浅田真央と水蜜桃

 浅田真央選手・高橋大輔選手を中心に、
 フィギュアスケートの動画を紹介するブログです。
 採点の疑問も記事にしています。
 

05月« 2017年06月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»07月
BLOGTOP » ~2012.10 テレビ出演・他 » TITLE … 浅田真央のエッセー販売中止の続報に対する私見

浅田真央のエッセー販売中止の続報に対する私見

浅田真央の著書、発売中止の真相 「母の死を売り物にしていると思われる」

フィギュアスケートの浅田真央選手の著書が発売中止となった。販促用のポスターに書かれた言葉に浅田選手側が難色を示したのが理由だという。

浅田選手の著書「大丈夫、きっと明日はできる」は当初2012年2月8日にポプラ社から発売予定だったが、1月12日、ポプラ社サイトで、中止が発表された。

「ママ、ほんとうにありがとう」の部分が問題
「一部宣伝方法」に著者本人の意志とはそぐわない部分があったためだといい、浅田選手の公式サイトでも「本の宣伝、告知について、私の思いと異なるもので進められたところがあり、出版を中止させていただくことになりました」と説明していた。

これまで明らかになっている情報をまとめると、同書は209ページのファンへの「メッセージブック」。1年以上前から出版が企画されていた。バンクバー五輪から現在までの浅田選手の歩みが綴られていて、書店からは10万部を超える予約があったという。

一体何が問題だったのか。浅田選手に近い関係者は「ポスターに書かれていた『ママ、ほんとうにありがとう』という言葉が原因です」と明かす。

「前向きに生活するコツ」といった話のエッセイ本
浅田選手の母親、匡子さんは2011年12月に死去した。カナダで行われたグランプリファイナル直前のことだっただけに連日大きく報道されていた。

関係者によると「大丈夫、きっと明日はできる」は、浅田選手の「前向きに生活するコツ」といった話をまとめたエッセイ本で、自己啓発本的な要素が強い。母親に関する部分は一部だという。

「『ママ、ありがとう』といったポスターだと、本の内容は違うのに、母親へのメッセージブックだと勘違いされてしまうし、母親の死を売り物にしていると思われてしまいます」
ということらしく、浅田選手本人の希望で中止になったという。

ポプラ社広報によると、同書が日を改めて発売されるかどうかは「未定」。発売中止となったことで、これまで同書にかけていた販促費用などが無駄になってしまうが、浅田選手側に損害賠償を請求するということは「全く考えていません」としている。

ポプラ社といえば、最近は2010年に第5回ポプラ社大賞を受賞した俳優・水嶋ヒロさんの小説「KAGEROU」を出版して話題になった。今回の浅田選手の件も2ちゃんねるやツイッターで話題になり、

「無難な宣伝をしていれば浅田真央の本というだけでも十分売れたのに」
「これは真央ちゃんが正しい」
「この若さで、流されないのはいい事だ」
「『KAGEROU』に続き浅田真央、ポプラ社のイメージが悪くなっていく」
といった反応が寄せられていた。

(2012/1/13 19:23 J-CASTニュース)


2012-1-12-5.jpg


浅田真央エッセー“ドタキャン”の真相…銀盤女王に何があった?

 女子フィギュアスケートの浅田真央(21)=中京大=が、初のエッセー「大丈夫、きっと明日はできる」(ポプラ社)の出版を取りやめたことに注目が集まっている。刊行まで1カ月を切っての不可解なドタキャン劇。「銀盤の女王」に何があったのか。

 浅田は12日、自身のホームページ(HP)で「私の競技生活を通しての皆さんへのメッセージブックとして1年かけて制作を進めていたものでしたが、(中略)出版を中止させていただくことになりました」と報告。ポプラ社もHPで発売中止を発表した。

 予定していたエッセーは209ページにわたり、2010年のバンクーバー五輪で銀メダルを獲得して以降の生活などを綴ったもので、刊行は2月8日に迫っていた。書店からは10万部を超える予約が入っていたという。

 浅田の突然の翻意は何が原因だったのか。ポプラ社では「昨年末、本のプロモーションのため、書店に対して出稿した告知ポスターが問題だったようです。ポスターには真央さんの写真とともに『ママ、ほんとうにありがとう』というメッセージが添えられた。その一文に真央さんサイドからクレームが入りました」(広報)と明かす。

