浅田真央と水蜜桃

 浅田真央選手・高橋大輔選手を中心に、
 フィギュアスケートの動画を紹介するブログです。
 採点の疑問も記事にしています。
 

05月« 2017年06月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»07月
BLOGTOP » 2012.12 全日本選手権 » TITLE … 浅田真央 全日本SP2位発進「ミスが許されない雰囲気があった」

浅田真央 全日本SP2位発進「ミスが許されない雰囲気があった」

2012-12-23-1.jpg


浅田真央は2位発進「ミスが許されない雰囲気があった」

 フィギュアスケートの全日本選手権が22日、札幌市の真駒内セキスイハイムアイスアリーナで行われた。女子ショートプログラムに出場した浅田真央(中京大)は62.81点で2位発進。鈴木明子(邦和スポーツランド)が65.09点でトップに立った。

 以下は、演技終了直後の浅田のコメント。
「1つのミスが大きいと思いますが、それを除けば全体的にはしっかりできたと思います。ミスの原因は分かっているので、フリーにつなげられると思います。原因はショートの最後のジャンプで硬くなってしまったこと、あとは右足で踏ん張りすぎて、真っ直ぐジャンプできなかったことです。ショートの緊張感は やはりあったと思います。ミスが許されない雰囲気があったし、慎重になった面はありました。(フリーに向けては)今年最後になると思うので、最高の演技で締めくくりたいと思いますし、次につながる演技をしたいですね。

(腰の痛みは)もうあまり感じないです。今日も演技中はほとんど痛みはなかったです。(トリプルアクセルについては)こっちに来てすごく調子が良かったのですが、まだこのプログラムになってから2回しか跳んでいなかったので、(佐藤)信夫先生に『今回はやめておきなさい』と言われました」

[ スポーツナビ 2012年12月22日 17:30 ]


2012-12-23-2.jpg

2012-12-23-3.jpg

2012-12-23-4.jpg



浅田、3本目のジャンプ失敗で2位スタート

 「アイ・ガット・リズム」の軽快なメロディーに乗り、コミカルな演技で氷上を舞っていた浅田だったが、後半に“落とし穴”が待っていた。

 最後の3本目に予定していた3回転ジャンプを跳ぶタイミングが狂った。「ミスが許されないSP独特の緊張感の中で、慎重になりすぎて踏ん張りすぎた」。1回転で着氷してしまい、観客からもため息が漏れた。

 失敗を引きずることなく、スピンやステップは4つすべてで最高難度のレベル4を獲得し、表現力を示す5要素の演技構成点も全体トップだったが、首位にわずかに届かず62・81点。2位スタートに「一つのミスがすごく大きかった」と表情をくもらせた

 吉兆は冒頭のダブルアクセル(2回転半ジャンプ)が、大技の3回転半に近づきつつあること。20日以降の公式練習でも、3回転半を何度か着氷させる仕上がりの良さを見せており、演技前には佐藤信夫コーチに「(本番で)やってみたい」と訴えたほどだった。まだ、曲を流した中での練習回数が少ないことで、「ゴーサイン」は見送られたが、今後への期待は膨らんできた。

 逆転での日本一連覇がかかるフリーへの意気込みを聞かれ、「今シーズンで一番いい演技をしたい」と前を向いた22歳。気持ちを切り替え、今年最後の演技に全力をぶつける。

(産経ニュース/田中充 2012.12.22 18:59)


2012-12-23-5.jpg

2012-12-23-6.jpg



真央、3回転ミスで2位発進!鈴木がトップ

 ◆フィギュアスケート 全日本選手権第2日(22日、札幌・真駒内セキスイハイムアイスアリーナ) 女子ショートプログラム(SP)は初優勝を目指す鈴木明子(27)=邦和スポーツランド=が65・09点でトップに立った。

 2連覇を狙うグランプリ(GP)ファイナル女王の浅田真央(22)=中京大=は3回転ジャンプが1回転になるミスがあり、62・81点で2位。宮原知子(14)=関大中=が60・19点で3位につけ、村上佳菜子(18)=中京大中京高=は57・26点で5位と出遅れた。

 鈴木明子「6分間練習から(ジャンプに)不安があった中で、最善を尽くしたと思う。悔いはすごく残る。自分の最高の演技ではない」

 浅田真央「最後のジャンプで硬くなり、少し(踏み切りで)踏ん張りすぎた。一つのミスがすごく大きかった。ことし最後のフリーは最高の演技で締めくくりたい」

 宮原知子「(15位と出遅れた)去年と同じ失敗はしたくなかった。いいところを見せられて良かった。フリーはSPよりスピードを出して思い切り滑りたい」

 村上佳菜子「すごく悔しい。こっち(札幌)に来て、調子が上がっていたのでジャンプ(の回転)が抜けたのが本当に悔しい。フリーで挽回したい」

(2012年12月22日18時18分 スポーツ報知)



2012-12-23-7.jpg

2012-12-23-8.jpg

2012-12-23-9.jpg



全日本フィギュア、羽生が初V 女子は鈴木SP首位

 フィギュアスケートの全日本選手権第2日は22日、世界選手権(来年3月・カナダ)の代表選考会を兼ねて札幌市真駒内セキスイハイムアイスアリーナで行われ、男子はショートプログラム(SP)で首位だった18歳の羽生結弦(宮城・東北高)がフリーで逃げ切り、合計285.23点で初優勝した。

 2連覇を狙ったグランプリ(GP)ファイナル王者の高橋大輔(関大大学院)が280.40点で2位となり、無良崇人(中京大)が242.70点で4年ぶりの3位に入った。

 織田信成(関大大学院)は240.56点で4位、小塚崇彦(トヨタ自動車)は228.56点で5位だった。

 女子SPは初優勝を目指す鈴木明子(邦和スポーツランド)が65.09点でトップに立った。2連覇を狙うGPファイナル女王の浅田真央(中京大)は3回転ジャンプが1回転になるミスがあり、62.81点で2位。14歳の宮原知子(大阪・関大中)が60.19点で3位につけ、村上佳菜子(愛知・中京大中京高)は57.26点で5位と出遅れた。〔共同〕

(日本経済新聞 2012/12/22 22:18)


2012-12-23-10.jpg



*文中の下線は管理人による

♪ 続き ♪










 
 ↓コチラ↓をクリックお願いします。 ↓コチラ↓もクリックお願いします♪ 
  ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
       (にほんブログ村)        (人気ブログランキング)

       応援ポチが更新の励みです。ありがとうございます