浅田真央と水蜜桃

 浅田真央選手・高橋大輔選手を中心に、
 フィギュアスケートの動画を紹介するブログです。
 採点の疑問も記事にしています。
 

08月« 2017年09月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»10月
BLOGTOP » 2010.10 GPシリーズ » TITLE … GPS中国杯SP 村上佳奈子4位、羽生結弦2位、織田信成4位

GPS中国杯SP 村上佳奈子4位、羽生結弦2位、織田信成4位

2011-11-5-4.jpg

2011-11-5-5.jpg



羽生、GP初制覇へSP2位発進

 ◆フィギュアスケートGPシリーズ第3戦中国杯(4日・上海) 

男子ショートプログラム(SP)を行い、GP初優勝を狙う羽生結弦(ゆづる、16)=東北高=が4回転ジャンプを決め、自己ベストを更新する81・37点で2位につけた。昨季GPファイナル2位の織田信成(24)=関大大学院=は77・65点で4位となり、昨季世界選手権3位のアルツール・ガチンスキー(18)=ロシア=が81・64点で首位。女子SPは16歳の村上佳菜子(中京大中京高)が53・09点で4位だった。

 冷静に点数を稼いだ。今季からSPに組み込む4回転は3回転との連続ジャンプで予定していたが、「跳んだ瞬間に駄目だと思った」と単発の4回転に変更。それでも昨季の四大陸選手権でマークしたSP自己ベスト(76・43点)を5点近く更新し、羽生は「80点を出せたのは良かったし、国際大会で4回転を決められたのはよかった」と笑った。

 跳び損ねた3回転は、中盤の3回転の後ろにつけて成功。柔軟性を生かしたスピンでは最高評価のレベル4を2つ獲得した。技術点では首位のガチンスキーを0・3点上回る得点。それでも「冷静にできたのはよかったけど、本当は4―3回転をしたかった」と厳しく自己評価した。

 東日本大震災のショックを乗り越えた。震災発生時は地元・仙台市のリンクで練習しており、スケート靴を履いたまま避難。リンクは半壊し、滑れる環境を求めて青森や神奈川などを転々としながら練習した。震災のチャリティーアイスショーには約60回も出演。「試合と同じような感覚で滑って、いい滑り込みになった」と糧にした。

 ジュニア時代から競い合ってきた首位のガチンスキーとはわずか0・27点差。シニア2年目でGP初の表彰台どころか、優勝も見えてきた。「ガチンスキー選手には勝ちたいと思っている」。ライバルを破って初の頂点を目指す。

(2011年11月5日06時03分 スポーツ報知)


2011-11-5-3.jpg



羽生4回転決め男子SP2位「人間、やれば何とでも」

 男子SPでは羽生結弦(16=東北高)が4回転を成功させ81・37点で2位。織田信成(24=関大大学院)は77・65点で4位となった。

 男子SPでは羽生が冷静にプログラムを修正し、自己ベストで2位。「80点を出せたのは良かったし、国際大会で4回転を決められたのは良かった」と汗をぬぐった。冒頭に予定していた4回転―3回転の連続ジャンプを「跳んだ瞬間に駄目だと思った」と単発の4回転に変更。跳び損ねた3回転は、中盤の3回転の後ろにつけて鮮やかに成功させた。東日本大震災の影響で仙台市の拠点リンクが使えなくなり、練習で各地を転々とした。「人間、やれば何とでもなる」。思い通りにいかない状況でも力を出すたくましさを、この日の演技でも発揮した。

 ▼織田信成 自分の力は出し切れた。楽しく滑ることができた。若い選手は気にはなる。でも少しずつ自分のペースで追いつき、追い越したい。(オフに左膝を痛めた影響で4回転を回避し得点を伸ばせず)

[ 2011年11月5日 06:00 スポニチ]



2011-11-5-7.jpg

2011-11-5-6.jpg


織田、4回転回避し得点伸びず

 フィギュアスケートGPシリーズ第3戦・中国杯第1日(4日、中国・上海)織田はオフに左膝を痛めた影響で4回転ジャンプを回避したため得点は伸びなかったが、大きなミスなくまとめた。「自分の力は出し切れた。楽しく滑ることができた」と晴れやかな表情を見せた。

 SPはガチンスキー、羽生と10代の選手が上位に名を連ねた。24歳の織田はベテランの域に入りつつある。「若い選手は気にはなる。でも少しずつ、自分のペースで追いつき、追い越したい」と話した。(共同)

(サンスポ 2011.11.4 22:50)


2011-11-5-1.jpg


佳菜子SP4位 新調した靴に違和感

◆フィギュアスケート GPシリーズ第3戦中国杯(4日・上海) 男子ショートプログラム(SP)を行い、GP初優勝を狙う羽生結弦(ゆづる、16)=東北高=が4回転ジャンプを決め、自己ベストを更新する81・37点で2位につけた。昨季GPファイナル2位の織田信成(24)=関大大学院=は77・65点で4位となり、昨季世界選手権3位のアルツール・ガチンスキー(18)=ロシア=が81・64点で首位。女子SPは16歳の村上佳菜子(中京大中京高)が53・09点で4位だった。

 試練のシーズンは涙の幕開けだった。あえて苦手な技で構成したSPは序盤でジャンプのミスが響き、首位とは8.79点の大差がついた。「プログラムが難しいので、すごく不安で演技するのが怖かった」とリンクを降りると涙をこぼした。

