの。
ソチ五輪を現地観戦するのはチケットの倍率的にも予算的にも叶いませんが、真央ちゃんの五輪までの戦いを少しでも生観戦できたらいいなと思っています。

管理人はひたむきに頑張る真央ちゃんが大好きです(。•ㅅ•。)♡

続きを読む »

浅田真央 「白鳥の湖」 ジャンプやプログラム構成の変遷

 

 


浅田真央選手のファンの方が作成された、応援動画を紹介します。

今季のFS「白鳥の湖」を、GPS中国杯・GPF・四大陸選手権で比較しています。
画面を3分割して同時再生しているので、細かな違いがつぶさに分かりますよ。


■動画作成者wice2016さんのコメント

浅田真央選手のFS「白鳥の湖」。中国杯とグランプリファイナルと4大陸選手権の比­較をしてみました。
ジャンプ構成が凄いですね! 世界選手権は3Aを最初に持ってくる以外は変更しないのでは?
ぜひ真央スマイル全開でフィニッシュ出来ますようお祈りしています。
なお、3つの演技­はプログラム曲で同期を取り、4大陸選手権の音声を使用しております。

続きを読む »

浅田真央・高橋大輔ら出演 ジャパンスーパーチャレンジ

浅田真央、鈴木明子、村上佳菜子、高橋大輔、織田信成、羽生結弦、無良崇彦(敬称略)らが出演した、ジャパンスーパーチャレンジの動画を紹介します。

今年のキャプテンは、チームレッドを真央ちゃん、チームブルーを大ちゃんが務めています。
まだ見つからない動画もありますが(^▽^;、選手達の動画は見つけ次第追加していきますね。

2013年2月3日、フジテレビ系列にて放送されました。

続きを読む »

浅田真央 「今季後半で完全復活が目標」 "トリプルアクセル跳ぶ"

2013-2-1-1.jpg

2013-2-2-2.jpg

2013-2-2-3.jpg

2013-2-2-4.jpg

2013-2-2-5.jpg

2013-2-2-6.jpg

2013-2-2-7.jpg


浅田真央選手のインタビュー動画を紹介します。

代名詞3Aについて、「以前跳んでいただけに、やはり跳ばなければ自分も納得しないと思う」、「今シーズン後半に成功させたい」と意気込みを語っています。

今年の1月7日、地元の名古屋スケートフェスティバルで282日ぶりに3Aを跳び、両足ながらも着氷。
インタビューでは3Aについて「(まだ)おあずけだなって感じがしました」と答えていますが、その顔には笑顔が溢れています。
本当に跳びたかったんでしょうね(´∀`*)

最後にソチ五輪への思いを込めて、「今シーズン後半で完全復活をして、そこから2013年の新しいシーズンがそのまま調子をキープしていければいいなと思います」と占めています。

2013-14シーズンは、ソチ五輪が開かれる大切な年。
我らが真央がバンクーバー五輪の雪辱を晴らすシーズンになる事を、ファンとしても祈っています。
応援してるよ、頑張って!.+。(ノ^∇^)ノ゚.+。

2013年2月1日、東海テレビ「スーパーニュース」にて放送されました。

続きを読む »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。