浅田真央と水蜜桃

 浅田真央選手・高橋大輔選手を中心に、
 フィギュアスケートの動画を紹介するブログです。
 採点の疑問も記事にしています。
 

07月« 2017年08月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»09月
BLOGTOP » 2010.2 バンクーバー五輪 » TITLE … 浅田真央vsキム・ヨナ 一流スケーター達の意見、男子4回転論争

浅田真央vsキム・ヨナ 一流スケーター達の意見、男子4回転論争

バンクーバーオリンピックで噴出した、浅田真央選手とキム・ヨナ選手の不可思議な採点と、エフゲニーー・プルシェンコ選手が発端となった、男子4回転論争にまつわる一流スケーター達の意見をまとめました。
フィギュアの良心、エルビス・ストイコ氏のインタビューの翻訳もあります。




■浅田真央vsキム・ヨナ■

2010-2-28-8.jpg  不正バンザイ! 

■フィリップ・キャンデロロ氏(リルハンメルン銅、長野銅)

フランス公共放送France2の実況中継にて、「真央のゴッドファーザー」を自称する解説のキャンデロロ氏が、キム・ヨナのSPを酷評。

「4.72も点差があるなんて誰も理解できない。真央の方が難しい技をしているのに、どうしてこうなるのか? バッド サプライズだ。」
「5点差は大きすぎるし、スキャンダル。」
「この点差ではもう追いつけない、キムに異常な高得点を出した。」

フランス実況では、キャンデロロはじめ解説陣総出でブラボージャポンを連呼し、「(真央は)本当に素晴らしい演技をした」と大絶賛。
現地会場での反応は完全に真央優勢で、007は韓国ファン以外は盛り上がっておらず、放送では消されたが、ヨナの銀河点のコールに対しブーイングも起こっただそうです。

■エルビス・ストイコ氏 (リレハンメル銀、長野銀)

「キムのスピンは確かに速い。でも真央のスパイラルはより柔軟性があった。 キムは最後とポーズが良かったね。でもそれで得点差はあそこまで開かない。有り得ないよ。」

■サーシャ・コーエンさん (トリノ銀)

「ユナは速くてとてもパワフルなスケーターだけど、真央ほど難しいプログラムをやってない。」

■ジョアニー・ロシェット選手(バンクーバー銅、試合直前に応援に来ていた母親が急死)

「真央にも感謝したい。果敢にトリプルアクセルに挑んだ姿を見て、私は悲しいことなんか忘れて燃えたわ。ありがとう。」




■男子4回転論争■

2010-2-19-1.jpg2010-2-19-2.jpg2010-3-6-1.jpg

■エフゲニー・プルシェンコ選手(ソルトレイク銀、トリノ金、バンクーバー銀

「これが4年前とは違う新しいジャッジの仕方なんだろう。4回転を跳ばなくても勝てるなら、僕も次の試合から跳ばないよ。フィギュア界が4回転を重要視しないなら、僕達は4回転への挑戦を止めたほうがいい」
「五輪王者が4回転の跳び方を知らないのなら、種目名をアイスダンスにすればいい」

■エバン・ライサチェク選手(バンクーバー金)

「これがジャンプだけの競技なら、10秒もらってジャンプだけに集中すればいい。フィギュアはそんな競技じゃない。(高橋)大輔の滑りを見てもわかるだろう。ジャンプだけが全てじゃないんだ。それがこのスポーツの素晴らしさなんだ」

(管理人のつぶやき)
ジャンプが全てでない事は分かりますし、ライサの演技に悪い所がなかったのも分かります。
けれど、論点をすりかえられているような気持ちになるのはなぜでしょう?


■エスビス・ストイコ氏(リルハンメルン銀、長野銀)

「全力を出さないで勝てるスポーツなんて他にあるのか?」

■管理人の感想■

エルビス・ストイコ氏の一言は、全ての人のモヤモヤに対し実に的を射た意見。
「Mr.クワド」とまで呼ばれる彼は、男子4回転論争を発端に、女子を含めた高難易度の演技が評価されない現状に対し、大きく声を上げてくれています。
彼のようなフィギュアに敬意を抱くOB達の声が、たくさんの人に届いてくれたらと思います。

