浅田真央と水蜜桃

 浅田真央選手・高橋大輔選手を中心に、
 フィギュアスケートの動画を紹介するブログです。
 採点の疑問も記事にしています。
 

07月« 2017年08月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»09月
BLOGTOP » 2010.3 世界選手権 » TITLE … 世界選手権 高橋大輔 4回転フリップで日本人初優勝【まとめ】

世界選手権 高橋大輔 4回転フリップで日本人初優勝【まとめ】

2010-3-27-1.jpg 2010-3-27-2.jpg 2010-3-27-5.jpg

フィギュアスケート世界選手権で、高橋大輔選手が日本人初の金メダルに輝きました!

前日には回避の可能性も示唆していた4回転をフリップで挑み、残念ながら両足着氷の回転不足となりましたが、得意のスピン・ステップではレベル4を獲得。
持ち味の感情あふれる演技力で高い演技点を出し、2位を10点以上引き離しました。
SP・FS共に首位の完全優勝です。
大ちゃんすごいね!おめでとー!.+。(ノ^∇^)ノ゚.+。

日本の男子はすごーく強くなりましたし、大ちゃんはアピールも上手くなって華やかさが増しましたね。うっとり❤(´∀`人)

8位だったトリノオリンピックが行われたのが4年前、バンクーバーオリンピック上位4名が欠場して、4度目の世界選手権で4回転フリップで金メダル…と、トリノは4に縁がある場所?(*^~^*)
4年前と同じ最終滑走でしたが、現在の偏差値は4年前を大きく上回っていますね。

4回転フリップを跳ぶと決めたのは演技が始まってからだと言うので、本当にギリギリまで迷っていたんですね。
今回は回転不足でしたが、転倒は避けられたし、次につながる良い演技になったのではないでしょうか。

100回目の世界選手権として、1つの大きな節目となる大会で金メダルに輝けた事はとても素晴らしいですね。
バンクーバーの上位4人が欠場した事で、「この中では金メダルを取りたい、オリンピック銅はまぐれだったと言われない演技をしたい。」と話していましたが、見事に実力を証明してくれました。

これまでの世界選手権での日本男子の最高記録は、2007年の大ちゃんの銀メダルでした。
彼自身が自らの記録を超えられたのは、大きな自信につながる事だったと思います。

五輪直後は世界選手権を最後に引退の可能性も示唆されましたが、現在は来季も続行する前提で発言しています。
来季では、世界初の4回転フリップが決まる瞬間が見られるかも知れません。
花も実もあるエースの来季の活躍が楽しみです♪

続きを読むに、ネットニュースのまとめ。

♪ 続き ♪

2010-3-27-4.jpg 2010-3-27-3.jpg

高橋が今季世界最高点!日本男子史上初の優勝

◆フィギュアスケート世界選手権第3日(25日・トリノ) 男子はショートプログラム(SP)で首位に立ったバンクーバー冬季五輪銅メダリスト、高橋大輔(24)=関大大学院=がフリーもトップの168・40点をマーク。五輪でエバン・ライサチェク(米国)が出した257・67点を上回る今季世界最高の合計257・70点で日本男子史上初の優勝を果たした。日本男子の過去最高成績は2007年大会の高橋の2位。女子は過去に伊藤みどり、荒川静香や浅田真央(中京大)ら5人が世界選手権を制している。

 高橋は決めれば史上初の4回転フリップこそ回転不足に終わったが、持ち味のステップ、スピンはすべてが最高難度のレベル4で。表現力を示す演技点は群を抜き、2位に10点以上の大差をつける圧勝だった。パトリック・チャン(カナダ)が247・22点で2大会連続の2位となり、ブライアン・ジュベール(フランス)が3位。五輪8位の小塚崇彦(トヨタ自動車)はSPから順位を6つ落として216・73点の10位だった。

 アイスダンスはオリジナルダンスを終え、キャシー・リード、クリス・リード組(木下工務店ク東京)は16位。女子は、26日にSPを実施する。

 高橋大輔「パーフェクトではなかったけど、楽しく滑ることができた。(4回転は)跳ぶ瞬間につまずいたけど、この場で挑戦できて次につながる。五輪のメンバーが全員出ていなかったので100パーセント満足とはいかないけど、いいステップになる」

