浅田真央と水蜜桃

 浅田真央選手・高橋大輔選手を中心に、
 フィギュアスケートの動画を紹介するブログです。
 採点の疑問も記事にしています。
 

08月« 2017年09月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»10月
BLOGTOP » スポンサー広告 » TITLE … 全日本 女子SP 村上佳菜子1位、浅田真央2位、鈴木明子3位【動画】BLOGTOP » 2011.12 全日本選手権 » TITLE … 全日本 女子SP 村上佳菜子1位、浅田真央2位、鈴木明子3位【動画】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全日本 女子SP 村上佳菜子1位、浅田真央2位、鈴木明子3位【動画】

2011-12-25-5.jpg

2011-12-25-1.jpg



真央2位 逆転Vママに贈る

<フィギュアスケート:全日本選手権>◇24日◇大阪なみはやドーム◇女子SP

 真央は負けない。最愛の母匡子(きょうこ)さん(享年48)を9日に亡くした浅田真央(21=中京大)が、5度目の優勝に向け絶好の位置につけた。ショートプログラム(SP)を65・40点で2位発進。冒頭のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)は、今回も回避し、優勝した11月のロシア杯同様に、2回転半で、安定性を重視した。首位の村上佳菜子(17)とはわずか0・16点差。今日25日のフリーでは、逆転で、優勝という最高のクリスマスプレゼントを亡き母に届ける。

 最後、天を向いた顔に、少しだけこわばった笑みが浮かんだ。浅田は演技が終わると、ホッとした表情で、肩でひとつ息をした。「なぜか、いつもと違う緊張感でした。今はホッとしている気持ち」。会場を埋め尽くした観衆は総立ち。鳴りやまない拍手が、浅田の気持ちを温かく包んだ。

 すべてを出し切った。65・40点は、ロシア杯で出した64・29点を上回る今季の自己ベスト。「今のプログラムに入っているものは、全部出した」。すべての要素に加点がつき、佐藤信夫コーチは「良かったよ」と声をかけたという。

 冒頭のアクセルジャンプは2回転半だった。この日は、佐藤コーチに相談せず、自分だけで3回転半回避を決めた。朝の公式練習で、3回転半を跳んだのはわずか2度だけ。それも着氷はしたが、不安定だった。その分、2回転半を入念に5度跳び、1度だけ失敗したが、手応えを感じて、本番に挑んだ。

 すでに、今季初戦のNHK杯フリーで、自身初めて3回転半を回避した。それまで、3回転半にこだわり続けた気持ちの垣根も、すでに取り払っている。佐藤コーチも「わたしの考えは、すでに彼女には伝わっている」と、あうんの呼吸を強調した。

 しかし、さすがの浅田も「足は震えなかったが、名前を呼ばれるまでは緊張していた」。母の不幸という重い経験は、いろんな思いを交錯させたに違いない。佐藤コーチも「テレビに映っている顔(の表情)通りではない。だいぶ緊張していたのは間違いない」と、浅田を気遣った。

 平常心を必死で保とうという姿は、痛々しくもある。彼女の強い気持ちは、母が闘病中でも、揺るがなかった。家族や親しい人以外には、母親の闘病の話は一切せず。必ず「お母さんは元気です」と答えていたという。12日の告別式を終え、氷に乗ってからは、一切の涙はなかったという。

 村上との差は、あってないようなもの。フリーで、もし3回転半を跳ばなくても、十分に逆転は可能だ。浅田自身も「完璧に跳べる状態じゃない。明日の練習を見て決めたい」と冷静だ。人生の中で、最大の試練は、今日25日、クリスマスの日に幕を閉じる。それを乗り越えたとき、浅田の人生は、またひとつ大きく成長するに違いない。それこそが、母がくれた最高のプレゼントなのかもしれない。【吉松忠弘】

 ◆世界選手権(来年3月、フランス・ニース)の代表選考 日本の出場枠は男女シングル各3人。全日本選手権終了時に、以下の基準のいずれかを満たす者から総合的に判断して選出される。(1)GPファイナルの日本人上位3人(2)全日本選手権3位以内(3)全日本選手権終了時点での世界ランクで上位3人。なお、過去に世界選手権6位以内に入賞実績のある選手がシーズン前半にけがなどで含まれなかった場合、世界選手権時の状態を考慮し、選考の対象に加えることがある。

[2011年12月25日9時0分 日刊スポーツ]


2011-12-25-2.jpg 2011-12-25-3.jpg


真央、SP僅差の2位 天国の母へ最高の舞を

 ◆フィギュアスケート 全日本選手権第2日(24日、大阪なみはやドーム) 女子ショートプログラム(SP)を行い、2年ぶり5度目の優勝を狙う浅田真央(21)=中京大=は、今季自己最高の65・40点で僅差の2位につけた。9日に母・匡子さん(享年48歳)を亡くした悲しみを乗り越えて挑んだ真央はトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を回避し、2回転半など4回のジャンプを成功。初優勝を目指す17歳の村上佳菜子(中京大中京高)が首位発進。同じく初制覇がかかる鈴木明子(25)=邦和スポーツランド=は3位となった。

