浅田真央と水蜜桃

 浅田真央選手・高橋大輔選手を中心に、
 フィギュアスケートの動画を紹介するブログです。
 採点の疑問も記事にしています。
 

04月« 2017年05月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»06月
BLOGTOP » スポンサー広告 » TITLE … 浅田真央の著書が「本人の意にそぐわない宣伝方法」で発売中止BLOGTOP » ~2012.10 テレビ出演・他 » TITLE … 浅田真央の著書が「本人の意にそぐわない宣伝方法」で発売中止

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浅田真央の著書が「本人の意にそぐわない宣伝方法」で発売中止

浅田真央の著書が発売中止に、「本人の意にそぐわない宣伝方法」で。

2月8日に発売予定だったフィギュアスケートの浅田真央選手の著書「大丈夫、きっと明日はできる」が、急遽発売中止になることがわかった。出版元のポプラ社が1月12日、ホームページに「お詫び」を掲載し、発売中止の理由を説明している。

ホームページに掲載された「<お詫び>『大丈夫、きっと明日はできる』を発売中止にさせていただきます」では、まず、「このたびは、『大丈夫、きっと明日はできる』(浅田真央著 佐藤雅美著)の発売を、誠に申し訳ございませんが、中止させていただくことになりました」と発売中止を案内。その理由は「この本は約1年以上前から企画していたもので、当初は2012年2月8日発売の予定でしたが、一部宣伝方法に著者ご本人の意にそぐわない部分がございました」としている。

具体的に“一部宣伝方法”の内容には触れていないが、ネットでは書籍に「『ママ、ほんとうにありがとう』何度、ありがとうと言っても足りません。」と、昨年12月9日に亡くなった母・匡子さん(享年48)に絡めた帯が付いていることなど、母の死を前面に押し出した宣伝方法に批判の声が挙がっていた

また、浅田選手の公式サイトでも発売中止を告知。「この本は、私の競技生活を通しての皆さんへのメッセージブックとして1年かけて制作を進めていたものでしたが、本の宣伝、告知について、私の思いと異なるもので進められたところがあり、出版を中止させていただくことになりました。大変申し訳ないですが、ご理解のほどよろしくお願いいたします」とつづっている。

「大丈夫、きっと明日はできる」は、浅田選手初のメッセージブックとして注目を集めていた一冊。昨年末の時点で、予約が10万部を超えていた。

(ナリナリドットコム)


2012-1-12-5.jpg


<以下、1月13日追記>

真央「私の思いと異なる」初エッセー予約10万部超も発売中止

 フィギュアスケート女子・浅田真央(21)=中京大=の自身初だったエッセー「大丈夫、きっと明日はできる」の出版元・ポプラ社は12日、同書の発売を中止したと発表した。2月8日発売予定ながら、昨年暮れまでに10万部を超える予約が殺到。話題となっていたが、本の宣伝・告知が昨年12月に亡くなった真央の母・匡子さん(享年48歳)を前面に出すなど真央本人の意向に反したため、出荷直前で異例の中止となった。真央はこの日、自身のホームぺージで「私の思いと異なる」とコメントした。

 予約だけで10万部を超え、ミリオンセラー必至と注目された話題の本が、発売目前で「お蔵入り」となった。出版元のポプラ社はこの日、発売27日前に同社ホームページ上で発売中止を発表。「一部宣伝方法に、著書ご本人の意にそぐわない部分がございました」と説明し、関係各所への謝罪文を掲載した。真央本人もオフィシャルホームページを通じて「本の宣伝、告知について、私の思いと異なるもので進められたところがあり、出版を中止させていただくことになりました。大変申し訳ないですが、ご理解のほどよろしくお願いいたします」と、異例のコメントを出した。

 真央自身にとって初めて語り下ろしとなる予定だった同書は、2010年バンクーバー五輪で銀メダル獲得後、この2年間の日常生活で気をつかっていることや、目標設定をどう定めるか、日頃から考えている人生訓などを紹介。また、母・匡子さんへの感謝の気持ちなどさまざまなメッセージがつづられており、209ページ、税込み1365円の値段設定で、1年以上かけて制作が進められてきた。

 ところが、2月8日の発売日を前に宣伝・告知で問題が発生。全国書店などに配る予定だった販促用ポスターに「ママ、ほんとうにありがとう」などの文言が強調して使用され、浅田サイドの意に反した。本の制作も最終段階で店頭に並ぶ寸前だったが、中止にした。

 ポプラ社の担当者は「本の内容自体に虚偽はないが、亡くなられたお母様が、あたかも商売の道具にするかのように見えてしまう宣伝・告知をしたことが問題だった。大変、ご迷惑をおかけした。まずは関係各所におわびをしたい」と説明した。

 真央のマネジメント会社担当者は「ポプラ社に対しては不信感がある。発売中止になった本が今後、改めて同社から出版される予定はない」と話した。何よりも真央のメッセージを読みたかったファンにとっては残念な結果となってしまった。

