浅田真央と水蜜桃

 浅田真央選手・高橋大輔選手を中心に、
 フィギュアスケートの動画を紹介するブログです。
 採点の疑問も記事にしています。
 

04月« 2017年05月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»06月
BLOGTOP » CATEGORY … 2009.10 GPシリ-ズ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NHK杯 総合4位 中野友加里 ファイナル進出に黄信号【まとめ】

中野、ファイナル進出も厳しく

フィギュアスケートのGPシリーズ第4戦・NHK杯第2日、SP3位から逆転を目指した中野友加里は4位に終わり、ファイナル進出も厳しい状況に。「順位やファイナルのことが頭をよぎった。欲が出てしまった」と険しい表情だった。

 初戦のフランス杯は3位。これまで3度出場し、すべて表彰台に立っているNHK杯でファイナルを目指したが、最高難度のレベル4を狙ったスパイラルやスピンでレベル2と取りこぼし、終盤の3回転サルコーの転倒も響いた。「情けない。大事な五輪がかかっている全日本選手権に向け、時間を無駄にしないように練習したい。3回転半をやりたい」と気持ちを切り替えた。
(サンスポより引用)

2009-11-9-18.jpg2009-11-9-20.jpg

中野抑えめ「火の鳥」4位

フィギュアスケートGPシリーズ第4戦 NHK杯第2日(7日・長野市ビッグハット) 女子フリーを行い、SP3位の中野友加里(24)=プリンスホテル=は4位

 中野はフリーで燃えるような衣装で「火の鳥」を演じた。最後の3回転サルコージャンプで転倒するなど点は伸びず4位。10月3日のジャパン・オープンで3回転半ジャンプを転倒し、左肩を亜脱臼したが、フランス杯は3位。コンビを組んで今季で5季目になった佐藤信夫コーチは「もう1回すると癖になると医者に言われています」と話し、今は万全を期すため2回転半に抑えている状態。完ぺきな演技まで、もう少し時間がかかりそうだ。
(スポーツ報知より引用)
スポンサーサイト

テーマ:フィギュアスケート - ジャンル:スポーツ

フランス杯3位 中野友加里 エキシビション【動画】

2009-10-20-6.jpg 2009-10-20-7.jpg 

フランス杯3位と大健闘した、中野友加里選手のエキシビション動画です。
「大人っぽさを表現したい」の宣言通り、ケガの影響を感じさせない滑りでベテランの貫禄たっぷりに演じてくれました。
ゆかりんのバンクーバーへの決心の程が伝わりますね。

続きを読む »

テーマ:フィギュアスケート - ジャンル:スポーツ

フランス杯総合3位 中野友加里 FS「火の鳥」 【動画】

2009-10-19-7.jpg2009-10-19-6.jpg2009-10-19-8.jpg

ジャパン・オープンで右肩を亜脱臼し、大会前に「痛くないと言えば嘘になる。完走が目標。」と苦笑していた中野友加里選手。
ふたを開けてみれば、SP2位・FS3位・総合3位と大健闘!
音楽を良く捕らえた負傷を感じさせない演技で、見事表彰台に登りました。

精神が肉体を凌駕したのは、オリンピック出場への情熱がなせる業でしょうか。
前回のトリノで取り逃したキップを、バンクーバーで手にできるかも知れませんね。
頑張れゆかりん!.+。(ノ^∇^)ノ゚.+。

続きを読む »

テーマ:フィギュアスケート - ジャンル:スポーツ

フランス杯SP2位 中野友加里「オペラ座の怪人」【動画】

2009-10-18-8.jpg 2009-10-18-10.jpg

フランス杯の女子ショートプログラム(SP)で、中野友加里(プリンスホテル)は59・64点で2位につけた。

ミュージカル「オペラ座の怪人」の音楽で好演技を見せた中野が2位に割って入った。
白黒のコスチュームで深紅のバラを髪に挿し、最終グループの1番目に登場。
「何も考えることなく、6分間練習のいい緊張と体の動きで演技することができた」とほぼミスなくまとめた。

59・64点は自己ベストに2・44点差。
最後のコンビネーションスピンがレベル1と低く評価されたが「入る時に少し横滑りしてしまったし、シットスピンの位置が高かったかもしれない」と納得した。
痛めている左肩に目立たないように肌色のテーピングを施し、フリーへ「今できることをやるしかない」と口元を引き締めた。

3日のジャパン・オープン。
中野は最初のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)で転倒して左肩を亜脱臼した。そのまま演技を続け、同日のエキシビションも出場。
「よく滑ったなと自分でも思う」。翌日、左腕は痛みで上がらなかった。

医者の診断は全治3週間。フランス杯の欠場を勧められたが、押し切った。
すべてをかける五輪シーズン。欠場すればファイナル進出の可能性は消える。
三角きんで腕をつって練習を続けた。肩は徐々に回復。
「ここまで動けるようになるとは思ってなかった」。
今も痛み止めを飲み、左肩をテーピングするが、15日の公式練習では安定したジャンプで不安は感じさせなかった。

今季のショートプログラム(SP)は「オペラ座の怪人」、フリーは「火の鳥」。
五輪に向け、子どものころから滑りたかったという二つの名曲を選んだ。
わずかに代表に届かなかったトリノ五輪。
「あと一歩を埋めるためにやってきた」。夢の舞台、バンクーバーへ。
16日(日本時間17日)の女子SPで中野の戦いは幕を開ける。
(東京新聞より抜粋して引用)

続きを読む »

テーマ:フィギュアスケート - ジャンル:スポーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。