浅田真央と水蜜桃

 浅田真央選手・高橋大輔選手を中心に、
 フィギュアスケートの動画を紹介するブログです。
 採点の疑問も記事にしています。
 

09月« 2017年10月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»11月
BLOGTOP » 2009.10 GPシリ-ズ » TITLE … GPファイナル SP 織田信成 自己ベストで3位発進【まとめ】

GPファイナル SP 織田信成 自己ベストで3位発進【まとめ】

2009-12-5-10.jpg 2009-12-5-9.jpg

織田、今季最高点で3位!逆転五輪切符狙う!

フィギュアスケート GPファイナル第2日(4日、東京・代々木第一体育館) 男子ショートプログラム(SP)は、右ひざ手術から復活した高橋大輔(23)=関大大学院=が世界歴代2位の89・95点で首位、織田信成(22)=関大=が自己最高の87・65点で3位につけた。

 五輪一番乗りは譲らん―。信成は今季自己最高の87・65点、首位高橋に僅差(きんさ)で食らいついた。「フリーにはすごい自信がある。絶対大丈夫と信じてる」喜劇王チャプリンを演じるフリーで逆転する決意を見せた。

 最終滑走で登場。体を大きく使いながら「死の舞踏」を滑りきった。今季はGPシリーズのみ出場し3戦目だが、ただ1人2戦連続優勝。10月のフランス杯のフリーでは国際大会自己最高の163・33点をマークした。

 ファイナルは3年ぶり2度目の出場で前回は3位。五輪前哨戦の舞台で、日本男子初となるビッグタイトルも十分射程内だ。18歳だった4年前、トリノ五輪の代表選考会では一度は表彰台の真ん中に立ちながらも採点ミスで2位に。五輪代表の座を逃した。宿敵を追い越し、悲願の五輪切符をつかむ。

 【フィギュアスケート五輪代表への道】出場枠は男女各3。〈1〉GPシリーズ6戦の成績上位6人が進むGPファイナルの日本人最上位メダリスト〈2〉全日本選手権(25~27日、大阪・なみはやドーム)優勝者〈3〉残りは全日本3位以内、GPファイナル進出者、世界ランクなどを参考に選考し、全日本後の27日の臨時理事会で決定する。

2009-12-5-11.jpg

織田、フリーでの逆転を期す!

「自分自身に集中して滑れた。最終滑走で緊張したが、冷静でいられました」

 自己ベストを大きく更新する87・65点。今季初戦のフランス杯SPでは磨きをかけたはずの表現力で得点が伸びずに、悔しさをにじませた。その当時の完成度は「60%」。それでも初戦を逆転で制し、続く中国杯ではSPでも得点を伸ばして連勝。出場選手中ただ1人、負け知らずでファイナルに駒を進めた。「表彰台に上って、代表内定を目指して頑張りたい」。五輪を強く意識して臨んだ舞台で、しっかりと結果を示した。

 前回トリノ五輪の代表選考では高橋に敗れて落選。苦い記憶が残る代表選考から4年。その間、酒気帯び運転で一昨季を棒に振り、リンクに立てない苦しみも味わった。自らの不甲斐なさを思い知ったからこそ、五輪への思いは募る。

 逆転を期し、4回転に挑むのか。「コーチと相談し、調子をみて決めたい」と織田。そして「フリーには自信がある。その自信を胸に臨めば、大丈夫だと思う」と視線を上げた。高橋の背中はしっかりと見えている。

ブログランキング・にほんブログ村へ 
▲応援ポチしてもらえると、とても励みになります。
ぜひぜひ、クリックによる投票よろしくお願いします

テーマ:フィギュアスケート - ジャンル:スポーツ