浅田真央と水蜜桃

 浅田真央選手・高橋大輔選手を中心に、
 フィギュアスケートの動画を紹介するブログです。
 採点の疑問も記事にしています。
 

09月« 2017年10月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»11月
BLOGTOP » CATEGORY … 2009.10 GPシリ-ズ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高橋大輔 前人未到の4回転フリップと4回転半に挑む【まとめ】

高橋、逆襲の4回転半に挑戦!

12月5日まで行われたフィギュアスケートGPファイナルで総合5位に終わり、来年2月のバンクーバー五輪代表内定を逃した高橋大輔(23)=関大大学院=が6日、逆襲の秘策を披露した。ISU公認大会で世界で誰も成功させていない4回転フリップと4回転アクセル(4回転半)の離れ業に取り組むことが分かった。この日はエキシビションが行われ、五輪代表に内定した安藤美姫(21)=トヨタ自動車=と織田信成(22)=関大=が祝福の大歓声を浴びた。

2009-12-5-6.jpg2009-12-6-2.jpg2009-12-14-1.jpg

高橋、逆襲へ4回転半挑戦!

関大の後輩に喫した屈辱の逆転負けから一夜。高橋が逆襲の秘策を披露した。この日の朝行われたエキシビションの練習中、4回転フリップに挑戦。バランスは崩したが転倒はしなかった。

 「自分たちで限界を作るのはよくないという話し合いをした。(練習拠点に)戻っても、少し練習してみようかと思っています」と意図を明かすのは中2から高橋を指導する長光歌子コーチだ。

 4回転フリップはISU公認大会で誰も成功させたことがない大技。さらに高橋は、その上を行く4回転半(基礎点13・3点)の練習もひそかに行っているといい、すでに成功させている4回転トーループとともに3つの“離れ業”を懐に抱えることになる。

 残り2枠の代表切符がかかる全日本選手権(12月25日開幕、なみはやドーム)での挑戦は「成功したら、そのとき考えます」(長光コーチ)と微妙だが、練習中から最大の回転を作ることは他のジャンプにも好影響を与えるといい、完全復活へ相乗効果も期待できる。

 大きな試合では失敗のリスクが大きい4回転を回避し安全策で点を稼ぐ選手も多いが、「僕のスタンスにそれはない。逃げずに挑戦したい」と高橋はキッパリ。勝負の全日本、その先の五輪へ、守りには入らない。

★高橋が4回転に挑戦

5位に終わった高橋が五輪代表を争う全日本選手権に向け、早くも巻き返しを開始した。一夜明けた練習で右足だけを新しい靴に取り換え、世界でまだ誰も成功していない4回転フリップを試みた。

 フリーでは4回転トーループが回転不足となって転倒したが、さらに難度の高いジャンプに挑むことに「トーループにこだわらず、今後を見据えてやってみた」と吹っ切れた表情を浮かべる。

 長光コーチは「3シーズン前にもやっていた。われわれが限界を決めないでやろうと話した。4回転半もやっていたことがあったし、4回転に挑戦することで、3回転が楽になる」と話した。

ブログランキング・にほんブログ村へ 
▲応援ポチしてもらえると、とても励みになります。
ぜひぜひ、クリックによる投票よろしくお願いします
スポンサーサイト

テーマ:フィギュアスケート - ジャンル:スポーツ

GPファイナル 「今後も4回転」 高橋大輔 EX 「ラブレター」【動画】

2009-12-14-1.jpg2009-12-14-2.jpg2009-12-14-3.jpg

12月6日 東京・代々木第一体育館で行われた、GPファイナルのエキシビション、高橋大輔選手の「ラブレター」の動画です。
大ちゃんが気に入ってると話すプログラムで、気持ちを乗せて滑っています。

今大会ではFSで4回転に挑んだものの転倒、SP首位から大きく順位を落とし総合5位に終わりましたが、今後も4回転に挑戦する事を宣言してくれました。
フィギュアスケートは芸術である一方、アスリートが頂点を極める競技でもあるはず。
大ちゃんのような、美しいだけじゃない選手がいてくれると、見ている方は楽しくなるし、応援したくなりますね♪

★高橋が4回転に挑戦

GPファイナル5位に終わり、全日本選手権で代表を目指す高橋大輔(関大大学院)は今季成功のない4回転を「逃げずに挑む」と宣言した。

続きを読む »

テーマ:フィギュアスケート - ジャンル:スポーツ

GPファイナル 高橋大輔 4回転に挑んだFS 「道」【動画】

2009-12-6-2.jpg2009-12-6-3.jpg

GPファイナルのSPで、「世界一のステップ」を武器に首位につけた高橋大輔選手。
「守りに入る試合じゃない」と、FS冒頭で挑んだ4回転で転倒、得点源の3回転半でも回転が抜け、さらに、同じ種類のスピンを繰り返したり、回転数が足りず無効の0点となるスピンをしてしまったりと、普段では考えられないミスを犯し、順位を大幅に落とした総合5位に終わりました。

「転倒で頭が真っ白になった。(初優勝のチャンスに)順位をキープしたいと思った。緊張感に勝てなかった。」と告白した大ちゃん。
とても良いものを持っている選手だけに、とても残念!
全力の大ちゃんが見たかった!><

もちろん、大ちゃん自身も非常に悔しかったと思います。
キスアンドクライで、観客に謝るジェスチャーをした姿が目に焼きついています。
o(TヘTo) くぅ
それでも、さまざまな因縁のあるライバルの織田信成選手が総合2位になり、オリンピック内定を勝ち取ると、素直に「おめでとう」と健闘をたたえ、握手を交わす大ちゃん。
二人の間には複雑な感情があると推測されますが、ライバルがいるからこそ頑張れるのは間違いないと思います。

