浅田真央と水蜜桃

 浅田真央選手・高橋大輔選手を中心に、
 フィギュアスケートの動画を紹介するブログです。
 採点の疑問も記事にしています。
 

06月« 2017年07月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»08月
BLOGTOP » CATEGORY … 村上佳菜子

GPS中国杯 織田信成2位、羽生結弦4位、村上佳奈子6位

2011-11-6-1.jpg


織田、転んでも2位「ホッとしている」…

 ◆フィギュアスケート20+ 件 GPシリーズ第3戦中国杯(5日・上海) 男子フリーを行い、SP4位の織田信成(24)=関大大学院=は合計227・11点で2位となった。SP2位の羽生結弦(ゆづる、16)=東北高=は4位に順位を下げ、ジェレミー・アボット(26)=米国=が優勝した。女子はSP4位の村上佳菜子(16)=中京大中京高=が合計150・20点で6位に終わり、GPシリーズの上位6人が進むファイナル(12月・ケベック)出場が絶望的になった。

 転んでもメダルは譲らない。織田はジャンプで転倒したが、大崩れのない演技でフィニッシュ。16歳の羽生、18歳のガチンスキーを抜いて2位まで上がり、先輩の面目をほどこした。「緊張して慎重になってしまったことが転倒につながったが、最後まで滑り切れてホッとしている」と口元が緩んだ。

 4月の世界選手権(モスクワ)後に左ひざの腱(けん)の部分断裂が発覚。手術をして調整が遅れた影響で、今大会は大技の4回転を外して臨んだ。それでも3回転半―2回転―2回転など高度な連続ジャンプを成功。表現力の得点も全5項目で高評価の7点台をそろえ、「完璧ではないが、自分の中では良かった」と安堵(あんど)感に浸った。

 オフは左膝の状態を考慮し、恒例のアイスショーを欠場してリハビリをこなした。昨年結婚した夫人との間に誕生した長男・信太朗くんは10月1日に1歳になったが、大好きな家族と離れてリー・バーケル・コーチのいるカナダで滑り込んできた。

 5回目のファイナル出場をかけて次戦のフランス杯に臨む。ファイナルは2年連続2位で、悲願の日本男子勢初優勝を目標に掲げる。10代選手の躍進が目立ち、24歳の織田はベテランの部類に入ってきたが、「今年の目標は一つでも多くの試合で自分のベストの演技を披露すること」とマイペースに戦国時代を歩む。

◆羽生、逃した初表彰台 GP初の表彰台を逃した羽生は「練習不足。悔しいし、情けない」とぶ然とした顔を見せた。冒頭の4回転を成功させたが、後半の連続3回転で転倒。「びっくりした」と動揺して続く3回転ルッツも転んだ。次に出場するGP第6戦・ロシア杯(25~27日、モスクワ)に向けて、「4回転以外をしっかり決められるよう練習したい」と課題を挙げた。

(2011年11月6日06時03分 スポーツ報知)

2011-11-6-2.jpg


織田、上位崩れ2位「ひっくり」

 フィギュアスケートグランプリシリーズ第3戦、中国杯(5日、中国・上海)後から滑った羽生らSP上位の若手が次々と崩れ、終わってみれば2位。織田は転がり込んできた表彰台に「びっくりした」と目を丸くした。

 5月に左膝を負傷した影響で、SPに続いて4回転ジャンプを回避した。3回転フリップで転倒した以外は、安定した演技を披露し、ステップでは観客席から手拍子が湧き起こった。「無事に滑り切れてほっとしている」とGP初戦を無難に乗り切って胸をなで下ろした。

 膝のけがは何度か再発し、合わせて2カ月半も氷上で練習できなかった。「焦ったし、もどかしさは感じた」というが、10月で1歳になった長男の信太朗君ら家族との時間が取れると前向きにとらえた。今大会のテーマは「自分の力を出し切る」。経験豊富なベテランらしく、できることを着実にこなして上位に滑り込んだ。(共同)

(2011.11.5 22:29 サンスポ)


