浅田真央と水蜜桃

 浅田真央選手・高橋大輔選手を中心に、
 フィギュアスケートの動画を紹介するブログです。
 採点の疑問も記事にしています。
 

04月« 2017年05月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»06月
BLOGTOP » スポンサー広告 » TITLE … 浅田真央、完全復活!トリプルアクセルに大きな変化BLOGTOP » 2013.2 四大陸選手権 » TITLE … 浅田真央、完全復活!トリプルアクセルに大きな変化

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浅田真央、完全復活!トリプルアクセルに大きな変化

 


浅田真央、完全復活。トリプルアクセルに大きな変化

 やはり浅田真央にはトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)が似合う。「似合う」という言葉を使うのは適切ではないかもしれない。それでもあえて使ったのは、ニュアンス的にそうとしか言えないからだ。洋服でも眼鏡でも、自分の気に入ったものやしっくりくるものを身につけると気持ちが晴れやかになり、やる気が自然と沸いて出てくることがあると思う。フィギュアスケーター浅田にとっては6種類のジャンプの中でもトリプルアクセルが、そんな重要なアイテムの一つなのだと、躍動する彼女を見てあらためて思ったのだ。

 とにかく顔つきが違った。ショートプログラム(SP)で大技を成功させた演技直後、はじけた笑顔にポンと手を打つ仕草とガッツポーズが飛び出した喜びようは、本当に久しぶりに見ることができた気がする。本人も、今シーズン4戦4勝しても、満足いく演技ができても、「喜びは半分しかなかった」と語っていた。

 今大会はその発言にも注目した。言葉の端々に積極的で前向きなコメントが次々と出ていたことからも、「攻めのプログラム」に挑む姿勢がうかがえた。

「今できる最高のレベルに挑戦することが目標だったし、それができてよかった。レベル的にはこれ以上のものはできないと思う。トリプルアクセルはここぞというときの1本に賭ける思いがあって、練習通り以上のものができたと思います。トリプルアクセルはバンクーバー五輪よりもさらに質が良くなっていますので、これは自信になります」

 この発言は、9日のSPで2年ぶりに完璧なトリプルアクセルを跳んで、バンクーバー五輪以来となる70点の大台(74.49点)に乗せた演技後のものだ。

 浅田真央といえば、「天才少女」と呼ばれていた10代前半からトリプルアクセルの申し子だった。この大技を女子選手で武器にできたのは、これまでの歴史でもわずか数人しかいない。日本の伊藤みどりがその筆頭格だったのは、誰もが認めるところだ。

 その後継者として登場した浅田は、「トリプルアクセルを跳ぶことが大好きで、自分にとって一番の強み」だと信じて疑っていなかった。トリノ五輪シーズンに鮮烈なシニアデビューを飾り、バンクーバー五輪を見据えていたジュニア上がりの浅田が一気にスターダムに躍り出たのは、武器のトリプルアクセルで旋風を巻き起こし、シニア勢を圧倒するほどの強烈な勢いを持っていたからだろう。

 過去には試合で跳んでいた女子選手もわずかにいたトリプルアクセルだが、現在はシニアのトップ勢の中では唯一、浅田が試合で成功させている(ロシアのジュニア選手にはトリプルアクセルを跳ぶ逸材がいると言われている)。

 四大陸選手権のSPとフリーで挑んだトリプルアクセルは、これまで浅田が跳んでいた大技とは見た目も質も違っていた。明らかにトリプルアクセルの跳び方に変化があった。フィギュアスケートにあまり詳しくない人が観たら、何が以前と違うのかわかりにくいかもしれない。あるいは「簡単そうに跳んだ今のがトリプルアクセル?」と思った人がいたかもしれない。今回、SPで浅田が挑んだトリプルアクセルは、きっちりと認定され、その上で1.57点の加点までつくほどの完璧なジャンプだった。どこが以前と違い、どんな変化があったのか。

