浅田真央と水蜜桃

 浅田真央選手・高橋大輔選手を中心に、
 フィギュアスケートの動画を紹介するブログです。
 採点の疑問も記事にしています。
 

05月« 2017年06月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»07月
BLOGTOP » 2011.2 四大陸選手権 » TITLE … 浅田真央 四大陸選手権 銀メダル「出し切れた、100点」【まとめ】

浅田真央 四大陸選手権 銀メダル「出し切れた、100点」【まとめ】

2011-2-21-1.jpg


真央2位「出し切れた」


<フィギュアスケート:4大陸選手権>◇最終日◇20日◇台北

 ショートプログラム(SP)2位の浅田真央(20=中京大)は、課題のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を完璧に着氷。今季最高の演技で2位に入り、完全復活を果たし、バンクーバー五輪優勝の金妍児(韓国)が出場予定の3月の世界選手権(東京)へ、金メダル候補が盤石の態勢に入った。

 両手を広げた。表情が崩れた。スタンドに向かって3度も跳びはねた。浅田の感情がリンクに広がった。「今、自分ができることを出し切れました」。前日に見せられなかった笑顔を、何度も振りまいた。呪縛から、ようやく解放された。

 やっと出た最高のトリプルアクセルだった。演技直前、見守る佐藤信夫、久美子両コーチにこう言って出て行った。「SPで跳べなかったトリプルアクセルの悔しさを、しっかり晴らしてきます」。向かった最初の軌道。力強く踏み込んだ。勢いよく回り、確かに氷を踏みしめた。割れんばかりの大歓声に包まれた。

 「100点です。こっちに入ってきて一番いいアクセルだった。この感覚を忘れないようにしないと。世界選手権へつながります」。そう喜んだ浅田に、信夫コーチも「わずかずつですけど、変わってきている。努力したかいがあったのかな」と肩の荷を下ろした。

 この日朝、両コーチから「3-3回転はやめよう」と、高難度の連続ジャンプ回避を諭された。理由は1つ。3回転半と、踏み切りが課題のルッツジャンプだけに集中させるためだった。「今大会の目的はその2つ。いろいろ入れてもダメですから」と久美子コーチ。全日本後に2回転から練習したルッツジャンプは、完璧ではなかったが、減点は最小限。「すごくうれしい」と浅田も目を開いた。

 振付師ニコルさんに手直しされた新フリー「愛の夢」。ミスはあり、回転不足もあった。だが「『恋人がいるように』という振り付けで、すべて好きなポーズを入れている。もうちょっと余裕が出てきたら、もっと感情を込めてできるんじゃないかな」。連覇が懸かる3月の世界選手権前最後の試合で完全復活。1年ぶりの金妍児との対戦は「すごく楽しみ」。満面の笑みは、いつまでも消えなかった。

 [2011年2月21日9時15分 日刊スポーツ紙面から]


2011-2-21-2.jpg


真央2位でも「100点満点」

 フィギュアスケート四大陸選手権最終日(20日、台北)真央、世界選手権連覇へ手応え-。女子フリーが行われ、3月の世界選手権(東京)で2連覇を狙う世界女王、浅田真央(20)=中京大=が132・89点を出し、合計196・30点で2位に入った。前日に失敗した“伝家の宝刀”トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)に成功。今季前半の不振から抜け出し、完全復調を印象づけた。

 フリーの冒頭、後ろ向きで長い助走に入った真央に、迷いはなかった。前日に失敗した代名詞の3回転半は、高く舞い上がって完璧に着氷。勢いに乗った真央は、試合を楽しむようにプログラムを演じきった。

