浅田真央と水蜜桃

 浅田真央選手・高橋大輔選手を中心に、
 フィギュアスケートの動画を紹介するブログです。
 採点の疑問も記事にしています。
 

04月« 2017年05月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»06月
BLOGTOP » スポンサー広告 » TITLE … 世界選手権 高橋大輔SP3位、浅田真央3A復活なるか 【動画】 BLOGTOP » 2012.3 世界選手権 » TITLE … 世界選手権 高橋大輔SP3位、浅田真央3A復活なるか 【動画】 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界選手権 高橋大輔SP3位、浅田真央3A復活なるか 【動画】 

2012-3-31-1.jpg



世界選手権 高橋SP3位 フィギュアスケート世界選手権

 【ニース(フランス)=鈴木智行】フィギュアスケートの世界選手権第5日は30日、当地で男子ショートプログラム(SP)が行われ、2年ぶりの2度目の優勝を狙う高橋大輔(関大大学院)が85・72点で日本勢トップの3位だった。冒頭の4回転-3回転の連続ジャンプで4回転は成功したが、3回転で乱れ、着氷で手をついた。

 初出場の17歳、羽生結弦(ゆづる、宮城・東北高)も4回転を決めたが、他のジャンプでミスがあり、77・07点で7位。前回銀メダルの小塚崇彦(トヨタ自動車)は2度転倒し、71・78点で13位と大きく出遅れた。2連覇を狙うパトリック・チャン(カナダ)が89・41点で首位にたった。

 24選手によるフリーは31日に行われ、滑走順は小塚が7番、羽生は17番、高橋は22番に決まった。

 一つの大成功が、一つの大きな迷いを生んでしまった。演技を終えた高橋は舌を出して苦笑い。「一つのミスを除けば今季で一番良かったのに」。先に滑り、ベストとは言えない内容だった世界王者チャンをとらえきれなかった悔しさをかみしめた。

 ニース入りしてから精度を上げ続けた冒頭の4回転トーループは決まった。喜びは、ほんのつかの間。コンビネーションで付けた3回転ジャンプが回転不足となり、手もついてしまった。

 「判断ミスです」。コンビネーションは後半の3回転ルッツに付ける選択肢もあった。「4回転の後に付けた方が得点が上がる。ここで付けないと勝てないと思ってしまった」。経験豊富なはずの26歳に、肝心なところで気負いが出た。

 それでも、1カ月前の四大陸選手権で約30点差を付けられたチャンを4点差で追う。「次は何も考えず、練習したことを百パーセント出す」。王者に劣らない歓声を与えてもらったニースの観客を味方にし、フリーにかける。 (鈴木智行)

(東京新聞web 2012.3.31)


2012-3-31-2.jpg



高橋がSP3位、羽生は7位

 フィギュアスケートの世界選手権第5日は30日、フランスのニースで男子ショートプログラム(SP)を行い、2年ぶり2度目の優勝を目指す高橋大輔(関大大学院)は連続ジャンプで4回転の後の3回転が大きく乱れるミスはあったが、85・72点で3位だった。

 17歳で初出場の羽生結弦(宮城・東北高)も4回転を決めたが、他のジャンプでミスがあり、77・07点で7位。前回銀メダルの小塚崇彦(トヨタ自動車)は2度転倒し、71・78点で13位と大きく出遅れた。

 2連覇を狙うパトリック・チャン(カナダ)が89・41点でトップに立ち、前回4位のミハル・ブレジナ(チェコ)が87・67点で2位につけた。

 24選手によるフリーは31日に行われ、小塚は7番、羽生は17番、高橋は22番滑走に決まった。(共同)

高橋大輔の話
「最初の連続ジャンプは判断を迷った。ミスがなかったらと思うが、悪くないスタート。王者になるのはちょっと厳しいかもしれないが、明日は何も考えず、練習したことを出したい」