 まず、バンクーバー五輪以後のここ数年、トリプルアクセルを跳んでも回転不足などで認定されなかった原因は、すべてのジャンプが全体的に崩れてしまったことが大きかった。ジャンプを跳ぶ前のスケーティングスピードが失速状態で、流れの中で跳ぶことができず、また跳ぶときも勢いがついていない分、余計な上下運動をしなければならなかったからだ。

 浅田自身が言う「悪い癖」のある跳び方で、バンクーバー五輪前から専属コーチがそばにいない時期があり、知らず知らずのうちに癖がついてしまったのだろう。特にトリプルアクセルを跳ぶときについてしまった悪い癖は、「さぁ!行くぞ」という感じに構えすぎて前傾姿勢になり、跳ぶ前に”タメ”を作りすぎていたことだ。この「悪い癖」がどうして消えたのか。そのことについて浅田はこう解説した。

「ジャンプの修正やスケーティングの基礎を徹底してやったことで、ほかのジャンプもそうですが、トリプルアクセルも癖や悪いタイミングなどが消えて質が良くなってきて、気兼ねなく力を抜いて跳ぶことができるようになっています。質について一番分かりやすく言うと、ジャンプに入るときの流れとタイミングが、今のほうが軽く速く、あまり待たずに跳べていると思います。

(佐藤)信夫先生の指導の下でジャンプの修正をして我慢に我慢の練習をしてきたんですけど、トリプルアクセルはずっと練習していなくて、これまでダブルアクセル(2回転半ジャンプ)だけを跳んでいました。しばらくトリプルアクセルから離れていた間に前の悪い癖が自然に消えていて、今年(2013年)に入ってから得意なダブルアクセルと同じ形で跳べるようになってきていると思います。だから、今は簡単に跳ぶことを心がけています」

 このように、新しく生まれ変わったトリプルアクセルは、浅田も言うようにまるで「得意のダブルアクセル」を跳んでいるかのような入り方やタイミングで跳べるようになり、回り切るところまで完成度を高めてきたと言える。

 浅田の指導を始めて3季目の佐藤信夫コーチはこう語る。

「昨シーズンが終わってからトリプルアクセルからは遠ざかっていた。今シーズンの練習が始まっても本人はやろうとしなかったし、僕も放っておきました。全日本選手権が近づいて練習を詰めてきた状況で、跳びたいときにやるぐらいで、余計な欲を持たないで素直に無理しないで練習に取り組んできたことがいい結果につながったんじゃないかと思います

 トリプルアクセルを跳ぶことで、練習中からいい方向に向かっていたし、本番になると普段以上の力が出てきますから、それを上手く利用すればいけるかなという思いがありました。じっとそのチャンスを狙っていたと言えば狙っていたかもしれない。ひとつひとつ課題を詰めてきたことも良かった。ソチ五輪までは故障をしないように気をつけながら、どこまでもやるというどん欲さを持ってやっていきます」

 翌日のフリーでは、「いまできる最高のレベル」のプログラムを披露したが、トリプルアクセルと、3フリップ+3ループと2アクセル+3トーループの連続ジャンプの2つ目のジャンプでいずれも回転不足を取られ、3ルッツでは不正エッジの判定まで受けてしまった。それでも、「攻めのプログラム」に挑んだこともあり、フリーは130.96点をマークして合計で今季世界最高の205.45点で3季ぶり3度目の優勝を飾った。

 国際大会で3度目の200点超えを成し遂げた浅田は、バンクーバー五輪で出した自己ベストまで0.05点に迫る高得点をあげた。大技の成功という成果も出して3月の世界選手権に向けて大きな自信をつけたに違いない。

「世界選手権を前に自分を信じる気持ちが出てきたし、少しずつですが、自分のジャンプをようやく取り戻してきたかなとあらためて感じることができました。今回、フリーではまだ自分の最高の演技をしていないので、これから気持ちを切り替えて世界選手権に向けていい練習をして、トリプルアクセルと3フリップ+3ループもきちんと跳べるようにしていきたい。バンクーバー五輪よりも質のいいジャンプが跳べるようになり、トリプルアクセルと3+3の連続ジャンプもプログラムに入れることができたので、今後は(フリーで)トリプルアクセルを2度跳べるようにしていきたい。リスクもあるが、挑戦する楽しみが怖さよりもある。この挑戦でどこまで自分ができるか楽しみなところです」