 浅田は、昨年12月9日に最愛の母である匡子さん=享年(48)=を亡くしたばかり。3度目の優勝が懸かったカナダ・ケベックでのGPファイナル直前で見舞われた不幸に、日本中から同情の声が挙がった。

 浅田はHPで「本の宣伝、告知について、私の思いと異なるもので進められた」などとし、浅田のマネジメント会社も「(浅田は)出版社側の宣伝方法に強い不信感を抱き、年明けには出版中止の意向を固めた」と説明。母の死と販売促進が結びつきかねない状況に不信感を募らせたとみられる。

 ただ、浅田と親交のある関係者からは「母親の死はショックだったのでしょうが、彼女がそれでクレームを付けるとは考えにくい。彼女は見た目よりもずっとタフな子です。お母さんの体調がすぐれないことは以前から分かっていた。本人よりも周囲がプライベートの話題に触れられることにセンシティブになっているように感じます」との声もあがる。

 ポプラ社といえば、児童書で知られるが、最近では一般書籍も発行。一昨年には俳優の水嶋ヒロが「齋藤智」のペンネームで応募した「KAGEROU」が第5回ポプラ社小説大賞を受賞し、ベストセラーになった。

 ヒット確実の浅田のエッセーが流れ、販促などの費用も無駄になった同社。大手出版社の関係者は「ポプラ社に明確な契約違反がないのなら、訴訟に発展してもおかしくはない」と話すが、ポプラ社は損害賠償の意志を否定し、「今後も真央さんのご活躍を心から願っています」(広報)としている。

 初のエッセーだっただけにお蔵入りは残念だ。

(2012.01.13 ZAKZAK)

(文中の色分けは管理人による)

♪ 続き ♪

発売一ヶ月前の販売中止要請に対し、ポプラ社は浅田サイドに損害賠償を請求しないとの事。

以下、管理人の憶測です。
多分に邪推交じりですので、そういうのがお嫌いな方は読まれませんように。





著者の意に反し、人の母の死を広告に利用するという禁じ手を使い信用を失ったポプラ社ですが、今回は空気を読んだな、という印象です。

芸能人や文化人が身内の不幸を切り売りして書籍化にこぎつけるというのは、よくある手法です。
この習慣には眉をひそめる人も多いでしょうが、同じ苦境に立たされた人の参考になる部分もあるので、悪い面ばかりとは言えません。

けれど、販売部数を伸ばす為に、著者の意思を無視して本の内容と御幣のある帯をつけるのは、全然違う問題です。

帯問題に関して言えば、著者と広告担当の意向が一致しない場合があり、帯に著者としては違和感を感じるコピーが付くのは、出版業界ではままある事だそうです。
ここで、どういった方法でどれだけすり合わせできるのかは、出版社や部門、担当者によっても違うらしいです。

もちろん、浅田サイドだっていきなり販売中止を申し出たとは考えにくいですから、話し合いの期間はあったと考えられます。
IMGだって仕事として引き受けたんですから、当初は契約は遵守する意向があった事でしょう。
どういった話し合いがなされたのは分かりませんので完全な憶測ですが、最後通帳を突きつけるに到ったのは、そうして然るべきの経緯があったからではないでしょうか?

だからと言って、管理人はIMG担当者に絶対の信頼を寄せている訳ではないです。
ですから、地上派テレビなどの別の媒体であったり、もっと大手の出版社であれば、同じような広告手法を取っても、IMGは違う判断を下した可能性も否定できないと考えています。
これまでだって、仕事の選り好みをさせてもらえる程、真央ちゃんが事務所から特別に優遇されてるとも思えないですし…。

何もかもを疑っていてはキリがないですし、匡子さんの死後には選手に配慮してくれている面も感じられ、そこには感謝し評価もしていますが、これまでの事務所での待遇の悪さを省みると、額面通りには受け取れない部分もあります。
管理人としては、事務所の方向性は様子見段階です(´-ω-`)