羽生結弦の話
「緊張した。世界選手権の洗礼です。(1回転となったジャンプは)跳び急いでしまった。4回転ジャンプを決められたことは自信になった」


小塚崇彦の話
「4回転は守りに入ったのかもしれない。(疲労は)少し回復したと思っていたが…。フリーは気持ちを切り替えて臨まないといけない」


パトリック・チャンの話
「少し不安定だったが全体的には満足。朝の練習よりは良かったので、フリーは完璧になると思う」


(サンスポ.com 2012.3.31 00:16)


2012-3-31-3.jpg

2012-3-31-4.jpg



真央フリーも3回転半

<フィギュアスケート:世界選手権>◇5日目◇30日◇フランス・ニース

 2年ぶり3度目の優勝を狙う浅田真央(21=中京大)が、1度もトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)に成功しないまま、今日31日のフリー当日を迎えることになった。午前、午後の練習で合わせて13回挑戦したがすべて失敗。ニース入り後、4位に終わった前日のショートプログラム(SP)、練習での計48回の挑戦はすべて不発に終わった。

 跳べない、どうしても跳べない。フリー前日の午後練習。西日が差し込む練習リンクに浅田の曇った表情があった。35分間の練習で6回。フリー演技の曲「愛の夢」をかけながらの1本も含めて、いずれも両足着氷、回転不足が続く。転倒もあったこの日午前中の練習と合わせて計13回挑戦したが、すべて不発。不安を抱えたままフリーの日を迎えることになった。

 出発前の日本では「1日1、2本は成功していた」という。自信を持ってフランス入りしたが、海を越えるとその好調さは消えた。前日のSPでは1年ぶりの成功を期して跳んだが、転倒。4位発進に終わり、「(調子が)下降気味になってしまった。(原因は)わからないです」とうつむいた。現地入りしてからこの日までの5日間で、48回すべて失敗している。

 3年ぶりに大会で跳ぶ予定の、もう1つの大技2連続3回転に関しては絶好調だ。この日の2回の練習で5回すべて成功させて新たな得点源として期待は持てる。あとは3回転半だけ。

 浅田はSP後に「悔いなく終わることが1番の目標です」と話した。その言葉からは3回転半に挑戦する決意がうかがえた。フリーでの挑戦を問われた佐藤信夫コーチは、「ここが目標ではない。モチベーションを下げないことが大事」と話し、佐藤久美子コーチも「あの子の支えなんでね」と述べるなど、容認する構えだ。

 連覇を狙った昨年はジャンプが安定せず、自己最低の6位に沈んだ。昨年12月に母親の匡子さんを亡くす不幸も乗り越え、たどり着いた雪辱を期す大舞台。無謀ともいえる挑戦の先に、果たして光は差すのか。【阿部健吾】

[日刊スポーツ 2012年3月31日9時27分 紙面から]


2012-3-31-5.jpg



真央、フリーで逆転へ!3回転半緊急修正…世界フィギュア

 ◆フィギュアスケート 世界選手権第5日(30日、フランス・ニース) 31日(日本時間4月1日未明)の女子フリーに臨む日本勢は30日、公式練習に参加した。29日のショートプログラム(SP)で4位の浅田真央(21)=中京大=はSPで失敗したトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)の緊急修正に着手した。

 SP冒頭で跳んだ3回転半は回転不足になった上、バランスを崩して転倒。この日、昼の練習でも回転不足や両足着氷などミスが続き、派手に転倒する場面もあった。

 それでも新たな得点源として期待できる3回転フリップ―3回転ループや、2回転半―3回転トーループの連続ジャンプは好調。基礎点10・4点の2連続3回転を3年ぶりに試合で決めれば、首位との5・12点差を逆転するのは可能だ。フリーで3回転半を跳ぶかは未定だが、復活を信じて今季最後の「愛の夢」を舞う。

(2012年3月31日06時03分 スポーツ報知)


2012-3-31-6.jpg

♪ 続き ♪


▲高橋大輔 SP



▲浅田真央 Nice world 2012 30/03 AM 公式練習 FS 曲掛け


 
 ↓コチラ↓をクリックお願いします。 ↓コチラ↓もクリックお願いします♪ 
  ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
       (にほんブログ村)        (人気ブログランキング)

       応援ポチが更新の励みです。ありがとうございます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。