 「トリプルアクセルは100点満点。昨日のSPの悔しさを晴らそうと思いました。自分のできることは出し切れたかな」

 納得の4分間。スタンディングオベーションの観客に向け、真央は笑顔を弾けさせ、何度も何度も手を振って応えた。

 この日は、連覇を狙う3月の世界選手権をにらんで振り付けを変更したフリーの初お披露目だった。2月上旬に来日した振付師のローリー・ニコル氏(カナダ)とともに考え、真央自らアイデアも出した。最初のポーズからすべて見直し、最後はコレオスパイラルからのフィニッシュ。「ローリーは『恋人がいるように滑って』と。スムーズなプログラムになって気に入ってます」と手応えは上々だ。

 昨年末の全日本選手権からジャンプも変えた。2回転半-3回転、3-2-2のコンビネーションジャンプも新たに導入。それぞれ回転不足の判定は受けたが「新たな課題が見つかってよかった。もう一度、一から見直したい」と前向きだ。

 ハイペースで“復活”への道をたどっている。今季前半のグランプリシリーズはオフから取り組むジャンプの修正が間に合わず惨敗。それでも、今季から指導を仰ぐ名伯楽・佐藤信夫コーチ(69)のいる新横浜まで愛知から週3~4日のペースで通い、調子を上げた。コーチに付きっきりで教わるのは、およそ2年半ぶりのこと。「今季は後半になるに連れてだんだん安定してきた」と表情は明るい。

 世界選手権の切符をかけて緊張の糸を張りつめていた昨年末の全日本に比べると、今大会は真央の笑顔が柔らかくなった。大会中は初訪問の台湾で名物料理の小龍包に舌鼓。大会にリラックスしてのぞめていた。

 あとは連覇を狙う世界選手権に向かうのみ。今後は拠点を新横浜から中京大に移して調整する。世界選手権にはバンクーバー五輪金メダルの金妍児(20)=韓国=も出場。1年ぶりの直接対決に、「楽しみ。全力を尽くしたい」。最大のライバルに勝ち、真央が再び女王の座に君臨する。

(サンケイスポーツ/伊藤昇)


2011-2-21-3.jpg


真央、代名詞の3回転半決まる

フィギュアスケート四大陸選手権最終日(台北、20日)本番を迎える直前、浅田は佐藤コーチにこう約束した。「SPでトリプルアクセルができなかった悔しさを晴らしてきます」。フリーの冒頭に用意した代名詞の大技。決意を込めて跳び上がった細身の体が鋭い回転を終えて滑らかに着氷すると、観客の興奮は最高潮に達した。

 演技後、3回転半が認定されたことを知ると「やった!」とはしゃぎ、「(出来は)百点。世界選手権につながる、いいトリプルアクセル」と自賛した。

 フリーの演技構成を大幅に変え、この大会から攻めの姿勢が強くなった。ジャンプの得点が1・1倍となる後半に、2回転半-3回転を入れた。この日は回転が足りなかったが「続けていけば自分のものになる」と、得点アップを狙う新技のめども立った。

 ジャンプに苦しんだ序盤戦の苦悩はもうない。復調に導いた佐藤コーチは「スケートは滑らか。もう少し力強さが出てくればいい」と期待する。戻ってきた世界女王の笑み。連覇を懸けて約1年ぶりに金妍児(韓国)と対戦する大舞台が、一層楽しみになってきた。

(共同)(サンケイスポーツ)


2011-2-21-4.jpg


真央「100点」3回転半で2位!完全復活手応え…四大陸選手権

 ◆フィギュアスケート 四大陸選手権最終日(20日・台北)女子フリーを行い、ショートプログラム(SP)2位の浅田真央(20)=中京大=は今季初めてフリーでトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を決め、今季自己最高の合計196・30点で2位となった。完全復活が見えてきた真央は、世界選手権(3月21日開幕、東京)で金妍兒(キム・ヨナ、20)=韓国=と1年ぶりに対決し、日本人初の2連覇へ挑む。SP首位の安藤美姫(23)=トヨタ自動車=が自己最高の合計201・34点で初優勝した。

