浅田真央と水蜜桃

 浅田真央選手・高橋大輔選手を中心に、
 フィギュアスケートの動画を紹介するブログです。
 採点の疑問も記事にしています。
 

09月« 2017年10月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»11月
BLOGTOP » 2012.10~ GPシリーズ » TITLE … ジャンプ転倒のキム・ヨナが浅田真央を上回る今季最高得点??

ジャンプ転倒のキム・ヨナが浅田真央を上回る今季最高得点??

2012-12-9-2.jpg

2012-12-9-6.jpg 



ジャンプで転倒キムヨナが「今季最高得点」「浅田真央より上」報道にネットで怒り

フィギュアスケートの浅田真央選手(22)がグランプリファイナル優勝を果たした一方で、「宿命のライバル」韓国のキム・ヨナ選手(22)が復活を遂げた。「今季最高得点」を叩き出したというのだが、その報道のされ方にネットユーザーなどから疑問の声が上がっている。

「浅田真央よりキムヨナが上といっているに等しい」などと怒り心頭なのだ。

2010年バンクーバー冬季五輪の金メダリスト、韓国のキム・ヨナ選手が2012年12月9日、ドイツのドルトムントで開かれたNRW杯で優勝を果たした。

■フジテレビが「キム・ヨナ復帰完全検証」と銘打った特集

驚きなのは、その点数だ。8日に行われたショートプログラム(SP)では、浅田真央選手のNHK杯での67.95(今季最高得点)を大きく上回り、72.27点。フリーでは、浅田選手のグランプリファイナルでの129.84(今季最高得点)よりわずかに低い129.34点を記録した。合計は201.61点で、グランプリファイナルで浅田選手が記録した今季最高得点(196.80点)を超えた。

これを受けて、フジテレビは12月10日放送の「すぽると!」で「キム・ヨナ復帰完全検証」と銘打った特集をくみ、キム選手の復活度は70%と伝えた。そして、キム選手のSPの点数の下に、浅田選手、A・ワグナー選手、鈴木明子選手のグランプリファイナルでの点数を並べた映像を流した。

これにネットユーザーらが噛み付いた。本来比べられない点数をならべて、浅田選手よりもキム選手のほうが上だと印象付けようとしているという。

「フジテレビはキム・ヨナが7割の力で『今季最高得点』を出した。浅田真央よりキムヨナが上と言っている」
「本当に日本のテレビ局なのか」

などと怒り心頭だ。

今回キム選手の優勝した「NRW杯」は、冬季五輪、グランプリシリーズ、世界選手権より格下の「国際B級大会」で、「第一線の大会ではない」(フィギュアスケート解説者・村主千香さん)。国際スケート連盟(ISU)の公認試合ではあるが、その得点は「参考記録」で、グランプリシリーズなどのように「公式記録」には認定されない

また、違う大会の点数を比べる意味は「とくにない」と村主さんは10日放送のモーニングバード!(テレ朝系)で指摘した。得点のうち、芸術点は他の出場選手との兼ね合いで決まるためだと言う。みのもんたもさんも10日放送の朝ズバ!(TBS系)で、点数を付けたのが「同じジャッジじゃなきゃね」と首をかしげた。

■「(得点が)ここまでどうして出てしまったのか、わからないと正直感じた」

その上、キム選手の演技が浅田選手のグランプリファイナルでの演技にここまでの点差をつけるほど「完璧」だったかも疑問だ。ショートこそ大きなミスなくまとめたものの、フリーでは2回転を予定していた3連続ジャンプがすべて1回転になり、コンビネーションジャンプでは転倒、しりもちをついてしまった。村主さんも、モニバド内で感想を求められ、こう言った。

「フリーでは後半かなりスタミナが切れてて、ジャンプも転倒していた。そこまで『おーっ』とは感動しなかった。まだ調整が足りてないのかなと思った」
「(得点が)ここまでどうして出てしまったのか、わからないと正直感じた」

グランプリファイナルでの浅田選手は、ショート・フリーともに大きなミスなくこなした上での優勝だった。

なお、キム選手が今回「NRW杯」に参加したのは、2013年3月にカナダのロンドンで開かれる世界選手権への出場資格を手に入れるためだ。浅田選手も世界選手権への出場を予定している。早ければそこで2人の「直接対決」の結果が見られそうだ。


(J-CASTニュース 2012.12.10)

*文中の下線は管理人による。
なお、文中の村主さんは妹の千香さんの事です。

2012-12-10-1.jpg

♪ 続き ♪

浅田真央選手の最大のライバルと呼ばれた、キム・ヨナ選手が復帰しました。

ヨナさんは「ソチ五輪で引退する」と明言したそうで、すでに五輪は出場前提で話しています。
国内の出場権争いが熾烈を極める日本と違って、韓国はヨナさん以降の若手選手が台頭していませんし、韓国の五輪誘致の功労者ですから、まぁ当然と言えば当然ですね。

それにしても、ヨナさん相変わらずの特盛り加点で、フィギュアファンはただただ震撼ですよ

ナショナル大会等の参考扱いの試合では、世界選手権へ自国の選手の優秀さをのアピールするために多めの点が出たりしますが、今回もやってくれました。

今大会ではヨナさんの内容が分かりやすく悪かったので、得点とのあまりの差に、さすがにワイドショーでも疑問の声が上がりましたね。
遅すぎる位ですが、良い兆しです。

韓国はハッタリかまし過ぎて後に引けなくなったのか知りませんが、お金と時間と労力をかけて見に来る観客は自分の感動に正直ですよ。
ヨナさんの演技は得点に見合う程の内容があるとは思えないから、ショーが成功しないんです。

そして、やはりテレビの影響は甚大です。
今回のように、マスコミでも不可解な採点には疑問の声が上がるのが自然だと思います。

今後も摩訶不思議な採点が続くかも知れませんが、世論がそれを許さなければ、不正は起こしにくくなります。
人生かけて頑張っている選手の為にも、応援しているファンとしても、より多くの人が納得できる運営がなされる事を願います。


ヨナさんの茶番に付き合うのは御免こうむりたい方、  
↓コチラをクリックお願いします。 ↓コチラもクリックお願いします♪ 
  ブログランキング・にほんブログ村へ  人気ブログランキングへ
     (にほんブログ村)      (人気ブログランキング)

    応援ポチが更新の励みです。ありがとうございます