浅田真央と水蜜桃

 浅田真央選手・高橋大輔選手を中心に、
 フィギュアスケートの動画を紹介するブログです。
 採点の疑問も記事にしています。
 

08月« 2017年09月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»10月
BLOGTOP » スポンサー広告 » TITLE … キム・ヨナ 五輪憲章違反 ヨナ熊問題にも懲りない商魂【動画】BLOGTOP » 2010.2 バンクーバー五輪 » TITLE … キム・ヨナ 五輪憲章違反 ヨナ熊問題にも懲りない商魂【動画】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キム・ヨナ 五輪憲章違反 ヨナ熊問題にも懲りない商魂【動画】

バンクーバー冬季オリンピックにて、疑惑の判定で金メダルを獲得したキム・ヨナ選手。
ここに来て、五輪憲章違反の疑惑も持ち上がっています。

国際オリンピック委員会非公認の企業が五輪を利用して宣伝をしたり、選手を広告塔として利用する事を許してはおらず、五輪憲章に反する行為をした場合、失格になる可能性があります。

ヨナは試合中に五輪オフィシャルスポンサーでないアクセサリー店のピアスをしており、これは広告塔として活動していた事にあたるのでは、と話題になっています。
それだけ聞くと広告塔は大げさな言い方に聞こえますが、アクセサリー店は五輪仕様としてピアスを作成し、大会前も大会中もヨナの写真入りポスターを掲示し、「ヨナが五輪で着用!」と大きく宣伝しており、現在も絶賛発売中です。
一般的には、こうゆう活動を広告宣伝と言いますよね。

どの程度が五輪憲章違反に抵触するのかは分かりませんが、非常識というか、浅ましいとは思います。アクセサリー店もヨナも。
ヨナ熊キスクラショッピングの時もひんしゅくを買っていましたが、またかって感じです。
品がなく反省できない人間性がチラチラ見えてしまって、演技以外の部分で好きになれないです。

 「私の旦那になる人は幸せ者!」  「好きなタイプはお金持ち!」


他にも、キムヨナの個人スポンサーである韓国大手の国民銀行にも、五輪憲章違反の疑惑も持ち上がっています。
「五輪でヨナが金メダルを獲得すれば、金利が上昇する」という特約の口座を設け、大会前も大会中もヨナの写真入りのポスターや預金手帳などを使って宣伝し、約1万8千人もの新規顧客を獲得したそうです。

さらに、保険会社のロイズとも「五輪で自身の世界記録である207点を更新して優勝した場合、保険金100万ドルを受け取れる」との特約を交わしています。
100万ドルて!゜゜ ( □ )ポーン
それだけの大金を支払っても、五輪というお祭りを利用すれば元が取れるから、保険会社は特約を交わしたわけでしょ。
事実、この保険会社の名前は世界中に配信されたわけだから、五輪を利用したこれ以上ない広告宣伝なわけで、ヨナも保険会社もウハウハです。

アクセサリー店も銀行も保険会社も五輪公認企業ではありませんが、大会中も五輪を利用して利益を得ています。
これらが五輪憲章違反に抵触していて金メダル剥奪になると、次回のオリンピックでの韓国出場枠が潰されるだろうし、ヨナを平昌広報大使に任命してオリンピック誘致までたくらんでいる韓国は大打撃です。

けれども、ヨナは練習の拠点を五輪前からカナダに移し各種メディアにすり寄っていたし、師事しているブライアン・オーサーコーチはカナダ人。
そして、ISU副会長は韓国系カナダ人。

何よりも、五輪で銀河点がもらえる程に周辺を固める用意周到さがあって、銀行がスポンサーだから実弾も無制限に使える状態。
…もし、ヨナの行為が五輪憲章違反に抵触していたとしても、もみ消す為にどういう経過をたどるかは火を見るより明らか。

こんな五輪憲章違反がまかり通ってしまうようでは、莫大な費用を捻出した公式スポンサー達へのひどい裏切りでしょう。
大会でも大きな疑惑が残った上に、素行も残念な選手と言わざるをえません´・ェ・`-3

続きを読むに、ネットニュースと動画。

♪ 続き ♪

キム・ヨナ「五輪憲章違反」? 

