浅田真央と水蜜桃

 浅田真央選手・高橋大輔選手を中心に、
 フィギュアスケートの動画を紹介するブログです。
 採点の疑問も記事にしています。
 

09月« 2017年10月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»11月
BLOGTOP » 2011.2 四大陸選手権 » TITLE … 浅田真央 四大陸選手権 SP2位 今季ベストでも「悔しい」 【まとめ】

浅田真央 四大陸選手権 SP2位 今季ベストでも「悔しい」 【まとめ】

2011-2-19-1.jpg


真央、今季ベストでも悔しいSP2位…四大陸選手権

◆フィギュアスケート 四大陸選手権第3日(19日、台北) 女子SPを行い、世界選手権(3月21日開幕、東京)代表の浅田真央(20)=中京大=はトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)が回転不足となったが、今季自己最高の63・41点で2位となった。安藤美姫(23)=トヨタ自動車=が66・58点で首位発進。鈴木明子(25)=邦和スポーツランド=は57・64点で6位と出遅れた。

 滑り終えた真央は硬い表情のまま、腰に手を当ててリンクを下りた。昨年末の全日本選手権SPで出した66・22点には届かなかったが、国際大会の今季自己最高を13・31点も更新。それでも「得点は気にしていなくて、今日の演技が悔しい」と自分に厳しく振り返った。

 かすかな不安が本番で影響した。試合直前の6分間練習で3回転半を1回転倒。SP冒頭で跳んだ大技は回転不足で着氷も乱れた。全日本のSPで今季初成功した3回転半は今大会前の練習でも好調だったが、「試合で一発で決めるのは難しい」と、あと一歩の出来に唇をかみしめた。

 それでも続く単発の3回転と3―2回転の2連続ジャンプは危なげなく着氷して切り替えた。黒と赤を基調にした新衣装で情熱的なタンゴの世界を表現。佐藤信夫コーチ(69)の指導で体重移動の激しかった滑りを矯正し、「滑り全体がガクガクしないで練習通りにできた」と手応えも得た。

 年明けからは週4日のペースで佐藤コーチのいる新横浜に通って練習し、師弟愛も深めた。1月3日に69歳の誕生日を迎えた佐藤コーチに、小塚と共同でプレゼントを贈った。2人で名古屋の百貨店で選んだのは人気ブランド「トゥミ」のバッグ。佐藤コーチは初めて2人にもらった宝物に感激し、今大会も愛用している。

 今月初めには振付師のローリー・ニコル氏が来日し、フリーの演技構成も一新。「ジャンプは今季前半と比べてよくなっている。あとは、いつできるか待つだけ」と真央。今大会の結果が金妍兒(20)=韓国=と1年ぶりに対決する世界選手権への試金石となる。安藤とは3・17点差。完全復活に近づく逆転Vを目指して真央が舞う。

(2011年2月20日06時01分 スポーツ報知)


2011-2-19-3.jpg

♪ 続き ♪

2011-2-19-5.jpg


真央2位ピタリ世界連覇弾み

<フィギュアスケート:4大陸選手権>◇3日目◇19日◇台北

 浅田真央(20=中京大)が63・41点で2位につけ、世界に復活の兆しをしるした。冒頭のトリプルアクセル(3回転半)こそ回転不足を取られ、悔しさをあらわにしたが、それでも点数が出やすい国内大会の昨年12月の全日本選手権に、あと2・81点差にまで迫る出来栄え。どん底の印象しか与えてこなかった世界のジャッジに、連覇を狙う世界選手権を前に好印象を残した。安藤美姫(23)が66・58点の今季ベストで首位。鈴木明子(25)は6位と出遅れた。

 わずかだった。浅田が最初に挑んだトリプルアクセル。半回転…いや、4分の1回転足りなかった。それだけで6点近くを失った。それでも63・41点は、点数が高く出やすい昨年全日本選手権に匹敵する数字。「得点のことは気にしていなくて、今日の演技に関して、すごく悔しい気持ちでいっぱい」と、残念がった。

 3回転半にすべてを集中していた。演技直前の6分間練習は、2度目の挑戦で成功して終えた。勢いに乗ったかに見えた。だが、思いが強すぎた。演技開始位置につく前に、何度も入りをイメージしすぎた。「一番大事な本番で、しっかりとした冷静な気持ちで臨むことができなかった。一発(勝負)の難しいところです」とため息をついた。

