浅田真央と水蜜桃

 浅田真央選手・高橋大輔選手を中心に、
 フィギュアスケートの動画を紹介するブログです。
 採点の疑問も記事にしています。
 

05月« 2017年06月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»07月
BLOGTOP » 2011.10~ GPシリーズ » TITLE … 浅田真央を変えた佐藤コーチの信念 3A回避でつかんだスピード感

浅田真央を変えた佐藤コーチの信念 3A回避でつかんだスピード感

2011-11-12-3.jpg



浅田真央を変えた佐藤コーチの信念 3A回避でつかんだスピード感


浅田真央がトリプルアクセルを回避した――。単にジャンプの難度を下げたという話ではない。これは彼女にとって大きな決断、そして変化を象徴する出来事だった。
 浅田は2011-12シーズン初戦となるNHK杯、フリースケーティング(FS)の演技を終えると満足した顔で何度もうなずいた。こだわり続けていたトリプルアクセルをダブルアクセルにし、大きなミスなくまとめる内容。一方、スピードは昨シーズンより格段に増し、流れのある演技を見せた。
「これまではトリプルアクセルを跳ばないと納得しない自分がいたんですが、今日は冷静に判断できました。最後までスピードが途切れずに、(佐藤)信夫先生が求めるスケートに近づけたと思います。一歩、大人になったかな」。落ち着いた良い笑顔だった。

 昨シーズンは全試合で、佐藤コーチがダブルアクセルを薦めても、自らの挑戦心を抑えることができなかった。その試合スタイルすら変えた佐藤コーチの信念とは、そして浅田の心の変化とは――。


2011-11-12-4.jpg



■「ダブルアクセル」か「トリプルアクセル」か

 浅田が佐藤コーチに師事したのは、昨シーズンの開幕直前となる2010年9月だった。あまりにも時間がない時期からのスタート。ジャンプ修正に明け暮れる浅田に対して、佐藤コーチは「今シーズンは手探りの状態」と言い、試行錯誤が続いた。

 当然、自身の代名詞だったトリプルアクセルは完成の域ではない。グランプリシリーズ2戦、全日本選手権、四大陸選手権、そして世界選手権、すべての試合で佐藤コーチはショートプログラム(SP)で「トリプルアクセルは回避して、ダブルでいくのが定石」と、浅田に提案した。
 しかし浅田は、「トリプルアクセルをやることで(演技全体の)気持ちが強く持てる」と言い、全試合で挑戦。FSも含めると全5試合、計10本のトリプルアクセルに挑み、成功は2本だった。シーズン最終戦の世界選手権は、6位。
 「本当に結果が出せなくて、技術的にも足りなかった。色々なことがギクシャクしていました」とシーズンを振り返った。


2011-11-12-2.jpg



■佐藤コーチ「選手の意思を優先させてやりたい」

 苦しんでいたのは浅田だけではない。佐藤コーチも葛藤していた。いつも試合前、浅田にかける言葉はこうだった。
「今の状態なら、僕の経験から言えばダブルアクセル。でも最終的には自分で決めなさい」

 佐藤コーチは言う。「本当に点を出すなら、ダブルアクセルにするのが定石。しかし彼女にとって、トリプルアクセルそのものが全体のモチベーションにつながっている面もあるので、頭ごなしに『やるな』とは言えない。難しいです」

 実は、佐藤コーチには苦い思い出がある。中野友加里を指導していた頃のこと。彼女のトリプルアクセルへの思い入れが強いことは、よく理解していた。しかし04-05シーズンから導入された採点方式では、回転不足での減点があまりにも大きい。堅実策をとった佐藤コーチは、中野の調子を見て完璧ではない場合は、ダブルアクセルを跳ぶよう指示した。結果、モチベーションに欠いた中野は、普段は跳べる3回転ジャンプすら次々とミスをしてしまったのだ。
「中野の時の経験がありますから。最後は選手自身に選ばせてやりたいんです」
 それが、佐藤コーチなりの決断だった。そして、彼の気持ちや考えを理解し、浅田の方からダブルアクセルに納得してくれるのを待っていたのだ。結局、昨シーズンの浅田はトリプルアクセルを選び続けた。

「オフは、ジャンプもスケーティングも基礎からすべて見直します。すぐにできないのは承知の上。僕は、忍耐力と根気で彼女を待つしかないんです」。そう言うと、佐藤コーチは口元をひきしめた。

♪ 続き ♪

2011-11-13-1.jpg 2011-11-13-3.jpg



■スピードのある助走で踏み切る、質の高いジャンプ

SPでは冒頭のトリプルアクセルが1回転半になったが、それ以外の要素をまとめ3位スタートを切った【坂本清】 2人はこのオフシーズン、スケートを基礎から改革した。佐藤コーチが毎日繰り返したのは、「スピードに勝る魅力はない」。では、なぜスピードが必要なのか。これは『ジャンプの質』と『演技全体の魅力』の2つの面につながる。

