浅田真央と水蜜桃

 浅田真央選手・高橋大輔選手を中心に、
 フィギュアスケートの動画を紹介するブログです。
 採点の疑問も記事にしています。
 

08月« 2017年09月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»10月
BLOGTOP » CATEGORY … 2009.12 ロシア選手権

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エフゲニー・プルシェンコが271.59点の世界最高得点樹立

プルシェンコが最高得点で優勝=フィギュア・ロシア選手権

【サンクトペテルブルク(ロシア)26日AFP=時事】来年2月に迫ったバンクーバー冬季五輪の代表選考会を兼ねたフィギュアスケートのロシア選手権が26日、当地で行われ、男子では前回トリノ五輪金メダルのエフゲニー・プルシェンコ(写真)が優勝した。 今季競技に復帰したプルシェンコは、前日のショートプログラム(SP)で100・09点を出して首位に立った。この日の自由でも171・50点で1位となり、合計271・59点の世界最高得点をマークして同選手権8度目の優勝を果たした。 プルシェンコは、まだSPが満足のいく出来からほど遠いとしながらも、欧州選手権、バンクーバー五輪に向けて調子を上げている。 女子ではクセニア・マカロワが合計得点178・90点で優勝した。 〔AFP=時事〕(2009/12/27-10:20)

2009-12-28-1.jpg

ブログランキング・にほんブログ村へ 
▲応援ポチしてもらえると、とても励みになります。
ぜひぜひ、クリックによる投票よろしくお願いします
スポンサーサイト

テーマ:フィギュアスケート - ジャンル:スポーツ

宇宙人エフゲニー・プルシェンコ SP100点越えのモンスタースコア

オリンピックシーズンに復帰し現役選手達を震撼させた、脅威の宇宙人エフゲニー・プルシェンコが、ヒザに爆弾を抱えながらも4回転-3回転の大技を決め、SPで100点超えを果たしました。
すごーい!゜゜ ( □ )ポーン
自身の持つトリノで出した歴代最高得点を9点以上も上回りましたが、国内のISU非公式戦だったため、参考記録扱いにとどまってしまうようです。
残念(><)

この演技、日本の地上波でも放送して欲しいなぁ。
やっぱり、大技を決めた上で高得点を叩き出す演技こそ見ごたえがあると思う。
GPシリーズでは連盟から要請された2試合出場を断って祖国ロシア杯のみの出場とし、その後はヨーロッパ選手権以外では国内大会しか出場ぜず、おそらくオリンピックでメダル獲得したら、再引退してしまうと思われるプル先生。
彼の神業をリアルタイムでもっと見たいよう!(>△<)

プルが五輪シーズンに復帰した事について、高橋大輔選手もSPシリーズ後の「詩子の部屋」で、冗談交じりに「正直、もうええやろ!と思う。」と笑っていましたが、こんな人間離れしたスコアを叩き出されたら、他の選手は笑うしかないですよね(^^;
某国の女子シングル選手の摩訶不思議判定とは違い、否の打ち所のない演技と、出し惜しみなく大技をクリーンに決める、文句無しの王者ぶり。
さすが、「旧ロシアの最後の遺産」と称されるだけはありますよね~。

最近は確実性を求めて4回転を回避する傾向にありますが、2002年のソルトレイクシティオリンピックでは、1位のエレクセイ・ヤグディン、2位のプル、3位の”クワドキング”シドニー・ゲイブル、4位の本田武史らが、4回転を成功させています。
時代の流れに逆らって技術が逆戻りするなんて、おかしな風潮だと思います。

現在の採点方法に習って、細かい点数を取りに来る選手もいた方が各選手の演技に幅が出て良いとは思いますが、全員が同じような方向に行ってしまったら、カラーの違いを楽しめなくなると思います。
本田武史は、1つのプログラムで4回転を3度成功させた、現在でも世界で4人しかいない内の1人です。
日本人でも十分に4回転で世界に挑戦できるのは、先人がすでに実証済み。
他の選手達もしり込みせず、プルのようにどんどん大技にチャレンジして欲しいです。
プル先生が、フィギュア界を活性化してくれそうで楽しみです♪ヾ(*^▽^*)〃

2009-12-26-26.jpg

プルシェンコがSP100点超え

バンクーバー冬季五輪の代表選考会を兼ねたフィギュアスケートのロシア選手権は24日、ロシアのサンクトペテルブルクで開幕し、男子ショートプログラム(SP)は今季競技に復帰した2006年トリノ冬季五輪金メダリストのエフゲニー・プルシェンコが、4回転-3回転の連続ジャンプを決めて100・09点でトップに立った。

 トリノ五輪で自身がマークした世界歴代最高の90・66点を大きく上回ったが、国際スケート連盟(ISU)主催の国際大会ではないため、得点は参考記録扱いとなる。

 川口悠子、アレクサンドル・スミルノフ組が出場するペアは25日にSPを実施する。(共同)

プルシェンコ、ひざに痛み

 フィギュアスケート男子の2006年トリノ冬季五輪金メダリストで、10月のロシア杯で4季ぶりに国際大会に復帰して優勝したエフゲニー・プルシェンコ(ロシア)の代理人が12日、同選手が左ひざに痛みが出たために氷上での練習を控えていることを明らかにした。

代理人によると、プルシェンコは4回転-4回転や3回転半-4回転の連続ジャンプを練習していたが、1週間ほど前から痛みを感じ始めたという。24日からのロシア選手権には出場する予定。(AP)

ブログランキング・にほんブログ村へ 
▲応援ポチしてもらえると、とても励みになります。
ぜひぜひ、クリックによる投票よろしくお願いします

テーマ:フィギュアスケート - ジャンル:スポーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。