安全で無難な演技をする傾向がある中で、あえて難易度の高いジャンプに挑む大ちゃんはカッコイイ!
観客は感動に正直です。
例えそこそこの順位を残しても、選手が不完全燃焼を感じていれば、観客にも伝わります。
あたりさわりの無い演技より、頑張って頑張って壁を乗り越える姿こそ、感動を生むのだと思います。

今回は失敗してしまったし、動揺が凡ミスを呼んだし、褒められる内容は無かったけど、大ちゃんは潔かったし、格好良かった。
これからも、挑戦し続ける大ちゃんを応援したいです。

12月5日、東京・代々木第一体育館で行われました。

続きを読む »

テーマ:フィギュアスケート - ジャンル:スポーツ

GPファイナル 世界歴代2位の高得点 SP「eye」【動画】 

2009-12-5-4.jpg 2009-12-5-7.jpg 2009-12-5-1.jpg

世界最高峰の6人が頂点を競う、フィギュアスケートGPファイナル。
男子SPは白熱の乱戦で、これぞファイナル!と思わせる見ごたえのある充実した内容でした。
やっぱりフィギュアは面白いですね~♪(∩^ω^∩)
その激戦の中で、世界歴代2位の89.95点を叩き出した日本のエース、高橋大輔選手のSP「eye」の動画です。

世界一と評価されるステップは見ごたえ有りです。
解説の佐野稔(あえて呼び捨て)が、「これだけ頭を振ると普通はまともに滑れない」という意味の発言をしていましたが、まさにそうなんですよね。
私は以前ジャズダンスやラテンダンスを習っていた時期があるんですけど、頭を不規則に振っていると、0時の方向に戻りにくくなるんですよね。
0時の方向を見失ったり、目測がついてもオーバーターンしてしまったり…。

迷い無く決めてくれるのは、才能の上に築いた鍛錬の賜物に違いありません。
さすが大ちゃん★高得点おめでとう.+。(ノ^∇^)ノ゚.+。
故障から復帰した今シーズン、男子フィギュアががぜん面白くなりました♪

12月4日、東京・代々木第一体育館で行われました。

続きを読む »

テーマ:フィギュアスケート - ジャンル:スポーツ

GPファイナル 高橋大輔 SP首位からまさかの総合5位【まとめ】

2009-12-6-2.jpg2009-12-6-3.jpg

高橋4回転転倒 まさかの総合5位

フィギュアスケート GPファイナル第3日(5日、東京・代々木第一体育館) 男子はSP3位の織田信成(22)=関大=が2位に順位を上げ、初の五輪切符を獲得。SP首位の高橋大輔(23)=関大大学院=は5位に終わった。

 顔をしかめるしかなかった。高橋が、SP首位から真っ逆さまに転落。まさかの総合5位に終わり、信成に一番乗り切符を譲った。高橋は「織田くん、おめでとう」と潔く敗北を認めた。

 信成とは対象的に「GPファイナルは守りに入る試合じゃない」の男気でいきなり4回転ジャンプに挑んだが、豪快に転倒。「コケてヤバイ! もう失敗できない」と焦り、その後の演技に大きく響いた。後半のスピンは回転数が足りず無効の0点。2本目のジャンプ失敗が引き金になり「頭が真っ白になった。どうすることもできなくなった」。本来の実力をほとんど発揮できないまま、試合を終えた。ただ右ひざ前十字じん帯断裂と半月板損傷の大けがから復帰4戦目でのSP首位。「次につながることはできた。緊張感にも勝てなかったし、それだけ練習量が足りなかったということ。もっと練習を積む」と代表取りへの焦りは微塵(みじん)も見せなかった。

全日本選手権までは約3週間。疲労もあるが高橋は「きっちり決めてオリンピックの代表を取りたい」ときっぱり言い切った。

2009-12-6-1.jpg

高橋5位…全日本選手権に全力

フィギュアスケート・GPファイナル最終日(5日、東京・国立代々木競技場)男子ショートプログラム(SP)3位の織田信成(22)=関大=が、フリーで1つ順位を上げて計243.36点の2位、日本スケート連盟が定めた選考基準を満たして来年2月のバンクーバー五輪代表を決めた。織田は初の五輪代表。SP首位の高橋大輔(23)=関大大学院=はフリーで5位と乱れ、224.60点の5位に沈んだ。

 5位に終わった高橋は「キス・アンド・クライ」で得点表示を待つ間、両手を合わせて観客に謝るようなしぐさをした。SP首位で迎えた初優勝のチャンスに、「(順位を)キープしたいと思った」と動きが硬くなった。4回転ジャンプで転倒し、得点源の3回転半でも回転が抜けると「頭の中が真っ白になった」と反省の弁。同じ種類のスピンを繰り返すミスもあった。

 SPでは右ひざ手術から復帰後初のノーミスで手応えをつかんだが、演技時間が長いフリーはまだ完成度が低い。「このようなことがないように練習したい。全日本選手権が最終選考なのでそこできっちりと(五輪)代表を決めたい」とキッパリ。

高橋、初Vのチャンスに硬くなる

 SP首位で迎えた初優勝のチャンスに「(順位を)キープしたいと思った」と動きが硬くなった。4回転ジャンプで転倒し、得点源の3回転半でも回転が抜けると「頭の中が真っ白になった」という。

ブログランキング・にほんブログ村へ 
▲応援ポチしてもらえると、とても励みになります。
ぜひぜひ、クリックによる投票よろしくお願いします

テーマ:フィギュアスケート - ジャンル:スポーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。