浅田真央と水蜜桃

 浅田真央選手・高橋大輔選手を中心に、
 フィギュアスケートの動画を紹介するブログです。
 採点の疑問も記事にしています。
 

05月« 2017年06月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»07月
BLOGTOP » 2011.10~ GPシリーズ » TITLE … 浅田真央の母死去、無言の対面。世界選手権に特例の可能性?

浅田真央の母死去、無言の対面。世界選手権に特例の可能性?

2011-12-10-3.jpg
母親匡子さんの病状急変の報で緊急帰国し成田空港に姿を見せた浅田真央
(千葉一成撮影)


浅田真央の母、匡子さん死去 真央はカナダから緊急帰国

 フィギュアスケートの浅田真央(21)=中京大=の母親、匡子(きょうこ)さんが9日早朝、肝硬変のため名古屋市内の病院で死去したとマネジメント会社が同日、発表した。48歳だった。葬儀は近親者のみで執り行う予定。匡子さんは今夏から病状が悪化し、入退院を繰り返していたという。真央はカナダ・ケベックで行われるグランプリ(GP)ファイナル開幕前日の8日(日本時間9日)、病気悪化の一報を受けて欠場を決断。急きょ帰国の途に就いたが、最愛の母の最期には間に合わなかった。 

 一刻も早く母の元へと急いだ真央には、無念の知らせだった。匡子さんは真央が日本に戻る機内にいた時に帰らぬ人に。名古屋に9日夜戻った真央は、悲しみの対面を果たすことになった。

 ケベックにいる真央の元へ母の容体悪化の知らせが入ったのは、現地の8日早朝午前5時(日本時間同午後7時)すぎ。急いで佐藤信夫コーチ(69)と帰国の途に就いた。急な知らせにも真央は冷静に対応。日本のチームリーダーでもある連盟の小林芳子フィギュア強化副部長によると「本当に凜(りん)として、気丈に振る舞っていた」。出発する時は「ご迷惑をお掛けします」と関係者にわびたという。

 真央と匡子さん親子のきずなは有名。試合会場や練習では、いつも付きそう姿が見られた。その様子に変化が出てきたのは昨季ぐらいから。佐藤コーチの指導を受けに真央一人で横浜に向かうようになった。さらに今年は自動車の運転免許も取得し、自分で運転して練習へ通うように。今春以降、匡子さんの姿が見られなくなったという。

 マネジメント会社は「内臓疾患を抱えていた母親の病状が今夏から悪化した。入退院を繰り返していた」と事情を説明。周囲からは「(匡子さんの)顔色が悪くなっていたので心配していた」という声もあった。

 前日の公式練習ではリラックスした様子で調整していた真央。それだけに小林副部長は「非常に大切な試合で、彼女も手応えを感じていたと思う。こんな事態になるとは予想しなかった」と戸惑いを隠せなかった。スケート関係者にも衝撃が走り、国際スケート連盟のチンクアンタ会長は「残念だけど家族のことが一番大事」と気遣った。ファイナルで優勝を争うはずだったアリッサ・シズニー(米国)が「彼女は素晴らしい競争相手。とても心配」と話せば、カロリナ・コストナー(イタリア)も「私が真央でも同じように帰国する。とても悲しい」と、沈痛な面持ちを見せた。

 佐藤コーチとともに帰国した際、真央は成田空港で黒のニット帽を目深にかぶり、マスクをつけて伏し目がち。「日本の皆さんが心配していますが」との問い掛けには、無言で一礼して通り過ぎた。この時にはすでに悲しい知らせが届いていたのかも知れない。2週間後の23日からは、世界選手権代表が懸かる全日本選手権も始まる。傷心の真央は立ち直ることができるのか。 

(2011年12月10日 中日スポーツ/田中一正)


2011-12-10-1.jpg


真央の母死去 緊急帰国も間に合わず

 フィギュアスケート女子で、2度の世界女王に輝いた浅田真央20+ 件(21=中京大)の母匡子(きょうこ)さんが9日早朝、肝硬変のため、名古屋市内の病院で亡くなった。48歳だった。葬儀・告別式は近親者のみで行う。GPファイナル(カナダ・ケベック)に出場予定だった浅田は、この日、成田空港に緊急帰国。国内線に乗り換え、自宅のある名古屋市に夜到着。しかし母最期の時には間に合わず、悲しみの中、無言での対面となった。関係者によると23日からの全日本選手権、来年3月の世界選手権欠場の可能性もあるという。

 間に合わなかった。悲しみを押し殺すような帰国となった。最愛の母匡子さん最期の時に立ち会えなかった心痛はいかばかりか。しかし気丈にも、前を見据えて空港内を歩いた。報道陣から「真央さん、日本の皆さんが心配していますが」と声をかけられると、軽く頭を下げながら沈痛な面持ちで無言を貫き通した。

 一刻も早く地元名古屋に帰るため、通常の到着出口とは違うVIP専用出口から退出。カメラマンのフラッシュを浴びる中、黒の上下に、黒のニット帽を目深にかぶり白いマスク。ピンクのキャリーバッグを転がしながら、国内線に乗り継ぐと、地元名古屋へ到着。母が入院していた市内の病院に直行した。

 病院で亡き母と無言の対面を果たすと、浅田を待っていた家族とともに自宅へ戻った。弔いのために自宅を訪れた住職は「真央さんは落胆されていました。お母さまが亡くなられたのですから、非常に寂しがられていました」と話した。

