浅田真央と水蜜桃

 浅田真央選手・高橋大輔選手を中心に、
 フィギュアスケートの動画を紹介するブログです。
 採点の疑問も記事にしています。
 

10月« 2018年11月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»12月
BLOGTOP » スポンサー広告 » TITLE … 「チーム真央」連盟から異例の事情聴取 浅田真央【まとめ】BLOGTOP » 2009.10 GPシリーズ » TITLE … 「チーム真央」連盟から異例の事情聴取 浅田真央【まとめ】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「チーム真央」連盟から異例の事情聴取 浅田真央【まとめ】

聖子会長「チーム真央」聴取も…バンクーバー金に危機感

 バンクーバー五輪で女性として史上初の日本代表選手団の団長を務める、日本スケート連盟の橋本聖子会長(45)が25日、惨敗した浅田真央の金メダル獲得に危機感を示し、タラソワ・コーチを含め「チーム真央」のスタッフのサポート体制など現状報告を要請する考えがあることを明かした。

「期待される浅田選手には、連盟だけでなく代表選手団として五輪に集中できる環境整備をする必要がある。必要とあれば本人、コーチから直接話を聞きたい」としたが、連盟トップの“直接事情聴取”となれば異例中の異例となる。

 9月23日に連盟会長に復職したばかりだが、真央については「戻ってくる前から心配していた部分はある」。その不安はロシア杯で的中。

「コーチを含めて周りが適切なアドバイスができていないようなら終わってる。周りにつくのは持ち上げる人だけではいけないし、周りが教えてあげなきゃいけない。プレッシャーを受けるのは当然。そのプレッシャーをいい方向に向けるための人を周りにつけないといけない」と厳しく指摘し、サポート体制の見直しにも言及した。

 連盟では、これまでの慣例から、選手とコーチ、周囲の少数のスタッフに実質的に一任する形で、強化を託していた。
しかし、橋本会長は「連盟として何をしてるのか随時報告を受けたい。フィギュアは一人一人がチームのようなものなのは分かっているが、今はさらなるチームワークが必要」と、一枚岩の結束を求めていく考えを示した。

(スポーツ報知より引用)

2009-10-25-3.jpg
▲フランス杯、ロシア杯と続けて自己ワーストを更新し、顔も上げられない真央ちゃん。頑張って欲しい!(ノд<。)゜。

真央、聖子会長と直接面談…不振脱出へ

フィギュアスケート女子の浅田真央(19)=中京大=が、日本スケート連盟の橋本聖子会長(45)=参院議員=との直接面談に応じる考えがあることが27日、分かった。浅田のマネジメント会社の幹部が明らかにした。

 マネジメント会社の幹部は「これまでの報告もあるし、このままの体制でいきたいということも伝えたい」と話した。浅田自身も、夏冬合わせてオリンピックに7回出場し、“五輪の申し子”と言われた連盟のトップと会うことに前向きだという。

 「必要があれば会って話したい。本来の力を発揮させるためには、何が原因でどうなっているかを素直に分析しないといけない」と、“直接会談”も示唆していた会長に、浅田側が応じる考えを示したため、日時や場所など、詳細は今後詰めていく見込みだ。

ブログランキング・にほんブログ村へ 
▲ランキング参加してます。応援ポチしてもらえると嬉しいです

テーマ:フィギュアスケート - ジャンル:スポーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。