浅田真央と水蜜桃

 浅田真央選手・高橋大輔選手を中心に、
 フィギュアスケートの動画を紹介するブログです。
 採点の疑問も記事にしています。
 

10月« 2019年11月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»12月
BLOGTOP » 2010.2 バンクーバー五輪 » TITLE … バンクーバー 浅田真央2位 女子SPで初3回転半の快挙【まとめ】

バンクーバー 浅田真央2位 女子SPで初3回転半の快挙【まとめ】

2010-2-25-1.jpg 2010-2-25-3.jpg 2010-2-25-2.jpg

3回転半決めた!真央「気持ちが楽」金へ4・72差

◆フィギュア(23日・パシフィックコロシアム) 女子ショートプログラム(SP)を行い、初代表の浅田真央(19)=中京大=はトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を成功させ、今季自己最高の73・78点で2位につけた。五輪女子で3回転半を決めたのは1992年アルベールビル銀メダルの伊藤みどり以来18年ぶり2人目で、SPでは初の快挙。25日(日本時間26日)のフリーは2回の3回転半に挑み、首位・金妍兒(キム・ヨナ、19)=韓国=との4・72点差を巻き返し、逆転金メダルを目指す。

 歓喜のジャンプだ。夢の金メダルへ思いをぶつけた2分50秒のSP。滑り終えた真央は無邪気な子供のように氷上で2回、跳びはねた。胸に手を当てると一瞬泣き出しそうになったが、会場で揺れる日の丸と大歓声に、とびっきりの笑顔で応えた。

 リンクから揚がるとタラソワ・コーチ(63)と抱き合った。得点を待つ席では「エアロ、ティアラ、こまち」と、愛犬のトイプードル3匹に呼びかけた。SPの自己最高に2・06点と迫る今季最高が出ると「すごい!」。真央は「とりあえずホッとした。良かった」と目を潤ませた。

 五輪の歴史に名を刻んだ。「仮面舞踏会」に乗せた冒頭の3回転半。今季SPではまだ決めておらず「入る前は足がカクって震えそうになった」というが、2回転との連続ジャンプで着氷。女子SPでは史上初の快挙だ。勢いに乗って全3種類のジャンプを成功。今季4試合、失敗続きで課題と言われたSPをミスなく滑りきり、「山場だと思ったSPを無事に滑りこなすことができてうれしい」と満足感を示した。

上位3人が70点台をたたき出した。過去の五輪、世界選手権では例がないハイレベルな戦いだ。宿敵・金とは4・72点差だが、最近の3試合ですべて10点以上の差をつけられており、差は詰めたと言える。07年の世界選手権では10・63点差を逆転している。「いつもは15点とか10点とか離れているので、それに比べれば気持ちが楽」。この差は金メダル圏内だ。

 努力を重ね、スランプから脱却した。10月のロシア杯での惨敗後は、ジャンプを一日100回近く跳んだ。回転不足を過剰に気にし、着氷時、不安で足元を見てしまう癖がついていた。小林れい子コーチから注意され、少しずつ修正した。身長は約165センチと伸びたが、高難度のジャンプを跳べるよう極限まで絞り込んできた。食事制限で体重を49・5キロから48キロに落とし、体脂肪も10%から7%に。「この日は組の何番目」と滑走順を決め、6分間練習の調整法を何通りも想定。この日は最終組の2番目だったが、練習通りスケート靴は脱がず、出番を待った。

 心の準備も怠らなかった。レスリング女子で五輪2連覇の吉田沙保里(綜合警備保障)や、00年シドニー五輪女子マラソン金メダルの高橋尚子さんから経験談を聞いた。吉田からは「自分を信じてやるしかないよ」とアドバイスをもらった。

 フリーでは真央が金に続いて演技することが決まった。プログラムは変えない。「金メダルは欲しいですが、パーフェクトに滑りたい」。過去4大会、SP首位で逃げ切った例はない。力を出し切れば、金色のメダルは必ず真央にほほ笑む。

