浅田真央と水蜜桃

 浅田真央選手・高橋大輔選手を中心に、
 フィギュアスケートの動画を紹介するブログです。
 採点の疑問も記事にしています。
 

01月« 2018年02月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728»03月
BLOGTOP » ARCHIVE … 2018年02月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

羽生結弦66年ぶり五輪連覇 宇野昌磨が銀 史上初2人の表彰台

AS20180217001599_comm.jpg

AS20180217001765_comm.jpg

AS20180217001747_comm.jpg

羽生結弦66年ぶり五輪連覇 宇野昌磨が銀

 平昌冬季五輪は17日、フィギュアスケートの男子フリーがあり、ショートプログラム(SP)首位の羽生結弦(ANA)がフリーで206・17点を出し、合計317・85点で男子としては66年ぶりの五輪連覇を達成した。宇野昌磨(トヨタ自動車)は銀メダル。日本人2人の表彰台は史上初。

 羽生はフリーの冒頭で4回転サルコーで成功、続く4回転トーループも成功。演技後半では4回転サルコー―3回転トーループで18・99点を稼いだ。4回転トーループからの3連続ジャンプや3回転ルッツで失敗したが、ミスを最小限にした。演技後、「まずこの会場で滑ることができてほっとしているのと、あと本当に自分がやりきれたなと思うくらいの演技ができたことがよかったと思う」と話した。

 SP3位の宇野は、冒頭の4回転ループで転倒したが、4回転フリップを成功させるなど立て直し、初の五輪で銀メダルを獲得。

 SP2位のハビエル・フェルナンデス(スペイン)は予定していた3本の4回転のうち2度着氷し、フリーで197・66点、合計305・24点で銅メダルを獲得。

 SP4位の金博洋(中)は、フリーで4回転ジャンプを3度成功させて194・45点を出し、合計297・77点で4位。

 昨年末のグランプリファイナル王者のネーサン・チェン(米)が、フリーで6度の4回転ジャンプを試みて5度成功させるなど、215・08点を出し、合計297・35点で5位。チェンは、ショートプログラム(SP)でジャンプのミスが響き、82・27点で17位と出遅れていたが、会心の演技で巻き返した。

 SP20位の田中刑事(倉敷芸術科学大大学院)がフリーで冒頭の4回転サルコーを決めるなどして164・78点で合計244・83点で18位。

(朝日新聞デジタル)


8fe92_1588_adc2de4c_dcbd1af7.jpg

figure-skating-winter-olympics-day-8-1.jpg


海外メディアの視線を集めた試合後の“美しきスポーツマンシップ”とは

 平昌五輪は17日、フィギュアスケート男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)1位の羽生結弦(ANA)は206.17点をマークし、合計317.85点で66年ぶりの連覇を達成。海外メディアは羽生、そして、銀メダルに輝いた宇野昌磨(トヨタ自動車)、銅メダルで同じブライアン・オーサー氏に師事するハビエル・フェルナンデス(スペイン)の3人が演技後に健闘を称え合う姿に対し、「メダリストの信じられないほどのスポーツマンシップ」と脚光を当てている。

 己の技術を高め上げ、栄光を競い合った男子フィギュア界の3人は、江陵アイスアリーナで粋なシーンを展開させた。

 試合後のリンクサイドで、羽生、フェルナンデス、宇野は笑顔を浮かべながら、お互いの健闘をねぎらう。そして、抱き合うと、涙で目を赤くした羽生とフェルナンデスの師匠、オーサー氏はこの模様を記念撮影していた。

 米スケート専門メディア「アイスネットワーク」は「男子のメダリストたちによる、素晴らしきスポーツマンシップの光景」と公式ツイッターで紹介。お互いを認め合う実力者の美しい光景にフィギュアファンも反応している。

海外ファン反響「記憶にあり限り、最高の表彰台。史上最高だ」
 返信欄では「記憶にある限り、最高の表彰台。1992年以来かもしれないが、これは史上最高だ。おめでとう、ブライアン・オーサー。教え子のもう2つのメダルに。彼はすべての記録を塗り替えている。この大会はおとぎ話のような結末を迎えた」「この3人にはゾクゾクさせられました。最高すぎます」などとコメントが記されていた。

 フィギュアスケートといえば、競技では得点を競い合うが、リンクを一歩離れればリスペクトし、称え合うのがスケーターのマインドにある。それは、五輪の舞台でも決して変わることはない。羽生、宇野、フェルナンデスというライバル関係も、平昌五輪を彩った忘れられない記憶となりそうだ。

(THE ANSWER編集部)