 冒頭の2連続3回転は昨季から難度を上げ、成功率の低い3回転フリップ―3回転トーループに挑戦。トーループで回転不足を取られ、苦手の3回転ループは2回転の判定に。9月に替えたスケート靴に違和感もあり、「ジャンプは全部よくなかった」と肩を落とした。

 昨季のSPは軽快なリズムで踊ったが、今季はバイオリンの調べに乗せて悲哀や苦しみを表現。山田満知子コーチは「将来も考え、逃げずに勝負する。悪い時も覚悟の上」と高いハードルを課す。大人の女性を演じるフリーで逆転の表彰台にかける。

(2011年11月5日06時02分 スポーツ報知)


2011-11-5-2.jpg



中国杯フィギュア・談話

◇試合が怖かった
 村上佳菜子 すごく試合が怖かった。全部滑り切ったことで、よかったなと思った。SPが終わったので、あしたは切り替えて楽しく滑りたい。
◇4回転成功はよかった
 羽生結弦 80点台を出せたし、4回転ジャンプが成功したのはよかった。ただ、まだまだ本当の構成でできていないのは残念。フリーではジャンプ、ステップの全てをしっかりやりたい。
◇力は出し切れた
 織田信成 自分の力は出し切れたので、きょうはそれがよかった。思ったほど点数が伸びなかったのは新たな課題としたい。
◇まだ終わっていない
 カロリナ・コストナー きょうの滑りには満足していないが、スケートアメリカに比べスピンは良くなった。点数は良かったが、まだ試合は終わっていない。
◇満足していない
 アデリナ・ソトニコワ 予定していた最も得点の高い3回転の連続ジャンプでミスをして、満足していない。フリーでは自分ができることを全てお見せしたい。
◇素晴らしい一日
 アルトゥール・ガチンスキー きょうはジャンプもスピンも全て良かった。素晴らしい一日だった。観客の応援が自分にエネルギーを与え、助けてくれた。
◇途切れなかった
 川口悠子 シーズン初めの演技で減点もされたと思うが、流れが途切れなかったのがよかった。(新しいイメージのプログラムに)前から踊りたいと思っていたスタイルでやれてうれしい。

(2011/11/04-23:12 時事.com)

♪ 続き ♪

ちょこっと感想です。


・結弦

暫定2位!やったー★.+。(ノ^∇^)ノ゚.+。
冒頭の4-3が単独になったのは残念ですが、他でリカバリーもできたし、熱意もありつつ冷静さも兼ね備える、良い精神状態で挑めたのではないかと思います。

4-3が成功すれば大きな武器になりますし、シニアデビューしたばかりの頃は苦手だった3Aはもうバッチリですね。
シーズン的にも年齢的にも大技にチャレンジしやすい時期ですから、4回転からのコンビネーションは次回に期待したいです♪o(*^▽^*)o

・殿

本来SPにも4-3を入れられる選手ですが、単独すら回避しましたね。
ザヤックさえなければ、日本男子の中で一番ジャンプが上手い選手とされていますが、術後なので様子見もあるのでしょう。
トップ選手でも万全でないとメダルが危うい、全力を出さないと勝てないのは、スポーツなら当たり前。
男子フィギュアは4回転を跳ばないと表彰台が見えないという点においては、スポーツとして正しい方向に進んでいると思います。

・佳奈子

技術的な内容以上に、表情や表現が冴えないのが気になりました。
中部大会でこのプログラムを観戦していたのですが、そこでも昨季のような新鮮さや爽快感にやや欠ける印象でした。

今季は「大人っぽく」を連呼する佳奈子。
ずっと以前から、シニアでは大人らしい演技が求められ、少女らしい演技が通用する期間は短いと言われています。
日本人の私からすると、芸術とは多様性が認められる分野なのだから、はつらつとした演技が売りの選手がいてもいいのでは、と考えますが、フィギュアでは通用しない価値観なんですよね。

フィギュアは今でも欧米のものなので、欧米における社交界では10代でも大人の振る舞いが求められ、レストランは子供お断り、の不文律と同じ感覚なのかな?
これって、欧米文化に詳しい人から見たら、笑われちゃう位の日本人丸出し解釈かも知れませんね(;´∀`)ゝ”

昨季は、満知子先生の「どうせジュニアっぽいと言われるのだから」という前提で、それを逆手にとったフレッシュ感満載の演技をし、好評を博した佳奈子。
そのイメージが強いし、実際に選手の個性にすごく合っていたと思います。
それを思うと、佳奈子に「大人っぽい」の選択肢って、もったいない気がするんですよね(∩´・ω・∩)
とは言え、ソチオリンピックで大人っぽい演技(≒表彰台を狙える演技)をしたいなら、今から軌道修正しないと間に合わないのも事実。

表現者として個性を魅せる演技をするのか、メダルを目指して持ち味を殺してでも確実に点がもらえる流れに乗るのか。
どちらが正しいとも言えない、二律背反の価値観ですね。
佳奈ちゃん本人も2年目の難しさを感じているから、演技に迷いが出てしまうのでしょうか?


色々かきましたが、今夜はFS★
これからどう巻き返すのか、楽しみです♪o(*^▽^*)o

 
↓コチラをクリックお願いします。 ↓コチラもクリックお願いします♪ 
  ブログランキング・にほんブログ村へ  人気ブログランキングへ
     (にほんブログ村)      (人気ブログランキング)

    応援ポチが更新の励みです。ありがとうございます