浅田真央と水蜜桃

 浅田真央選手・高橋大輔選手を中心に、
 フィギュアスケートの動画を紹介するブログです。
 採点の疑問も記事にしています。
 

04月« 2017年05月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»06月
BLOGTOP » CATEGORY … 安藤美姫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安藤美姫、来季引退へ 目標は来季の全日本/独占インタビュー

2012-10-11-1.jpg



美姫、来季引退へ/独占インタビュー

 フィギュアスケート前世界女王の安藤美姫(24=トヨタ自動車)が来季限りでの現役引退を明言した。9日、日本スケート連盟を通じて、指導者不在による調整不足で、GP(グランプリ)シリーズの中国杯(11月2~4日、上海)とフランス杯(11月16~18日、パリ)の欠場を発表。同夜に日刊スポーツの取材に応じ、今後の半年間を完全休養し、五輪シーズンとなる来季でアマチュアを引退する決意を明らかにした。来季はファンのためにいずれかの試合で最後の演技をすることを誓ったが、14年2月のソチ五輪は「今は考えていない」と話した。

 日本スケート連盟を通じて今季GP欠場という決断を発表した夜、安藤は自分の気持ちを確かめるように、現在の正直な思いを口にした。

 安藤 はっきり言って来季がラストのシーズンと思っています。どの試合でもいいので、もう1度出させていただいて演技をさせていただけたら。今まで支えてくれた方のためにも、恥ずかしくない演技がしたい。今までやってきたことを100%出したい。

 GPシリーズ欠場を発表した理由も、今まで応援してくれたファンのために万全の演技で有終を見届けてもらいたかったからだった。現状ではそれは無理だった。だから今季は休養という苦渋の決断をするしかなかった。

 連盟から発表された欠場理由は2点。(1)GPシリーズを戦うために絶対不可欠な指導者に巡り合うことができず、現在も指導者不在で練習せざるを得ない状況であること(2)その事情もあってGPシリーズに向けて技術的、精神的な調整が間に合わなかったこと。

 安藤 やはり、コーチが決まらなかったことが大きいです。ニコライ(・モロゾフ)コーチに信頼を置いていたので…。3月に今季は指導できないと言われ、それ以降も面と向かっては(コーチ関係の解消)言われてなかったんですが、結果的にそうなってしまいました。

 5月になっても結論が出ず、次のコーチを探すタイミングも遅れた。その後、何人かのコーチとコンタクトを取ったが、結果的にモロゾフ氏に代わる人物に巡り合えなかった。

 今季から作られた国際スケート連盟(ISU)の「誓約書」のルールも想定外だった。前年度のGPシリーズを欠場し、今季2試合以上の試合出場を希望する選手には出場を確認する誓約書にサインする制度で、5月までに回答しなければならなかった。

 安藤  予想外に早い時期でした。でも、その時にサインをしないとGPシリーズに出場できなくなる。サインした上で少しずつ前に進めばと思ったのですが…。最終的に欠場を決めたのは9月15、16日に新潟で行われたアイスショーの後です。この状態では他の選手にも失礼になると思ったので。

 今後は1度、完全に公の舞台から離れる。半年間、休養生活に入る。打診があった年末のアイスショーも断った。

 安藤  1度離れてみたら、少しでも「滑りたい」という気持ちが出るかもしれない。

 ラストシーズンに向けて動きだすのは来年2、3月。同時にISUの判断も待つ。GPシリーズの誓約書にサインした上で、ケガ以外で欠場した場合には、罰則が科せられるからだ。来季のISU主催大会の出場停止なども含め、処分が決まる。

 安藤  どのような裁定になるか分かりませんが、その結果では国際大会には出られないことも覚悟しています。でも、どの大会でも、どの試合でもいいので、ファンの方の前で滑ることはします

 今は来季のソチ五輪出場という気持ちはない。

 安藤  ソチに関しては何も考えていません。私は日本の地方のブロック大会が最後でもいいですし、そういう意味では今の目標は(ISU主催大会ではない)来年の全日本選手権になると思います

 全日本選手権はこれまで五輪選考大会を兼ねてきた。ソチ五輪も代表選考対象試合になることが濃厚だが、現時点で五輪までは考えられないという。

 この1年はプロスケーターとともにアイスショーに出続けた。その中でアマチュア引退後の自分の姿も思い描くことが多くなったという。

 安藤  引退した後にこういう演技、ショーをしたいなとか、今までなかったくらい考えが膨らんで。それもなかなか競技に気持ちが向かなかった要因かもしれません。でも、来年、最後に皆さんの前で競技者としての安藤美姫をみていただいて、最後にする気持ちは変わりません。感謝の気持ちを込めて滑りたいと思っています。【取材・構成 阿部健吾】