平昌オリンピック フィギュア 男子 フリー

【羽生2連覇、宇野は銀】
男子でショートプログラム(SP)首位の羽生結弦(ANA)がフリーで206.17点をマークし、合計317.85点で66年ぶりの2連覇。今大会の日本選手団に最初の金メダルをもたらした。初出場でSP3位の宇野昌磨(トヨタ自動車)は202.73点を出し、合計306.90点で銀メダルを獲得した。初出場の田中刑事(倉敷芸術科学大大学院)は18位だった。
SP2位の元世界王者ハビエル・フェルナンデス(スペイン)が銅メダル。SPで17位と出遅れたネーサン・チェン(米国)が6度の4回転ジャンプに着氷して215.08点をマークし、5位と巻き返した。

【涙の連覇】
羽生は最終滑走、宇野の演技を控え室で見守った。五輪連覇が決まった瞬間、肩が震えて目に涙があふれた。テレビカメラに向かって「ありがとうございました」とつぶやき、銀メダルの宇野や、オーサー・コーチと抱き合って喜びをかみしめた。セレモニーでは「SEIMEI」の旋律に乗り、再びリンクに登場。銅のフェルナンデス、銀の宇野を抱き寄せて祝福した後、ジャンプして一番高い表彰台へ。音楽に合わせてフリーの「決めポーズ」を披露した。
宇野は銀メダル獲得に感極まる樋口コーチと対照的に、ぽかんと得点を見つめた。セレモニーではすっきりした表情。大会マスコットをもらうと、にこにこ顔で小さく手を振った。
---
羽生結弦の話 自分がやりきれた、と思うぐらいの演技ができた。(ケガをしていた)右足が頑張ってくれた。集中して、跳びたかったジャンプを跳べてよかったと思う。右足に感謝しかない。
---
宇野昌磨の話 全部(ほかの選手の演技を)見ていて、完ぺきなら1位になれる状況だと分かっていた。1個目のジャンプを失敗した後は「頑張ろう」と笑いがこみ上げてきた。(五輪に)特別な思いはなかったですね。最後まで。

【宇野が銀メダル】
最後の演技者だった宇野は202.73点、合計306.90点で、銀メダル。曲はプッチーニのオペラ「トゥーランドット」。演技冒頭でスピードに乗りきれず、4回転ループで転倒した。すぐに気持ちを切り換え、4回転フリップを軽やかに決めた。ジャンプの基礎点が1.1倍になる後半の1本目、イーグルからのトリプルアクセルはGOE(出来栄え点)で加点を得る好ジャンプ。しかし、4回転と2回転の連続トーループは2本とも着氷が乱れるミス。
その後は諦めずにリカバリー。最後の4回転となったトーループにしっかり成功。さらにトリプルアクセルからの3連続ジャンプ、サルコーとトーループの連続ジャンプを繰り出して場内を沸かせた。演技後は少し残念そうに苦笑い。ステップやスピンでレベルの取りこぼしはあったものの、羽生を上回る技術点を獲得、演技点もすべて9点台だった。

【フェルナンデスは痛いミス】
元世界王者でSP2位のフェルナンデス(スペイン)は197.66点で合計305.24点。羽生を上回れなかった。序盤に4回転トーループと4回転サルコーと2回転トーループの連続ジャンプを決めたものの、後半に予定していた4回転サルコーが2回転になる痛恨のミス。

【羽生が連覇】
羽生は206.17点、合計317.85点で五輪連覇。曲は映画、陰陽師より「SEIMEI」。気迫ある表情でリンクに出た。冒頭の4回転サルコーを流れるように着氷し、続く4回転トーループにも余裕。ともにGOE(出来栄え点)で満点3点の加点を得た。3回転フリップも決めて序盤のジャンプは全て成功。ステップシークエンスで魔物をはらう陰陽師の世界を作り上げた。
ジャンプの基礎点が1.1倍になる後半には4回転サルコーと3回転トーループの連続ジャンプに成功、だが連続ジャンプを予定していた4回転トーループの着氷で大きくバランスを崩し、2本目が跳べなかった。得意にしているトリプルアクセルからの3連続ジャンプで立て直し、最後のジャンプだった3回転ルッツは着氷で前のめりになりながらもこらえた。
ミスはあったものの、表現力を示す演技点は5つの項目すべて9点台の後半をそろえ、10点満点をつける審判も。大歓声と拍手の中で演技を終えると、感情を爆発させて何かを叫び、戦い抜いた右足首にそっと両手を添えた。

