浅田真央と水蜜桃

 浅田真央選手・高橋大輔選手を中心に、
 フィギュアスケートの動画を紹介するブログです。
 採点の疑問も記事にしています。
 

10月« 2017年11月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»12月
BLOGTOP » スポンサー広告 » TITLE … フィギュア国体 小塚崇彦・鈴木明子ら地元愛知勢が優勝【動画】BLOGTOP » 2012.1 国体 » TITLE … フィギュア国体 小塚崇彦・鈴木明子ら地元愛知勢が優勝【動画】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィギュア国体 小塚崇彦・鈴木明子ら地元愛知勢が優勝【動画】

2012-2-1-1.jpg



国体:フィギュア成年男子で小塚崇彦が優勝

 国民体育大会冬季大会スケート、アイスホッケー競技会第4日は30日、岐阜県クリスタルパーク恵那スケート場などで行われ、フィギュアの成年男子はショートプログラム(SP)1位の小塚崇彦(愛知・トヨタ自動車)がフリーでも1位となり、合計249.82点で優勝した。成年女子のSPは、鈴木明子(愛知・邦和スポーツランド)が67.02点でトップに立った。

 ◇4回転ジャンプに2回挑戦、着氷も回転不足…小塚
 小塚がフリーで大技の4回転ジャンプに2回挑戦し、どちらも着氷した。

 冒頭の4回転トーループ、続く4回転-3回転の連続ジャンプ。どちらも4回転は回転不足と認定され、連続ジャンプの後半は2回転止まり。だが、小塚は「僕の中では跳べていた。着氷はしているから、これを自信にしたい」と前向きだ。

 4大陸選手権に出場しない小塚にとって、地元・愛知でフィギュアが開催される国体は、3月下旬に開幕する世界選手権に向け、腕試しができる貴重な大会。だからこそ、4回転をSPで1回、フリーで2回入れることが最大のテーマだった。

 危機感があった。昨年の世界選手権で銀メダルを獲得したが、「世界は4回転を2、3回跳ばないといけない域にきている」とも感じていた。今月から、フリーで4回転を2回跳ぶ構成に変えた。

 「持ち球が増えた」と小塚。4回転成功までは至らなかったが、自信という大きな武器を手にしたことは間違いない。

【2012年1月30日 19時46分 毎日.jp/安田光高】


2012-2-1-2.jpg



小塚、果敢に4回転=世界見据えて挑戦-スケート国体

 世界の舞台で勝負する小塚が、地元開催の国体で確かな手応えをつかんだ。フィギュアスケートの成年男子フリー。冒頭に4回転トーループ、さらに同じ4回転-2回転の連続ジャンプを跳び、どちらも着氷した。ただし、判定は「回転不足」。それでも本人は「2度着氷できたのは事実。持ち球がまた一つ増え、うれしい」とうなずいた。
 前日のSPでも4回転に挑んで転倒。フリーでは約2カ月後の世界選手権(フランス・ニース)を想定し、数週間前に即興で作ったばかりのプログラムを試したという。
 後半は疲れからサルコウが1回転になるなど細かいミスが出たが、「試合で4回転を2回入れられたことは収穫。練習でできても、本番で簡単にできることじゃないから」と自信を深めた。
 2月に渡米し、4回転ジャンプを2度取り入れたプログラムを構成し直して、体力面の強化に努める。「SPで1回、フリーでは最低でも1回、4回転を跳ばないと世界では通用しない」。昨季世界選手権銀メダリストの向上心は尽きない。

(2012/01/30-21:09 時事.com)


2012-2-1-3.jpg



無良、4回転に成功=スケート国体

 優勝した小塚に負けじと、同じ愛知代表の無良崇人も4回転ジャンプに挑戦。フィギュア成年男子フリーの冒頭、4回転-3回転の連続ジャンプを成功させ、その勢いで再び4回転トーループを決めた。
 最後は体力が持たず、フィニッシュのポーズで転倒してしまい、小塚と約15点差の2位。「右足に力が入らず、止まれなかった」と苦笑いした。四大陸選手権を約1週間後に控え、「4回転を2度成功させて自信になった。世界のトップ選手に食らい付いていきたい」と意気込んだ。

(2012/01/30-21:27 時事.com)


2012-2-1-4.jpg



鈴木、圧勝にも反省=スケート国体

 鈴木が世界選手権(3月26日からフランス・ニース)代表の実力を見せつけた。フィギュアスケート成年女子で、2位に約44点の大差をつけて圧勝。「『これで世界選手権代表なの』と思われたくなくて、代表の自覚を持って滑った」と周囲の期待に応えた。
 それでもフリーの後半で課題のルッツが1回転になり、「ミスのない演技をしたかった。いつもミスするところなので、意識しすぎた」と反省。世界選手権までの約2カ月間で実戦を重ね、フリーで完璧な演技を目指すという。昨季は代表入りを逃しただけに、今回は「表彰台を狙う」と世界選手権に懸ける思いは強い。

