浅田真央と水蜜桃

 浅田真央選手・高橋大輔選手を中心に、
 フィギュアスケートの動画を紹介するブログです。
 採点の疑問も記事にしています。
 

06月« 2017年07月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»08月
BLOGTOP » 2012.10~ GPシリーズ » TITLE … 浅田真央GPS10勝 GPFはタラソワの前で雪辱を晴らす

浅田真央GPS10勝 GPFはタラソワの前で雪辱を晴らす

2012-11-26-1.jpg



真央、0・05点差でGP10勝もジャンプでミス連発

 ◆フィギュアスケートGPシリーズ第6戦 NHK杯第2日(24日、宮城・セキスイハイムスーパーアリーナ)女子フリーを行い、ショートプログラム(SP)首位の浅田真央(22)=中京大=がわずか0・05点差で日本人最多のGP10勝目を挙げ、GPシリーズ上位6人で争うファイナル(12月6~9日、ソチ)出場を決めた。ジャンプのミスを連発し、今季自己最高とはいえ合計185・27点。フリー1位を2位の鈴木明子(27)=邦和スポーツランド=に譲った。男子はSP首位の羽生結弦(17)=東北高=が自己最高の合計261・03点で初優勝。日本勢は2位の高橋大輔(26)=関大大学院=らとともに最多の4人がファイナルに進んだ。

 演技を終えると、真央はさえない顔でうつむいた。得点が出て4季ぶり3度目のNHK杯制覇が決まっても「ぽか~んとしてしまった」。中国杯に続くGP2連勝で4季ぶり5度目のファイナル切符を手にしたが、鈴木との差は9・35点から0・05点に縮まっていた。冷や汗優勝に「出来が悪くてガックリした。練習してきたことが出せなかったことが悔しい」と沈んだ声を絞り出した。

 ノーミスで今季世界最高の67・95点を出したSPから一変。7種類中4種類のジャンプでミスした。トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を抜いて冒頭に入れた3回転ループは2回転になり、課題の3回転ルッツと3回転サルコーも失敗。最後の3回転フリップ―2回転ループは2回転フリップの単発に終わった。「冷静に落ち着いてという気持ちが強すぎた。勢いが足りなくて足に力が入らなかった」と悔やんだ。「白鳥の湖」を演じた表現力の得点で鈴木を上回って逃げ切ったが、「(表現力も)ジャンプと一緒にならなければ意味がない」と唇をかんだ。

 3年前から指導する佐藤信夫コーチは「感覚的に分かっていても、自分が自分に裏切られることがある」と代弁した。真央は佐藤コーチと1回転からジャンプを修正し、今季は跳ぶ前に右手が上がる癖も克服。余計な動作が減って失敗は減ったが、佐藤コーチは「ちょっとしたことが心理的負担になる。まだ道半ばなので、繰り返しの練習が必要」と強調した。

 失望している暇はない。ファイナルと同時期に“宿敵”が戻ってくる。昨季休養したバンクーバー五輪女王の金妍兒(22)=韓国=が12月5~9日に国際大会のNRW杯(ドイツ)で2季ぶりに復帰。五輪に向け再び日本勢の壁になる可能性が高い。日本連盟の伊東秀仁フィギュア強化委員長は「どこまで仕上がっているのか分からないが注目したい」と警戒した。

 ソチ五輪まであと1年3か月。真央は「ソチまで5合目くらいで、半分くらい来ている。悔しさを忘れずに練習したい」と表情を引き締めた。ファイナル期間中の12月9日は母・匡子さん(享年48歳)の一周忌。ソチ五輪金を願った母の存在を感じながら決戦の地に乗り込む。

 ◆女子GPシリーズ最多優勝 最多は13勝で、02年ソルトレークシティー五輪銀のイリーナ・スルツカヤ(ロシア)が96~06年に記録。GPファイナルは4回制覇した。次いで11勝で、世界選手権通算5回優勝のミシェル・クワン(米国)。10年バンクーバー五輪金でGPファイナル3回優勝の金妍兒(韓国)は7勝。

(2012年11月25日10時46分 スポーツ報知)


真央「ミス多すぎ」完全復活はソチで!