 揺らぎのない基盤(ベース)ができたことで、バンクーバー五輪では出すことできなかった「最高のレベル」を目指す。彼女のそんなやる気についに火がついたようだ。

(Sportiva/辛仁夏 2013.02.11)

*文中の下線は管理人による。


 





真央ちゃんの代名詞3A。
成功すれば大きな得点源となる反面、わずかな回転不足が回りきっての転倒以上の大減点(二重減点)になってしまう現在のルールでは、もろ刃の刃となるジャンプです。

その3A、跳ぶ前の癖が解消されてきたのは素人目にも歴然ですから、もろ刃の刃から実戦向きの切れ味を持つ武器として、準備は整ったと捉えていいのかな?
磨きのかかった伝家。日に日に向上する真央の演技から、ますます目が離せません。
わくわく♪o(*^▽^*)o

今回のFSでは回転不足やエッジエラー等の課題が残りましたが、真央陣営はこれを伸びしろと捉え、世界選手権へ全力で取り組む事でしょう。
どこまで仕上げてくるか、大いに期待したいですね(☆ω☆)キラリ

しかし、3Aは全ての状況を打破する必殺技ではありません。
四大陸のSPは完璧。FSでは詰まりながらも着氷に成功し、他のミスがありつつも全体的に良い出来でしたが、いつもこうとは限りません。
3Aだけに気を取られて他がおざなりになってしまっては、熾烈を極める世界選手権で勝たせてはもらえませんからね。

ですが、真央ちゃんはその日の調子しだいで3Aを2Aに変更するやり方は性に合わないと話していました。
そうなると、現在の女子最高難度のプログラムを完璧にこなせる状態を世界選手権まで維持しなければなりません。
これは非常に難しい事です。

けれど、真央ちゃんならやってくれるんじゃないかと期待もしています。
でも、同時に3Aを回避しても構わないとも思っています。
だって、3Aがなくても真央ちゃんのFSは5種類の3回転が詰まってるし、3F-2Lo-2Loという3回転からの3連続ジャンプもある。
つなぎ満載、美麗なスパイラル、多彩なステップと、プログラムで中だるみする部分は一切ないんですもの。

見たいのは素敵な生き生きした真央ちゃん。
世界選手権に3Aがあってもなくても、真央ちゃん自身が納得できる演技をして欲しいと思っています。
そして、会心の演技ができたなら、3度目の世界女王という結果もついてきて欲しいと願っています。
悔いの残らない演技を期待してるよ、頑張って真央ちゃん(。•ㅅ•。)♡


続きを読むに、真央ちゃんのSP比較動画を2つ。


①3A部分のみを特化して比較。
画面を左右分割してスロー再生しているので、細かな違いがつぶさに分かりますよ。

■動画作成者wice2017さんのコメント

浅田真央選手のトリプルアクセル。CoC2012 SPと4CC2013 SPの比較、4CC2011 FSと4CC2013 SPの比較動画を作成しました!
一目瞭然、こんなに跳び方が変わっているのですね!跳び上がって回転が始まるまで2­Aなのか3Aなのか全くわからない! 正に"Mao Version Triple Axel"とでも呼びましょうか! 


②SP全体を画面を左右分割して比較。
四大陸前(カナダでプログラム修正を済ませたもの)と、GPFを並べています。
動画作成者325emoriさんのコメントは記入されていませんでしたが、映像から作成者さんの気持ちが伝わりますね。

労力と愛情をかけて動画を上げてくださる方々に感謝しています。
もちろん、当ブログに訪問してくださる方、応援ポチ下さる方は、管理人の心の大きな支えです。
皆様ありがとうございます(´▽`)

♪ 続き ♪






頑張った真央に100点をあげたい方、  
 ↓コチラ↓をクリックお願いします。 ↓コチラ↓もクリックお願いします♪ 
  ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
       (にほんブログ村)        (人気ブログランキング)

       応援ポチが更新の励みです。ありがとうございます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。