「続きを読む」に、彼のインタビューを引用しています。
エフゲニー・プルシェンコ選手、エバン・ライサテェク選手、高橋大輔選手、小塚崇彦選手、パトリック・チャン選手、ジョニー・ウィアー選手の演技に言及しています。

♪ 続き ♪

Sorry, Evan Lysacek.You’re a great skater and all.But that wasn’t Olympic champion material.
ごめん、ライサチェク。あなたは偉大なスケーターそのものです。 しかし、それはオリンピックチャンピオンの材料にはなりません。

In Thursday night’s men’s free skate, Lysacek skated slow and his jumps weren’t close to the technical ability of defending Olympic champion Evgeni Plushenko.
木曜日の夜の男子FSでは、ライサチェクのスケートは遅かったし彼のジャンプはエフゲニー・プルシェンコのジャンプ技術にはほど遠かった。

How can you be Olympic champion when you don’t even try the quad? If you’re going to take the quad out, why not take out another triple axel and just have more of the other stuff so the International Skating Union can make it more into an “art” recital.
4回転に挑戦しない者がオリンピックチャンピオンなのですか?4回転を外すなら、なぜトリプルアクセルを外さない。ISUはフィギュアを競技ではなく“芸術”リサイタルに作りかえようとしてますが、もう一つの側面を持っていて下さい。

Plushenko had a great performance. His footwork was great and maybe his spins weren’t quite as good as Lysacek’s, but it wasn’t that big of a difference.
He also had a quad toe triple toe that wasn’t even attempted by anyone else. He did both triple axels, so all the jumps were there.
プルシェンコは素晴らしい演技をしました。 彼のフットワークは素晴らしかったが、スピンはライサチェクほど良くありませんでした、しかし、それは大きな違いではありませんでした。。
それに彼は誰も挑まなかった4回転トゥ+3回転トゥを成功させた。 彼はトリプルアクセルを2回跳び、すべてのジャンプがそこにありました。

But the judges’ scoring was ridiculous.
しかし、ジャッジの得点はおかしかったです。

Because of it, the sport took a step backward. Brian Boitano did the same thing, technically, in 1988. There are junior skaters who can skate that same program.
そのせいで、フィギュアは後退してしまいました。 ブライアン・ボイタノは1988年に技術的にはライサチェクと同じ事をしていました。 ジュニアにも出来ます。

And the judges’ scoring probably killed figure skating because kids now are going to see this and say, “Oh, I don’t need a quad. I can just do great footwork for presentation marks and do a couple of nice spins and make it to Olympic champion.”
そして、子供が今これを見て言うでしょう。裁判官の得点はたぶんフィギュアスケートを殺しました。「おぉ、4回転は必要ではない。プレゼンテーションの為にフットワークとスピンをすれば、オリンピックチャンピオンになれるんだ。」

With that type of scoring, you don’t have to risk it. You can play it safe and win gold.
今の採点方法では、リスクを冒す必要はありません。安全策を取って金メダルを獲得することができます。

In what other sports do you have to hold back in order to win?
勝つために全力を出し切らないスポーツなんて他にありますか?

The International Skating Union has taken the risk out of figure skating and it makes me sick.
ISUはフィギュアからリスクを排除した。私はこれにはうんざりです。

If Plushenko had made some mistakes, then sure, maybe Lysacek deserves gold. But when you take the risk out of skaters’ programs, it doesn’t compute to me.
もしプルシェンコがいくつかのミスをしたら、きっとライサチェクは確実に金に値します。しかし、リスクを冒さないプログラムは私の計算には入っていません。

And it’s not a personal thing. I like Evan. But when you compare performances and have an outcome like this, the sport is going backward. And it hurts me to say it because I love this sport. But the judges made a mockery of it by giving Lysacek the gold.
個人的な感情ではありません。私はエヴァンが好きです。しかし、演技を比較して結果を見ると、スポーツとしては逆行しています。それを自分で言うには、このスポーツがとても好きなので傷つきます。でもジャッジはライサチェクに金を与えることによって、それをあざ笑いました。

I don’t want to rain on anybody’s parade because it’s not the skaters’ fault. It’s the system. And the figure skating community wants to control who wins and who loses. And what it does is it makes the component score more valid than the jumps so it can control whatever it wants. And that’s exactly what happened Thursday night at Pacific Coliseum.
この事態はスケーターのせいではないから、誰のお祝いにも水を注したくはないです。これはシステムです。そしてフィギュアスケート連盟は勝者と敗者を制御したがっています。コンポーネントスコアをジャンプより有効にするという事です。そしてそれは、木曜日の夜にパシフィック・コロシアムで起こりました。