 タラソワ・コーチ「すべてのパフォーマンスがすごくよかった。3回転半もよかった。何も問題はない」

♪ 続き ♪

2010-2-25-4.jpg 2010-2-25-5.jpg 2010-2-25-6.jpg

五輪フィギュア:真央SPで最高の演技…練習量が自信の源

◆バンクーバー五輪第12日(23日)

 満面の笑みで、氷上をピョンピョンと跳ねた。観客の大歓声と拍手が、小さくガッツポーズをする浅田を包む。今季は失敗が目立ったSPだが、最も大事な五輪の舞台で最高の演技を見せた。

 冒頭のトリプルアクセル(3回転半)-2回転トーループの大技。公式練習では演技に入る時のコースを繰り返し滑り、ラインや目線の位置を確認していた。「(リンクに)入る時はすごく足がガクガクして震えそうだったが、跳べるって信じて跳んだ」。今大会前は中京大リンクで朝6時から夕方6時まで練習し、「やることはやった」という練習量が自信の源だった。

 SPでの3回転半成功は昨年4月の世界国別対抗戦以来。今季の3回転半はこれまで13回試みて成功は4回。SPではすべて失敗していたが、今季5試合目でついに成功した。その後もノーミスでこなし、自己ベスト(75.84点)に迫る73.78点。「ほっとした。今季ベスト(得点)だったのでフリーにつながる」と手応え十分だ。

 19歳の同い年のライバル金妍児(キム・ヨナ)には4.72点差のリードを許した。浅田の3回転半-2回転トーループは基礎点(9.50点)が金妍児の3回転ルッツ-3回転トーループ(10.00点)より低く、跳ぶ前に長い間構える浅田の3回転フリップは加点が低くなる。ただし、昨年10月のフランス杯では、表現力などを示すプログラム構成点で3.12点も差があったが、今回は1.52点差まで詰めた。4大陸選手権でプログラム構成点が低かったため、ダブルアクセル(2回転半)の前にイーグル(つま先を180度に開く滑り)を新たに入れるなど、つなぎの部分に技を増やしたことが奏功した。

 フリーに向けて「金(メダル)は欲しいけど、その前に自分のできることをパーフェクトにやることを考えたい」。選手村で過ごす生活は新鮮らしく、「本当に楽しいことだらけ」と五輪の重圧はない様子。伸び伸びとして自然体の浅田が、帰ってきた。

2010-2-25-7.jpg 2010-2-25-8.jpg 2010-2-25-9.jpg

真央、女子SP史上初の快挙!

バンクーバー冬季五輪のフィギュアスケートの女子ショートプログラム(SP)が23日(日本時間24日)行われ、浅田真央(19)=中京大=は女子SPで史上初のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を成功させた。五輪でのトリプルアクセル成功は、92年アルベール大会で銀メダルを獲得した伊藤みどり以来の快挙だった。

 真央はこの日、鮮やかなピンク色の新衣装でSPに登場。序盤でトリプルアクセルで見事に成功させ、続けてダブルトゥループも決めた。その後もノーミスで演技を終え、フィニッシュを決めた後は飛び上がって喜びを表現し、はじけるような笑顔で大歓声に応えた。

 演技後は「とりあえずほっとした。落ち着いて出来た。自分を信じてやるだけだと思った。(フリーは)落ち着いてしっかりやるだけ」とコメントした。

 女子SPの得点はライバル、金妍児(19)=キム・ヨナ、韓国=が78.50点で1位、真央が73.78点で2位と4.72点差となっている。フリーは25日(日本時間26日)に行われる。

2010-2-25-10.jpg 2010-2-25-11.jpg 2010-2-25-12.jpg

浅田真央がヨナに4・72差の2位 フィギュアスケート女子SP

◇バンクーバー五輪第12日
 女子のショートプログラムを行い、浅田真央=中京大=が五輪SP史上初めてトリプルアクセルを決め、2位につけた。1位は昨季世界選手権女王のキム・ヨナ=韓国=で、自身の世界歴代最高を更新する78・50点をマークした。安藤美姫=トヨタ自動車=は4位、鈴木明子=邦和スポーツランド=は11位だった。フリーは25日に行われ、真央が逆転金メダルを目指す。