-話しを戻して、ここで少し本の流通事情について。

全国区の書店の店長を勤めている知人いるのですが、今は冬の時代で、活字の書物を売るのはすごーく大変なんだそうです。
そこそこ実績のある文筆家の単行本でも初版3万部で、しかもなかなか発注がかからないから、人気のある本と抱き合わせで販売店が書店に置いていくのはよくある事らしいです。
それでも売れずに返本になる場合が多く、出版が3万部でも返本率が高く、実売数は約半数なんてケースもあるらしいです。

(真央のエッセーは責任販売制を取っていましたが、書店は委託販売が基本です。
責任販売とは、買い取りや、売り上げに対し報奨金を与えたりする制度です。)

活字離れが進んでいるからこそ、一定以上の販売が見込める真央本は絶対に成功させたかったでしょうが、色気を出しすぎたんでしょうね。

それと、損害賠償を請求しないのって、世論が真央に味方してるから、それに同調した部分もあるんじゃない?

どういう契約になっていたのか分かりませんが、例え裁判に勝ったとしても、訴訟問題に発展すれば、担当者を変えたところで、今後も真央本の出版は望めなくなるじゃない。
完全に敵対してしまったら、真央の単体本はもちろん、複数名を取り上げた企画本の取材だって応じてもらえなくなる可能性も大きい。
これとは別件ですが、実際にIMGから真央への取材NGを出されたライターが過去にいますからね。

それに、契約内容的にはポプラ社が被害者だったとしても、国民的人気の高い真央を訴えたりしたら、人の不幸をダシにしようとした経緯がある以上、どうしても世間の心象は悪くなる。
真央本人が公の場で不幸の影すら漂わせず、人前でも「いつも通り」を貫いて健気な印象を強くしただけに、真央を利用しようとする者への風当たりは強くなるでしょう。
良い印象と信用を得るには気の遠くなる下積みが必要ですが、悪い印象はあっという間に広がり、なかなか消えてはくれません。
そうなれば、他の部門も含めた企業全体の悪評となり、業績悪化へとつながりかねません。

それらを総合して、今回の損害と秤にかけても、大事にしない方がマシだと判断したんじゃないの?

もちろん、ポプラ社にも良心的な人はいるでしょうし、今回の宣伝方法には社内でも賛否両論あったのかも知れません。
けれど、企業が利潤を追求する存在である以上、広報は常に最小の傷で最大の効果を得られるよう、算術を繰り広げているものです。

管理人は決して性悪説の持ち主ではありませんし、特に疑り深いタイプだとは思いませんが、トラブル時の釈明を鵜呑みにするほどおめでたくもありません。
なので、損害賠償に踏み切らなかったポプラ社ですが、それが必ずしも良心や恥の心によるものだけとは思ってません。

マスコミに携わる人間には取材対象者への尊敬や愛情があって欲しいと願っていますが、企業の存続には線引きが必要なのは当然です。
今回の騒動の裏にはどんな事情や経過があったのかは分かりませんが、当事者達の落とし所が販売中止であり、同社からの発行の予定はなく、損害賠償を要求しない、という着地を見せたのでしょう。

気にはなりますが、興味本位でほじくるのも浅ましいので、この問題はそろそろ終わりにしたいと思います。

-最後に少しだけ。

世の中には、契約を反故にした浅田サイドが横暴で、振り回されたポプラ社が気の毒だと感じる人もいると思います。
それはそれで一つの見方であると思うので、その意見を否定したいとは思いません。

たくさんの価値観があって良い。

その価値観の一つとして、大切な人の不幸を売り上げに換金しようとされた時、容認しがたく感じる人がいるのは、至極当然だと思います。
そして、企業として相手の出方を見誤り、世論の反感を買う行為を自ら犯したのは、ポプラ社です。

従業員の未来を預かる企業であり、矜持を持つべきマスコミは、多くを求められて当たり前です。
愚かしい企業が先細っていくのは、市場原理として自然な姿だと思います。



ポプラ社は深く反省すべきと思われる方、  
 ↓コチラ↓をクリックお願いします。 ↓コチラ↓もクリックお願いします♪ 
  ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
       (にほんブログ村)        (人気ブログランキング)

       応援ポチが更新の励みです。ありがとうございます