浅田真央と水蜜桃

 浅田真央選手・高橋大輔選手を中心に、
 フィギュアスケートの動画を紹介するブログです。
 採点の疑問も記事にしています。
 

04月« 2017年05月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»06月
BLOGTOP » CATEGORY … 2010.2 バンクーバー五輪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マツコ・デラックスが分析する、五輪フィギュアの加点基準【動画】

2010-2-28-1.jpg 2010-2-28-9.jpg 2010-3-6-1.jpg

バンクーバーオリンピックの加点基準を、マツコ・デラックスさんが分析している動画です。

女子として初めてオリンピックで3度の3Aを決める快挙を成し遂げた浅田真央選手が銀メダルにとどまり、FSに2Aが3回も入る中堅程度の難易度でしかないキム・ヨナ選手がなぜ金メダルだったのかを、分かりやすい言葉で話しています。

マツコさんは言葉を選んで発言されていますが、難易度の高い技を成功させても審査員の主観しだいで逆転されてしまう加点の問題を、トークの中心にしています。

エフゲニー・プルシェンコ選手と真央ちゃんのキスの件を、アイドルの噂話しのような扱いで振ってくるアナウンサーに対し、「現行の採点ルールに対抗して、難易度の高さに挑んだ同志としてのキスだと思う。」と、マツコさんは真央ちゃんをアスリートとして扱って答えています。

アナウンサーが「浅田選手とヨナ選手の違いは得点に表れていた。」と、真央下げ・ヨナ上げの流れに持っていこうとすると、「だから、さっき(加点基準の問題を)言った。」と遮った上で、「もうこの話し(ヨナ持ち上げ)はこれ位でいいんじゃない?」と話題を終わらせ、アナウンサーの口を封じてしまっています。
痛快です。

私もヨナに全く実力がないと思っているわけではありません。
けれど、あれほどの銀河点に値するほどの演技をしたとは、到底信じられません。

2008年GPFで優勝した真央ちゃんに「おめでとう」の一言もなく、「実力ではヨナに勝てない」と番組総出でフルボッコにした「とくダネ!」の小倉智明アナは、バンクーバーオリンピック後も嬉々として隣国のヨナを称えました。

ところが、2010年世界選手権で真央ちゃんが女王に返り咲いた事に対し、「良かったとは思うけれど、我々はアクセルとサルコーの違いも知らないから、すごさがよく分からない。」と呆れた発言をしていました。
にわかファン以下の知識しかないなら、訳知り顔で日本の宝を叩くな(-"-)

マツコさんはフィギュアに造詣が深く、特に伊藤みどりさんが好きだそうです。
この動画だけを見ても、分かってないクセに知った風な口をきく電通の犬である小倉アナとの知識の違いが伝わります。
これからはマツコさんのように、一般人以上の知識と冷静な目と、競技に対する愛情を持っている人にコメントしてもらいたい、と思わせる動画です。

ジャッジの下した判定とつじつまを合わせるような解説をする人々にも、フィギュアのいろはも分かっていないくせに、電通にへつらってヨナ・マンセー!を繰り返しているアナウンサーにも、失望させられていました。
その流れの中で、マツコさんの発言は珍しく胸のすくような言葉でした。

誰もがマツコさんのように口が立つわけではないし、圧力がかかっているであろうフィギュア関係者達に同じ事をして欲しいと望むのは難しいでしょうが、摩訶不思議なルールの中で頑張っている多くの選手の為にも、こういう発言をしてくれる人がもっといて欲しいと思います。

2010年3月、東京MXテレビ「5時に夢中!」にて放送されました。
スポンサーサイト

続きを読む »

テーマ:フィギュアスケート - ジャンル:スポーツ

「浅田真央が一番でした」 恐ロシア解説 日本語訳付き【動画】

2010-2-25-20.jpg 2010-2-25-7.jpg 2010-2-25-76.jpg

バンクーバー女子オリンピックSPの、日本語訳付きのロシア解説の動画です。
浅田真央選手の演技と、キム・ヨナ選手の演技を解説しています。

真央ちゃんに対し、「真央が一番でした。」、「3Aは高く着氷もキレイ。このジャンプで加点がたった0.6だなんて。」、「ジャッジは女子がSPで3Aを入れる難しさを理解するべき。」と、高く評価しています。

一方のジャッジとヨナに対しては、「キムが真央を5点近く上回るなんて本当にヒドイ。」、「ジャッジはすでに終わっている。」、「回転不足の3Lz。3Tも少し。なのにコレが加点+2?せいぜい0.6でしょう。」、「スピンとステップでもGOEで真央を上回っている。もはやジョークですよ(失笑)。」と酷評。