韓国企業からすると、五輪期間中も金選手の人気にあやかりたいのは当然だ。朝鮮日報によると、国際オリンピック委員会(IOC)のスポンサーであるサムスン電子や、韓国オリンピック委員会(KOC)と別途契約を結んだ現代自動車とナイキなどは、金選手のCMを五輪期間中も流し続けた。契約には、数億ウォン(1億ウォン=782万円)かかるとされている。

一方、LG生活健康や毎日乳業などは、「製品の特性上、多額のスポンサー料を支払ったとしても五輪期間中の売り上げ増は見込めない」などとしてKOCと契約を結んでおらず、五輪期間中の広告は取りやめた。

波紋が広がっているのは、金選手が競技や表彰式で耳に付けていた王冠型のアクセサリーをめぐってだ。このアクセサリーは、金選手がCM出演しているジュエリーブランド「ジェイ・エスティーナ」(J. ESTINA)のもので、同社の担当者は、テレビ朝日系のニュース番組「スーパーJチャンネル」にも登場し、

「これは、キム・ヨナ選手がオリンピックのショートプログラムで付けていた製品で、これがフリーで付けていたアクセサリー」などとアピールまでしていた。この会社が五輪の公式スポンサーではなかったことから、騒動が広がった。

現在のオリンピック憲章の第51条には、
「オリンピック開催場所の一部であるとみなされるスタジアム、会場、その他の協議エリアの、中と上空ではいかなる形の広告または他の宣伝も許されない」

とあり、さらに細則には、
「いかなる形の広告や宣伝活動、コマーシャル等も、人、スポーツウェア、付属品(より一般的には、選手もしくはその他のオリンピック競技大会の参加者が着用する衣類、使用する用具)に表示してはならない」

とある。このことから、日本のネット上では「金選手は五輪憲章に違反している、仮に違反していれば、金メダル剥奪だ」との声が相次いでおり、すでに「まとめサイト」まで開設されている。

まとめサイトでは、今回の騒動を簡潔に説明した上で「この件を調査いただければ幸いです」などとする英語の例文が掲載されており、IOCや、韓国が今後五輪招致を競うとみられるドイツやフランスのマスコミなどの連絡先がまとめられている。すでにこの英文は、金選手の活躍を報じる米ヤフーニュースのコメント欄にも貼り付けられているのが確認されており、関係機関にも、すでに「メル凸」(メールで「突撃」すること)が行われている可能性が高い。

今回の騒動を報じている韓国のニュースサイト「クッキーニュース」によると、KOCの上部団体にあたる大韓体育会は「反論するに及ばない」と、現段階では事実上黙殺する構えで、記事では、

「競技現場で指摘されなかったということは、今も問題ないということ」

という韓国側関係者の声を紹介しており、アクセサリーは五輪憲章が定める「スポーツウェア、付属品」に含まれないとの見方だ。今後、韓国側が何らかの対応に出るかどうかが焦点になりそうだが、韓国側は、一連の騒動に辟易としている様子だ。

例えば前出の「クッキーニュース」では、グーグル日本版の検索画面で「yuna kim」と打ち込むと、検索回数が多いと表示される関連キーワードとして「金妍兒は他のフィギュアスケート選手に嫌われている」(yuna kim is hated by other figure skaters)という言葉が出てくることを紹介。

「日本のネットユーザーは、金選手のあら探しをするのに熱中している」と論評している。

キム・ヨナが金メダル取り消しか「広告関連で五輪憲章違反」の声

バンクーバーオリンピックの女子フィギュア競技で金メダルを手にした韓国のキム・ヨナ選手。残念ながら日本の浅田真央選手は銀メダルとなってしまったが、両者とも完全に力を出し切って素晴らしい演技を見せて(魅せて)くれた。

しかしここにきて、キム・ヨナ選手が金メダル剥奪の危機に立たされている。なんと、キム・ヨナ選手がオリンピック憲章(Olympic Charter)、いわゆる五輪憲章に反していたというのだ。日本のインターネット上では凄まじくこの件に関して話題となっており、インターネット掲示板で数千にも及ぶ意見が飛び交っている。

