浅田真央と水蜜桃

 浅田真央選手・高橋大輔選手を中心に、
 フィギュアスケートの動画を紹介するブログです。
 採点の疑問も記事にしています。
 

04月« 2017年05月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»06月
BLOGTOP » スポンサー広告 » TITLE … 浅田真央「中国気にしない」、高橋大輔「GPF行きたい」 【動画】BLOGTOP » 2012.10~ GPシリーズ » TITLE … 浅田真央「中国気にしない」、高橋大輔「GPF行きたい」 【動画】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浅田真央「中国気にしない」、高橋大輔「GPF行きたい」 【動画】

2012-10-8-1.jpg



真央「中国」気にしない

 フィギュアスケートの浅田真央(22=中京大)は7日、都内でグランプリ(GP)シリーズと第6戦となるNHK杯(11月23~25日、宮城)の会見に出席した。第3戦の中国杯(11月2~4日、上海)が初戦となるが、尖閣諸島の領有権を巡って日中関係が悪化する中での大会にも、「気にしてません」と平静を貫く姿勢。6日のジャパン・オープンでは久々に会心の演技も披露。今季のテーマには「向上」を掲げ、中国でさらなる手応えをつかみにいく。

 波風立つ日本と中国の領土問題による対立にも、浅田の心にさざ波が立つことはなかった。中国で滑ることに、公式の場で初めて言及。「あまり考えていなくて、(日本スケート)連盟の方が送って下さるので、そういうことは気にしていなくて」。質問にはさらりと、ためらいなく答えた。

 周囲は騒々しさを増してきている。同連盟の橋本会長は先月、中国杯に出場する日本の選手、スタッフに警備員を帯同させることを決定。警備の必要人数の把握なども含めて、事前調査を行うことも決断した。従来の国際大会とは様相が異なる環境で戦うことは確実だが、心配はしていない。

 競技そのものに不安がないことが大きい。今季初戦の6日のジャパン・オープン。フリーの演技で、トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)なしで、122・04点の高得点をマーク。「久しぶりに好感触が試合で出た感じです」と手応えをつかんだ。代名詞の大技は封印したが、「今のところは入れる構成では練習していない」という。こだわりをいったん我慢できる、精神的な成長もみせる。

 会見ではフリップに「向上」と記した。ジャンプの不振から抜け出せず、3月の世界選手権で6位に終わるなど低迷した昨季。再起へ、周囲に惑わされず上へ向かう。「落ち着いてGPファイナルを目指したい。去年より精神的にも技術的にもしっかりとしていると思います」。そう言いきれる自信を確信に変える、中国での戦いになる。【阿部健吾】

 ◆浅田真央とGPシリーズ トリノ五輪の05-06年シーズンから参戦。デビュー戦の中国杯で2位に入ると、2戦目のフランス杯で荒川静香らを抑えて初優勝を飾った。続いて東京で開かれたGPファイナルでは、当時の世界女王スルツカヤらを抑えて、15歳で頂点に立った。08-09年のファイナルで日本女子初の2度目の優勝を飾るなど、過去GPシリーズにはファイナルを含めて19度出場(棄権1度)し、8勝している。

[日刊スポーツ.com 2012年10月8日8時32分]


2012-10-8-3.jpg



浅田「向上目指す」=高橋はファイナルに意欲-フィギュア

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズに出場する日本選手が7日、東京都内で記者会見し、浅田真央(中京大)は「去年よりも技術的にも精神的にもしっかりしている。気を抜かず向上を目指したい」と意気込みを語った。
 浅田は第3戦の中国杯(11月2~3日、上海)と第6戦のNHK杯(同23~25日、宮城セキスイハイムスーパーアリーナ)に出場予定。安定感ある演技を見せた6日のジャパンオープンで封印したトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)については「今は入れる構成でやっていないが、しっかり跳べるようになれば入れたい」と先を見据えた。
 GPシリーズ上位選手で争うファイナルは、2014年冬季五輪が開催されるソチで12月に行われる。浅田と同じGP2戦に出場予定の高橋大輔(関大大学院)は、「ソチ五輪への準備として(試合会場に)足を踏み入れておきたい」とファイナル出場を目標に掲げた。 

(時事.com 2012/10/07-16:43)


2012-10-8-2.jpg



真央、GPファイナルへ新テーマは「向上」…フィギュア

 フィギュアスケートの今季GPシリーズに出場する主な日本選手が7日、都内で会見。第3戦・中国杯(11月、上海)と第6戦・NHK杯(同、宮城)に臨む女子の浅田真央(22)=中京大=は「向上」を新テーマに、14年ソチ五輪会場で行われる12月のGPファイナル出場を目標に掲げた。

 昨季は世界選手権で2年連続の6位。オフは佐藤信夫コーチの勧めで初めて約2週間練習を休み、6月のハンガリーでのトレーニング合宿を経て意欲を取り戻した。真央は「昨季は頭の中がぐちゃぐちゃだったけど、精神的にも技術的にもレベルアップして安定している」と意欲を示した。中国杯では反日運動による治安が不安視されるが、「気にしていない」とソチへの切符を目指して突き進む。

(2012年10月8日06時02分 スポーツ報知)


浅田真央 巻き返しへ自信「心技ともに安定」…安藤は会見欠席

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズに出場する日本の有力選手が7日、東京都内で記者会見し、第3戦の中国杯(11月・上海)に臨む浅田真央(中京大)は「精神的にも技術的にもレベルアップして安定している。少し安心してGP初戦を迎えられる」と話し、世界選手権で2年連続6位に終わった昨季からの巻き返しに自信を示した。

 GPシリーズの上位6人が進む12月のファイナルは、2014年ソチ冬季五輪の会場で行われる。高橋大輔(関大大学院)は「ソチ五輪への準備の一環としてファイナルには絶対に行きたい」と意欲十分。左膝の故障から復帰した織田信成(関大大学院)は「調子はすごくいい」と笑顔で話した。中国杯にエントリーしている安藤美姫(トヨタ自動車)は出席しなかった。

 今季のGPは羽生結弦(宮城・東北高)小塚崇彦(トヨタ自動車)らが出場する今月19日からのスケートアメリカで開幕。第6戦NHK杯は東日本大震災の復興支援を目的に宮城で開催される。

[スポニチ 2012年10月7日 18:02 ]


*文中の下線・色分けは管理人による





GPSに出場する主な選手を招いた会見が行われ、そこで記者団から選手へ中国杯への心境が聞かれました。

事前に連盟が中国杯への派遣を前提とする意思を見せていたからなのか、選手自身の気持ちなのかは分りませんが、選手からも中国杯派遣へ意欲的な発言をしています。

試合の振り替えや会場の変更などの特例は望めない以上、行くか行かないかの2択になります。
中国杯への出場というよりは、GPF(プレ五輪)を見据えて中国杯に意欲的だという意味合いが強い様子ですね。
その辺りについては、こうやって選手自身の言葉で語られてしまうと、気持ちが分るだけに複雑ですね。

警備については前から当ブログで予測していたように、検討中なのは手段や規模でであって、ガードマンをつける事自体は既に決定済みだったようですね。
現在の中国において、個人の注意や努力だけで暴漢から身を守れるはずないんだから、そりゃそうよね。

最終的な決定は大会の1週間~10日前に判断されるそうですから、現在は事前調査を含め、続報があれば記事にしたいと思います。

♪ 続き ♪







 
 ↓コチラ↓をクリックお願いします。 ↓コチラ↓もクリックお願いします♪ 
  ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
       (にほんブログ村)        (人気ブログランキング)

       応援ポチが更新の励みです。ありがとうございます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。