日本の解説が口を閉ざしている事を、恐ロシアの解説はバッサリと断言してくれています。
フィギュアはロシアのお家芸です。
誇りを持っているからこそ、ジャッジの下した判定が許せなかったのでしょう。

真央ちゃんがタラソワコーチの愛弟子なので、ロシア国内で注目が集まっていた事も影響しているとは思いますが、フィギュア大国のロシアで高く評価されるのは並大抵の事ではありません。
真央ちゃんがフィギュア界の重鎮タラソワコーチに愛される価値があると、目の肥えたロシアが認めているのでしょう。

この試合の後、テレビ局に5点差の理由を聞かれた本田武史さんは、「分かりません。」と答えていました。
ジャッジの判定とつじつまの合う解説をしてくれると思い込んでいたアナウンサーは、「あの、理由を…。」とうろたえていました。
その後に本田さんは、「では、お話しします。」とPCSやGOEの説明を続けましたが、最初の「分かりません(=自分には理解できない)」が、本音だったのだと思います。

昨シーズンは、ジャッジにも失望したし、日和見ばかりの日本の解説も歯がゆい思いをしてきました。
日本というお国柄では、特定の選手を否定する解説はなかなかしづらいとは思いますが、せめて本田さんのように理解できないものは理解できないと言うべきです。

解説の仕事は、ジャッジの判定とつじつまの合うコメントをする事ではありません。
真央ちゃんがオリンピックで3Aを決めても伊藤みどりさんに取材がされなかったのは、みどりさんが本音で解説してしまうので、危険分子扱いされているからでしょう。

電通の韓国人会長の支配力が強い日本では、真央下げ・ヨナ上げの風潮が続きましたが、裏のからくりに気づいている視聴者はたくさんいます。
このまま風見鶏のような解説を続けていては、視聴者が離れていくでしょう。
日本には素晴らしい選手がたくさんいるのだから、こんなにもったいない話しはありません。

ロシア以外にも海外の解説は、ジャッジの判定を間違っていると言い、真央ちゃんを高く評価してくれてました。
日本の解説も、みどりさんのようにおかしいものはおかしい、本田さんのように理解できないものは理解できないと言うべきです。

続きを読む »

テーマ:フィギュアスケート - ジャンル:スポーツ

浅田真央 応援MAD 「真央は羽ばたく」【動画】

2010-6-5-1.jpg 2010-6-5-2.jpg

フィギュアスケートの浅田真央選手の応援MAD、「真央は羽ばたく」の動画です。

アジエンスのCMから始まり、演技・遠征・練習・インタビューの映像がダイジェストに詰め込まれています。
詳しい人なら、どれがいつの映像なのか分かると思います。
伊藤みどりさんとのトリプルアクセルの並列動画もあります。

動画作成者さんの愛がいっぱい詰まってます。
愛犬エアロ・ティアラ・小町を引き連れた真央ちゃんが、画面のはじっこを駆けて行くのもかわいいです❤

続きを読む »

テーマ:フィギュアスケート - ジャンル:スポーツ

浅田真央が戦ってきたもの、4年がかりで浅田真央がされてきたこと

2010-2-26-2.jpg  不正バンザイ! 

浅田真央選手のファンの方が書かれたテキストを紹介します。
共感できる部分が多く、転載が認められていたので引用させてもらいました。

バンクーバーオリンピックでの、キム・ヨナ選手のありえない高得点に対する理不尽さを皮切りに、トリノ五輪後に日本が4年がかりでされてきたこと、4回転を跳べるエフゲニー・プルシェンコ選手が代わりに滑っても逆転不可だった異常事態、バレエ的な美しさに欠けるヨナの所作について、克明に書かれています。

続きを読む »

テーマ:フィギュアスケート - ジャンル:スポーツ

浅田真央、鈴木明子、小塚崇彦 愛知県スポーツ功労賞受賞【動画】

2010-5-1-7.jpg 2010-5-1-6.jpg

バンクーバーオリンピックで活躍した、フィギュアスケートの浅田真央選手、鈴木明子選手、小塚崇彦選手らに、2010年4月28日、地元愛知県からスポーツ功労賞が贈られました。
安藤美姫選手も受賞していますが、式は欠席したようですね。

真央ちゃんは、「来年もまたいい成績をとって、このような素晴らしい賞をいただけるように頑張りたい」、「愛知に帰ってくるとほっとする」と笑顔を見せました。

初受賞のあっこちゃんも、次の受賞へ熱意を見せています。
あっこちゃんは制服着てないから別人みたいに見えるね。

続きを読む »

テーマ:フィギュアスケート - ジャンル:スポーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。