 思わずリンクを跳びはねてはしゃいだ。重圧に勝って会心の「仮面舞踏会」を演じた真央の目が心なしかうるむ。今季自己最高の73・78点。想像以上のハイスコアに目を丸くして「すごーい!」と声を弾ませた。

 「金メダルは欲しいと思っています。やっとキム・ヨナ選手にSPで近づけたかなという気がします。まずSPで、いつも10点とか15点くらい点を離されているので。それに比べればうれしいです」

 試合後に行われた会見。ヨナの隣に座った真央は、堂々の逆転金メダルをぶち上げた。SP逃げ切りを得意とするキム・ヨナとは4・72点差。フリーではトリプルアクセル2発を入れる予定。フリーでは基礎点で真央が3・45点上回るため、十分射程圏内だ。

 まずは五輪の女子SPでは初となるトリプルアクセルを文句なしで決めた。さらにジャンプを確実に決め、2分40秒の演技はほとんどパーフェクト。今季の不振がうそのよう。幸せな気持ちで跳び、舞い、そして駆け抜けた。

今季前半戦はスランプのどん底。苦しさを姉・舞(21)はつぶさに見てきた。最大のピンチは、自己ワーストの150・28点で5位に終わったロシア杯。試合後の10月24日夜。ホテルに戻ってきた真央から電話があった。「何でできなかったんだろう…」。涙声で震える妹に、舞は「早く日本に帰っておいでよ」と優しく声をかけた。真央が5歳の時に姉妹でスケート教室に入った。「舞」と呼び捨てにするなど、負けん気を原動力に上達してきたが「あの時は初めて妹っぽかった」と舞は振り返る。弱音を聞いてもらう。なぐさめてもらう。真央にはそれだけで十分だった。

 窮地を乗り越えての晴れ舞台。姉は会場内のテレビスタジオで見届けた。その手には赤とピンクの鐘がモチーフになったネックレスが握られていた。姉妹で買ったおそろいの品。2人で勝とうとの気持ちだった。自宅のリビングやトイレには「全日本選手権優勝」「世界選手権優勝」「オリンピック優勝」と、真央が書いた紙がはってある。「自分を信じて演技をしたい」。有言実行で目標をクリアしてきた真央。フリーで着る衣装は、迷った末に従来通りの赤と黒のツートンに決めた。これで金メダルを取る。

2010-2-25-20.jpg 2010-2-25-16.jpg 2010-2-25-21.jpg

スランプ越え笑顔の舞 真央 4・72差2位

【バンクーバー=本社五輪取材団】バンクーバー冬季五輪第十二日の二十三日(日本時間二十四日)、フィギュアスケート女子のショートプログラム(SP)が行われ、浅田真央(中京大)が二位、安藤美姫(トヨタ自動車)が四位、鈴木明子(邦和スポーツランド)は十一位につけ、二十五日(同二十六日)のフリーに進んだ。首位のキム・ヨナ(韓国)と浅田はそろって記者会見に臨み、金メダルへの意欲を見せた。

 浅田は五輪史上初めてSPでトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を成功させ、73・78点。浅田の直後に滑ったキム・ヨナも3回転の連続ジャンプを決め、自身の持つ歴代最高得点を更新する78・50点をマークした。
◆『五輪で滑る喜び』初舞台、全力出し切る

 終盤のステップ。浅田は優しくほほ笑みながら優雅に舞った。力を出し切り、金メダルを射程にとらえる二位。「最後の方になって、だんだん五輪で滑ってるんだという喜びが出てきた」。一年ぶりに戻ってきたバンクーバーでの五輪初舞台。氷の上から見える景色は全く違っていた。

