浅田真央と水蜜桃

 浅田真央選手・高橋大輔選手を中心に、
 フィギュアスケートの動画を紹介するブログです。
 採点の疑問も記事にしています。
 

08月« 2017年09月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»10月
BLOGTOP » スポンサー広告 » TITLE … 「浅田 ただ時間必要」フィギュア 佐藤コーチに聞くBLOGTOP » 2010.10 GPシリーズ » TITLE … 「浅田 ただ時間必要」フィギュア 佐藤コーチに聞く

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「浅田 ただ時間必要」フィギュア 佐藤コーチに聞く

2010-12-2-1.jpg

「浅田 ただ時間必要」フィギュア 佐藤コーチに聞く

 フィギュアスケートの浅田真央(中京大)が今季前半戦のグランプリ(GP)シリーズでNHK杯8位、フランス杯5位に終わり、2季連続でGPファイナル出場を逃した。2度の世界女王に輝く浅田の再生はいつになるのか。9月から浅田を指導する佐藤信夫コーチ(68)に要因などについて尋ねた。

 ――試合で浅田本来の力を発揮できていないが。

 「原因が一つだったら、問題を解決するのは簡単。僕は浅田選手にスケートはミックスジュースのようなもの、と言っている。リンゴやバナナやイチゴ――。いろいろなものが混ざっているからこそ、味が出る。ミックスジュースのように三つの要素がバランスよくできていないと、良い答えは出てこないと。では、リンゴやバナナが彼女にとって何なんだ、という部分は感覚の世界なので具体的には言えない。ただ時間が必要です」

 ――フランス杯の公式練習では、身ぶり手ぶりで指導する場面が目立った。

 「良くなるのを待つしかない、と言っても、本番の試合になると基本的なことばかりは言っていられない。ただ、ベーシックな部分を省略して付け焼き刃でやってしまったら、また元に戻ってしまう危険性がある。全日本選手権もあるが、そこは同時並行でやっていかないといけない」

 ――具体的に今後どの部分を修正していきたいか。

 「技術的なことは具体的には言えない。僕が技術的な問題点を一つ言って報道されてしまうと、それが独り歩きしてしまう。皆さんの目にはこれは失敗ジャンプだなと思うものでも、僕には良いものだな、と思うものがある。僕自身は形になりかけていると思っているし、あとは時間との戦いで待つしかないと思う。彼女がそれをどこまで我慢できるかだと思う」(パリ=坂上武司)
(asahi.comより引用)

♪ 続き ♪

真央帰国 気丈に「直すところ全くない」

フィギュアスケートのフランス杯で5位に終わり、GPファイナル進出を逃した浅田真央(20=中京大)が29日、成田着の航空機で帰国した。

 敗戦のショックは見せず「本当に直すところは全くない状態。気持ちの問題なので、いつも通りにできるように考えて、練習したい」と強気に語った。世界選手権(3月、東京)切符のかかる12月の全日本選手権(長野)へ向けて、今後も拠点の名古屋と佐藤コーチのいる横浜で練習し、特別な合宿などを組む予定はない。「次の試合が自分にとってラストチャンスだと思う」と決意を口にした。

[ 2010年11月30日](スポニチより引用)





-遅まきながら、フランス杯での真央ちゃんの演技の感想です。

真央ちゃん、フランス杯ではNHK杯より良くなっていると感じました。
NHK杯では、ただジャンプが決まらないというだけでなく、失敗に気持ちが奪われて、他のエレメンツや表現面に集中力を欠いている部分があった印象でした。
今回は、そこが直ってきていると感じました。

真央ちゃんはジャンプだけではなく、スピンもスパイラルもステップもツイズルも一級品。
そこを見せなきゃもったいないし、それだけでも観客の目を惹きつけられる選手です。
いい兆しが見えていると思います(^^)

-ちょっと自分語り。
真央ちゃんがジャンプを矯正する以上、今シーズンのほとんどを棒に振る事を覚悟していた一方で、ミラクル真央なら、フランス杯で表彰台に登れるかも…という淡い期待も抱いてしまっている自分もいました。
ファンとして真央ちゃんの決意を尊重する気持ちに変わりはありませんが、会見でのしょんぼりした真央ちゃんを見ると、やっぱり胸がつまります。

これまでの真央ちゃんの我流の飛び方でも、今シーズンも通用するとは思います。そうすれば台にも乗れる。
けれど、身体能力に任せたジャンプでは、ソチオリンピックまで持たないかも知れない。

バンクーバーオリンピックで涙の銀メダルとなったものの、その後のトリノ世界選手権では女王に返り咲いた真央ちゃん。
東洋人として初めて2度の世界女王に輝いてなお、「オリンピックでの借りはオリンピックでしか返せない」と言い切った真央ちゃん。

2年連続でグランプリファイナル進出を逃し、全日本で結果を出さないと、世界選手権も危ぶまれている状態。
真央ちゃん自身が「次がラストチャンス」と口にするように、ギリギリの瀬戸際だと思います。

全日本が最後になって欲しくない。
最近グングンとキレイになって、年齢相応の女性らしさが演技にも表れてきた真央ちゃんの演技がもっと見たい。
熱をはらんだ情熱的な「タンゴ」を、しっとりとした「愛の夢」の完成形を、世界選手権の舞台で目に焼き付けたい。
苦しい時かと思いますが、信夫先生と2人3脚で頑張って欲しいです。

今シーズンのジャッジも「あれ???」と感じる部分は多々ありますが、不可思議な判定の中でも真摯に頑張っている選手達と、我らが真央ちゃんを応援していきたいと思います。


 
↓コチラをクリックお願いします。 ↓コチラもクリックお願いします♪ 
  ブログランキング・にほんブログ村へ  人気ブログランキングへ
     (にほんブログ村)      (人気ブログランキング)

    応援ポチが更新の励みです。ありがとうございます

テーマ:フィギュアスケート - ジャンル:スポーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。