浅田真央と水蜜桃

 浅田真央選手・高橋大輔選手を中心に、
 フィギュアスケートの動画を紹介するブログです。
 採点の疑問も記事にしています。
 

10月« 2019年11月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»12月
BLOGTOP » 2009.10 GPシリ-ズ » TITLE … GPファイナル 高橋大輔 4回転に挑んだFS 「道」【動画】

GPファイナル 高橋大輔 4回転に挑んだFS 「道」【動画】

2009-12-6-2.jpg2009-12-6-3.jpg

GPファイナルのSPで、「世界一のステップ」を武器に首位につけた高橋大輔選手。
「守りに入る試合じゃない」と、FS冒頭で挑んだ4回転で転倒、得点源の3回転半でも回転が抜け、さらに、同じ種類のスピンを繰り返したり、回転数が足りず無効の0点となるスピンをしてしまったりと、普段では考えられないミスを犯し、順位を大幅に落とした総合5位に終わりました。

「転倒で頭が真っ白になった。(初優勝のチャンスに)順位をキープしたいと思った。緊張感に勝てなかった。」と告白した大ちゃん。
とても良いものを持っている選手だけに、とても残念!
全力の大ちゃんが見たかった!><

もちろん、大ちゃん自身も非常に悔しかったと思います。
キスアンドクライで、観客に謝るジェスチャーをした姿が目に焼きついています。
o(TヘTo) くぅ
それでも、さまざまな因縁のあるライバルの織田信成選手が総合2位になり、オリンピック内定を勝ち取ると、素直に「おめでとう」と健闘をたたえ、握手を交わす大ちゃん。
二人の間には複雑な感情があると推測されますが、ライバルがいるからこそ頑張れるのは間違いないと思います。

安全で無難な演技をする傾向がある中で、あえて難易度の高いジャンプに挑む大ちゃんはカッコイイ!
観客は感動に正直です。
例えそこそこの順位を残しても、選手が不完全燃焼を感じていれば、観客にも伝わります。
あたりさわりの無い演技より、頑張って頑張って壁を乗り越える姿こそ、感動を生むのだと思います。

今回は失敗してしまったし、動揺が凡ミスを呼んだし、褒められる内容は無かったけど、大ちゃんは潔かったし、格好良かった。
これからも、挑戦し続ける大ちゃんを応援したいです。

12月5日、東京・代々木第一体育館で行われました。

♪ 続き ♪


▲6分間練習


 
↓コチラをクリックお願いします。 ↓コチラもクリックお願いします♪ 
  ブログランキング・にほんブログ村へ  人気ブログランキングへ
     (にほんブログ村)      (人気ブログランキング)

    応援ポチが更新の励みです。ありがとうございます

テーマ:フィギュアスケート - ジャンル:スポーツ