 甘く柔らかい真央の「愛の夢」が、やっと氷の上で花開いた。恋愛をテーマにしたプログラムを優雅なスパイラルで締めると、抑えていた笑顔が輝いた。真央は客席に向かって跳びはねながら手を振り返し、リンクを下りると佐藤信夫コーチ(69)と抱きあった。

 冒頭の3回転半は「100点です」と断言する完璧な着氷。「世界選手権につながる、いいアクセルだった。このまま気を抜かずに臨めれば大丈夫」。3回転半を決めたのは昨年末の全日本選手権のSPに続く今季2回目で、フリーでは初。SP、フリー、合計点とすべて今季自己ベストを更新し、完全復活へ確かな足跡をしるした。

 前日のSPで跳んだ3回転半は回転不足。「SPの悔しさを今日は晴らします」。真央は佐藤コーチにそう宣言してフリーに臨んだ。全11回のジャンプを大きなミスなく跳び、基礎点が1・1倍の後半にダブルアクセル(2回転半ジャンプ)―3回転の新連続ジャンプに挑戦。新技は回転不足になったものの、滑らかな滑りで恋人への愛を表現し、表現力を示す5項目の演技構成点では安藤を約1点近く上回った。

 踏み切り違反が続き、五輪シーズンは封印した3回転ルッツにも今季は2年ぶりに挑戦。全日本後に2回転から跳び直し、エッジ(スケート靴の刃)の外側で踏み切る感覚を体に染みこませた。この日も違反はとられたが、減点は最小限にとどめた。「2回転では(正しい踏み切りで)入るようになったので、このままの感覚で臨みたい」と克服への手応えをつかんだ。

 攻める姿勢は崩さないが、20歳になって勝負に対する考え方は“大人”になった。佐藤コーチの妻の久美子コーチ(64)は「何でも跳びたがるけど、こちらの言うことも理解して聞いてくれるようになった」と目を細める。2年ぶりの挑戦を目指した大技の2連続3回転ジャンプはリスクを考慮し、この日朝にコーチと話し合って今回は回避することを決めた。

 それでも、真央は高難度ジャンプを「自分への挑戦だと思う」と言い切る。3回転半に匹敵する高得点が稼げる2連続3回転は、世界選手権での挑戦も視野に調整する予定だ。1か月後にバンクーバー五輪女王の金との再戦が待つ。「楽しみだけど、自分のやるべきことをしっかり練習したい」。宿命のライバルに、そして安藤にも勝って、真央が再び世界の頂点に立つ。

 ◆今季の真央の苦戦メモ 

昨年6月からジャンプの改造に着手した影響で、GPシリーズなど今季前半はジャンプのミスが続いた。初戦となった10月のジャパン・オープンでは3回転半を失敗し、フリー自己最低点を記録。GP初戦のNHK杯でもジャンプが総崩れとなり、SPが47.95点、フリーが85.45点でともに自己最低点を更新してシニア最低の総合8位に終わった。11月のフランス杯でも3回転半などが跳べずに総合5位となり、2年連続でGPファイナル出場を逃した。12月の全日本選手権が世界選手権代表選考の一発勝負となったが、2位に滑り込み代表切符を得た。

(2011年2月21日10時25分 スポーツ報知)