2011-11-6-3.jpg


織田、「びっくり」の2位=中国杯フィギュア

 経験豊富な織田が、自ら驚いた。「びっくりした。でも、表彰台に上がれるのはうれしい」。SP4位からの2位に、顔をほころばせた。
 オフに痛めた左膝を考慮して、SPに続いてフリーも4回転ジャンプを外した構成。多くを望めないことは分かっていた。そうした中で、3回転フリップの転倒以外は大きなミスなくまとめた。
 これが効いた。SPもフリーも3位ながら優勝したアボットとともに浮上。10代の2人、羽生とガチンスキーが大崩れしたのとは対照的だった。「完璧ではなかったが、今回は自分の持てる力を出すことがテーマ。自分では70点は付けられる」
 24歳。若手の台頭も目立つ中、「ベテランの味を出したい」と話していた織田。それを結果で示し、満足そうだった。

(2011/11/05-22:38 時事.com)

2011-11-6-4.jpg


羽生まさか4位「情けない」

フィギュアスケート・GPシリーズ第3戦中国杯最終日(5日、上海)男女フリーを行い、男子ショートプログラム(SP)4位の織田信成(関大大学院)が合計227・11点で2位に入った。SP2位の16歳、羽生結弦(はにゅう・ゆづる、東北高)は226・53点の4位。ジェレミー・アボット(米国)が228・49点で優勝した。女子はカロリナ・コストナー(イタリア)が182・14点で優勝し、SP4位の村上佳菜子(中京大中京高)は合計150・20点で6位。ペアは川口悠子、アレクサンドル・スミルノフ組(ロシア)が制した。

 近づいたかに見えたGP初優勝を後半のミス連発で手放した。フリーで得点を伸ばせず、初の表彰台も逃した羽生は「練習不足。悔しいし、情けない」とぶぜんとした表情だった。

 冒頭の4回転トーループでぴたりと着氷し、続くトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)、3回転フリップも成功。「ロミオとジュリエット」の荘厳な音楽に乗せて長い手足を大きく動かすダイナミックな演技で観客を魅了した。だが、後半の連続3回転ジャンプで転倒。「びっくりした」と動揺すると、続く3回転ルッツでも転んだ。

 今季は小塚(トヨタ自動車)、高橋(関大大学院)、織田の3強がいずれも4回転ジャンプに苦しむ。大技を決めて存在感を示す一方、もろさも露呈した16歳は「4回転以外をしっかり決められるよう練習したい」と課題を挙げた。

2011-11-6-5.jpg

2011-11-6-6.jpg


織田2位、羽生は4位 女子の佳菜子は6位

 ◆フィギュアスケート GPシリーズ第3戦中国杯(5日・上海) 男子ショートプログラム(SP)で4位だった織田信成(関大大学院)がフリーで順位を2つ上げ、合計227・11点で2位に入った。

 SP2位で、GP初優勝を狙った16歳の羽生結弦(宮城・東北高)は4回転ジャンプを決めたがほかのジャンプで2度転倒し、226・53点の4位。ジェレミー・アボット(米国)が228・49点で優勝した。

 女子SPで4位と出遅れた16歳の村上佳菜子(愛知・中京大中京高)はフリーもジャンプで転倒するなど振るわず、合計150・20点で6位に終わった。

 昨季世界選手権3位のカロリナ・コストナー(イタリア)が182・14点で優勝。両親が日本人の長洲未来(米国)が173・22点で2位、昨季世界ジュニア選手権優勝の15歳、アデリナ・ソトニコワ(ロシア)が159・95点で3位だった。

 織田信成「緊張して慎重になってしまったことが転倒につながったが、最後まで滑り切れてほっとしている。完璧ではないが自分の中では良かった」

 羽生結弦「練習不足。悔しいし、情けない。SPが良かっただけに気を抜いてしまった気がする。(4回転ジャンプは成功したが)ほかのジャンプをミスしたら何の意味もない」

 村上佳菜子「転んでしまったのと(回転が)抜けたジャンプもいっぱいあったので悔しい。ジャンプをもっと固めることが課題。次はこの悔しさを挽回する演技をしたい」

(2011年11月5日22時32分 スポーツ報知)

