浅田真央と水蜜桃

 浅田真央選手・高橋大輔選手を中心に、
 フィギュアスケートの動画を紹介するブログです。
 採点の疑問も記事にしています。
 

07月« 2017年08月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»09月
BLOGTOP » 2011.12 全日本選手権 » TITLE … 全日本 男子SP 高橋大輔首位、小塚崇彦2位、羽生結弦4位【動画】

全日本 男子SP 高橋大輔首位、小塚崇彦2位、羽生結弦4位【動画】

2011-12-24-1.jpg

2011-12-24-2.jpg



大輔“世界最高”96・05点でSP首位

 ◆フィギュアスケート 全日本選手権第1日(23日、大阪なみはやドーム) 男子SPを行い、2年ぶりの王座を狙う高橋大輔(25)=関大大学院=が国際連盟(ISU)非公認記録ながら“世界最高”に相当する96・05点で首位に立った。

 演技が終わった瞬間、高橋は左手で1回、右手で3回ガッツポーズを作った。得点は世界王者、パトリック・チャン(カナダ)のSP歴代最高93・02点を上回る“世界最高”。「4回転はタイミングがすべて合った。出来は80点」と笑った。

 SPで4回転に成功したのは05年世界選手権(モスクワ)で4―3回転を跳んで以来6年9か月ぶり。冒頭に高く余裕のあるジャンプで4回転を降りると、流れるように3回転をつけて連続ジャンプにした。3年前に右膝じん帯を断裂してから4回転は失敗続きだったが、「降りてしまえば簡単」と胸を張った。

 今季4回転を決めている羽生にも刺激を受けた。「4回転を決めれば彼が(1位に)いっちゃうみたいにいわれていたので、負けず嫌いな部分が出た」。朝の公式練習後は回避も考えたが、「絶対やらなきゃいけない時がくる」と、失敗を恐れずに挑むことを決めた。

 長光歌子コーチ(60)は「努力がほかの選手と全然違う。結果よりそういう姿勢がうれしい」と目を細めた。「これがコンスタントにできればいい」と高橋。進化を続ける25歳が、5度目の日本一をつかみ取る。

(2011年12月24日06時03分 スポーツ報知)


2011-12-24-3.jpg

2011-12-24-4.jpg



圧巻!大輔、世界最高点超え

 フィギュアスケート全日本選手権第1日・男子ショートプログラム(23日、大阪なみはやドーム)男子ショートプログラム(SP)は高橋大輔(25)=関大大学院=が首位に立った。今大会の得点は未公認ながら、96・05点はパトリック・チャン(カナダ)が持つSPの世界最高を3・03点上回った。小塚崇彦(22)=トヨタ自動車=が85・60点で2位につけ、17歳の羽生結弦(ゆづる、17)=東北高=は4位。

 日本一を決める独特の雰囲気が、第一人者の負けん気をくすぐる。今季グランプリファイナル2位の高橋が、4回転-3回転の連続ジャンプに成功。SPでは自己最高の96・05点をたたき出し、2位以下に大差をつけて首位に立った。

 「タイミングが全て。できてみれば簡単なものなんだな、という感じ」

 自画自賛の言葉通り、ジャッジの1人は最高の“出来映え点”をつけた大技。「何年かぶりで成功した」と会心の笑みで演技を終えた。

 記憶が曖昧なのはもっともなことで、成功は2005年世界選手権(モスクワ)のSP以来だ。今大会前は成功率の低い4回転を封印して勝負に徹する考えも口にしていたが、この日午前の公式練習で「今季初めてできちゃった」と作戦変更。長光歌子コーチを「2連続3回転ジャンプでいくと思っていたので(4回転の)構えを見て驚いた。挑戦してくれてうれしい」と喜ばせた。

 「テレビで、彼が4回転を決めたら、彼が(トップに)いくみたいになっていた。負けず嫌いの部分が出たのかも」と高橋。“彼”とは、4回転を武器に今季急成長した羽生のことだ。25歳は17歳に刺激を受け「こういう時だからこそ攻めた方がいい」とバネにした。

 独走態勢にも、前世界王者はフリーでも攻めることを宣言。「あしたも4回転を入れていく。思い切って挑戦する」と不敵に笑った。 

(2011.12.24 05:05 サンスポ/櫃間訓)