 昨年一月のことだ。「バンクーバーに行きたくない」。中京大でウオームアップ中、トレーナーにポツリとこぼした。子どものころから人前で滑るのが大好きな浅田が初めて出たくないと言った試合。それが昨年二月に五輪と同会場で開かれた四大陸選手権だった。

燃え尽きていた。一昨年末のグランプリ(GP)ファイナルでキム・ヨナとのライバル対決を制し、全日本選手権で三連覇。「すべて力を出し尽くしちゃった感じがして」。年が明け、なえた気持ちは一層沈んだ。

 結局、周囲に説得されて出場したものの三位。本来の演技とは程遠い内容だった。「出ないって言った時点で気持ちが逃げていたと思う」。心の張りを取り戻せないまま臨んだ三月の世界選手権でも四位。シニアで初めて表彰台を逃した。

 シーズンが終わり、後ろを向いた自分を悔いた。「出るからには責任を持って、本気で練習しないといけない。反省してます。二度とあんなことはしません」。心身の疲労からひざに少し痛みが出たのもあの試合の前。苦しい時期だったが、一年前の経験は今季に生きた。

 自身初めてのスランプを経験。思うようにジャンプが跳べず、涙をこぼしながら乗り越えてきた。「今年は去年と違う。結果はどうなるか分からないけど、バンクーバーも時間を無駄にしないでしっかり練習すればいい演技ができると思って頑張ってきた」

 年齢制限に出場を阻まれたトリノ五輪から四年。ようやく五輪の舞台にたどり着いた。「楽しいことだらけ。もちろん緊張はするし、集中もいる。でも今までしたことがない経験ができているので出られて良かった」。完ぺきに演じた仮面舞踏会が心地よい余韻を残した。 (バンクーバー、中村彰宏)

2010-2-25-24.jpg 2010-2-25-25.jpg 2010-2-25-29.jpg

真央に聞く「自信を持って臨みました」

◆フィギュア(23日・パシフィックコロシアム) 女子ショートプログラム(SP)を行い、初代表の浅田真央(19)=中京大=はトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を成功させ、今季自己最高の73・78点で2位につけた。

 ―滑り終えた感想。
「今季一番いい演技が五輪でできたのでうれしい。フリーに必ずつながるいい演技だと思う」

 ―緊張はあった?
「ホテルにいるときからずっと緊張が取れなかったけど、アップから徐々にリラックスできて、滑る前は集中できた。不安になってもマイナスばかり。練習はしてきているので、自信を持って臨みました」

 ―五輪リンクの感触は。
「滑ってるときの違いはなかったですけど、選手村とか、ワクワクしたり楽しい気分」

 ―3回転半が跳べた。
「とりあえずホッとした。でも、次にフリップがあるので気を抜かなかった」

 ―金の演技は見た?
「最初のジャンプしか見なかったんですけど、パーフェクトだったので、本当にすごいなと思います」

 ―ヨナとの関係は?
「試合中はあまりしゃべることはないけど、終わったらお話しします」

2010-2-25-30.jpg 2010-2-25-33.jpg 2010-2-25-35.jpg

真央がSP2位!美姫は4位スタート

浅田の言葉
「ヤマ場だと思っていたSPを無事滑り切れて、すごくうれしかった。ほっとした。最後のほうは五輪で滑っていると実感した。トリプルアクセルは足が震えていたけど、信じて跳んだ。練習してきたので自分を信じてやるだけだと思った。(フリーも)しっかり落ち着いてやるだけ」

浅田真央選手とレスリングの吉田 沙保里選手がメールでやりとり  
↓コチラをクリックお願いします。 ↓コチラもクリックお願いします♪ 
  ブログランキング・にほんブログ村へ  人気ブログランキングへ
     (にほんブログ村)      (人気ブログランキング)

    応援ポチが更新の励みです。ありがとうございます

テーマ:フィギュアスケート - ジャンル:スポーツ