浅田真央と水蜜桃

 浅田真央選手・高橋大輔選手を中心に、
 フィギュアスケートの動画を紹介するブログです。
 採点の疑問も記事にしています。
 

09月« 2017年10月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»11月
BLOGTOP » 2010.10 GPシリーズ » TITLE … 佐田真央 NHK杯 FS「愛の夢」【動画】

佐田真央 NHK杯 FS「愛の夢」【動画】

2010-10-23-7.jpg 2010-10-23-8.jpg 2010-10-23-9.jpg

浅田真央選手のNHK杯FS、「愛の夢」の動画です。
ジャパン・オープンに続く2回目の披露。
振付はローリー・ニコル氏です。

修正中のジャンプでの転倒もあり、得点は自己ワーストの85.45に留まり、合計133.40。
前夜のSPから順位を上げる事は叶わず、8位に終わりました。

2010年10月23日、名古屋の日本ガイシホールで行われ、同日放送されました。

♪ 続き ♪



真央、GP自己最低の8位に終わる

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第1戦・NHK杯(名古屋・日本ガイシアリーナ)は23日、女子フリーを行い、ショートプログラム(SP)8位と出遅れた浅田真央(20)はジャンプでミスを連発し85.45点。合計133.40点でGP自己最低の8位に終わった。

 薄紫色の美しい衣装で登場した浅田は、フリー曲「愛の夢」にのって演技を開始。最初のトリプルアクセルは回転不足、続くトリプルフリップでは転倒、トリプルルッツは回転不足となり、中盤のコンビネーションジャンプでも転倒した。その後のトリプルサルコウは着氷、トリプルループは成功した。スパイラルやステップではレベルの高い技術を見せたが、表情は硬いままだった。

 浅田は演技後、「ジャンプはまだ完璧に直っていない。半分くらい。ジャンプは積み重ねだと思うので、練習を重ねていきたい。はやくパーフェクトな演技を皆さんに見せたい」とコメントした。

・浅田真央
「(ジャンプは)狂ってはいない。練習でもいい方向にはいっている。まだ自分のものになっていないのが一番の原因。(佐藤)先生も言うように積み重ね。すぐに練習して、積み重ねていきたい」

・佐藤信夫コーチ
「(浅田は)やはり心理的なところがある。わたしには計り知れないが、甘い言葉をかけても解決にならない。練習して疲れている中でちゃんとできるようになれば復活できると思う」
(MSNより引用)





■管理人の独り言■

グランプリシリーズ第1戦 日本大会のNHK杯で、韓国のキム・ヨナ選手のコーチをしていたビョン・ソンジン氏が、テクニカルスペシャリストとしてデビューしました。

これまでジャッジ達は自分達の信頼性について、「国際大会でジャッジを務めるには、国内の地方大会等で経験を十分に踏んでからでしかなれない。だから、我々は信頼の置ける審判である」と、アピールしてましたよね?

それなのになぜ、テクニカルスペシャリストのデビューがGPシリーズなの?
ジャッジには経験が必要だけれど、テクニカルスペシャリストには経験は必要ないとでも考えているの?
おかしくない??

ちなみに、ジャッジとテクニカルスペシャリストは見る部分が違います。

■審判員の格付けをざっくり補足説明■
①レフェリー 1名 審判団の監督
②テクニカルコントローラー 1名 スペシャリストの監督
③テクニカルスペシャリスト 1~2名 要素の種類・レベルを判定
④演技審判 最大9名 要素の加点・減点、PCSを採点


今大会での真央が不当に厳しくLv.判定されているかは正直分かりませんし、何でもかんでも、韓国=敵、ヨナの関係者=敵、と神経質なりたくはありません。

でも、そういう感情抜きに考えても、テクニカルスペシャリストのデビューがGPシリーズって、これまでのジャッジ達の発言と矛盾すると思います。

GPシリーズの結果は世界ランキングにも大きく影響します。
そんな大きな大会なのに、Lv.判定やDG判定という大事な部分を、未熟な人に任せて良いの??(´-ω-`)
純粋に疑問です。



新人がGPSでテクニカルスペシャリストを務めるのはおかしいと思われる方、  
↓コチラをクリックお願いします。 ↓コチラもクリックお願いします♪ 
  ブログランキング・にほんブログ村へ  人気ブログランキングへ
     (にほんブログ村)      (人気ブログランキング)

    応援ポチが更新の励みです。ありがとうございます

テーマ:フィギュアスケート - ジャンル:スポーツ