◆フィギュアスケートGPシリーズ第6戦 NHK杯最終日(25日、宮城・セキスイハイムスーパーアリーナ) 男子で初優勝を飾った羽生結弦(ゆづる、17)=東北高=が25日、意外な好調の理由を明かした。競技に集中するため、この世代としては珍しく携帯電話を持っていないという。ソチ五輪会場で初めて行われる競技会となるGPファイナル(12月6日開幕)に向けて、さらに集中力を高める。女子でGP10勝目を挙げた浅田真央(22)=中京大=は、ジャンプミスの悔しさをファイナルにぶつけることを誓った。

 2位の鈴木に0・05点差のヒヤヒヤ優勝から一夜明け、真央は、すっきりしない表情のまま会見に臨んだ。「残念な気持ちは昨日と変わらない。中国杯からやってきたことはできたけど、他の部分でミスが多すぎる。半分前に進んだけど、半分進んでない感じ」と独自の表現で心境を明かした。SPはミスなく滑り、今季世界最高の67・95点をマークしたが、フリーでは7種類中4種類のジャンプを失敗。「自分の気持ちが、あと一歩前に出れば変わっていた」と悔やんだ。

 今後は、ファイナル直前まで国内でジャンプの緊急修正に励む。「同じ失敗は繰り返したくない。ファイナルでは、この気持ちを忘れないで滑ることが大事」と自分に言い聞かせた。

(2012年11月26日06時03分 スポーツ報知)


浅田真央が氷上のメリー・ポピンズ

グランプリ(GP)シリーズ第6戦、NHK杯女子シングルで4年ぶりに優勝し、GPファイナル(12月7~9日、ロシア・ソチ)出場を決めた浅田真央(22)=中京大=が一夜明けた25日、宮城県利府町のセキスイハイムスーパーアリーナで報道陣の取材に応じ、2位鈴木明子(27)=邦和スポーツランド=に0・05点差の辛勝を振り返った。

 一晩たっても、その顔には反省の色が浮かんだままだった。「昨日と変わらず残念な気持ち。やるべきことができなかった」。フリーでは中国杯からの課題だった2回転半-3回転ジャンプを成功させたが、7つのジャンプのうち4つが回転不足に。「半分前に進んで、半分前に進んでいない」。モヤモヤした気持ちが晴れるには時間がかかりそうだ。

 GPファイナル開幕までは2週間足らず。「同じ失敗を繰り返したくない。この気持ちを忘れないで滑ることが一番大事」と力を込めたGPファイナルはソチ五輪のテスト大会として五輪と同会場で実施される。「五輪があるんだなっていうのを(同じく五輪テスト大会に出た)バンクーバーの時のように感じられたら。(在ロシアの前コーチ)タチアナ先生も来られると思うので、いい滑りができるよう頑張りたい」。五輪ムードを体感し、沈んだ心に活を入れる。

 この日夕、NHK杯成績上位者によるエキシビションに出演した。映画「メリー・ポピンズ」の音楽に乗せて披露した笑顔を、ファイナルの表彰台でも輝かせる。 (斎藤正和)

(中日スポーツ 2012.11.26)


2012-11-26-2.jpg


羽生、携帯断ちでGPファイナル表彰台だ!…フィギュア

 ◆フィギュアスケートGPシリーズ第6戦 NHK杯最終日(25日、宮城・セキスイハイムスーパーアリーナ) 男子で初優勝を飾った羽生結弦(ゆづる、17)=東北高=が25日、意外な好調の理由を明かした。競技に集中するため、この世代としては珍しく携帯電話を持っていないという。ソチ五輪会場で初めて行われる競技会となるGPファイナル(12月6日開幕)に向けて、さらに集中力を高める。女子でGP10勝目を挙げた浅田真央(22)=中京大=は、ジャンプミスの悔しさをファイナルにぶつけることを誓った。

 地元・宮城でのNHK杯を初制覇した17歳の高校3年生・羽生が、快進撃の理由の一つとして「携帯電話禁止」を明かした。大活躍した選手の携帯電話には友人らからお祝いメールが届くことが多いが、羽生は「僕、携帯電話、持ってないんで」と告白。「スケートに集中しなさい」という母・由美さんの方針という。「何度か欲しいと言ったんですけど、家庭の事情があって。僕って(性格的に)流されやすいから、スケートに集中するために持たせてくれない」と苦笑いした。

 今季から師事するカナダ人のオーサー・コーチとのコミュニケーションも「気合」で乗り切っているようで「優しい英単語でも伝える努力をしている」。2大会連続でSP世界最高得点をマーク。GPファイナルの男子SPが行われる12月7日は18歳の誕生日だ。昨年4位の大舞台に向け「表彰台に上がって、いい誕生日にしたい。マグレ演技を続けられるようにしたいです」とニヤリ。イマドキの高校生としては圏外だが、日本男子初のGPファイナル優勝は“バリ3”の圏内だ。

(2012年11月26日06時03分 スポーツ報知)


