浅田真央と水蜜桃

 浅田真央選手・高橋大輔選手を中心に、
 フィギュアスケートの動画を紹介するブログです。
 採点の疑問も記事にしています。
 

10月« 2017年11月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»12月
BLOGTOP » スポンサー広告 » TITLE … 浅田真央 SP首位発進、鈴木明子 僅差SP2位 GPF女子BLOGTOP » 2012.10~ GPシリーズ » TITLE … 浅田真央 SP首位発進、鈴木明子 僅差SP2位 GPF女子

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浅田真央 SP首位発進、鈴木明子 僅差SP2位 GPF女子

2012-12-8-1.jpg

2012-12-8-2.jpg



浅田真央:4年ぶりVへ完璧SP! 笑顔で首位発進

 ◇フィギュアスケートGPファイナル第1日(2012年12月7日 ロシア・ソチ)

 3度目の頂点へ絶好のスタートだ。女子ショートプログラム(SP)が行われ、浅田真央(22=中京大)は66・96点をマーク。ノーミスの完璧な内容で首位発進し05、08年に続くファイナル制覇を視界に捉えた。鈴木明子(27=邦和スポーツランド)も、今季自己ベストの65・00点で3位につけた。女子フリーは8日に行われる。

 演技中も演技が終わった後もリンクから下りる時も、ずっと浅田は笑っていた。1年2カ月後に迫った14年ソチ五輪と同じ会場で、ジャッジだけでなくロシア人の観衆にも猛アピール。11月下旬のNHK杯でマークした67・95点の今季世界最高に迫る、66・96点で首位発進だ。楽しく明るく舞って3度目のファイナル制覇を視界に捉え、「よくできてホッとした。自分のやるべきエレメンツをしっかり滑ることができた」と胸を張った。

 完璧な2分50秒だ。ジャンプをミスなくこなしスピン、ステップでも最高難度のレベル4を獲得。特にステップは、出来栄え評価で1・80点もの加点をゲットした。「ステップがすごく楽しめた」。初めてGPファイナルを制した05年と同じ明るいポップな曲調に、オレンジ色の衣装とポニーテール。スケートが楽しくて仕方なかった頃を思い出させるプログラムが、浅田の背中を押す。「練習中も笑顔をつくってやっているけど、試合ではもっと楽しさや元気を出すことができている」とまた笑った。

 NHK杯後、持病の腰痛が再発。11月上旬、尖閣諸島問題に揺れる中国で行われた中国杯と、地元・日本でのNHK杯で心身の疲労はピークに達していた。11月25日にNHK杯のエキシビションに出演した後、26、27日と異例の連休を取った。“練習の鬼”の浅田が自ら、「少し休んでもいいですか」と申し出たという。ソチ入り後も腰に負担のかかるスピンの練習は控えめだったが、本番では不安を見せずに演技を完遂。佐藤信夫コーチと取り組んだ反動をつけずに鋭く回転するジャンプを身につけ、回転不足の判定を取られることもなかった。
(毎日.jp 2012年12月08日)


2012-12-8-3.jpg

2012-12-8-4.jpg



浅田真央SP首位

 ▽2014年冬季五輪テスト大会を兼ねる▽グランプリ(GP)シリーズ全6戦(10~11月)の得点上位6人が出場▽第1日▽女子シングル・ショートプログラム(SP)ほか▽ロシア・ソチ

 女子SPは、浅田真央(22)=中京大=が66・96点で首位発進。4年ぶりのGPファイナル優勝に向けて最高のスタートを切った。昨年2位の鈴木明子(27)=邦和スポーツランド=は65・00点で3位につけた。フリーは最終日の8日に行われる。

 黒海のほとりに立つ五輪リンク。目映いオレンジ色の衣装に身を包んだ浅田が、夕日を照らす海原にも負けないまぶしさでロシアの観客をくぎ付けにした。「今日は、やるべきエレメンツ(要素)をしっかり滑ることができた」。笑顔なきNHK杯優勝から約2週間。浅田に屈託のない笑顔が戻った。