 ◆「大丈夫、きっと明日はできる」 事前紹介では209ページ、5章で構成されているものだった。第1章の「自分の心に嘘をつかない」「憧れの存在を見つける」などから始まり、第5章ではバンクーバー五輪で学んだことを中心に語っている。「昨日の自分は、決して今日の自分を裏切らない」と力強い言葉が載っていた。

 ◆ポプラ社 1947年設立(資本金2400万円)。本社は東京・新宿。那須正幹「ズッコケ三人組」、原ゆたか「きかんしゃトーマス」シリーズなど児童書の出版を手がけ、近年は成人を対象にした書籍も発行。10年11月には、俳優の水嶋ヒロが、「齋藤智」のペンネームで応募した処女作「KAGEROU」が「第5回ポプラ社小説大賞」の大賞を受賞するなど話題にもなった。

(2012年1月13日06時02分 スポーツ報知)


浅田真央「予約10万部本」発売中止騒動の真相 母の死を利用した宣伝方法に不信感?

 2月8日発売予定だったフィギュアスケートの浅田真央選手のエッセー「大丈夫、きっと明日はできる」(ポプラ社)が突然、発売中止になったことが分かった。同書は昨年末の段階で予約数10万部を突破しており、発売1カ月を切った段階で発売中止になるという事態は出版界でも異例。

 中止の理由について、ポプラ社は「宣伝用ポスターに使った『ママ、ほんとうにありがとう』という言葉に浅田さんが不快感を示したため」と説明。浅田選手も自身のブログで「本の宣伝、告知について、私の思いと異なるもので進められたところがあり、出版を中止させていただくことになりました」と記している。

 娘と二人三脚で歩んできた浅田選手の母親・匡子さん(享年48)が昨年12月9日に急逝したが、その死を利用するかのような宣伝文句に浅田選手が不信感を抱いたようだ。

 同書に関しては、匡子さんの他界後に発売が告知されてからネット上で「人の死で金儲けか」「売れれば何でもいいのか」といった批判が起きていた。

「本の企画は匡子さんが他界する前から進められていたものですから、人の死で金儲けといった批判は的外れでしょう。内容も銀メダルを獲得したバンクーバー五輪から2年間の成長と、競技生活を支えてくれた母親への感謝の気持ちを綴ったものです。単に匡子さんの他界が発売前に重なっただけでしょう。ただ、出版社側が匡子さんの死が本の売上につながると焦って、慌てて広告や本の帯を変更したために、浅田選手への意思確認がおろそかになったのでしょう。同じ業界の人間として気持ちは分かりますが、著者に確認をしないというのは最低限の仁義を欠いた行為ですから、言いわけのしようもないでしょう」(出版関係者)

 母親を亡くした悲しみを抱えながら、昨年末の全日本選手権で逆転Vを果たし、世界選手権、四大陸選手権へ向けて奮闘中の浅田選手。いくら苦境の出版界が利益優先になりがちといっても、今回の急造の「売り文句」は、あまりにもデリカシーのない宣伝戦略だったようだ。

(メンズサイゾー)(文=佐藤勇馬/Yellow Tear Drops)

(文中の色分けは管理人によるもの)

♪ 続き ♪

この本はあくまで真央ちゃんの自伝であり、母親の死が主題の本ではありません。
それなのにこんな帯を付けていたとは、言葉が無いですねε-(´Д`*)

人の肉親の不幸を無断で販売促進ツールに利用されては、信頼関係も崩れてしまうでしょうね。
私もすでに予約済みでしたが、これでは販売中止もやむなしです。
むしろ真央ちゃんの英断を評価したい。

真央ちゃんとしても、忙しいスケジュールの合間を縫って執筆したのだから、自伝への思い入れもあったと思います。
けれど、それと秤にかけても容認しかねる、逸脱した宣伝方法だったのでしょう。
エッセーを読むのを楽しみにしていたけれど、それ以上に、匡子さんの死を商売の道具にしたくない浅田家の気持ちを尊重したいと思います。

それにしてもママの死を前面に押し出す宣伝戦略を取ったのって、誰なんでしょう?
ある程度の規模の出版社なら、単行本化の担当と帯などの宣伝の担当は別人だと思われるのですが、取り返しのつかない失態を演じましたよね。
始末書じゃ済まないんじゃないのかしら(´-ω-`)

真央ちゃんのエッセーがいつか違う形で世に出るのか、完全にお蔵入りしてしまうのか分かりません。
この先、真央ちゃんが自分の言葉で母との思い出を語る時がくるのかどうかも分かりません。
けれど、血のにじむような練習に耐え、苦難を乗り越える真央を利用するような出版社なら、発行してくれなくて結構です。

プライドを持ってテーブルをひっくり返した真央を褒めたいです。
ファンもちゃぶ台をひっくり返してやるぞノ ̄□ ̄)ノ ~┻━┻ドガシャーン!!

この先も真央ちゃん関連の書物は出版され続けるでしょうが、出版社さんには誠意ある対応をしてくれる事を願います。


真央を利用するポプラ社は願い下げだと思われる方、  
 ↓コチラ↓をクリックお願いします。 ↓コチラ↓もクリックお願いします♪ 
  ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
       (にほんブログ村)        (人気ブログランキング)

       応援ポチが更新の励みです。ありがとうございます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。