 まず、ジャンプの出来栄え(GOE)加点の要件には「ディレイドの回転」「高さ、距離が十分」「入りから出までの流れが良い」というものがある。「ディレイドの回転」とは、空中に上がってから回転し始める、滞空時間が長く雄大なジャンプのこと。「入りから出までの流れ」は、助走も着氷後もスピードがあるジャンプのこと。総合すれば、助走でスピードがあり、高く大きく飛躍して、スピードのあるまま着氷する――。それがGOEで加点をもらえるジャンプなのだ。
 浅田のように器用な選手は、助走で勢いを殺しても3回転を回ることができるが、パワーが無く加点の付かないジャンプになってしまう。だからこそ、佐藤コーチが浅田に求めたのは、スピードのあるジャンプだった。
 しかし、急にスピードを出すと、空中での移動が大きいために身体コントロールが難しくなる。踏み切りのタイミングや、空中で体を締めるタイミングや強さが、非常に精密になるのだ。昨シーズンは、この新しいタイミングをつかむことに苦労し、ジャンプの不調に陥っていた。

 そしてこのオフにしっかりと練習量をこなした浅田は、今シーズン初め、「スピードを出すとタイミングが狂う事がありましたが、先生と試行錯誤してきて、今の時点では大分スピードも出て、ジャンプのリズムも乱れなくなってきています」と確かな手応えを得ていた。


2011-11-13-4.jpg



■観客を引き込む、スピードのある演技

 さらに演技面でもスピードは必要だ。
 浅田は言う。「私自身は、バンクーバーオリンピックの頃はスピードの事を考えていませんでした。やっぱりジャンプが大事だって思っていたから」
 バンクーバーオリンピックまでの2年間は、タチアナ・タラソワコーチに師事したものの、タラソワ不在のまま日本で練習する時間が長かった。ましてロシア語のコーチとは、細かい話ができない。浅田は、本来のスケートそのものを年配者から学ぶ機会が無かったのだ。

 だからこそ、佐藤コーチは毎日オウムのように、「スケートの一番の魅力はスピード」と繰り返した。上半身が上下しない、滑らかで、自然にスピードが出るようなスケーティングが理想形だ。
 すると7月のアイスショー「THE ICE」で変化の兆しが現れた。流れるような伸びのあるスケーティングで『ジュピタ』を披露した浅田。蹴って進むのではなく、足数を最小限に抑えながら、伸びのあるスケートで音楽に溶け込んでいった。会場の空気が神聖なものへと変わり、浅田に吸い込まれていくような演技だった。

「先生に言われることで、自分も感じ取れた事があるんです。スピードがないとお客さんは『頑張れ頑張れ』って気持ちで見てしまう。でもスピードがあると、お客さんが滑りに見入って、演技に引っ張られていく。それが分かりつつあるんです」


2011-11-13-2.jpg



■NHK杯、SP「トリプルアクセル以外で取りこぼさない」

 そしてシーズン初戦となるNHK杯を迎える。すでに3回転ジャンプには手応えを感じていたが、トリプルアクセルはまだ回転が足りていない感覚があった。
 SP前の6分間練習。佐藤コーチの言葉は、いつも通り「通常なら回避。でも練習はしっかりやってきたから。あとは自分で決めなさい」だった。浅田は「トリプルアクセルには挑戦して、もし失敗しても他の部分で取りこぼしの無いように滑ります」と約束した。
 結果、トリプルアクセルは1回転半になったものの、残るジャンプ、スピン、ステップを見事にまとめる。鈴木明子(邦和スポーツランド)とアリョーナ・レオノワ(ロシア)に次ぐ3位発進だった。
 「シーズン初戦としては、まずます。オフにしっかり練習できていたので自信もありました」と笑顔を見せた浅田。実力からすれば、100点とは言えない成績だったが、彼女自身は満足していた。


2011-11-13-5.jpg



■「いずれは真央にも分かってほしい」

SPを終えたその日の夜、佐藤コーチと話して変化が訪れた【坂本清】 彼女の心の変化は、その夜に訪れた。
 SP後、佐藤コーチと真央が一緒に夕飯を食べたときのこと。佐藤コーチはこう言った。
「今日は、ダブルアクセルにしていればもっと得点は出たと思う。決してトリプルアクセルを諦めるということではないから。今回は自分の判断として挑戦したけれど、いずれは真央にも分かって欲しい」