 11月上旬の中国杯、同下旬のNHK杯同様、SPはさえていた。3つのジャンプを堅実に跳び、スピン、ステップもすべて最高難度のレベル4。NHK杯で出した67・95点には及ばないものの、文句のない滑り出しを見せた。NHK杯では天国と地獄を味わった。SPは今季世界最高をマークしたが、翌日のフリーは7つのジャンプのうち4つが回転不足。0・05点差で鈴木を退け優勝しても、負けに等しい悔しさでいっぱいだった。

 「ダメでした。同じ失敗は繰り返したくない」。気合を入れ直してファイナルに向けて調整する中、疲れから来る腰痛に襲われるトラブル。浅田は試合ギリギリまで日本で体調を維持する策を選択し、SP開始の40時間前に現地入りした。

 日程の慌ただしさを伺わせない完璧な演技。楽しく滑ることの大切さを思い出させてくれたプログラムだけに、丁寧に滑りたかった。今春の世界選手権で2年連続の6位に終わった後は目標を見失い、スケートに情熱が持てなくなった。そんな浅田に、米国人振付師のローリー・ニコル氏が救いの手を差し伸べた。

 「ローリーは『毎日リンクに来るのが楽しくなるような振り付けと曲にした』と言っていた」と浅田。ミュージカル曲「アイ・ガット・リズム」に乗せた振付は明るくユーモラス。「練習中も笑顔を作ってやっているけど、試合ではもっと楽しさや元気を出せている」。客席を楽しませるのが自分の使命だと気付いた。この日も、心から笑顔があふれ出た。腰の痛みは忘れていた。

 昨年のGPファイナルは母・匡子さんの容体悪化で棄権した。4年ぶりに立った舞台9日は最愛の母の一周忌。その前日のフリーでも好演し、天国の母に優勝をささげたい。「SPとフリーを合わせての総合(順位)。気を抜かずに、やるべきことを今日のようにやるのが目標。最後までスピードを落とさず力いっぱい滑りたい」。GP2戦を連勝してファイナルを勝てば自身初。五輪プレシーズンに新たな“浅田時代”の到来をアピールし、女王復活ののろしにする。

(中日スポーツ)


2012-12-8-5.jpg






昨日夕方、また北陸で大きな地震がありました。
予測不能な天災は怖いですね:;(∩´﹏`∩);:
皆様のご無事をお祈りしています。


-ここからフィギュアの感想です。

昨夜の女子SPは、GPFに相応しい内容でしたね(≧▽≦)
特に我らが真央は、よどみない流れるような演技で、2分50秒があっと言う間に終わってしまいました。
回転不足もなく、スピン・ステップはLv.4をそろえました!(☆ω☆)キラリ
着実に練習の成果が出ています。真央ちゃん、おめでとう.+。(ノ^∇^)ノ゚.+。

アッコちゃんは3Lzを3Fに変えた事で、大きなミスのない演技になりました。
3LZが1回転になってしまったNHK杯では、長久保コーチから愛のペチンがありましたが、今回は長久保コーチも嬉しそうでしたね(*^ω^*)

余談ですが、私は多くの人が見るであろう地上波TV放送後に、試合結果の記事を上げます。
速報は知ろうと思えばガラケー一つでも出来ちゃいますが、結果を知らずにわくわくしながら放送を見たいと思う人も多いはず。私もそうです。
ネタバレなしでブログを閲覧したい方も、ご安心くださいね(´∀`*)

誰がGPFを制するのか、わくわくドキドキで楽しみたいと思います(。•ㅅ•。)♡

♪ 続き ♪


▲真央


▲アッコ


真央の4年ぶりのGPF制覇に期待されている方、  
↓コチラをクリックお願いします。 ↓コチラもクリックお願いします♪ 
  ブログランキング・にほんブログ村へ  人気ブログランキングへ
     (にほんブログ村)      (人気ブログランキング)

    応援ポチが更新の励みです。ありがとうございます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。