浅田真央と水蜜桃

 浅田真央選手・高橋大輔選手を中心に、
 フィギュアスケートの動画を紹介するブログです。
 採点の疑問も記事にしています。
 

06月« 2017年07月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»08月
BLOGTOP » 2011.7 ザ・アイス » TITLE … 浅田真央ら、被災者招きチャリティーショー ザ・アイスin八戸 【動画】

浅田真央ら、被災者招きチャリティーショー ザ・アイスin八戸 【動画】

2011-7-27-1.jpg
青森県八戸市でのショーの様子


浅田真央ら、被災者招きチャリティーショー

 フィギュアスケートの浅田真央、小塚崇彦両選手らが出演する慈善アイスショーが27日、青森県八戸市の新井田インドアリンクで開かれ、東日本大震災の被災者が招待された。

 アイスショーには、岩手、青森、宮城県のジュニアスケーター約130人も参加。ショーに先立ち、仙台出身の羽生結弦選手ら出演する選手から振り付けの指導を受けた。自宅が半壊、鹿児島、沖縄県に一時避難し、7月に仙台に戻った石山桜子さん(13)は「あこがれの選手に教えてもらってうれしい」と顔をほころばせた。

 アイスショーには1400人を招待。小塚選手とのペア演技を披露した浅田選手は「被災者の方々が『見に来て良かった』という顔をしてくれたので、私も来て良かった」と笑顔だった。

(日本経済新聞 2011/7/27 21:05)


被災地で無料アイスショー 浅田選手らの熱演に笑顔

 フィギュアスケート女子の浅田真央選手(20)=中京大、男子の小塚崇彦選手(22)=トヨタ自動車=ら国内外のトップスケーターによる慈善アイスショーが27日、東日本大震災の被災者約1400人を無料招待して被災地の青森県八戸市の新井田インドアリンクで開催され、華やかな演技の連続に場内は拍手と歓声で包まれた。

 青森、岩手、宮城の3県から、仮設住宅で避難生活を送る被災者らが貸し切りのバス31台に分かれて会場を訪れた。浅田選手は、被災者を思って作られたプログラムをしっとりと滑り、小塚選手、自らも被災した羽生結弦選手(16)=宮城・東北高=らも熱演した。 【共同通信】

(47NEWS)


フィギュア・浅田真央選手らが東北の被災地訪問 チャリティー公演でルパン三世演じる

フィギュアスケートの浅田真央選手(20)らが東北の被災地を訪問した。
27日、青森・八戸市で行われたチャリティー公演で、浅田選手は小塚崇彦選手(22)とペアで、「ルパン三世」を演じた。
リンクからパワーを送りたい。
震災の被災者1,400人を無料で招待したチャリティー公演。
そのオープニングを務めたのは、アイスショーの主役、浅田真央選手だった。
真夏の陸奥(みちのく)のリンクにさす一筋の光。
アイスショーならではの光と影が交錯する浅田選手の幻想的な舞で、ショーは幕を開けた。
中でも大きな歓声を背にしたのは、同じ東北の宮城・仙台市出身、フィギュア界期待の星・羽生結弦(ゆずる)選手(16)だった。

そして26日、伝説のスケーターと呼ばれる祖父・光彦さんを亡くした小塚選手も、力強いスケーティングを披露した。
浅田選手は「今回は、『THE ICE』のみんなで元気を、パワーを届けに来ました。ぜひ皆さん、後半もたくさん滑るので、楽しんでください」とあいさつした。

そして、ショーの前には、子どもたちを集め、スケート教室が開かれた。
憧れの選手たちとふれあえるということで、子どもたちも笑顔だった。
「緊張しちゃって、(選手に)近寄れなかった」と話す女の子は、岩手県出身の小学6年生・畠山桜子ちゃん。

3月11日、桜子ちゃんの練習リンク、岩手・盛岡市アイスアリーナを大震災が襲った。
地震があった時、桜子ちゃんは練習中だった。
リンクには、天井の一部が落下し、散乱した。
すぐに避難し、桜子ちゃんは無事だったが、およそ3カ月、練習のできない日々が続いた。
桜子ちゃんは「早く滑りたいって思ったし、リンクが壊れちゃったので、直ってほしいなって思ってました。(レッスンも受けられるみたいですよ?)え、そうなんですか? すごく楽しみです」と話していた。