 いずれは真央にも分かって欲しい――。
 選手に命令はしないと決めていた佐藤コーチだったが、すでに丸1年待ち続けてきた。こらえきれない気持ちが溢れた。この時、浅田の中で何かが変わった。
「今までは絶対に自分がトリプルアクセルを跳びたいから跳ぶんだって、そう思っていました。でもあの夜、信夫先生に言われて、揺れる自分がいました。気持ちが変わり始めていました」
 浅田は考えた。なぜ佐藤コーチがそこまでダブルアクセルにこだわるのか。そしてスピードのある演技にこだわるのか。そして一夜が過ぎた。


2011-11-14-5.jpg



■「高難度のジャンプがなくても、質のいい演技をすればいい」

 FSの朝、公式練習。いつもであればトリプルアクセルに固執して、時間いっぱいまで何本も練習するはずの浅田。しかしこう言った。
「先生、1回だけトリプルアクセルやってきます」
 そういってトライすると、やや回転が足りないものの片足で着氷した。去年ならば間違いなく本番でも挑戦していた仕上がりだった。しかし浅田は、もうトリプルアクセルを跳ばなかった。何より、スピードをのある演技にこだわり、最後までスピードを落とすことなく練習時間を滑りきった。
「私は今年、いつもとは違う自分をシーズン初戦から見せるというのが目標だったはず。しっかり、信夫先生の理想とするスピード感のある演技をやろう」

 そして浅田は自分の試合直前に、男子のSPを観戦。そこで、自分の考えを確信する。今回の男子SPでは、高橋大輔(関大大学院)も小塚崇彦(トヨタ自動車)も4回転を跳ばなかった。2人とも、スピードのある滑らかなスケーティングと安定したジャンプで他の選手を圧倒し、1、2位発進。4回転ルッツを成功させたブランドン・ムロズ(アメリカ)は、国際スケート連盟公認大会では初成功となる大技を入れながらも3位発進だった。
「高難度の4回転を入れなくても、他の部分で質の良いものをすればいいんだ」
 浅田の心は決まった。
「今の状態では、トリプルアクセルの回転が足りていないので、今回は間に合わなかったということにします」
 初めての回避だった。


2011-11-14-6.jpg



■「跳ばないことは、マイナスではない」

フリーではダブルアクセルで高い評価を得ると、その後もスピードに乗った演技で会場を魅了した【坂本清】 FSは昨シーズンから継続して使う『愛の夢』。愛らしいメロディとともに、柔らかなスケーティングで滑り出す。そして冒頭、スピードを生かした流れるようなダブルアクセルを決めた。ジャッジの評価は9人中5人が「+2」と高評価。フリップ、ルッツと連続して決めていく浅田の演技に観客が引き込まれていく。
 中盤には、「ダブルアクセル+3回転トウループ」の連続ジャンプを成功。着氷後に流れのあるダブルアクセルを降りたからこそ、2つ目の3回転ジャンプをしっかりと回り切ったのだ。後半になるほどスピードが増し、ストレートラインステップでは、ワンフットステップで一気にリンクの3分の2まで流れていく、男子にも難しい見事なエッジワークも披露した。

「スピードを出してワーっと滑っていくことで、お客さんもワーっと自分の演技に入ってくる感覚。それをやっと自分の体で感じることができました。こうやって(トリプルアクセルを)跳ばない方法も、マイナスではないんですね。スピード感が最後まで途切れることなく、信夫先生が目標にしているものにちょっと近づくことができました」

 何のためにトリプルアクセルを回避したのか。それは単に、転倒を回避するという小さな話ではない。他の部分でスピードのある演技をしっかりとするためだ。その佐藤コーチの真意を、浅田は感じ取ったのだった。

 佐藤コーチは言う。
「昨日の夜、彼女は変わったのかも知れませんね」

 孤高のアスリートであった浅田は、自分しか信じるものがなかった。しかし今回初めて、コーチの意見を聞いて、自分の意思を変えた。
「自分の分からない所とか、聞きたい事を聞いて、日本語でコミュニケーションを取れるということ、これが本当に大きいんです。今、先生とも同じ方向を向いているな、というのをすごく感じています」
 話しながら何度もうなずく浅田。そして照れ隠しするように「でもたまに信夫先生、単語は英語になるんですけどねっ」と小さく噴き出して笑った。

(2011年11月15日(火)  スポーツナビ/野口美恵)


2011-11-13-9.jpg



真央の進化にこれからも目が離せない方、  
 ↓コチラ↓をクリックお願いします。 ↓コチラ↓もクリックお願いします♪ 
  ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
       (にほんブログ村)        (人気ブログランキング)

       応援ポチが更新の励みです。ありがとうございます