2011-11-6-8.jpg

2011-11-6-7.jpg



佳菜子6位、ファイナル絶望的

 フィギュアスケート・GPシリーズ第3戦中国杯最終日(5日、上海)男女フリーを行い、女子はカロリナ・コストナー(イタリア)が182・14点で優勝し、SP4位の村上佳菜子(中京大中京高)は合計150・20点で6位。

 村上は6位に終わり、昨季3位に入ったGPファイナル進出は絶望的に。「駄目だなあという感じ」と言葉を絞りだした。9月に新調したスケート靴が合わないせいか、今季GP初戦はジャンプが乱れた。3回転フリップで尻もちをつき、苦手な3回転ループは回転不足を取られた。ジャンプなどの得点を合計した技術点で上位に差をつけられた16歳は「次はこの悔しさを挽回する演技をしたい」と巻き返しを誓った。

(紙面から)

(2011.11.6 05:00 サンスポ) 

2011-11-6-9.jpg

2011-11-6-10.jpg


佳菜子、飛べず6位…ファイナル絶望的

 「フィギュア中国杯最終日」(5日、上海)

 女子フリーを行い、村上佳菜子(16)=愛知・中京大中京高)は3回転ジャンプで転倒するなど振るわず、合計150・20点で6位に終わった。カロリナ・コストナー(イタリア)が優勝した。

 9月に新調したスケート靴が合わないせいか、ジャンプがことごとく乱れた。3回転フリップで尻もちをつき、苦手な3回転ループは回転不足を取られた。

 水色の衣装で演じたフリーのテーマは「きれいな女性」。はつらつとした演技で観客を魅了した昨季とはひと味違った大人っぽい姿を見せようとバレリーナをイメージし、バイオリンの優雅な音色が中心の曲を使った。

 「踊りはうまくいったと思う」と表現面での手応えは口にしたが、ジャンプなどの得点を合計した技術点で上位に差をつけられた。「まずはジャンプをもっと固めないといけない。次はこの悔しさを挽回する演技をしたい」と巻き返しを誓った。

(2011年11月6日 デイリースポーツオンライン)

2011-11-6-11.jpg

続きを読む »

GPS中国杯SP 村上佳奈子4位、羽生結弦2位、織田信成4位

2011-11-5-4.jpg

2011-11-5-5.jpg



羽生、GP初制覇へSP2位発進

 ◆フィギュアスケートGPシリーズ第3戦中国杯(4日・上海) 

男子ショートプログラム(SP)を行い、GP初優勝を狙う羽生結弦(ゆづる、16)=東北高=が4回転ジャンプを決め、自己ベストを更新する81・37点で2位につけた。昨季GPファイナル2位の織田信成(24)=関大大学院=は77・65点で4位となり、昨季世界選手権3位のアルツール・ガチンスキー(18)=ロシア=が81・64点で首位。女子SPは16歳の村上佳菜子(中京大中京高)が53・09点で4位だった。

 冷静に点数を稼いだ。今季からSPに組み込む4回転は3回転との連続ジャンプで予定していたが、「跳んだ瞬間に駄目だと思った」と単発の4回転に変更。それでも昨季の四大陸選手権でマークしたSP自己ベスト(76・43点)を5点近く更新し、羽生は「80点を出せたのは良かったし、国際大会で4回転を決められたのはよかった」と笑った。

 跳び損ねた3回転は、中盤の3回転の後ろにつけて成功。柔軟性を生かしたスピンでは最高評価のレベル4を2つ獲得した。技術点では首位のガチンスキーを0・3点上回る得点。それでも「冷静にできたのはよかったけど、本当は4―3回転をしたかった」と厳しく自己評価した。

 東日本大震災のショックを乗り越えた。震災発生時は地元・仙台市のリンクで練習しており、スケート靴を履いたまま避難。リンクは半壊し、滑れる環境を求めて青森や神奈川などを転々としながら練習した。震災のチャリティーアイスショーには約60回も出演。「試合と同じような感覚で滑って、いい滑り込みになった」と糧にした。