 長光歌子コーチ「本人の頭の中では今季は五輪でおしまいだった。無理やり引っ張ってきて、戦えるか心配だったが、ここへ来てよかった。今季はいろいろとあったが、ドラマでさえくさいような結末になった」

◆高橋大輔(たかはし・だいすけ)1986年3月16日、岡山・倉敷市出身。23歳。倉敷翠松高から関大へ。現在は関大大学院2年生。8歳からスケートを始め、高2の2002年世界ジュニアを日本人として初制覇。06年トリノ五輪8位。07年世界選手権で日本男子最高の銀メダル。全日本は05年から3連覇。08年四大陸選手権で男子世界歴代最高の264.41点で優勝。ことし2月のバンクーバー冬季五輪で3位となり、フィギュア日本男子初の五輪メダリストとなった。同郷の有名人にB’Zの稲葉浩志(津山市)、浅草キッドの水道橋博士(倉敷市)。趣味は読書、音楽鑑賞。165センチ。血液型A。家族は両親と兄3人。
(2010年3月26日08時44分 スポーツ報知)

2010-3-27-8.jpg 2010-3-27-9.jpg 2010-3-27-10.jpg

高橋、トリノで“4度目”正直

フィギュアスケート世界選手権第3日(25日、イタリア・トリノ)2006年冬季五輪の舞台で、高橋大輔選手(24)=関大大学院=が日本男子初の世界チャンピオンに輝いた。五輪マークが残り、配色も当時のままの会場で「4年前の五輪で悔しい思いをしたので、それを返せた」と声を弾ませた。

 トリノ五輪で8位に終わった後、高橋はトリノで二つの大会に出場した。07年1月のユニバーシアード冬季大会では優勝したが、演技中にズボンを止めるヒモが切れるアクシデントに見舞われた。同年12月のグランプリ(GP)ファイナルは、ジャンプ構成のミスで逆転を許し2位。長光歌子コーチが「2回転ジャンプをあと1度でも跳んでいれば勝っていた」と振り返る小差で、日本男子初の優勝を逃した。

 2シーズンぶりに訪れた会場では無数の日の丸が揺れた。情感を込めた演技で観客を沸かせ、高橋選手は「日本のファンがたくさん来ていて助けになったし、フリーはイタリア映画の曲なのでイタリアの方も後押ししてくれた」と感謝した。大会前に「トリノは嫌だな。場所が悪い」とこぼされていた長光コーチは、思い出の地での快挙に「4度目の正直になった」と感慨深げだった。

2010-3-27-12.jpg 2010-3-27-13.jpg

高橋大輔「無謀な挑戦だったが あれだけ言ってきたので」

日本男子初の優勝を飾った高橋は、終始笑顔で快挙を振り返った。

 ―初優勝の実感は。

 「それはある。ほかに(五輪上位の)4選手くらいが出ていなかったので、その中では優勝したいというのがあった。(2006年五輪で)悔しい思いをしたトリノで最高の演技ができた」

 ―優勝候補の重圧は。

 「なぜか重圧はなかった。応援してくれるファンのために滑った」

 ―4回転に挑んだ。

 「跳ぶと決めたのは演技が始まってから。けがをする前は試合で成功していたので、前の自分に戻りたくて挑戦している。無謀な挑戦だったが、あれだけ4回転を入れなければいけないと言ってきたので…」

 ―今後の目標は。

 「これに甘えず、進化しなければ。来年は日本での世界選手権。みんなが照準を合わせて気持ちも入った中で、また金メダルを取りたい」 (共同)  
↓コチラをクリックお願いします。 ↓コチラもクリックお願いします♪ 
  ブログランキング・にほんブログ村へ  人気ブログランキングへ
     (にほんブログ村)      (人気ブログランキング)

    応援ポチが更新の励みです。ありがとうございます

テーマ:フィギュアスケート - ジャンル:スポーツ