 ◆GPシリーズ 米国、カナダ、中国、ロシア、フランス、日本の6カ国で行われ、男女シングルは1大会10人、ペアは8組で競う。選手は基本、2大会に出場し、順位でポイントを獲得。合計点の上位6人がシリーズ王者を決めるファイナルに進出。今年は14年ソチ五輪の会場で行われる。ファイナルで日本女子は03年に村主章枝、05、08年に浅田真央が優勝しているが、男子の優勝者はいない。

[日刊スポーツ.com 2012年10月10日11時22分]


2012-10-11-2.jpg
笑顔を見せながら本紙のインタビューに答えた安藤美姫



美姫来季引退を激白!目標は来季の全日本、ソチは頑張ったご褒美です

 ミキティがゼロからの再スタートを誓った。フィギュアスケートの前世界女王、安藤美姫(24)=トヨタ自動車=が10日、都内でスポーツ報知の取材に応じ、現在の心境を激白した。来季2013~14年シーズンで現役に終止符を打つ考えだが、今季を休養期間に充てたのは、来シーズンを万全の状態で迎えるためと強調。ジャンプと表現力に定評のあるミキティが完ぺきな状態で銀盤に戻り、来季の全日本選手権出場を誓い、その先にある14年ソチ五輪も目指す。

 取材に応じた安藤の表情は、話すうちに穏やかになってきた。出場予定だった今季のGPシリーズ2戦(中国杯、フランス杯)を辞退。コーチも不在、練習場所も転々。取り巻く状況は厳しいが、やりがいまでも消えたわけではなかった。

 「来季のための今季休養です。誘っていただいたショーも断りました。来年、何の試合に出るのかは分かりませんが、まずは(13年末の)全日本選手権に出ることを目標にしてます。ソチですか? 毎回のことですが五輪を狙って試合をしていません。目標には違いないけど、(2010年の)バンクーバー五輪の時もそうでしたが、出たいと思って試合をしたことは一度もありません。五輪はご褒美です。ソチのために来季するのではない、ということだけは言いたいです」

 今季のGPシリーズから国際スケート連盟(ISU)は前年度の同大会を欠場し、翌シーズン2戦エントリーする選手に出場を明確にする「誓約書」に5月までにサインしなければならなかった。今回、これに抵触した安藤は、何らかのペナルティーを科せられることが確実。だが、それも十分承知している。

 「私は来年、ブロック大会からやらざるを得ません。(世界選手権優勝などで)公私とも充実していた2010年~11年シーズンを100とすると、今はゼロに近いです。これから、やることはたくさんあります。プログラム作りだったり、体力面だったり、戦える気持ちだったり。一つ一つの試合を大事にして、完成度の高いモノを求めます。今のミキは技術はちゃんとできているけど、できているからと言って試合に出られるのではない。そこに気持ちがないと、お客さんの前に出られない。ヘタな演技はしたくないし、できない」

 コーチ不在の状態が続くが、焦りはない。

 「07年から海外で練習をしていて日本でずっと練習をしていなかったので国内に拠点がありません。練習場所を探すのが大変ですが、夜中とかにしてます。自分は難しい性格。毎日同じ事、同じメニューが苦手。音楽の意味など結果だけでなく表現するのがフィギュアスケート。それを教えてくれたのがニコライ(モロゾフ氏)だった。同じコーチと5年していましたから…。試合がないのでじっくり。(コーチは)なるべくフィーリングが合う人を探しています」

 世界で初めて4回転ジャンプ(サルコウ)を成功させてから10年以上。大人のスケーターとしてファンを魅了してきただけに、ショーではなく早く銀盤に立ってほしい。

 「未来のことは考えたくない。毎年、毎日、違う。それに対応して、自分を出していきます」

 競技とプライベート。きっちり分けてメリハリのある人生を歩みながら自分を高めていく。目標は来季の全日本選手権。そして、その先には大きなご褒美が待っている。

 ◇全日本選手権&五輪への道 全国6つのブロックで予選が行われ、各上位選手と予選免除者はそれぞれ東日本と西日本ブロック大会へと進む。東・西日本ブロックの上位選手と予選免除者が本戦へ出場。前年大会で好成績を残せば予選が免除されるが、安藤の場合、今季エントリーしないため、来季はブロック予選から出場。五輪には、各大会ごとに日本スケート連盟が出場条件を変えているが、前回のバンクーバー大会では〈1〉GPシリーズの上位6選手で争うファイナル3位以内の日本人最上位者〈2〉全日本優勝者〈3〉全日本選手権3位以内、GPファイナル進出者、ワールドランキング日本人上位の3人を対象に選考した。