キム・ヨナ選手が五輪憲章に反している? 日本で議論されている内容によると、事の顛末はこうだ。キム・ヨナ選手が韓国の宝石企業『J・ ESTINA』(ジェイ・エスティナ)とイメージキャラクターの契約をしているのだが、キム・ヨナ選手は女子フィギュアのシングルショートプログラム、フリープログラム、表彰式、エキシビジョン、会見、すべてにおいて『J・ESTINA』の五輪仕様アクセサリーを着用。しかも『J・ESTINA』は「五輪で使われたアクセサリー」としてバンクーバーオリンピック開催期間中にサイトを更新して販売していたのだという。さらに、韓国のマスメディアが「キム・ヨナ選手が着用したアクセサリーが売れて『J・ESTINA』繁盛」という内容の報道をしたのだ。

どこが五輪憲章に反しているのか? 厳密に違反に当たるかどうかは国際オリンピック委員会(IOC)が決める事だが、IOCは五輪非公認の企業が五輪を利用して宣伝をしたり、選手を広告塔として利用する事を許していない。五輪憲章に反する行為をした場合、失格になる可能性があるという。

日本企業は五輪憲章に反しないため、バンクーバーオリンピック開催期間中は浅田真央選手の広告を取りやめている。オリンパスは浅田真央選手の公式サイトを一度掲載中止にし、森永は公式サイトから浅田真央選手のテレビコマーシャル映像をはずし、ネピアは「出張中」という文字を出して対応し、オムロンは浅田真央の代わりに愛犬を掲載した。しかしキム・ヨナ選手が広告塔となっている『J・ ESTINA』はバンクーバーオリンピック開催期間中に、オリンピック非公認企業であるにもかかわらず、「五輪で使われたアクセサリー」としてインターネット上で宣伝をし、販売をしていたのだ。

多くの日本人がこの件に関し、IOCに問い合わせをしているようである。過去に五輪憲章に反してメダルが剥奪されたという前例があるだけに、今後の動向が非常に気になるところである。

なお、この『キム・ヨナ金メダル取り消し疑惑』に対して、『Yahoo!韓国』ニュースでは、「日本人の残念な心情を考慮すれば、このような問題提起をする心理状況は理解できなくもない。とはいえ、あまりにも強引過ぎるやり方である」と述べている。さらに、「当時、キム選手が着用したイヤリングを確認してみると、白色という点以外に明確な特徴を見ることはできない。この小さなイヤリングにどのような間接的広告効果があるのだろうか」と伝えている。

だが、『Yahoo!韓国』ニュースをはじめ韓国メディアは「間接広告に対しては、競技前に国際スケート連盟(ISU)と国際オリンピック委員会 (IOC)がしっかりとチェックしている。従って、これに関しては後から問題になるはずがない。これが、韓国人の大半の意見である」と、日本での騒ぎを一蹴している。

キム・ヨナ選手、記録更新の金メダルに意外な「報奨金」

ハイレベルな戦いとなったフィギュアスケートは、28日のエキシビションをもって華麗な舞台を終えた一方、メダリストたちの報奨金額に注目が集まっている。そのようななか、絶大な人気をほこるキム・ヨナ選手に予想外の報奨金が舞い込むことが判明し、話題を集めている。

  キム・ヨナ選手は通常の報奨金に加え、イギリスの保険会社Lloydsから報奨金100万ドルを追加支給されることが明らかになった。キム・ヨナ選手がオリンピックで自身の世界記録である207点を更新して優勝した場合、保険金100万ドルを受け取れるよう、韓国の金融機関がイギリスのLloyds社と保険契約を交わしたそうだ。もちろん、年金ポイント114点で100万ウォン(約7.7万円)の年金を生涯受け取ることもできる。

  Lloyds社は金メダルの獲得は予想したが、207点という記録を更新するのはかなり難しいとの判断で契約したとみられるが、結果的に228.56点という予想もできなかった高得点で記録を更新したため、キム・ヨナ選手に100万ドルを支払うことになった。

  さらに、キム・ヨナ選手はCMモデルとして今まで以上にひっぱりだこになると思われる。2009年の収入も群を抜いているが、それを大きく上回る広告収入が予想される。(編集担当:金志秀)







キム・ヨナの行為は五輪憲章違反に抵触していると思われる方、  
↓コチラをクリックお願いします。 ↓コチラもクリックお願いします♪ 
  ブログランキング・にほんブログ村へ  人気ブログランキングへ
     (にほんブログ村)      (人気ブログランキング)

    応援ポチが更新の励みです。ありがとうございます

テーマ:フィギュアスケート - ジャンル:スポーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。