 ジュニア時代から競い合ってきた首位のガチンスキーとはわずか0・27点差。シニア2年目でGP初の表彰台どころか、優勝も見えてきた。「ガチンスキー選手には勝ちたいと思っている」。ライバルを破って初の頂点を目指す。

(2011年11月5日06時03分 スポーツ報知)


2011-11-5-3.jpg



羽生4回転決め男子SP2位「人間、やれば何とでも」

 男子SPでは羽生結弦(16=東北高)が4回転を成功させ81・37点で2位。織田信成(24=関大大学院)は77・65点で4位となった。

 男子SPでは羽生が冷静にプログラムを修正し、自己ベストで2位。「80点を出せたのは良かったし、国際大会で4回転を決められたのは良かった」と汗をぬぐった。冒頭に予定していた4回転―3回転の連続ジャンプを「跳んだ瞬間に駄目だと思った」と単発の4回転に変更。跳び損ねた3回転は、中盤の3回転の後ろにつけて鮮やかに成功させた。東日本大震災の影響で仙台市の拠点リンクが使えなくなり、練習で各地を転々とした。「人間、やれば何とでもなる」。思い通りにいかない状況でも力を出すたくましさを、この日の演技でも発揮した。

 ▼織田信成 自分の力は出し切れた。楽しく滑ることができた。若い選手は気にはなる。でも少しずつ自分のペースで追いつき、追い越したい。(オフに左膝を痛めた影響で4回転を回避し得点を伸ばせず)

[ 2011年11月5日 06:00 スポニチ]



2011-11-5-7.jpg

2011-11-5-6.jpg


織田、4回転回避し得点伸びず

 フィギュアスケートGPシリーズ第3戦・中国杯第1日(4日、中国・上海)織田はオフに左膝を痛めた影響で4回転ジャンプを回避したため得点は伸びなかったが、大きなミスなくまとめた。「自分の力は出し切れた。楽しく滑ることができた」と晴れやかな表情を見せた。

 SPはガチンスキー、羽生と10代の選手が上位に名を連ねた。24歳の織田はベテランの域に入りつつある。「若い選手は気にはなる。でも少しずつ、自分のペースで追いつき、追い越したい」と話した。(共同)

(サンスポ 2011.11.4 22:50)


2011-11-5-1.jpg


佳菜子SP4位 新調した靴に違和感

◆フィギュアスケート GPシリーズ第3戦中国杯(4日・上海) 男子ショートプログラム(SP)を行い、GP初優勝を狙う羽生結弦(ゆづる、16)=東北高=が4回転ジャンプを決め、自己ベストを更新する81・37点で2位につけた。昨季GPファイナル2位の織田信成(24)=関大大学院=は77・65点で4位となり、昨季世界選手権3位のアルツール・ガチンスキー(18)=ロシア=が81・64点で首位。女子SPは16歳の村上佳菜子(中京大中京高)が53・09点で4位だった。

 試練のシーズンは涙の幕開けだった。あえて苦手な技で構成したSPは序盤でジャンプのミスが響き、首位とは8.79点の大差がついた。「プログラムが難しいので、すごく不安で演技するのが怖かった」とリンクを降りると涙をこぼした。

 冒頭の2連続3回転は昨季から難度を上げ、成功率の低い3回転フリップ―3回転トーループに挑戦。トーループで回転不足を取られ、苦手の3回転ループは2回転の判定に。9月に替えたスケート靴に違和感もあり、「ジャンプは全部よくなかった」と肩を落とした。

 昨季のSPは軽快なリズムで踊ったが、今季はバイオリンの調べに乗せて悲哀や苦しみを表現。山田満知子コーチは「将来も考え、逃げずに勝負する。悪い時も覚悟の上」と高いハードルを課す。大人の女性を演じるフリーで逆転の表彰台にかける。

(2011年11月5日06時02分 スポーツ報知)