 ◆安藤美姫(あんどう・みき)1987年12月18日、名古屋市生まれ。24歳。競技は8歳で始め、14歳で女子史上初の4回転ジャンプに成功。五輪は06年トリノ15位、10年バンクーバー5位。世界選手権は7度出場し、3度目の07年に初優勝。09年3位を経て11年に返り咲きV。全日本選手権は03年の初優勝など3度制覇。162センチ、50キロ。家族は母と弟。

(2012年10月11日10時49分 スポーツ報知)


*文中の下線・色分けは管理人による
スポンサーサイト

続きを読む »

安藤美姫 「調整不足」GPS欠場、全日本も出場しない見通し

2012-10-9-1.jpg


安藤美姫 全日本選手権も出場しない見通し…ソチ五輪へ影響も

 今季のグランプリ(GP)シリーズを欠場すると発表した安藤美姫(24)が、世界選手権(来年3月・カナダ)の代表選考会を兼ねる全日本選手権(12月・札幌)も出場しない見通しで、2季連続で主要大会に出ない可能性が高くなった。

 全日本選手権の予選を兼ねた9月の中部選手権を欠場したため、現時点で全日本の出場資格はなく、推薦枠での出場も希望していないという。昨年10月のジャパン・オープンを最後に実戦から離れており、来季に迫ったソチ冬季五輪へ影響が出そうだ。

[スポニチ 2012年10月9日 19:18]


フィギュア:安藤「調整不足」GPシリーズ欠場

 日本スケート連盟は9日、フィギュアスケート女子の前世界女王、安藤美姫(トヨタ自動車)が今季のグランプリ(GP)シリーズを「調整不足」などを理由に欠場すると発表した。安藤は来年3月の世界選手権(カナダ)代表選考会となる全日本選手権(12月、札幌)の出場資格を現時点で満たしておらず、昨季に続いて今季も休養する可能性が高くなった。

 安藤は中国杯(11月2、3日・上海)とフランス杯(同16、17日・パリ)にエントリーしていた。同連盟によると、今月4日に安藤から書面で欠場の届け出があり、欠場理由として(1)GPシリーズを戦うために絶対不可欠な指導者に巡り合えなかった(2)(指導者不在の)事情もあって、GPシリーズに向けて技術的、精神的な調整が間に合わなかった−−と挙げられていた。

 同連盟の伊東秀仁フィギュア部長は「今季のプログラムもできており、本人が一番残念だと思う。だが、ソチ五輪まであと1シーズンあるので頑張ってほしい」と話した。安藤は11年世界選手権(モスクワ)優勝を最後に主要国際大会には出場せず休養。その後、ニコライ・モロゾフ・コーチとの師弟関係を解消し、トレーナーらと練習を重ねてきたという。【芳賀竜也】

(毎日新聞.jp 2012年10月09日 18時37分)


安藤美姫、GPシリーズ欠場 コーチ不在で調整不足

 日本スケート連盟は9日、フィギュアスケート女子の安藤美姫(トヨタ自動車)が、今季のグランプリ(GP)シリーズを欠場すると発表した。新たなコーチが見つからず、技術的、精神的な調整が間に合わなかったためという。12月の全日本選手権への出場資格もないため、世界選手権を含む今季の主要大会への参加は難しい状況になった。

 安藤は昨季を休養に充て、今季のGPシリーズは11月の中国杯とフランス杯にエントリー。だが、優勝した昨年の世界選手権後、ニコライ・モロゾフ氏との師弟関係を解消し、コーチが不在となっていた。同連盟の伊東秀仁フィギュア部長は「今後は未定だが、引退するということではない」と説明した。

(朝日新聞デジタル 2012年10月9日19時38分)


*文中の下線は管理人による。

続きを読む »

日本のメダリストのコーチたち~安藤美姫を育てた門奈裕子編

2011-5-4-3.jpg


安藤美姫選手の恩師である門奈裕子コーチと、城田憲子さんの対談です。
城田さんって、有望な新人発掘に貢献した反面、色々と黒い噂のある方ですよね~(ΘεΘ)
うさんくさいイメージが先行する城田さんですが、美姫ちゃんの恩師との対談は無視できません。
美姫ちゃんは日本の宝!( ̄・・ ̄)フガー