【金は転倒】
四大陸選手権覇者でSP4位の金博洋(中国)は194.45点で合計297.77点。序盤にルッツとサルコーの4回転ジャンプに成功。しかし、後半2本挑んだ4回転トーループの1回目に転倒した。その後、4回転と2回転の連続トーループで立て直し、4回転ジャンプは3種類3度。

【チェンが圧巻の演技】
SP17位と出遅れたチェン(米国)が215.08点を叩き出し、合計297.35点。最終組を残しトップに立った。4種類6度の4回転ジャンプに挑み、すべて着氷した。冒頭で最高難度のルッツに成功すると、フリップを2度、トーループを2度、さらにサルコーを1度着氷。2度目のフリップで手をついたのが唯一のミスで、自己ベストを更新した。

【田中は2度転倒】
田中は164.78点、合計は244.83点。音楽は「フェリーニ・メドレー」。最初の4回転サルコーに成功、今大会初めて4回転ジャンプを決めた。続いて4回転サルコーからの連続ジャンプに挑んだものの、1本目で転倒した。さらに、演技後半は4回転トーループは着氷で大きく乱れ、2度目のトリプルアクセルでも転倒と、ジャンプにミスが続いた。終盤に単発で予定していた3回転ルッツの後にジャンプを2つ続けて3連続ジャンプにするなどリカバリーを目指したが、得点は伸びなかった。
---
田中刑事の話 (4回転サルコーを決めて)団体、SPと失敗していたジャンプを何とかひとつ踏ん張れた。全体を通して悔しい気持ちが残った。この緊張感は今後の宝になる。

(朝日新聞デジタル)





浅田真央さんが羽生、宇野、そしてN・チェンを祝福

 フィギュアスケート元世界女王の浅田真央さん(27)が、平昌五輪(ピョンチャンオリンピック)男子フィギュアスケートで66年ぶりの2連覇を飾った羽生結弦(23)と、初出場で銀メダルを獲得した宇野昌磨(20)に祝福のメッセージを寄せた。

 自身のインスタグラムで過去に撮られた2人とのスリーショットを公開し、「ゆづ君! しょうま! おめでとう!! すごい! すごい! すごすぎる!! 最高でした!!」と書き込んだ。羽生とはともにソチ五輪代表、宇野は浅田さんが競技に誘った経緯がある。

 さらに、名前を挙げたのはネーサン・チェン(米国)。5種類の4回転ジャンプを操る優勝候補ながらショートプログラム(SP)で17位と低迷。だが、この日のフリーでは五輪史上初となる5本の4回転ジャンプを成功する会心の演技で自己ベストをだしてカムバックを果たし、最終的に5位で大会を終えた。その姿はソチ大会でSP16位に沈みながら、翌日のフリーで世界の感動を生む復活の演技を見せた浅田さんに重なっていた。

 「そして、、、ネイサン! 最高の演技ができて良かった!!」とねぎらいの言葉を記した。

(日刊スポーツ)


真央さんが導いた宇野のスケート人生 5歳時に出会い「フィギュアやらない?」

 「平昌五輪・フィギュアスケート男子・フリー」(17日、江陵アイスアリーナ)

 昨季の世界選手権2位でSP3位につけ、最後に演技した初出場の宇野昌磨(20)=トヨタ自動車=が銀メダルを獲得した。

 なんて楽しそうに滑るんだろう。幼い頃に見たその軽やかな滑りが、宇野の人生を変えてくれた。5歳の時、初めていったスケートリンク。そこで“女神”に出会った。「かわいいね。フィギュアやらない」-。笑顔で声を掛けてくれたのは、浅田真央さん。のちに日本中を魅了するヒロインに誘われ、銀盤の世界に導かれた。

 「人生を変えてくれた人。僕が今、ここにいるのは、浅田選手のおかげ」

 成長するに従い気恥ずかしくなり、呼び方は「真央ちゃん」から、いつしか「浅田選手」になった。真央さんからは「成長して敬語になって寂しい」と言われたこともあったが、尊敬するスケーターだからこそ、気軽には接することができなくなった。真央さんが引退を発表してから行われた表彰祝賀会で、選手を代表して花束を渡した。「スケートを始めるきっかけを作ってくれてありがとう」。日頃は言えない言葉を、思いを伝えた。

 一緒に立つことはできなかった夢舞台。真央さんから教わったトリプルアクセルを後半に2本決め、し烈なメダル争いを制した。手にしたのは、真央さんが初めて五輪で取ったものと同じ銀メダル。胸に輝くその勲章を、宇野はちょっとだけ誇らしそうに掲げた。

(デイリースポーツ)
スポンサーサイト

続きを読む »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。