2011-11-5-2.jpg



中国杯フィギュア・談話

◇試合が怖かった
 村上佳菜子 すごく試合が怖かった。全部滑り切ったことで、よかったなと思った。SPが終わったので、あしたは切り替えて楽しく滑りたい。
◇4回転成功はよかった
 羽生結弦 80点台を出せたし、4回転ジャンプが成功したのはよかった。ただ、まだまだ本当の構成でできていないのは残念。フリーではジャンプ、ステップの全てをしっかりやりたい。
◇力は出し切れた
 織田信成 自分の力は出し切れたので、きょうはそれがよかった。思ったほど点数が伸びなかったのは新たな課題としたい。
◇まだ終わっていない
 カロリナ・コストナー きょうの滑りには満足していないが、スケートアメリカに比べスピンは良くなった。点数は良かったが、まだ試合は終わっていない。
◇満足していない
 アデリナ・ソトニコワ 予定していた最も得点の高い3回転の連続ジャンプでミスをして、満足していない。フリーでは自分ができることを全てお見せしたい。
◇素晴らしい一日
 アルトゥール・ガチンスキー きょうはジャンプもスピンも全て良かった。素晴らしい一日だった。観客の応援が自分にエネルギーを与え、助けてくれた。
◇途切れなかった
 川口悠子 シーズン初めの演技で減点もされたと思うが、流れが途切れなかったのがよかった。(新しいイメージのプログラムに)前から踊りたいと思っていたスタイルでやれてうれしい。

(2011/11/04-23:12 時事.com)

続きを読む »

ノリノリな村上佳菜子 「天才!志村どうぶつ園」【動画】

2011-9-11-1.jpg

2011-9-11-2.jpg

2011-9-11-3.jpg

2011-9-11-4.jpg

2011-9-11-5.jpg

2011-9-11-6.jpg


村上佳菜子選手が、「天才!志村どうぶつ園」にVTR出演した動画です。
生まれたての猫やミニ豚、カメレオンと触れ合っています。
佳菜子ちゃん、けっこうノリが良いです(^m^)

ロケは、佳菜子ちゃんの練習拠点である大須のリンク。
移動したホテルは、真央ちゃんが収録したのと同じ所ですね。

2011年9月10日、日本テレビ系列にて放送されました。

続きを読む »

ピリピリムード何の!佳菜子シニア1年目Vへ笑み

2010-11-5-1.jpg 2010-11-5-4.jpg 2010-12-10-1.jpg

ピリピリムード何の!佳菜子シニア1年目Vへ笑み

フィギュアスケートのGPファイナルは10日に、中国・北京の首都体育館で開幕する。今季シニアに転向した昨季の世界ジュニア女王・村上佳菜子(16=中京大中京高)は、浅田真央(20=中京大)、キム・ヨナ(20=韓国)に並ぶシニアデビューシーズンでのファイナル制覇を狙う。

 日中関係に配慮し、日本スケート連盟が移動中の選手に「JAPAN」の文字が入ったウエアの着用自粛を促すなどピリピリムードが漂う中、それでも村上は9日の公式練習で軽快な滑りを披露。「安心していつも通りの練習ができた。ジャンプもつかめてきた。前に進む課題が見えるように一番いい演技がしたい」と屈託のない笑顔を振りまいていた。

[ 2010年12月10日 ]

(サンスポより引用)

続きを読む »

名古屋フェスティバル 村上佳菜子「ヘアスプレー」「白鳥の湖」【動画】

2010-4-19-1.jpg

「名古屋フィギュアスケートフェスティバル」での、村上佳菜子選手のEX「ヘアスプレー」、アンコールFS「白鳥の湖」の動画です。

今季はシニアの全日本選手権に参戦し5位入賞、世界ジュニア選手権も制し、来季ではシニアデビューも考慮されています。
今回のショーはオリンピック選手がそろいぶみしているので、その中にいると荒削りな部分が見えちゃいますが、これも周りの平均値が高いせいでしょうね。
優れた先輩の存在はこの上ない刺激になるでしょうから、どんどん成長するでしょうし、愛嬌はピカイチですね(^^)
解説の山田満知子コーチも、教え子のまばゆい成長に胸が詰まっているようです。

2010年4月3日、名古屋の日本ガイシアリーナで開催されました。

続きを読む »

テーマ:フィギュアスケート - ジャンル:スポーツ