続きを読む »

安藤美姫 6月21日(火)TBS系列「はなまるマーケット」出演

2011-5-4-3.jpg


安藤美姫選手のテレビ出演情報です。
6月21日(火)、TBS系列「はなまるマーケット」に出演するそうです。
どんな内容で、どの位取り上げられるのかしら?
美姫ちゃんは世界女王に返り咲いたので、これから世界中のショーにお呼ばれするんでしょうね。
チャリティーにも積極的に参加していますし、どれだけ日本に滞在するのか分かりませんが、放送で元気な姿が見られるといいですよねo(*^▽^*)o
TVサイトは⇒コチラ


2011-5-4-2.jpg


美姫ちゃんと言えば、自伝。
崇ちゃんとの4回転の練習、ちょっと浮いてた高校時代、美姫ママから見たモロゾフコーチ等、マスコミが編集した美姫像とは違う切り口でかかれたもの。
改訂版では表紙が変わって、しかも大幅に加筆ですって?!Σ(・ω・ノ)ノ 
そんな事言われたら、また欲しくなっちゃうよ~(>_<)
美姫ちゃんのブログの告知ページは⇒コチラ

■内容紹介
世界初の女子4回転ジャンパーが辿った栄光と苦難の道のり。
トリノ五輪での挫折、ケガとの闘い、コーチの教え……復活を遂げた世界女王が、スケートと自身について初めて綴る。
スケートの楽しさに目覚め、数々の国際大会で優勝したジュニア時代。
世界初の4回転ジャンパーとして注目を集めた中学時代。
期待されたトリノ五輪で15位に終わり、心ないバッシングに傷ついた高校時代……。
相次ぐケガに泣かされ、不本意な棄権に一度は引退を考えながらも、新しいコーチの下でスケートの芸術性に目覚めた安藤選手。
アスリート、そして表現者として、肉体的にも精神的にも復活を遂げた彼女は、09年の世界選手権で銅メダルを獲得。
来たる2度目のオリンピックに向けてさらなる飛躍が期待されます。
これまで周囲の偏見や誤解の中、自身のことをあまり語ってこなかった安藤選手が、初めての自伝で、これまでの葛藤や心情を告白。

 
▲改訂版      ▲私が持ってるのはコチラ


2011-5-4-1.jpg


美姫つながりで、オススメ本の紹介。
ニコライ・モロゾフコーチの著書、「キス・アンド・クライ」。

大ちゃんを「世界一のステップ」に押し上げるまでとコーチ側から見た別れの原因、「才能はあるけど扱いづらい」と周囲から腫れ物扱いされていた美姫ちゃんとの紆余曲折、モロゾフが感じたアレクセイ・ヤグディン像、タイアナ・タラソワコーチとの出会いと離反と和解など、内容盛りだくさんです。
さすが恐ロシアだけに克明に欠かれており、フィギュア全体のファンという方に楽しめる1冊だと思います。
美姫ちゃんの自伝と合わせて読むと、エピソードの理解に奥行きが生まれます。

■内容紹介
バンクーバーオリンピック・フィギュアスケート日本代表、安藤美姫選手・織田信成選手のコーチであり、また荒川静香選手を2006年トリノオリンピックの金メダリストに、安藤選手を2007年世界選手権の金メダリストにし、高橋選手に2008年の四大陸選手権で歴代最高得点を出させた「優勝請負人」と呼ばれる名コーチ、ニコライ・モロゾフ初の著書です。
本書は、著者のコーチング理論と、荒川、安藤、高橋3選手を中心に日本人フィギュアスケーターたちの苦闘する姿を、内側から生々しく語ったものです。3選手とも不調のどん底から銀盤に舞い戻ってきたのですが、その間、モロゾフコーチからどんな試練を与えられ、それをどのように乗り越えて頂点に立ったか?
著者にしか語れない涙と感動のエピソードがいっぱいで、つねに選手のもっとも近くにいるコーチの目を通してはじめて、ここまでフィギュアスケーターたちの揺れる胸の内に肉薄できました。ショートとフリー合わせてわずか6分余りの演技のために365日を厳しいトレーニングに捧げなければならないフィギュアスケートという過酷な競技を通じて、人間が成長することの素晴らしさを心の底から実感させてくれます。