 それでも、この後悔こそが成長の証しだ。3回転半は失敗こそしたが転ばずに耐え、以降の演技はすべてプラスの評価。50・10点が最高だった国際大会で、世界のジャッジに復活の兆しを見せた。「ジャンプ(3回転半)以外は良かったので、そういう部分では悔しい」と、苦笑いが出た。

 昨年の苦悩は、もうとうに通り越した。全日本を終えた直後の1月3日。佐藤信夫コーチの69歳の誕生日に、ともに教わる小塚と相談して肩から提げる高級バッグを贈った。「今まで、あまりにみすぼらしいカバンを提げていたからでしょうね」と同コーチは照れ笑いを浮かべたが、浅田からはもちろん、長年教える小塚からも初めてのプレゼントだったという。浅田が促して実現した、支えてくれる周囲への恩返し。心にゆとりができた証拠だった。

 台湾入り後は小籠包にも舌鼓を打った。十数種類もある名物料理に「全種類制覇したい」と言って、ともに食した小塚らを驚かせたほど。昨年はなかなか見せられなかった「天真らんまんな真央」は戻っている。

 「今日は全日本よりもすごくいい緊張感で滑れた。明日は世界選手権のためにつながる演技ができれば」。フリーでは再び3回転半に挑む。あとわずかの自信をつかむため-。完全復活の光は、すぐそこにある。【今村健人】

 [2011年2月20日9時10分 日刊スポーツ紙面から]



2011-2-19-2.jpg


真央、SP2位も「悔しい」

フィギュアスケート四大陸選手権第3日(19日、台北)女子ショートプログラム(SP)は、3月の世界選手権(東京)で2連覇を狙う世界女王、浅田真央(20)=中京大=が武器のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を回転不足と判定され、63・41点で2位発進となった。今季の全日本選手権を制した安藤美姫(23)=トヨタ自動車=が今季自己最高の66・58点をマークして首位。男子は世界選手権で2連覇を狙う高橋大輔(24)=関大大学院=がSP、フリーも1位となり3年ぶり2度目の優勝を飾った。

 満足はできない。納得もしていなかった。今季の自己ベスト(国内大会は除く)を更新し、首位の安藤とは十分逆転可能な3・17点差の2位。それでも、真央はたった1つの失敗を悔やんで唇をかみしめた。

 「悔しい気持ちでいっぱい。本番は冷静な気持ちで臨めなかった…」

 冒頭に跳んだ、真央の“代名詞”トリプルアクセルでいきなりつまずいた。この日朝の公式練習では4本跳んですべて成功。好調をキープしていたが、演技直前の6分間練習で1度転倒したことで、歯車に微妙な狂いが生じた。本番では両足着氷し、回転不足の判定。「大きな試合で、最初の一発目で決めるというのは難しい」。基礎点8・5点の大技が、3・71点まで減点された。

 成功していれば、ミキティを抑えて首位発進も可能だった。練習では跳べるのに、本番では出せない-今季、抱えているもどかしさが、またも浮き彫りになった。

 オフから取り組むジャンプ修正の試行錯誤は続くが、「ジャンプ以外はよかった。滑り全体はガクガクしていなかったし、練習通り滑れた」。ステップ、スピンでは会場を魅了。手応えは残った。

 この日は黒の新衣装で登場。赤と黄色を差し色に用い、大人の雰囲気を漂わせた。デザインには自らの意見も取り入れ、当初は装飾に使用していたスパンコールを石に変えるなどこだわりをみせた。来月に迫った母国開催となる東京での世界選手権で着用するかは未定だが、「(着心地は)よかった」と視線は大舞台へ向いている。

 逆転での大会連覇、そして世界女王として迎える世界選手権連覇に向けて、“秘策”も用意している。フリーを振り付けるローリー・ニコル氏(カナダ)が、2月上旬に来日。3日間、真央に付きっきりで、大幅に内容を変更した。詳細はベールに包まれているが、ステップやつなぎの部分を改良したとみられる。「(昨年12月の)全日本選手権のときとは全然違うので、楽しみにしていてください」。早春のリンクは、会心の真央スマイルを待っている。

(サンケイスポーツ/伊藤昇)


2011-2-19-6.jpg



真央がフリーで逆転可能と思う方、  
↓コチラをクリックお願いします。 ↓コチラもクリックお願いします♪ 
  ブログランキング・にほんブログ村へ  人気ブログランキングへ
     (にほんブログ村)      (人気ブログランキング)

    応援ポチが更新の励みです。ありがとうございます