そして27日、楽しみにしていたスケート教室に参加した桜子ちゃんは、憧れの浅田選手と同じ舞台に立ち、ひとときの夢のような時間を過ごした。
桜子ちゃんは「トップスケーターの方と一緒にリンクの上で滑れると思ってなかったので、すごく楽しかったし、笑顔でできたので良かったと思います」と話した。

そして、今回のアイスショーの見どころは、人気アニメ「ルパン三世」。
浅田選手が、世の男をとりこにする峰 不二子をセクシーに演じた。
観客を魅了した浅田選手は、小塚選手演じるルパンとも息のあった演技を見せ、震災被害に遭った人々へ元気を届けた。
観客は、「元気いただきました。本当に。あしたから頑張ります」、「とても細かったです。超きれいでした」などと話した。
浅田選手は「最後には、たくさんの方が笑顔でよかったなって顔をしてくださったので、本当に来てよかったなと思いましたし。スケーターみんなで、とてもよいショーができたと思いました」と語った。

(FNN 07/27 18:18)


浅田選手ら、復興への願い込め舞い披露

 フィギュアスケートの浅田真央選手や小塚崇彦選手らが、東北でチャリティー公演を行いました。地元・八戸の子どもたちや岩手の被災者らの前で、復興への願いを込めた美しい舞いを披露しました。

 アイスショーの会場、青森県八戸市の新井田インドアリンクに集まった、たくさんの子どもたち。開演前、浅田選手ら出演者によるスケート教室が開かれました。

 「今日は楽しんでください。そして良い思い出を作ってください。一緒に楽しみましょう」(浅田真央選手)

 ここに招待されたのは青森、岩手、宮城、3県の136人。震災で練習場所を失った子どもたちに、世界のトップ選手らがスケートの楽しさを伝えました。

 「難しいね、ちょっと難しいね」(浅田真央選手)

 その頃、会場の外には大勢の人たちが・・・。東北各地から多くの被災者が招待されたのです。

 「真央ちゃんとか実物を初めて見るので、実際のショーを楽しみにしてます」
 「(真央ちゃんが)トリプルアクセルをやってくれたら見たいです」(招待された人)

 待ちに待った公演。冒頭、浅田真央選手が今回のショーに向けた思いを語りました。

 「元気を、パワーを届けに来ました。たくさん滑るので皆さん楽しんでください」(浅田真央選手)

 小塚崇彦選手は、今年の世界選手権で銀メダルを獲得したときの舞い。浅田真央選手は、曲に合わせて復興への祈りを演技に乗せます。そして終盤には、浅田選手と小塚選手のペアを披露。ルパン三世の曲に合わせたコミカルな演技で、観客を魅了しました。

 「被災者の方々にもひとときの、ちょっとした楽しい時間を過ごしてもらえたんじゃないかなと」(小塚崇彦選手)

 「震災が起きてから初めて東北地方に来たんですけど、たくさんの方が笑顔で『良かったな』という顔してくださったので、とても良いショーができたんじゃないかなと思います」(浅田真央選手)

(毎日放送 27日18:06)





今月26日、崇ちゃんの祖父であり、愛知のスケートの父である、小塚光彦さんがお亡くなりになりました。
95歳の老衰による大往生です。
息子と孫がオリンピックへ出場した事、崇ちゃんが世界選手権で銀メダルを取った事を、大変喜んでいたそうです。
光彦さんは嗣彦氏には徹底したスパルタ教育だったそうですが、崇ちゃんにとっては、孫が掲載された新聞記事をスクラップして入所している施設の人に見せるのが楽しみな、孫の活躍が生きがいの優しいおじいちゃんだったそうです。
接し方は違えども、光彦さんにとっては2人共自慢の家族だったのでしょうね。
謹んでご冥福をお祈り申し上げます。

♪ 続き ♪


▲中京テレビ 「NEWS EVERY」




真央らの善意は被災地へ届いたと思われる方、  
↓コチラをクリックお願いします。 ↓コチラもクリックお願いします♪ 
  ブログランキング・にほんブログ村へ  人気ブログランキングへ
     (にほんブログ村)      (人気ブログランキング)

    応援ポチが更新の励みです。ありがとうございます