浅田真央と水蜜桃

 浅田真央選手・高橋大輔選手を中心に、
 フィギュアスケートの動画を紹介するブログです。
 採点の疑問も記事にしています。
 

10月« 2019年11月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»12月
BLOGTOP » 2009.10 GPシリ-ズ » TITLE … GPシリーズ ロシア杯 小塚崇彦 SP2位 低得点に「アレ??」

GPシリーズ ロシア杯 小塚崇彦 SP2位 低得点に「アレ??」

男子SP小塚2位 低得点に「アレッ」…

 フィギュアスケートGPシリーズ第2戦ロシア杯(23日、モスクワ) 男子ショートプログラム(SP)を行い、昨季GPファイナル2位の小塚崇彦(21)=トヨタ自動車=は75・50点で2位発進となった。1番滑走で登場した06年トリノ五輪金メダルのエフゲニー・プルシェンコ(26)=ロシア=が4―3回転ジャンプを成功させ、82・25点で首位に立った。ジョニー・ウェア(25)=米国=が72・57点で3位。

 高速スピンで演技を締めると、小塚はガッツポーズを繰り返した。だが、点数は昨年12月のGPファイナルでの自己最高(83・90点)を8・40点も下回る75・50点。「泣くほどではないけど、アレッて気持ちはありました」。予想以上に低い得点に会場もどよめいた。

 伝説のギタリスト、故ジミ・ヘンドリックスの「Bold As Love」に乗り、髪はパーマ、ヒョウ柄シャツにジーパンというロック風の衣装でウインクして滑り出した。トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)始め2連続3回転ジャンプ、3回転ルッツも合わせ、計3種類のジャンプを完ぺきに跳んだ。

 スピンやステップはノーミスに見えたが、採点では2つのステップが両方とも4段階で下から2番目のレベル2。「レベル3は取れる思ったけど、しっかりターンできていなかったのかな」。スピンはレベル4が1つだけで、残り2つはレベル3。演技点でも「技のつなぎ」と「音楽解釈」で低い6点台の評価など、細部で取りこぼした。

 プルシェンコとは6・75点差。4回転の連続ジャンプを何種類も持つ強敵に負けじと、フリーの冒頭に4回転を入れて勝負する。「点差があるので優勝争いは考えず思い切ってやりたい。練習でやってきたことを出すのが一番の目標」。あこがれの皇帝に胸を借り、逆転Vへ突き進む。
(スポーツ報知より抜粋して引用)

2009-10-24-20.jpg2009-10-24-18.jpg 

小塚、男子SPで2位発進!

 昨季、GP初優勝を果たすなど一気に世界のトップに近づいた小塚がほぼ完ぺきな演技を見せた。納得の滑りを終えると力強くガッツポーズ。国際舞台で初披露したSPの評価に期待は高まったが、予想外に得点が伸びなかった。

 素朴で明るい性格の20歳が、氷上でワイルドな男になりきった。伝説のギタリスト、ジミ・ヘンドリックスが奏でる音色に乗り、「ジャンプを失敗しない」との目標もクリア。しかし、ミスがあったプルシェンコとウェアに表現力を示す演技点で劣った。スピンやステップで得点の取りこぼしもあり、自己ベストの83・90点に遠く及ばない75・50点にとどまった。

 トリノ五輪の金メダリスト、プルシェンコとは初対戦。あこがれの存在との競演を前に「勝負になるか分からない」と控えめだったが、SPを終えて6・75点差の2位につけた。

 前日に続き、この日の公式練習でもフリーのプログラムに組み込む4回転ジャンプを成功させている。大技を決めて逆転優勝できれば、この上ない五輪シーズンの滑り出しになる。

「気分よく最初から最後まで滑り切ることができた。点数には「あれっ」という感じ。(ステップは)どこか失敗があったわけではない。フリーは、今日ノーミスでできた自信を持ってやりたい」
(サンスポより抜粋して引用)

小塚崇彦:2位発進 思わぬ低い点数に「あれっ?」

フィギュアスケートGPシリーズ第2戦ロシア杯第1日は23日、ロシア・モスクワのメガスポルトで男子ショートプログラム(SP)が行われ、10年バンクーバー五輪を目指す小塚崇彦(20=トヨタ自動車)はジャンプはすべて成功させたものの、得点が伸びずに75・50点の2位発進。06年トリノ五輪金メダリストで同五輪以来の国際大会復帰となったエフゲニー・プルシェンコ(26=ロシア)が82・25点で首位に立った。

 演技終了と同時にほえた。観衆から送られる拍手の中で、右拳を力強く突き上げる。表情にも満足感を漂わせた小塚だったが、得点が出た瞬間、思わず首をかしげた。自己ベストの83・90点に遠く及ばない75・50点。先週、フランス杯に出場した織田はSPの予想外の低スコアに号泣したが、小塚は冷静に振り返った。

 「気分良く最初から最後まで滑り切ることができた。(点数には)泣くほどではないですけど、ちょっと“あれっ?”って気持ちはありました」

 ブラックジーンズ風の衣装で伝説のギタリスト、ジミ・ヘンドリックスのギターの旋律に乗った。冒頭の3回転-3回転など3度のジャンプはすべてクリーンに着氷。だが、2度のステップがともにレベル2の低評価を受け、3度のスピンでも最高評価のレベル4は一つだけ。これには「ステップはレベル3、スピンはレベル4を目指してつくっている。(ステップは)どこか失敗があったわけではない。ちょっと(レベルを)取り損ねた」と悔しさを隠せなかった。

 表現力が問われる5項目の演技点でも、得点が伸びなかった。小塚自身はギターを演奏できないが、ジミ・ヘンドリックスのライブを動画サイトで観賞し、伝説の指さばきや存在感を目に焼き付けた。同氏のトレードマークのアフロ・ヘアまではいかなくても、パーマをあてて心は伝説のギタリストになりきった。だが、完成途上のGPシリーズ初戦で、まだジャッジの高評価を得るには至らなかった。

 82・25点で首位に立ったトリノ五輪王者のプルシェンコとは、6・75点差でフリーを迎える。「6点差でも10点差でもあまり変わらない。フリーでちゃんとやったら点数は出るし、まずは自分がやらないと。フリーは、きょうノーミスでできた自信を持ってやりたい」。冒頭では4回転トーループに挑戦する。大技を決めて、あこがれのトリノ王者を超えるしかない。
(スポニチより抜粋して引用)

続きを読むに水蜜桃のつぶやき

♪ 続き ♪

崇ちゃんよく頑張った!
ウインクで会場を悩殺、オリンピックへの切符をかけた大舞台をノーミスで完走。
すごいヾ(*^▽^*)〃
でも、まだ彼には伸びしろが残っていると思います。
もっと音を捉えて、自分を出す滑りができるハズ。
私は彼の実力はまだ先にあると信じているので、潜在能力を出し切っていないという意味で、2位という評価につながったのかなと捉えています。
彼が100%の演技ができた時、その胸には金色のメダルが輝くハズ!
明日も頑張れ崇ちゃん!  
↓コチラをクリックお願いします。 ↓コチラもクリックお願いします♪ 
  ブログランキング・にほんブログ村へ  人気ブログランキングへ
     (にほんブログ村)      (人気ブログランキング)

    応援ポチが更新の励みです。ありがとうございます

テーマ:フィギュアスケート - ジャンル:スポーツ