浅田真央と水蜜桃

 浅田真央選手・高橋大輔選手を中心に、
 フィギュアスケートの動画を紹介するブログです。
 採点の疑問も記事にしています。
 

10月« 2017年11月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»12月
BLOGTOP » スポンサー広告 » TITLE … 高橋vs小塚、浅田真央vs安藤美姫 四大陸選手権で激突【動画】BLOGTOP » 2011.2 四大陸選手権 » TITLE … 高橋vs小塚、浅田真央vs安藤美姫 四大陸選手権で激突【動画】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高橋vs小塚、浅田真央vs安藤美姫 四大陸選手権で激突【動画】

2010-12-25-5.jpg



復活へ、手応えつかめるか=浅田と高橋、世界選手権視野に-四大陸フィギュア

フィギュアスケートの四大陸選手権(17~20日、台北)で、ともに昨年の世界選手権(イタリア・トリノ)を制した浅田真央(中京大)と高橋大輔(関大大学院)の演技が注目される。バンクーバー五輪を含め1年前のフィギュア界を沸かせた2人が、世界選手権(3月、東京)連覇に向けて勢いを取り戻せるか。

 シーズン前からジャンプの修正に取り組んできた浅田は今季、グランプリ(GP)ファイナル出場を逃すなど苦しみ、もがいた。それでも、昨年末の全日本選手権で2位。「大きな山を越えた」と本人も表現したように、持ち直してきた。

 全日本では代名詞と言えるトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)が、ショートプログラム(SP)とフリーで1度ずつだった。今回は世界選手権をにらみ、フリーで2度挑戦する可能性もある。「四大陸で全日本よりいい演技をして、世界選手権では四大陸よりいい演技をしたい」。ステップを踏みながら手応えをつかんでいく考えだ。

 高橋は今季、ジャンプの安定感がいまひとつ。GPファイナルで4位、全日本では3位。ただ、全日本でSP4位と出遅れると、フリーでは気迫のこもった演技を見せるなど、ここぞの場面で高い集中力を発揮する。
 シーズン終盤でプログラムを変更する考えもあり、「四大陸で試してみたい」。心身ともに充実した状態で臨む。

(時事.com 2011/02/15-05:48)


2010-12-25-3.jpg



優勝狙う安藤、小塚=高橋と浅田も出場-四大陸フィギュア

フィギュアスケートで欧州を除く地域の選手が競う四大陸選手権が、17日から台北で行われる。日本勢はいずれも世界選手権(3月、東京)代表の安藤美姫、小塚崇彦(ともにトヨタ自動車)、高橋大輔(関大大学院)、浅田真央(中京大)らが出場。世界選手権へ弾みをつけられるか。

 女子で優勝を狙う一番手は、昨年12月の全日本選手権で6年ぶりに優勝した安藤だろう。今季はフリーが好調で、全日本ではショートプログラム(SP)2位から逆転し、グランプリ(GP)ファイナルでもトップとなるなど、安定感のある演技を続けている。前半のSPでどれだけ得点を伸ばせるかがポイントだ。

 男子で今季成長が著しい小塚は、初優勝した全日本の流れをつなぎたいところだ。持ち前の技術に加え、表現力も向上。全日本で2度転倒したフリーの完成度を高められるかが課題となる。

 ともにバンクーバー五輪メダリストで昨年の世界選手権覇者でもある高橋と浅田も優勝候補。ジャンプの修正に苦しんでいた浅田は、全日本2位でようやく上向き状態に。昨年の四大陸では逆転優勝し、同五輪へのステップとした。他に羽生結弦(宮城・東北高)、鈴木明子(邦和スポーツランド)も上位を狙う。

 外国勢は女子でGPファイナルを制したアリサ・シズニー、長洲未来、男子は昨年優勝のアダム・リッポン、ジェレミー・アボット(いずれも米国)らがエントリー。日本勢にとって上位を争うライバルとなりそうだ。

(時事.com2011/02/14-16:58)


2010-12-26-12.jpg



フィギュア「四大陸選手権」に向け、期待の選手が続々と台湾へ出発


今週開幕する世界フィギュアの前哨戦「四大陸選手権」に向け、期待の選手が続々と台湾へ出発した。
浅田真央選手(20)は「やっと、こういう完成されたものが、やっとこの時期にきたんだなっていう感じがしました」と話した。

安藤美姫選手(23)は「完成形っていうのは、たぶん誰もがわからないものなので、とにかく自分が成長できるっていう伸びしろが1つでも見つかれば、それはまだまだ成長できる証しというか」と話した。

浅田選手・安藤選手、2人の演技は完成形へ。
世界フィギュアの前哨戦、四大陸選手権がいよいよ開幕する。
世界に誇る日本のトップスケーターが台湾に乗り込む。

鈴木明子選手(25)は「今は、すごく試合に向かうのが、楽しみな気持ちでいっぱいです」と話した。
羽生結弦選手(16)は「とにかく、今シーズン自分の成長した部分をしっかりここで発揮できたらいいなと思っています」と話した。

幾多の苦難と葛藤を乗り越え、完成形に近づこうとしている浅田選手。
一歩ずつだが、確実にあるその手応え。
女王の称号を再び手にするため、世界の舞台で進化した演技を見せる。

浅田選手は「この四大陸選手権でいい演技をして、また世界選手権につながる...。いい演技をすれば世界選手権につながると思うので、そういう試合にしたいなと思います」と話した。

一方、円熟期を迎えた大人のスケーティングだが、まだ伸びしろはある安藤美姫選手に、限界の二文字はない。
安藤選手は「完成形に近づいているかとか、成熟しているかといったら、たぶん、それはまだまだだと思うし。自分も本当に、ジャンプ以外に伸びしろがあればいいなと思ってやっていますし」と話した。

(FNN 02/15 20:01)


2011年2月15日、フジテレビ系列「スーパーニュース」にて放送されたました。

♪ 続き ♪


↑真央、美姫 「スーパーニュース」


<動画追加 2/16>


↑美姫、崇彦


↑アッコ


↑大輔


日本人選手の活躍が楽しみな方、  
↓コチラをクリックお願いします。 ↓コチラもクリックお願いします♪ 
  ブログランキング・にほんブログ村へ  人気ブログランキングへ
     (にほんブログ村)      (人気ブログランキング)

    応援ポチが更新の励みです。ありがとうございます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。