浅田真央と水蜜桃

 浅田真央選手・高橋大輔選手を中心に、
 フィギュアスケートの動画を紹介するブログです。
 採点の疑問も記事にしています。
 

02月« 2010年03月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»04月
BLOGTOP » ARCHIVE … 2010年03月

世界選手権と五輪に疑惑の採点 キム・ヨナは被害者なのか?

2010-3-29-11.jpg 2010-3-29-13.jpg 2010-3-30-22.jpg

フィギュアスケート界の2大妖精、日本の浅田真央選手と韓国のキム・ヨナ選手。

バンクーバーオリンピックでは、ヨナが世界歴代最高得点をマークして金メダル。
真央ちゃんは女子史上初となる3回のトリプルアクセルを成功させながらも、大差をつけられ涙の銀メダル。

世界選手権では、1つのジャンプが回転不足と判定された以外はミスなくやりきった真央ちゃんが、SP2位・FS2位で金メダル。
対するヨナは、得点源となる2つのジャンプに失敗した上、ふにゃふにゃのスパイラルやスピンでありながら、なぜかFSでは1位となり、SP7位から大きく順位を上げ銀メダル。

バンクーバーでも2位以下を大きく引き離すヨナの銀河点に対し、大量得点の根拠は何なのかと疑問の声が起こりましたが、演技がノーミスと判定された事もあり、順位については妥当と見る向きもありました。
しかし、得点については納得できていない方が多かったようで、各所で採点が解体されると謎の加点が明るみになり、疑惑はより色濃いものになりました。

続々と寄せられる疑問の声に対し、何とかそれらしく聞こえる根拠もどきを後付けで示そうと、関係者達は言葉を弄しました。
誰の味方をしているのか分からない平松純子審判員は、2人の連続ジャンプの違いが得点差を生んだとしています。
(ソースはこちら→金妍児が「兄弟」で浅田は「親子」。
ジャンプは親子より兄弟が良いなんて、いつ決まったんでしょう?少なくともルールには明示されていません。

これまでヨナに対し、根拠不明のPCSによる大量加点が与えられてきました。
GOEでも、ルールを都合よく解釈した謎の加点がざくざくと与えられました。
表現力や技の出来栄えなどの、素人目には分かりにくいルールを隠れ蓑にして、摩訶不思議な採点がまかり通ってきたのが現状です。

続きを読む »

テーマ:フィギュアスケート - ジャンル:スポーツ

浅田真央vsキム・ヨナ 世界選手権 疑惑のFSを徹底比較【動画】

2010-3-29-15.jpg 2010-3-29-17.jpg

フィギュアスケート世界選手権での、浅田真央選手とキム・ヨナ選手のFSの演技を並べて比較した動画です。

どちらのスケーティングが速いか、スパイラルが美しいか、スピンにスピードと安定感があるか、ステップに流れとキレがあるのかが、丸裸にされています。

FSのみの得点を比較すると、真央ちゃんは3回転半を2回跳び、2つ目の3回転半が回転不足と判定された以外はミスのない演技で、129.50で2位。
対するヨナは、3回転フリップと2回転半でミスした上、スピンやスパイラルの必須要素でも精彩を欠く演技でありながら、130.39で1位。

採点競技に疑惑はつきものですが、今大会の演技ではどちらの演技が素晴らしかったのか、素人目にも明らかだったと思います。

続きを読む »

テーマ:フィギュアスケート - ジャンル:スポーツ

世界選手権 キム・ヨナが記者会見中に携帯電話いじり【動画】

2010-3-29-19.jpg

フィギュアスケート世界選手権で疑惑の銀メダルとなった、韓国のキム・ヨナ選手。
演技後の記者会見で、金メダリストの浅田真央選手のインタビュー中に、携帯電話をいじる姿が確認されました。

疑惑の高得点に、「ジャッジから何らかの配慮があったのはあきらかだ」と中国新聞網から報道され、世界中から疑いの目で見られているヨナですが、今度は自覚のなさと非常識ぶりを非難されています。

また、金メダリストが座るイスに荷物を置いていて、真央ちゃんが到着すると無言でよけているのも映像に残されています。
こういった場所で人のイスを利用するのは、他の選手に対する礼儀が欠けているとの声も上がっています。