2011-12-24-5.jpg

2011-12-24-6.jpg



羽生、緊張で4位…4回転ミス

 フィギュアスケート全日本選手権第1日・男子ショートプログラム(23日、大阪なみはやドーム)17歳の羽生は4位スタート。演技直後は3位と発表されたが、スピンのレベルが3から2に訂正され、順位を落とした。この日は滑走順がラスト。緊張から冒頭の4回転でミスが出るなど動きが硬かった。「国際大会ではあまり経験がなかったので(精神面で)うまく対応できなかった。まだ余ってる力をフリーで出したい」と雪辱を期した。

(2011.12.24 05:02 サンスポ)





大ちゃん、久しぶりの4回転復活ですよー!.+。(ノ^∇^)ノ゚.+。
しかも単発でなく、SPで4-3のコンビネーションです(*▽*)
解説を務めていたジャンプコーチの本田武史さんも、興奮を隠せていませんでしたね(^m^)
ヒザを痛めて以来ずっと4回転に苦戦していましたが、SPで成功したのは、2005年世界選手権(モスクワ)で4-3回転を跳んで以来、6年9か月ぶりだとか。
総合で見ても、文句なしの首位ですよね。
大ちゃん、4回転復活おめでとう★o(*^▽^*)o

演技の良し悪しにムラのあった崇ちゃんですが、今季は比較的安定していると言えるのではないでしょうか。
演技後のインタビューでは、「今出来る事は全て出来たので安心のガッツポーズだった。FSでは(昨季の銀メダルの)世界選手権のような演技がしたい。そのための練習はしてきた。」と、気合の入ったコメントをしていましたね。
これまでの崇ちゃんは、謙虚というか、見ていてもどかしいような部分もありましたが、昨季あたりから意気込みをハッキリ口にするようになってきた印象です。
今季は連覇がかかっていますから、崇ちゃんも負けられない気持ちが強いんでしょうね。
頑張って!(≧▽≦)

結弦君、飛ぶ鳥落とすような破竹の勢いも見せていましたが、今回はミスが続いてしまいましたね。
それでも、ザヤックに抵触しないようにリカバリーする冷静さと器用さは、彼の武器とも言えるのではないでしょうか。
しかしながら、演技直後は3位と発表されたものの、スピンのレベルが訂正されて得点を落とし、それに伴って順位もひとつ落ちた4位となりました。
順位が落ちるのはぬか喜びさせられたようで気落ちしてしまうかも知れませんが、スポーツは公平をきすのが大前提ですから、致し方ないですね。

-ここで、採点ミスについて。

2005-2006年の全日本でも、一端発表された得点が訂正されて、大ちゃんと殿の順位が逆転しました。
プルも国内戦で、演技後半に跳んだジャンプのボーナス点が加算されていなくて、訂正された事がありました。

ハラハラしながら得点を待つ選手の気持ちを考えれば、間違えないのが一番です。
けれども、採点ミスに気付きながらもを見て見ぬ振りをされるよりは、キチンと見直して訂正された方が、スポーツとして健全に思えます。
ヒューマンエラーは起こりうるものですし、審判がミスをミスとして認めなければ、真実の順位が闇に葬られてしまう事になり、舌を出す選手と泣き寝入りする選手が生まれます。
これはとても不健全です。

私が不勉強なのかも知れないのですが、国際A戦で、採点が訂正された事ってあるんでしょうか?

国内大会はISU非公認なので、得点はあくまで参考扱いです。
国際線や権威のある大会のジャッジを務めるには、経験豊富さなども考慮されるそうです。
ですから、全日本の大会のジャッジは、全員日本人のベテラン審判が勤めているはずです。

国内戦は参考扱いの得点だから、融通が利くのか。
ジャッジ自身に、ISU公式戦は腑に落ちない採点が横行しているから、せめて国内戦だけは自分の見る目を証明したいという矜持があるのか。

国際A線は経験豊富なジャッジだから、ヒューマネラーが起こりえないのか。
大人の事情や間違ったプライドが邪魔して、自らの過ちを認められないのか。

採点に疑問を持つ身としては、様々な憶測が頭の中を駆け巡ります。
何も考えず能天気に競技を見た方が、気楽に楽しめるのだろうと思う時もあります。

今回のように、ミスをミスと認めてくれるジャッジの存在は、救いに感じます。
どうかジャッジの皆様には、プロとしての誇りを持ち、少しでも多くの人に納得してもらえるような採点をしてもらいたいです。

♪ 続き ♪








今夜のFSも楽しみな方、  
↓コチラをクリックお願いします。 ↓コチラもクリックお願いします♪ 
  ブログランキング・にほんブログ村へ  人気ブログランキングへ
     (にほんブログ村)      (人気ブログランキング)

    応援ポチが更新の励みです。ありがとうございます