浅田真央:滑り出し絶好調、翌日一転「悔しい」着地=NHK杯

  嬉しいが不安――。そんな結果になってしまった。フィギュアスケートの浅田真央(中京大)だ。23日と24日に宮城県利府町のセキスイハイムスーパーアリーナで開催されたグランプリ(GP)シリーズ第6戦のNHK杯で、23日の女子のショートプログラム(SP)で「絶好調の滑り出し」を見せたものの、翌24日のフリーでは自分自身が「悔しい」と不本意さを認める演技。鈴木明子(邦和スポーツランド)に猛追され、かろうじて逃げ切った格好となった。

  22日に会場で行われた公式練習で浅田は、11月の中国杯優勝を髣髴(ほうふつ)させる好調ぶりを披露。入念にジャンプをこなすなどで、「万全の状態」を見せ付けた。

  同じく女子の鈴木明子(邦和スポーツランド)、男子の高橋大輔(関大大学院)、羽生結弦(東北高)ら出場選手も、氷の感触を確かめながら最終調整に取り組んだ。男子の優勝候補だった高橋も4回転ジャンプを成功させるなど、優勝への手応えをつかんでいたように見えた。

  23日のSPで、浅田の好調ぶりは印象的だった。明るいポップなノリのいい曲に乗って滑走した真央は、愛くるしい笑顔で観客を魅了。トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)こそみせなかったが、見事な表現力、ステップを披露した。

  ほぼ完ぺきな演技内容に、本人も「最高の出来。リラックスして滑ることができました」と納得の笑みを浮かべた。

  鈴木明子(邦和スポーツランド)はジャンプのミスが響き58.60点の5位。鈴木にとって24日のフリーは“得意科目”とはいえ、浅田に追いつくのはやや難しくなったようにも見えた。

  状況が一転したのは24日だった。フリーに臨んだ浅田にとって、この日のリンクは「魔物」が潜んでいたように思えたかもしれない。精彩を欠き、4種類のジャンプで立て続けにミス。前日の“滑り出し”が好調だっただけに、「決められない着地」がファンの気持ちもを重くした。

  一方でSPで5位だった鈴木明子(邦和スポーツランド)が得意のフリーで猛追。浅田は0.05点差で、からくも逃げ切った。

  浅田にとって、ロシア・ソチで12月に開催されるGPファイナルには、24日までのNHK杯で4位以内に入れば進出できることになっていた。しかし、ソチは2014年の冬季五輪の開催地であり、浅田も「ソチへ行って五輪が近づいている感じを味わいたい」と抱負を語っていた。

  しかし最後の最後で不本意な演技を連発し、“薄氷を踏む”ような優勝。出場後に浅田自身が「ファイナルに行けるのはうれしいが、やってきたことが出せず、悔しいし残念」と振り返る「辛勝」だった。2014年の冬季五輪に向けての道は、いまだに平坦と言いがたい。

  男子では羽生結弦(東北高)が23日のSPで、自身が持つ世界最高点を更新する95.32点で首位に立った。24日のフリーでも首位に立ち、自己ベストの261.03点で初優勝した。高橋大輔(関大大学院)は2位に終わった。(編集担当:柴田亮)

(サーチナ 2012/11/26(月) 10:55)


2012-11-25-11.jpg





頑張った選手の皆さん、お疲れ様でした。
日本からGPFへ進出するのは、女子は真央ちゃん・アッコちゃん、男子は大ちゃん・崇ちゃん・ユヅくん・樹くん。

男子は過去最多の4人で、男女各6名・計12名にか出場できないのに、日本選手が半分を占めています。
日本は本当にフィギュア大国ですね (*△*)


GPFは来季の出場枠を気にしなくていいですし、ソチ五輪と同じ会場ですから、たくさんのものを吸収できる絶好の機会でしょうね。
頑張った選手へのボーナスのような試合になると思います。
GPFの切符をつかんだ12人の選手の皆さん、おめでとう.+。(ノ^∇^)ノ゚.+。

我らが真央ちゃん、今回は悔しさの残る勝利になってしまいましたね。
GPFは4年ぶりの出場になりますし、タラママも来場する予定のようですから、真央ちゃんも良い演技がしたいと考えてるでしょう。
どんな白鳥が見られるか、楽しみに待ちたいと思います(´▽`)

以下、真央ちゃんとユヅくんの「豊の部屋」と、真央ちゃんのEXの動画です。

♪ 続き ♪






 
↓コチラをクリックお願いします。 ↓コチラもクリックお願いします♪ 
  ブログランキング・にほんブログ村へ  人気ブログランキングへ
     (にほんブログ村)      (人気ブログランキング)

    応援ポチが更新の励みです。ありがとうございます