浅田真央と水蜜桃

 浅田真央選手・高橋大輔選手を中心に、
 フィギュアスケートの動画を紹介するブログです。
 採点の疑問も記事にしています。
 

09月« 2017年10月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»11月
BLOGTOP » スポンサー広告 » TITLE … NHK杯 総合4位 表彰台を逃した高橋大輔 逆転ならず【まとめ】BLOGTOP » 2009.10 GPシリ-ズ » TITLE … NHK杯 総合4位 表彰台を逃した高橋大輔 逆転ならず【まとめ】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NHK杯 総合4位 表彰台を逃した高橋大輔 逆転ならず【まとめ】

4回転転倒、高橋大輔「悔しい」

イタリア映画「道」の美しい音楽に乗り、SP4位から大逆襲をかけた高橋のフリー。果敢に挑んだ冒頭の4回転トーループでバランスを崩し、体力がキツくなる後半のジャンプで2度転んだ。それでも演技が終わり顔をゆがめる日本のエースに、今大会最大数の花束がリンクに投げ込まれた。

 「悔しい。調子が良かっただけに、それがプログラムに出せなかった」。演技前の6分間練習では、きっちり4回転を降りていたが、試合は違った。「ジャンプのタイミングが、疲れと緊張感から合わなかった」。8つのジャンプの半分で点数が伸びなかったが、スピンはレベル4をマーク。技術点も8点台を刻むなど、右ひざ前十字じん帯断裂の大けがを乗り越えたエースの片りんは十分見せた。

 「とにかく慌てず、一つ一つ課題を見つけて修正していけたら。ここで戦えたことが大きい」と長光歌子コーチは納得顔だ。優勝したフィンランディア杯はウオームアップ。このNHK杯からが五輪イヤーの本当の戦い。エッジの調整に苦慮しているが「逃げたくない。守らず攻めたい」。

2009-11-9-2.jpg 2009-11-9-3.jpg

高橋転倒響き4位…完全復活ならず

 「フィギュアGPシリーズ第4戦・NHK杯・第2日」(7日、長野市ビッグハット)

 男子は右ひざ手術を乗り越えて2シーズンぶりにGPに復帰した高橋大輔(23)=関大大学院=が4位、小塚崇彦(トヨタ自動車)は7位に終わり、ブライアン・ジュベール(フランス)が優勝した。

 2年ぶりのGPの舞台は、ほろ苦い船出となった。映画「道」の郷愁漂う曲に乗り、貧しい大道芸人の人生を描いた高橋だったが、回転不足に終わった4回転ジャンプと、2度の転倒が響き4位。完全復活とはいかない演技に「悔しいですね。まだまだ滑り込みが足りない」と、苦笑した。

 ただ、SP、フリーとも表現力を表す構成点はトップで、存在感は見せた。現在は右ひざじん帯の手術を経て変わった肉体に、試行錯誤している段階。長光コーチは「復帰戦のフィンランドから、また(靴の)エッジを変えた。ベストの位置が見つかれば変わってくる」と、期待を込めた。

 次戦スケートカナダで優勝なら、ファイナル進出の可能性はある。
「一つ一つ進歩していきたい」。視界良好とは言えない中でも、確かに刻んだ五輪への第一歩。

ブログランキング・にほんブログ村へ
▲応援ポチしてもらえると、とても励みになります。
ぜひぜひ、クリックによる投票よろしくお願いします

テーマ:フィギュアスケート - ジャンル:スポーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。