How can the sport be put back on the right path? I have no idea. I haven’t even thought about it.
It’s not up to me. Because people at the ISU obviously seem to know what they’re doing. Well, they think they know what they’re doing.
どうやったらスポーツを正しい道に戻すことができますか?私には分かりません。私はそれについて考えてさえいません。 それは私次第で出来る事ではありません。ISUの人々は明らかに何をしているか知っているように思えるのです。 彼らは自分達が何をしているか分かっていると思います。

For me, the outcome on Thursday night was disappointing.
僕にとって、木曜日の夜の結果は期待はずれでした。

A few more thoughts on the men’s free skate.
男子FSに関するもう少しの考え。

I thought Daisuke Takahashi was awesome. He tried the quad and he had the guts to go for it, and he should’ve been ahead of Lysacek in that aspect.
私は高橋大輔がすごいと思いました。 彼は4回転に挑戦した。それに向かうガッツもあった。そういう面で見ると、大輔はライサチェクの上にいるべきでした。

Johnny Weir was great. He should’ve been higher than sixth ; above Patrick Chan, who was fifth. Weir outskated Chan. He might’ve skated a little bit slow but he went out there and did his stuff. I feel bad for him.
ジョニー・ウィアーは偉大でした。 彼は6位よりも上位にいたはずです。5位のパトリック・チャンよりも上に。ウィアーはチャンの調子を狂わせた。少しスピードが遅かったが、自分の仕事をこなしました。 私は彼に悪い気がします。

People say I’m hammering certain skaters. I’m not. It’s the system I don’t like and if you say I am biased … I already said I am not a fan of Weir’s skating, but he skated well tonight and deserved to be ahead of Chan.
人々は私が一部のスケーターを叩いていると言います。そうではありません。私が嫌っているのはシステムであり、スケーターを嫌っているわけではありません。もし、私が以前に言った「ウィアーのフアンではない」ということを指しているなら、それは違います。彼はオリンピックで上手にスケートをしたのでチャンよりも上位に値しました。

In addition, Takahiko Kozuka ; my favorite skater; did not get the points he deserved. He skated great, had awesome spins, the best edges in the competition, was very close with the quad and did a ton of triples.
小塚崇彦について。私のお気に入りのスケーターは、彼に値する得点を得られませんでした。彼は素晴らしいスケートをした、すごいスピン、もっとも素晴らしいエッジング、4回転と沢山3回転を跳んだのに。

Figure skating gets no respect because of outcomes like this. More feathers, head-flinging and so-called step sequences done at walking speed ; that’s what the system wants.
フィギュアはこのような結果のため全く敬意を得られません。多くの水増し加点、頭を投げるようないわゆるステップシークエンス。(*ここの訳が良く分かりません。「頭を振り回す必要があるステップシークエンス」という意味?)それは、今システムが必要といているものです。

I am going to watch hockey, where athletes are allowed to push the envelope. A real sport.
私はホッケーを見ることにします。選手達が限界に挑んでいます。 真のスポーツです。




翻訳、以上。

管理人は、ストイコ氏の気持ちに大いに共感します。
ストイコ氏はフィギュアに敬意を払っているからこそ、この状況を憂いているのでしょう。

勝つために全力を出すのが当たり前で、観客もそれを楽しみにしているんです。
ファンが見たいのは、予定調和の出来レースでなく、互いが最善を尽くしあう真剣勝負のぶつかり合いです。

日本ではフィギュアは人気スポーツですが、欧米での人気の衰退は抜き差しならない所まで来ています。
なぜ本場であるはずの欧米で不人気なのか、ISUは問題の原因とキチンと向き合い、どこをテコ入れするべきなのか真摯に考えるべきだと思います。

*翻訳サイトをベースにしています。意訳・誤訳はご容赦下さい。  
↓コチラをクリックお願いします。 ↓コチラもクリックお願いします♪ 
  ブログランキング・にほんブログ村へ  人気ブログランキングへ
     (にほんブログ村)      (人気ブログランキング)

    応援ポチが更新の励みです。ありがとうございます

テーマ:フィギュアスケート - ジャンル:スポーツ