浅田真央と水蜜桃

 浅田真央選手・高橋大輔選手を中心に、
 フィギュアスケートの動画を紹介するブログです。
 採点の疑問も記事にしています。
 

09月« 2017年10月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»11月
BLOGTOP » 2010.2 バンクーバー五輪 » TITLE … 浅田真央vsキム・ヨナ。評価されない大技と匿名審判の是非。

浅田真央vsキム・ヨナ。評価されない大技と匿名審判の是非。

2010-2-28-9.jpg 2010-2-20-5.jpg 2010-2-20-6.jpg

バンクーバー冬季五輪の熱が冷めやらないワイドショーでは、キム・ヨナ選手を持ち上げるために、浅田真央選手を下げる発言が無責任に繰り返されています。
日本のテレビで外国人選手を褒めても良いとは思いますが、真央ちゃんを下げる必要があるんですか?
金メダルのヨナに褒める所が無いから、銀メダルの真央ちゃんを下げるしか方法がないだけでしょ?
大技も代名詞になるエレメツも持たない金メダリストだから、扱いに困ってるのが実情なんでしょ?

大技が評価されないフィギュアスケートの新採点方式に対し、おかしいと声をあげ続けてくれる現役選手・OB選手がいます。
ストイコ氏の「全力を出さないで勝てるスポーツが他にあるのか?」は、端的にして的確な名言です。
私の周りの普段はフィギュアに関心が無い人達も、五輪での試合を見て、採点基準のおかしさに疑問を抱いた人が多いです。
電通の嫌がらせ マスコミの印象操作に惑わされない人達がいてくれて、救われる思いがしました(T△T)

新採点方式の良さって何ですか?
ソルトレイク事件の二の轍を踏まない為に旧採点方式が見直されましたが、新採点方式になって何か変わったのでしょうか?
採点競技には疑惑がつき物ですが、成長が見られたとは思えません。
技術が向上しない上に談合し放題では、新採点方式は改悪だったと断じられても仕方ないでしょう。

五輪の真央vsヨナと新採点方式について、管理人の私見を少し-。
FSで真央ちゃんが他のジャンプでミスした事で、「得点はともかく順位は妥当」という言葉のマジックが流布されましたが、もし真央ちゃんがノーミスの演技をしていたとしても、あの銀河点は越えられなかったでしょう。
新採点方式は絶対評価です。採点の矛盾を問うには、真央ちゃんの演技がどうだったかは横に置いて、ヨナがあの銀河点に相応しい演技をしたのかが争点にされるべきだと思います。

今後のルール改正では、「回転不足に対し中間点を設ける」という案が出ているそうですが、疑惑だらけの回転不足の判定の仕方から改めてもらいたいし、なぜ単純な減点ではいけないのか理由が分かりません。
現在は、特定の選手の回転不足の見逃しが横行しているのはすでに疑惑ではなく、二重減点は敗者にしたい選手の点数を下げるために用意された、と言われても仕方ない状況です。
中間点を設けるだけでは、世の人々の疑惑と疑問が解消されるとは思えません。
ルール改正も必要ですが、地に落ちた審判への信頼を取り戻すには、ジャッジの匿名化を廃止する必要があると思います。
そもそも匿名にする理由が一方的すぎるし、他に審判が匿名のスポーツってあるんでしょうか?

このままでは、プルシェンコ選手の言う通りフィギュアスケートは退化し、アイスダンスとの区別が付かなくなりかねません。
フィギュアがフィギュアでいられるよう、連盟は職権乱用による利権に溺れず、自分達のやるべき仕事を見つめ直して欲しいです。

続きを読むに、ネットニュースを引用。

♪ 続き ♪

「大技に低評価」続く論議

<五輪「完成度」重視で北米側に軍配>
 ライサチェク(米)が逆転優勝を飾ったバンクーバー五輪のフィギュアスケート男子で、銀メダルのプルシェンコ(ロシア)が、採点基準の不公平さを訴える一幕があった。女子の浅田真央(中京大)のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)でも指摘されたが、新採点基準が高難度技を十分評価しないとの議論は根強い。(バンクーバーで、結城和香子)