(2012/01/31-18:07 時事.com)


2012-2-1-5.jpg



国体:フィギュア成年女子は鈴木が連覇

 国民体育大会冬季大会スケート、アイスホッケー競技会第5日は31日、名古屋市ガイシプラザなどで行われ、フィギュア成年女子はショートプログラム(SP)首位の鈴木明子(愛知・邦和スポーツランド)がフリーでもトップとなり、合計194.08点で2連覇した。

 スピードの成年女子千メートルは帰山麻衣(北海道・山梨学院大)が制し、成年女子三千メートルは菊池彩花(山梨・富士急)が優勝した。ショートトラックの少年女子千メートルは菊池純礼(長野・小海高)が勝ち、姉の彩花に続く優勝を果たした。

 ◇構成を変更し安定 「世界」に手応え
 大差で国体連覇を果たした鈴木。他の有力選手が国体を欠場し、ライバル不在の中、取り組んだのは、3月下旬に開幕する世界選手権へ向け、いかにミスをなくすかというテーマだった。

 今季はフリーの後半で乱れることが多かったため、構成を変更した。安定しているループを後半に回し、フリップを前半に入れた。実戦で初めて試したが、どちらも成功し、「このまま滑り込んでいきたい」と、手応えを感じていた。

 演技終了後には、「(世界選手権で)表彰台を目指したい」と具体的な目標を語った。その後、「自分の心の中で思っていたのに、とっさに言ってしまった」と苦笑い。それだけ、世界選手権には特別な思いがある。

 バンクーバー五輪直後に行われた一昨年は、故障者の代役で急きょ出場したが11位に終わった。昨年は出場を逃した。五輪後は「(燃え尽きて)体と気持ちがついてこない」のが悩みだったが、「昨年出られなかったことで気持ちが吹っ切れた」という。

 「一つ一つの質を高めて不安なく臨みたい」と鈴木。2年ぶりの大舞台での飛躍を誓う。

(毎日新聞/安田光高 2012年1月31日 20時19分)


2012-2-1-6.jpg

2012-2-1-7.jpg








国体がついに初の愛知開催。
管理人も、観戦してましたよ~♪o(*^▽^*)o

テレビ放送されるのはA戦ばかりですが、初めてみる選手もいて、国体もなかなか面白かったです。
出場した若手選手達も、世界トップレベルの選手の演技が間近で見れて、良い刺激を受けたのではないでしょうか。

ちなみに、国体は個人戦でなく、県別の出場選手の順位の合計がより小さい数字になるよう、県単位で競います。
結果は、崇ちゃん優勝、無良君準優勝、あこちゃん優勝、亜由美ちゃん12位で、地元である愛知勢が優勝です。
ここでも、フィギュア王国・愛知の強さは健在ですね。
おめでとう.+。(ノ^∇^)ノ゚.+。

演技映像は、ゆめリンク愛知の公式チャンネルです。
国体がテレビ放送されるか不明ですので、公式がYouTubeにアップロードしてくれるのは助かりますね(╹◡╹)にこ!

テレビとは違ってちょっと映像が遠いのですが、良く言えば観客席から見てる気分になれます。
それに、地上派で評判の悪い、スピンで頭上からのカメラにスイッチしたり、意図的にジャンプの全体像を見せないという、不快な編集がありません。
観客気分を疑似体験してみて下さいね (∩^ω^∩)

♪ 続き ♪


▲速報
・動画投稿者さんのコメント
国体行ってきました。6分間練習では、4回転3回転成功していました。
明日のフリーも頑張ってください!無良くんもガンバ!



▲速報
・動画投稿者さんのコメント
どうやら2つとも少し回転不足(UR)だったよう。1つ目は綺麗に見えたのに!残念。
でも着氷おめ!無良くん、2回成功!すごい!二人とも感動した。あっ!ボタンが!
追記:二人一緒のキスクラはとても素敵でした。放送して!勿論、演技も。あと、
速報&ローカルニュースなので、多少の情報の間違いはつっこまないで下さい。



▲小塚崇彦SP



▲小塚崇彦FS



▲無良崇人SP



▲無良崇人FS



▲鈴木明子SP



▲鈴木明子FS



▲後藤亜由美FS


 
↓コチラをクリックお願いします。 ↓コチラもクリックお願いします♪ 
  ブログランキング・にほんブログ村へ  人気ブログランキングへ
     (にほんブログ村)      (人気ブログランキング)

    応援ポチが更新の励みです。ありがとうございます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。