▲恐ロシア~~


続きを読むに、2011年世界選手権のEX「レクイエム」の動画。

続きを読む »

安藤美姫が今季SP初披露 暫定3位 中国杯【動画】

2010-11-5-1.jpg 2010-11-5-2.jpg 2010-11-5-3.jpg

安藤美姫選手が、今季のSPをGPシリーズ中国杯で世界初公開しました。
残念ながらDGされていますが、冒頭で3Lz-3Loに挑戦しています。

Lz-Loは最高難度の連続3回転ですが、美姫ちゃんは存在自体が華やかな上にジャンプの切れ味が鋭くて、見る者の目を奪いますね~(☆ω☆)
これが見られるとかなり嬉しい♪(´∀`人*)
思わずテレビに向かって、「跳んだ!」と喚声をあげてしましました。

トリノオリンピックでの惨敗後の相次ぐ誹謗中傷に、「(あてつけに)死んでやろうかと思った」と、当時の心境を告白していた美姫ちゃん。
その後はモロゾフコーチと出会い、「逃げたと思われたくない」、「絶対に見返してやる」と、悔しさをバネに復活劇を遂げました。
やっぱり、美姫ちゃんはジャンプの天才で、日本の宝です。

逆転Vへ2・65点差…美姫“攻めて”SP3位

フィギュアスケートのGPシリーズ第3戦、中国杯第1日は5日、北京で行われ、女子ショートプログラム(SP)で07年世界選手権女王の安藤美姫(22=トヨタ自動車)が56・11点で3位につけた。今季からSPに入れた3―3回転のコンビネーションジャンプは回転不足となったが、首位の長洲未来(17=米国)に2・65点差で逆転Vを射程圏に入れた。昨年の中国杯を制した鈴木明子(25=邦和スポーツランド)は57・97点で2位。男子SPでは小塚崇彦(21=トヨタ自動車)が77・40点でトップ。町田樹(20=関大)は66・78点で7位だった。

 笑顔の交じった微妙な表情が、内容そのものを示していた。冒頭の3回転ルッツ―3回転ループに挑戦し、着氷。しかし、ループが回転不足の判定を受け、中盤のダブルアクセルも乱れた。「もったいないミスだった」。だが、昨季までなら安全策をとった場面で、攻めたことが何よりの成長だった。

 「楽しく挑戦する」。バンクーバー五輪まで演技の完成度を重視してきた安藤が、掲げた今季の目標がそれだった。本来、4回転という大技が武器だった “ジャンプの安藤”への回帰。前日から右腕にしびれを感じ「(直前の)6分間練習でも(3―3回転が)跳べなくて不安だった」というが、逃げることなく大技に挑んだ。「強気でやったし、気持ちをコントロールできたのが良かった」と満足感も口にした。

 今季はニコライ・モロゾフ・コーチとともに米国からロシアに拠点を移した。さらに記録的猛暑などでラトビアに移動するハプニングもあった。それでも「(五輪という)重圧を背負わず、スケートを始めたころのように」という純粋な気持ちで環境の変化も克服した。

 日中関係が悪化した状況での試合で、地元記者にはリンクの雰囲気を問われたが、「正直、少し心配したけど、中国の人も“ミキ!!”と言ってくれて、凄く落ち着いてできた」と笑って答える余裕もあった。

 首位とはわずか2・65点差。フリーは基礎点が1・1倍となる後半に5度のジャンプを組み込む“挑戦”が盛り込まれる。「あすはもっとスピードを上げていきたい」。07年世界選手権女王の復活、ではない。新たな安藤のアピールには、逆転優勝こそがふさわしい。
[ スポニチより引用 ]

余談。
2010年9月7日午前に、日本の領海である沖縄県尖閣諸島で中国漁船が操業し、警告を発する日本の海上保安庁の巡視船に故意に衝突するという、尖閣諸島中国漁船衝突事件が起こりました。
中国側は非を認めず更なる反日感情が高まる中、本日衝突の映像が流出され、事態は更に混沌としてきました。

そんな中でのフィギュア中国杯と、バレーの日中戦。
フィギュアは北京で行われるので、暴動の心配は少ないと予測されていますが、選手達がとばっちりを受けないか心配です。
政治の事は横に置いて、頑張っている選手達が精一杯の演技が出来るよう、応援したいと思います。

2010年11月5日、中国北京で行われ、同日テレビ朝日系列にて放送されました。

続きを読む »

テーマ:フィギュアスケート - ジャンル:スポーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。