これについては、人の席に荷物を置くのは失礼ではあるけれど、条件反射で置いてしまっただけの、本当のうっかりの可能性も無くはないです。
ただ、何で必要のない荷物を持ち込んだのかが分からないし、携帯を手放したくない為に持ち込んだとしたら、すでに選手として終わっています。

携帯の使用を咎めるような目で見た銅メダルのラウラ・レピスト選手に対し、唾を吐くしぐさをしたとの噂もあります。
唾を吐いたかどうかはどうかは映像が不鮮明でハッキリとは確認できませんが、携帯をいじるのははっきりと動画に映っています。

引退が決まっている最後の試合で、このやる気のなさと態度の悪さを露呈するとは、本当に残念な人です( ゚д゚)、ペッ

続きを読むに、ネットニュースの引用と記者会見の動画。

続きを読む »

テーマ:フィギュアスケート - ジャンル:スポーツ

世界選手権 疑惑の銀 キム・ヨナ FS「ピアノ協奏曲ヘ長調」【動画】

2010-3-30-24.jpg 2010-3-30-21.jpg 2010-3-30-25.jpg

フィギュアスケート世界選手権で疑惑の銀メダルとなった、キム・ヨナのFS「ピアノ協奏曲ヘ長調」の動画です。

惨憺たる演技でありながら、なぜかSPだけで60.3、FSだけなら1位となる130.39もの高得点を与えられ、合計190.79となり、疑惑の銀メダルを受賞しています。

浅田真央選手のFSでは、3回転半を2回着氷させ、2つ目の3回転半が回転不足と判断された以外ではミスなくまとめると、気迫のこもったストレートラインステップで会場を沸かせ、129.50。

対するヨナのFSは、大きな得点源となる3回転サルコウで転倒し、2回転半はパンクして半回転となるをミスした上、スピンの回転も遅く、スパイラルがフラフラする出来栄えの悪い縁起で、130.39。
ちなみに、サルコウは転倒しているのにDGを刺されず、半回転は基礎点0で、必須ジャンプをはずしているのに減点されていません。

この明らかにおかしな採点に対し、中国新聞網からは、「ジャッジから何らかの配慮があったのは明らかだ」、「フィギュアスケートにおける悲哀と言わざるを得ない」と糾弾されています。

続きを読む »

テーマ:フィギュアスケート - ジャンル:スポーツ

キム・ヨナ疑惑の世界銀メダル「審判の配慮があったのは明らか」

2010-3-30-22.jpg 2010-3-30-23.jpg 2010-3-30-25.jpg

フィギュアスケート世界選手権で銀メダルとなったキム・ヨナ選手に、またしても疑惑の声があがりました。

SPでは必須要素もこなせず、途中で演技が止まりそうになるようなボロボロの演技に対し、60.3が与えられ7位。
FSでは、ヨナにとっては大きな得点源となる3回転サルコウと2回転半をミスした上、グラグラなスピンとメリハリの無いステップしかできず、全体的に精彩を欠く演技ながら、130.39を与えられました。
この得点は、3回転半を2度跳び、2つ目の3回転半が回転不足になる以外はミスなくまとめた浅田真央選手の129.50を上回る、FSでは1位となる高得点です。

今大会での韓国の出場枠は2つで、一緒に出場したクァク・ミンジョン選手は22位に終わっています。
今回の順位がポイント換算され、来季の出場枠が決まります。
ポイントについては、一人出場の場合は2位以内で3枠・10位以内で2枠となり、二人以上出場の場合は上位2名の合計が13ポイント以内で3枠・28ポイント以内で2枠となります。
1位~15位までは順位がそのままポイントとなり、16位~24位は一律16ポイント、25位(SP落ち)~一律18ポイントとして計算されます。
韓国が来季の出場枠2枠を守る為には、ヨナは12位以内に入ば間に合いました。

けれど、12位では五輪金メダリストとしての栄誉に傷がつきます。
「世界歴代得最高得点」を記録した選手としては、どうしても順位を上げておく必要がある状況でした。

中国新聞網からは、「ジャッジから何らかの配慮があったのは明らかだ」、「フィギュアスケートにおける悲哀と言わざるを得ない」と報道されています。

続きを読む »

テーマ:フィギュアスケート - ジャンル:スポーツ