 この日、同行し、ともに帰国した佐藤信夫コーチ(69)も、浅田のことを気遣った。「何と言えばいいのか、言葉にならない。まだまだ動揺する年齢だから、それだけが心配でかわいそう」。3季ぶりのGPファイナルに向け、好調さをアピールしていた直後の出来事だった。

 匡子さんは自宅療養をしながら治療を続けてきた。体調が悪いと入院し、回復すると退院の繰り返しだったという。4月末から5月にかけての世界選手権で、浅田は通常よりも数キロ、体重が落ちていた。決して、その理由を明かさなかったが、激やせも母の病気が要因だったという。所属事務所によると、夏以降は状態がさらに悪化していた。

 浅田にとって、母はすべてだった。母は浅田が小さいころから、長女の舞さんとともに競技生活を支え、2人の娘が世界女王になることを夢見てきた。佐藤コーチも「親子二人三脚でここまで来たので、ショックは大きいと思う」と、その痛みをおもんばかった。

 23日から、来年3月の世界選手権代表選考を兼ねた全日本選手権(大阪・なみはやドーム)が幕を開ける。しかし日本スケート連盟の関係者によると「全日本にも影響が出るかもしれない。仮に世界選手権代表に選ばれても、どこまで彼女が続けられるか」と話す。

 皮肉にも母と浅田がともに情熱を傾けたフィギュアが母との最期の時を奪った形となった。しかし1日も早く立ち直り、匡子さんの願いだった五輪での金メダルを取ることが、最高の手向けとなるに違いない。

[2011年12月10日8時31分 日刊スポーツ紙面から]

2011-12-10-2.jpg


真央 世界選手権代表選考で特例の可能性も

 日本スケート連盟の伊東秀仁フィギュア委員長は9日、母親が急逝した女子の浅田真央(中京大)が世界選手権(来年3月・ニース=フランス)の代表選考会を兼ねて23日に開幕する全日本選手権(大阪)を欠場した場合の特例措置について「今は何も言えない」と明言を避けながらも検討する可能性を示唆した。

 日本連盟はグランプリ(GP)シリーズのランキングや世界ランキングの日本勢上位3人などを選考対象にするが、「最終選考会である全日本選手権への参加は必須」と定めている。(共同)

[ 2011年12月10日 09:15 スポニチ]






悲しいお知らせとなってしまいました。
近しい人との別れは、誰にとっても身を切るような寂しさに襲われると思います。
48歳とまだ若い匡子さんが永遠に家族と離れ離れになってしまうとは、無念やるかたない訃報です。

私事になりますが、管理人は学生で、シニアの現役選手達と年齢が近いです。
管理人の母は、数年前に大病で死の淵にたった事があります。
幸い今は楽しく幸せに暮らしていますが、医師から「覚悟してください」と宣告された時の、目の前が暗くなるような心細さ、身が冷えるような不安感、寄る辺ない寂しさは、今でも筆舌に尽くしがたいものがあります。

それだけに、真央がどれだけの寂寞感に襲われているのかと思うと、私の目も涙で霞みます。ううぅ…(´つω∩`) 

日本の宝である真央は、多くの日本人から遠くの親戚を見守るような親しみを持たれ、活躍を期待し、幸せになる事を願われていると思います。
私と同じような経験をされた方も多くいるでしょうし、そうでなくとも真央の心の機微を想い、共感されている方もたくさんいると思います。

そんな中で、「皮肉にも母と浅田がともに情熱を傾けたフィギュアが母との最期の時を奪った形となった」なんて、無責任に書きなぐってるメディアがいますが、この人物はとんだ恥知らずです。
当事者が気に病んでるに決まってる部分に無神経に土足で踏み込み、傷に塩を塗りこむような書き方をするとは、マスコミの風上にも置けない所業です。
亡くなった方と残された遺族に対する最低限の心遣いもなく、真央の知名度にたかる社会のクズです。
こんな文しか書けないなら、二度と文筆業を名乗るな!
ノ ̄□ ̄)ノ ~┻━┻ドガシャーン!!

母子がフィギュアを生きがいにしたからこそ、掛け替えのない今の浅田家があるのだし、匡子さんは誰よりも真央の活躍を楽しみにしていたと思います。
人でなしの言葉に惑わされて、真央が母の死に目に会えなかった自分を責めないよう祈るばかりです。
ぜひともチーム真央の皆さんには、深い悲しみに暮れているであろう真央を慰めてあげて頂きたいです。

今後の試合予定としては、全日本選手権も世界選手権も、まだ未定のようです。
真央自身が、出場し結果を出す事が母へのはなむけになると思うなら、目指せば良いと思います。
事務所や連盟にとっては真央はドル箱の商品なのかも知れませんが、せめて今だけは思いやりを持って、真央の気持ちを尊重してあげて欲しいです。

最後になりましたが、私からも匡子さんのご冥福をお祈りします。
あなたは、日本の宝を育てた力強い母でした。

♪ 続き ♪






真央ママのご冥福と真央の傷が癒えるのをお祈りされている方、  
 ↓コチラ↓をクリックお願いします。 ↓コチラ↓もクリックお願いします♪ 
  ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
       (にほんブログ村)        (人気ブログランキング)

       応援ポチが更新の励みです。ありがとうございます