 万雷の拍手を浴びて演技を終えると、真央の瞳はうっすら涙で潤んだ。最愛の母の死から2週間後の大舞台。「ほっとしている。いつもと違う緊張感があったけど、曲が流れたらいつも通りにできた」。こみ上げる思いを抑え、総立ちの観衆に笑顔で手を振った。

 ブレなかった。優勝した11月のロシア杯に続き、リスクを避けて安全策で勝負。3回転半は朝の練習で跳んで確認したが「今は完璧に降りられる状態ではない」と回避を決断。冒頭で2回転半を決めて波に乗ると、3―2回転と3回転を着氷。千夜一夜物語の王妃を演じる「シェヘラザード」の旋律に乗り、笑みを浮かべながら滑った。

 3つのスピンは全て最高評価のレベル4。演技点の「音楽解釈」ではハイレベルな8点を出し、表現力で出場選手トップの得点を稼いだ。「今(プログラムに)入っている要素はしっかりできた。今日のSPは明日につながる」。後輩の村上に0・16点差で首位を譲ったが、SP今季自己最高点に胸を張った。

 涙をふいて戦いの場に戻った。葬儀翌日の13日に練習を再開。愛知・豊田市の中京大リンクに姿を見せた真央は、15歳まで指導を受けた山田満知子コーチ(68)や樋口美穂子コーチ(42)らと顔を合わせた。恩師の前で真央は悲しみをこらえきれず、我慢していた涙をこぼしたという。

 それでもリンクに上がった。初日は軽めに調整。14日以降は涙を見せずに全日本に向けて通常の練習をこなした。「真央は完璧主義者。やると決めたら強い気持ちでやる」と関係者。二人三脚で歩んできた母を失っても、全日本の頂点を目指す決意は揺るがなかった。

 この日、試合中の真央に配慮し、演技後の会見で母に関する質問は禁止に。大技の3回転半については「明日の練習を見て決めたい」と話すにとどまった。「たくさんの方が見守ってくれているような気がします」。天国に向けて最高の舞を披露する。

 ◆佐藤コーチ、やはり重圧…力強さ欠いた 〇…昨季から真央を指導する佐藤信夫コーチ(69)は「本人は何も言わないが、知らず知らずのうちにプレッシャーを感じていたと思う。スピードや力強さがなかった」と振り返った。演技前は真央に「守りに入らないように」と声をかけて送り出したという。「従来通りの滑りではないが、フリーは普段の彼女の力が出せれば」と巻き返しに期待した。

 ◆真央の全日本選手権まで
▽6日 GPファイナル開催地のカナダ・ケベックに到着。
▽7日 会場で公式練習に参加。
▽8日 名古屋市内で母・匡子さんの容体が急変。真央はケベックで8日早朝に連絡を受け、佐藤コーチと帰途につく。
▽9日 早朝に匡子さんが死去。真央は9日午後に成田空港に帰国し、名古屋市内の病院に直行。
▽10日 父・敏治さん(53)が「舞も真央も、今は気丈にしています」とコメントを発表。
▽11日 名古屋市内の自宅で近親者のみの通夜が営まれる。
▽12日 自宅で葬儀が行われ、真央は「お母さんに今までより近くで見守られている気がします」とコメントを発表し、全日本出場も表明した。

(2011年12月25日06時01分 スポーツ報知)


2011-12-25-4.jpg



浅田真央「いつもと違う緊張感だった」

フィギュアスケートの全日本選手権は24日、大阪府門真市のなみはやドームで行われ、女子ショートプログラム(SP)では、17歳の村上佳菜子(中京大中京高)が65.56点で首位スタートとなった。2年ぶり5度目の優勝を狙う浅田真央(中京大)は65.40点と僅差の2位、初優勝がかかる鈴木明子(邦和スポーツランド)は3位につけた。

 以下は演技後の浅田のコメント。
「今日はダブルアクセルにしたので、プログラムの流れが良くできました。(SPを)終えて、ほっとしています。観客の方がたくさん応援してくれて、励ましていただき、元気づけられました。いつもと同じようにと(思って)やりました。
(手応えは?)エレメンツはまだ(得点の詳細を)見ていないので、レベルが取れているかどうか分からないですけど、入ってるエレメンツはプログラムの中でしっかりできました。演技を始める前は、なぜかいつもと違う緊張感でした。でも、練習もしてきているので、曲がかかるといつも通りできました。
(佐藤信夫コーチからは)『攻めの気持ちを忘れないで』と言われました。(5日間練習を休んだ影響は?)長く休んだ割に、スムーズに戻せました。明日(のFS)につながる良い滑りだったので、自分のできる事をしっかりとやりたいです」

[ スポーツナビ 2011年12月24日 19:24 ]


2011-12-25-6.jpg



真央、母のため必ず逆転!2位発進

 「フィギュア全日本選手権第2日」(24日、なみはやドーム)

 女子ショートプログラム(SP)を行い、浅田真央(21)=中京大=は65・40点で2位につけた。25日のフリーでは、9日に亡くなった母・匡子さん(享年48)にささげる優勝を目指す。村上佳菜子(17)=中京大中京=が65・56点で首位に立った。男子はフリーを行い、SP首位の高橋大輔(25)=関大大学院=が158・55点をマークし、合計254・60点で2年ぶり5回目の優勝を飾った。