<3回転半、4回転 新採点基準の壁>
「今の採点基準は4回転ジャンプを正当に評価しない。皆が4回転への挑戦をやめたら、競技は停滞する」――。プルシェンコはフリーでも4回転―3回転の連続ジャンプを決めたが、4回転を回避して完成度で勝負したライサチェクを技術点で1・86点下回り、金メダルを逃した。浅田は五輪の女子で史上初めて2度のトリプルアクセルを成功させたフリーで、3回転―3回転を武器にした金妍児(キムヨナ)(韓国)と、技術点で13・62点の大差がついた。敗れた2選手は、大技以外のジャンプでミスが出たが、トリプルアクセル―2回転ジャンプの基礎点が、3回転―3回転より低いように、大技や歴史的快挙の「意義」が、以前ほど得点に反映されないのも事実だ。

 ロシア陣営などからの不満に対する、国際スケート連合(ISU)のチンクワンタ会長は「ジャンプはスピンやステップといった要素の一つでしかない。今の採点基準は、フィギュアスケートの持つさまざまな側面を総合的に評価するものだ」と反論した。

金を指導したカナダのオーサー・コーチは、採点基準の攻略法をこう語る。「カギは完成度。要素を流れの中でミスなくこなした時、フリーの12要素で得られるGOE(出来栄えを示す評価点)のプラス分と、加算されるプログラム構成点を考えれば分かる。大技を決めても他で得点を取りこぼすのでは意味はない」。金はフリーのGOEだけで17・40点と、浅田の倍近くを稼いだ。

 新採点基準は2002年ソルトレーク五輪の不正採点疑惑後に導入された。北米は新制度の考案や改定にかかわった人材が多く、採点傾向の変遷にも敏感だ。今回男女の優勝が、完成度を重視した米国・カナダの指導陣の選手で、浅田ら大技にこだわったロシア指導陣の選手が銀だったのは、偶然とばかりも言えない。

 採点基準は毎年見直される。高難度技の基礎点や、大技に挑戦し回転不足となった時の減点幅の緩和などは、今後も焦点となるだろう。
(2010年3月9日 読売新聞)

回転不足で「中間点」導入へ=高難度ジャンプ挑戦を促進-国際スケート連盟

【バンクーバー時事】フィギュアスケートで回転不足とされたジャンプの基礎点について、国際スケート連盟(ISU)が来季から「中間点」に相当するルールを導入する見通しであることが26日、分かった。五輪終了を受け、6月のISU総会での改正に向けた詰めの議論が行われる。
 現行ルールでは回転不足のジャンプは1回転少ないジャンプと見なされて大幅な減点になるが、その減点幅を縮小し、難度の高いジャンプへの挑戦を促すのが狙い。ISU技術委員会関係者によると、以前から話し合いが続けられていた。
 例えば、バンクーバー五輪女子銀メダリストの浅田真央(中京大)が得意とするトリプルアクセル(3回転半ジャンプ=基礎点8.2点)は、回転不足と判定されると2回転半の基礎点(3.5点)しか付かない。新ルールが導入されれば、二つの基礎点の間の点数が得られることになる。
 近年は高難度のジャンプに対するルール緩和が行われてきた。昨季はトリプルアクセルと4回転の基礎点が引き上げられ、今季からは回転不足のジャンプに対してジャッジが評価点(GOE)を必ずしも減点する必要がなくなった。
 それでも、今回の五輪では、女子でトリプルアクセルを計3度跳んだ浅田が金妍児(韓国)に大差で敗れ、男子では4回転を跳ばなかったエバン・ライサチェク(米国)が優勝した。 (2010/02/28-02:32)  
↓コチラをクリックお願いします。 ↓コチラもクリックお願いします♪ 
  ブログランキング・にほんブログ村へ  人気ブログランキングへ
     (にほんブログ村)      (人気ブログランキング)

    応援ポチが更新の励みです。ありがとうございます

テーマ:フィギュアスケート - ジャンル:スポーツ