浅田真央と水蜜桃

 浅田真央選手・高橋大輔選手を中心に、
 フィギュアスケートの動画を紹介するブログです。
 採点の疑問も記事にしています。
 

06月« 2017年07月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»08月
BLOGTOP » 2010.12 全日本選手権 » TITLE … 女王・浅田真央が全日本2位で世界選手権進出 「まだ強くなれる」 

女王・浅田真央が全日本2位で世界選手権進出 「まだ強くなれる」 

2010-12-26-9.jpg


2位の浅田選手に笑顔「まだ強くなれる」 

長野市のビッグハットで行われたフィギュアスケートの全日本選手権最終日は、26日に女子フリーが行われ、浅田真央選手(20)=中京大=が2位に入り、来年3月の世界選手権(東京)の代表に選ばれた。全日本5連覇は逃したものの、今季不振が続いていた浅田選手に笑顔が戻った。

 銀メダルだったバンクーバー五輪後から専属コーチがなかなか決まらず、佐藤信夫コーチ(68)に師事することに決めたのは9月。殿堂入りもした名伯楽の下で、基礎からやり直した。指導が始まると佐藤コーチは「スピードを上げると体の重心が上下し、安定していない」ことに気づき、修正に取り組んだ。「先生とレッスンを始めて、筋肉痛になった」と浅田選手。再スタートは、簡単なものではなかった。

 バンクーバー五輪金メダリストの金妍児(キムヨナ)選手(韓国)ら、休養する選手もいる今季。浅田選手は10月に地元・名古屋でのNHK杯に出場した。しかし、この大会ではジャンプで転倒するなどミスを連発した。シニアの大会では自己最低の8位に終わり、「出場するには早かったのでは」という声も上がった。

 11月のフランス杯でも5位に終わり、結果を出せないまま迎えた全日本選手権。周囲の心配を吹き飛ばすように、浅田選手はショートプログラム(SP)でトリプルアクセルを成功させた。2回転半にする安全策もある中で、自ら決断した結果の成功だった。

 フリーでもトリプルアクセルを跳んだ。演技が終わってもしばらく最後のポーズのまま、上を見上げていた浅田選手は「今できる演技ができてホッとした」と話した。今は佐藤コーチも「(修正の過程の)まだ入り口」と話す段階。それでも3カ月後の世界選手権に向けて復活の手応えをつかんだのか、浅田選手はこう言った。

 「まだ、自分は強くなっていく」

【毎日.jp/村社拓信】


2010-12-26-10.jpg

2010-12-26-11.jpg

♪ 続き ♪

真央ちゃん、おめでとー!!.+。(ノ^∇^)ノ゚.+。
「愛の夢」のイメージ通り、しっとりとして、重力から解放されたような素晴らしい演技でした。

スケーティングも良かったし、スピンやスパイラルでの天まで伸びる脚のポジションの美しさは、右に出るもの無しです。
視線の送り方も雰囲気があったし、指先まで神経が行き届いていながらもふんわりとした身のこなしは、人の姿をした妖精のようでした。
うっとり❤(´∀`人*)

多少のミスはありましたが、それを忘れさせるような気持ちの入った演技でした。
良かった!!(≧▽≦)

やっぱり、笑顔の真央がサイコーです。
世界選手権も、頑張って!!o(*^▽^*)o



真央ちゃんの世界選手権進出を良かったと思う方、  
↓コチラをクリックお願いします。 ↓コチラもクリックお願いします♪ 
  ブログランキング・にほんブログ村へ  人気ブログランキングへ
     (にほんブログ村)      (人気ブログランキング)

    応援ポチが更新の励みです。ありがとうございます

テーマ:フィギュアスケート - ジャンル:スポーツ