 少しだけ母への思いが、こぼれそうになった。美しいビールマンスピンが解け、左手を天に掲げてのフィニッシュ。真央にいつものようなはじけるような笑顔はない。じっと宙を見つめた後、ようやく控えめな笑みが浮かんだ。

 「いつもとはちょっと違った緊張感があったし、ホッとしました」
。65・40点で上々の2位発進にも、揺らぐ心を抑え込むように、何度も何度もうなずいた。

 9日に匡子さんを亡くし、わずか2週間での公式戦復帰。全日本に出ると決めた時から、とにかく「いつも通り」を心がけた。葬儀翌日には練習を再開し、通常通りの練習をこなした。

 前日の晩も外食に出て、「本当に普段通り過ごした」とマネジメント担当者。母の遺品なども一切身につけなかった。早朝練習で決まらなかったトリプルアクセルの回避も、自分で決断。完璧な演技に、思いのすべてを込めるつもりだった。

 特別な意味を持つ試合に、気持ちが揺らがないはずはない。演技を見つめた佐藤コーチは「プレッシャーを感じていたと思う。スピードだったり、エッジの力強さだったり、練習でできていたことが出なかった。まだ、予測がつかない状況。明日は普段通りの滑りが出ればと期待しているけど」と、見えない重圧を背負う愛弟子を気遣った。

 2年ぶり5度目の優勝、そして世界選手権切符の懸かるフリー。ただ、結果や得点は二の次でいい。「明日の『愛の夢』は、笑顔で華やかな滑りをしたい。それが目標。今、自分にできることをしっかりとやりたい」。はじけるような真央スマイルを、きっと誰もが待っている。

(2011年12月25日 デイリースポーツオンライン)


2011-12-25-7.jpg



浅田 母に届けたノーミス演技

◇全日本選手権女子SP(24日)
 悲しみをこらえ、浅田が入魂の演技を見せた。母匡子(きょうこ)さん(享年48)を9日に亡くしてから、初めての試合。天国の母を安心させるかのように、ほぼノーミスで滑り終えた。

 練習で不調のトリプルアクセル(3回転半)は、先月のロシア杯に続いて回避し2回転半にした。「後の流れを良くできればいい」という狙い通り、伸びやかな滑りを披露。3-2回転連続ジャンプを決め、3種類のスピンとも最高のレベル4認定を得た。演技後はホッとしたような表情で「エレメンツ(要素)を練習通りできた」と振り返った。

 練習場への送り迎えからコーチ選びまで、競技生活を長年支えてくれた匡子さんの死去から、まだ2週間ほど。この日の浅田は「滑る前は今までと違う緊張感があった」。練習は4日休んで13日に再開したが、心身とも万全な状態に仕上げるのは極めて難しいはず。その中で、ほぼ完璧に演技をこなした技術の高さと精神力の強さ。杉田秀男・元国際スケート連盟判定役員評定委員は「以前は滑りが縦蹴り気味だったが、今季はエッジに乗ってカーブに滑るからスピードが出る。(昨季から師事する)佐藤信夫コーチの教えが身に着いてきた。相当滑り込んできたから、大事な時期に少し休んでもカバーできた」と評価した。

 首位の村上とはわずか0.16点差。浅田は「フリーにつながる滑りができた」と手応え十分だ。2年ぶりの優勝を、最愛の母にささげる。

(最終更新 12月25日 0時40分 毎日新聞/来住哲司)


2011-12-25-8.jpg



「滑っている方が気持ちがまぎれる」真央が1度だけ見せた涙

 フィギュアスケート全日本選手権第2日 女子SP (12月24日 大阪・なみはやドーム)

 9日に最愛の母・匡子さん(享年48)を亡くした浅田真央が、悲しみを乗り越えノーミスの演技を披露。首位の村上佳菜子とは0・16点差のSP2位につけた。

 氷上で夢を追いかけることが、母の遺志だと信じていた。匡子さんの葬儀・告別式翌日の13日には、中京大のリンクで練習を再開。同じ時間帯に同リンクにいた、かつてのコーチ・山田満知子氏ら親しい関係者から声を掛けられると、浅田の瞳から涙がこぼれた。母の死去後、家族以外に涙を見せたのはこの時だけ。涙を拭うと、トレーニングに集中した。

 深い悲しみが癒えたわけではない。関係者には「滑っている方が気持ちがまぎれる」と漏らした。リンクに立つことで、母を亡くした喪失感を埋めていた。リンクに立つことが、母への恩返しだった。

[ 2011年12月25日 09:00 スポニチ]


2011-12-25-9.jpg

♪ 続き ♪








今夜の真央のFS「愛の夢」に期待されている方、  
↓コチラをクリックお願いします。 ↓コチラもクリックお願いします♪ 
  ブログランキング・にほんブログ村へ  人気ブログランキングへ
     (にほんブログ村)      (人気ブログランキング)

    応援ポチが更新の励みです。ありがとうございます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。