2011-2-21-5.jpg

♪ 続き ♪

2011-2-21-7.jpg


フィギュア・高橋大輔選手と浅田真央選手が帰国 浅田選手「このまま階段を上りたい」


フィギュアスケートの四大陸選手権を終えた高橋大輔選手(24)と浅田真央選手(20)が帰国した。
羽田空港に到着した高橋選手は「疲れました。(3月の)世界選手権に向けて、すごくいいステップの試合になった」と語った。
四大陸選手権で優勝を果たした男子フィギュアの高橋大輔選手が凱旋(がいせん)した。
高橋選手は、244ポイントと、今シーズンベストの得点をたたき出す圧巻の演技で優勝した。
王者として臨んだ20日のエキシビションでは、貫禄(かんろく)の演技で観客を魅了した。
3月の世界選手権に向け、高橋選手は「(世界選手権まで)あと3週間ですかね。思いきりできることを精いっぱいやって、本番は思いきり気持ちをぶつけて、その結果としてメダルが取れればいいなと思います」と語った。
そして、四大陸選手権で復活のトリプルアクセルを決め、2位となった浅田選手も21日午後、中部国際空港セントレアに帰国した。
浅田選手は午後5時前、会見で「自分の中でも、まだまだ完ぺきではないですし、まだまだ波はあると思うので。でもシーズン後半に入るにつれて、どんどん階段を上がってきているので、このまま階段を上っていきたいと思います。期間がそこまで長いわけではないので、もう一度、しっかり見直して、今シーズン最高の演技ができるようにこれから練習していきます」と語った。
今シーズン不振に陥り、思うような演技ができずにいた浅田選手。
四大陸選手権には復活を期して臨んだ。
最高のトリプルアクセルを見せると、その後も次々とジャンプを着氷させた。
演技が終わると笑顔を見せ、スタンドの大歓声に応え、小さく3度飛び跳ねた。
21日、行われたエキシビションには、黒と白の衣装に身を包んで登場し、バレエをテーマにした演技で観客を魅了した。
一方、フリーではパーフェクトな演技を見せ、女子史上4人目となる200点超えを果たして優勝した安藤美姫選手(23)。
今回、安藤選手はジャンプの出来栄えを評価するGOEで多くの加点を獲得した。
また安藤選手は、会見で、通訳を介さず英語で答えた。
しかし、日本語で質問に答えたあとも、英語でもう一度話すように促され、戸惑う場面もあった。
21日のエキシビションでは、純白の衣装をまとい、女王の舞を披露した。
そして、3月に迫る大舞台「世界選手権」は、4年ぶりに東京で開催される。


2011-2-21-8.jpg


真央帰国「今回の2位は気にしてない」

 フィギュアスケートの世界女王・浅田真央(20=中京大)が2位に終わった4大陸選手権(台湾)から21日、男子の小塚崇彦(21)とともに愛知・中部国際空港に帰国した。空港では100人を越えるファンの出迎えを受け「思った以上の人が来てくれて、うれしかったです」。3月には東京で連覇のかかる世界選手権がある。「今回の2位という結果は全く気にしていません。フリーでは自分の力を出せた。ショートプログラムも気持ちの持っていき方をしっかりすれば、と思う」。終始、笑顔ですっかり自信を取り戻したことを印象づけた。

 [2011年2月21日18時43分 日刊スポーツ]


2011-2-21-9.jpg


4大陸選手権 女子2位の浅田、復調に喜び

 台北で行われたフィギュアスケートの4大陸選手権で活躍した日本勢のうち、中部国際空港には小塚崇彦(トヨタ自動車)、浅田真央(中京大)、鈴木明子(邦和スポーツランド)の3人が到着した。

 女子2位の浅田は会見で「フリーでは今季一番のトリプルアクセル(3回転半)を跳べた」と復調を喜び、世界選手権に向けて「これから5段、10段と階段を上がっていく」と意気込んだ。金妍児(キム・ヨナ)=韓国=の出場は「久しぶりに同じ大会。見ている方も楽しめる」と話した。

 男子4位の小塚はジャンプでミスしたが「表現力を評価してもらえた。世界選手権は優勝を目指す」と、全日本王者として巻き返しを誓った。会見後は小塚が27日に迎える22歳の誕生日のため用意されたケーキを、浅田が取り分けて2人でほおばった。

【毎日.jp/村社拓信】


2011-2-21-10.jpg



真央の素晴らしい演技に感動した方、  
 ↓コチラ↓をクリックお願いします。 ↓コチラ↓もクリックお願いします♪ 
  ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
       (にほんブログ村)        (人気ブログランキング)

       応援ポチが更新の励みです。ありがとうございます