浅田真央と水蜜桃

 浅田真央選手・高橋大輔選手を中心に、
 フィギュアスケートの動画を紹介するブログです。
 採点の疑問も記事にしています。
 

10月« 2019年11月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»12月
BLOGTOP » ~2011.10 テレビ出演・他 » TITLE … 「悔しいけど前を向く」 浅田真央、シーズンを終えて

「悔しいけど前を向く」 浅田真央、シーズンを終えて

2011-2-19-7.jpg


悔しいけど前を向く 真央、五輪後のシーズンを終えて

 フィギュアスケートの浅田真央(中京大)にとって、バンクーバー五輪からの出直しのシーズンが終わった。ジャンプの修正やコーチの交代、生活面の変化。ロシアでの世界選手権を終え、この1年を振り返った。

 連覇を狙った世界選手権では自己最低の6位に終わったが、本人は意外とさばけた表情だった。

 「心残りもありますし、悔しい思いもありますし、すべてを出し切れなかったかな、という思いはあります。やはりトリプルアクセル(3回転半)を跳べなかったことが悔しい。公式練習で一度もクリーンに決まらなかった。そのことが一番流れを悪くしてしまった原因かもしれない。佐藤信夫先生はショートプログラム(SP)もフリーも『やめるべきだと思うけど、自分で決めなさい』とおっしゃったので、自分は『やります』と言った。先生は最終的に『分かった』と送り出してくれた」

 佐藤コーチは敗因を「パワー不足」と表現した。

 「大会前に『やせた』と言われたけど、それだけが理由じゃないし、自分の責任としてしっかり受け止めている。自分の体調面のコントロールがうまくできなかった。力がこもってなかったのは、自分でも感じていた。食べていなかったわけじゃないけど、どこかストイックになり過ぎていたのかもしれない」

 東日本大震災の影響で、大会日程が3月から1カ月ずれたことも影響した。

 「中止になるかもしれないということになって、1週間のオフを取った。そのあとからアクセルがうまく跳べなくなった。2月の四大陸選手権(台北)までは、うまくいっていたんですけどね。ほかのジャンプは跳べるのに、なぜかアクセルだけが回れなくなったんです」

 オフにジャンプの修正をし、9月から就任した佐藤コーチの指導スタイルにもなじんできた。今までのコーチからは怒られることは少なかったが、大声で怒鳴られてしまう場面も。

 「フリップジャンプの説明を先生がしているのに、自分で勝手に滑り出してしまって、『まだ話は終わってない。1人でやるのか? 話を聞いているのか?』って。もうなんか頭の中がパニックになるんですよね。怒られちゃいました。佐藤先生の奥さんの久美子先生からは『真央ちゃんは本当おもしろいわ。主人の話を聞かないで滑り出した選手を、初めて見たわよ』と言われるし……」

 それでも、バタバタと過ぎていったシーズンに納得はしている。家族からは「休んでもいいんだよ」と言われていたが、試合に出続けることが最高の練習であると信じていた。

 「終わったことを経験として、今後はそれをしっかり改善していけばいい」

2011-2-21-1.jpg

(asahi.com 2011年5月17日)

♪ 続き ♪

真央ちゃん、悔しいシーズンの終わり方だったようですね。
でも来季も信夫先生の指導が受けられるし、元々ジャンプの矯正は2~3年かかると見越していたのだから、これは1つの通過点。
長い目で見て頑張ろう★o(*^▽^*)o

お地蔵さんのように優しげな風貌の信夫先生ですが、実際は怖い先生と評判ですよね。
こんな立派な先生に怒られたら、ビビリあがってしまいますよね {{{( ▽|||)}}}
以前、「ニュースzero」での崇ちゃんとのインタビューで、「2回怒られた」と話してたけど、あと1回は何で怒られたんだろ?

信夫先生は著書で、「こんなに厳しいスポーツの練習が楽しいばかりであるはずがない」と断言されてますが、実際そうなんでしょうね。

けれど、彼女は負けず嫌いで努力家なので、悔しさをバネに信夫先生や崇ちゃんから様々なものを吸収して、来季は生まれ変わってくるでしょう。
ファンにはその姿が見えるのですよ(ΦωΦ)ふふふ…
応援してるよ、がんばれ、真央!ヾ(*^▽^*)〃


我らが真央はもっと強くなれると思われる方、  
↓コチラをクリックお願いします。 ↓コチラもクリックお願いします♪ 
  ブログランキング・にほんブログ村へ  人気ブログランキングへ
     (にほんブログ村)      (人気ブログランキング)

    応援ポチが更新の励みです。ありがとうございます