浅田真央と水蜜桃

 浅田真央選手・高橋大輔選手を中心に、
 フィギュアスケートの動画を紹介するブログです。
 採点の疑問も記事にしています。
 

05月« 2017年06月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»07月
BLOGTOP » 2010.3 世界選手権 » TITLE … 世界選手権 小塚崇彦 SP4位 自己ベストにガッツポーズ【まとめ】

世界選手権 小塚崇彦 SP4位 自己ベストにガッツポーズ【まとめ】

2010-3-26-17.jpg 2010-3-26-18.jpg 2010-3-26-19.jpg

フィギュアスケート世界選手権で、小塚崇彦選手がの演技でSP4位に食い込む健闘を見せてくれました。

今季ミスの続いたトリプルアクセルも決まり、久しぶりのノーミスにガッツポーズも飛び出し、本人も満足そうでした(^^)
スピンとステップでレベル4を獲得し、自己ベストの84.20をマーク。
やったね崇ちゃん、おめでとー!.+。(ノ^∇^)ノ゚.+。

演技後のインタビューでは、「スポーツをやるからには、やっぱりメダルは欲しい。」とコメント。
3位とは3.50差なので、逆転も可能です。

勝ちたい気持ちがはやると思わぬミスを招いていましますが、8位入賞したバンクーバーオリンピックで自分の演技に自信がついたのか、落ち着いた雰囲気も出てきましたね。
焦らず気負わず、26日のFSを迎えて欲しいです。

♪ 続き ♪

2010-3-26-20.jpg

小塚SP4位、メダル射程圏内

フィギュアスケート世界選手権・男子ショートプログラム(24日、イタリア・トリノ)五輪の大舞台を踏んで成長した21歳の小塚が、持ち味を発揮してメダル射程圏内のSP4位。切れのいい滑りでジャンプもすべて決め「パーフェクトにできたことが自分の中ではうれしい」と会心の笑みを浮かべた。

 「氷が滑りすぎるくらいよく滑る」という感想は、好調の証しだろう。トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)の入りではスピードを「コントロールして落とした」と微妙な修正も忘れなかった。「スピンもステップもうまくできた」と最高難度の「レベル4」を3個獲得した。

 3度目の世界選手権は「落ち着いて自分の足で立っている感じがする」という。以前のようにいれこみすぎず、なおかつ攻める姿勢を忘れず「その調整がうまくできている」と充実ぶりを実感する。3位とは3・50点差。「メダルは欲しいが、そればかり考えても点数は出ない。まずは自分の演技をするだけ」と、言うことも大人びてきた。(共同)

2010-3-26-22.jpg 2010-3-26-21.jpg

小塚、会心の演技にガッツポーズ

フィギュアスケート世界選手権・男子ショートプログラム(24日、イタリア・トリノ)力強いガッツポーズが出た。今大会の公式練習で、日本男子の中で最も調子の良かった小塚が、すべてのジャンプをミスなく決める会心の演技で自己ベストの84・20点をマーク。練習での好調さを必ずしも本番で発揮できなかった課題を、21歳で迎えた3度目の世界選手権のSPで見事に克服。五輪を経験した成果を示した。

 8位だったバンクーバー冬季五輪では日本勢でただ1人4回転ジャンプに成功。銀メダリストのプルシェンコ(ロシア)からも祝福されたという。「いろいろな人と滑る機会があって勉強になった」と言うように、刺激と収穫に満ちた時間だった。

 高橋が負傷で不在だった昨季の世界選手権では、日本の五輪出場枠獲得を優先し、フリーで4回転ジャンプの挑戦をあきらめた。その大技は、練習で絶好調。8位、6位と年々順位を上げてきている大会に、ことしは思いの丈をぶつけ、表彰台を狙う。(共同)

小塚の話「よかった。パーフェクトにできたことが自分の中ではうれしい。得点はもう少し欲しかったが、欲を言わずに明日(のフリーで)いい点数が出るように滑りたい」  
 ↓コチラ↓をクリックお願いします。 ↓コチラ↓もクリックお願いします♪ 
  ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
       (にほんブログ村)        (人気ブログランキング)

       応援ポチが更新の励みです。ありがとうございます

テーマ:フィギュアスケート - ジャンル:スポーツ