浅田真央と水蜜桃

 浅田真央選手・高橋大輔選手を中心に、
 フィギュアスケートの動画を紹介するブログです。
 採点の疑問も記事にしています。
 

07月« 2017年08月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»09月
BLOGTOP » 2010.3 世界選手権 » TITLE … フィギュアスケート世界選手権 小塚崇彦 4回転ミス10位【まとめ】

フィギュアスケート世界選手権 小塚崇彦 4回転ミス10位【まとめ】

2010-3-27-17.jpg 2010-3-27-15.jpg 2010-3-27-16.jpg

フィギュアスケート世界選手権で、小塚孝彦選手がSP4位から大きく順位を落とし、10位に沈んでしまいました(>△<)

前日のSPではノーミスの演技で4位となり、3位に3.50点差に迫る逆転を狙える好位置につけていました。
SP演技後のインタビューで、「スポーツをやるからには、やっぱりメダルは欲しい。」と話していましたが、少し意識しすぎてしまっていたのかも知れませんね。

バンクーバーオリンピックで初成功した4回転で転倒した事で動揺し、立て直しが間に合わずに終わってしまった印象でした。
練習でも4回転は好調だったそうですが、リンクには魔物が棲んでいますね。

崇ちゃんのパーフェクトな演技が見たかったので残念ですが、来季は4回転ジャンパーとして活躍してくれる事を期待します。

続きを読むに、ネットニュースのまとめ。

♪ 続き ♪

2010-3-27-18.jpg 2010-3-27-19.jpg

小塚、好調の4回転に落とし穴

フィギュアスケート世界選手権第3日(25日、イタリア・トリノ)練習で絶好調だった小塚がフリーで崩れた。4回転ジャンプで転倒し、2度のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)も不発。得点源の大技でミスが相次いでSP4位から一気に10位まで後退し、演技が終わると思わず天を仰いだ。

 最難関の4回転ジャンプの好調さが、思わぬ落とし穴をつくっていた。「練習で4回転を外さなかったから、失敗した時の気持ちの持ち方が抜けていた」。挽回(ばんかい)しようと力が入り、連鎖的にミスが出た。

 メダルがちらつく好位置も心身に微妙に作用したようだ。6分間の直前練習ではステップで転倒する珍しいミス。「緊張していたのかも。体が動いているつもりが動いていなかったのかな」と首をひねった。過去2度の世界選手権で8位、6位と階段を上がってきた21歳が、好機だった3度目の舞台で手痛い教訓を得た。(共同)

小塚の言葉「跳べると思っていた4回転で失敗したのが後に響いてしまった。トリプルアクセルは失敗しないように力を入れて跳ぶ悪い癖が出た」

高橋、世界フィギュア日本人初V!小塚は10位

SPで4位に付けていた小塚崇彦(トヨタ自動車)は、五輪で成功させた4回転トーループで転倒、2度のトリプルアクセルも成功ならず、フリーの得点は132・53と伸び悩み、合計で216・73点の10位に終わった。2位には堅実な演技で合計247・22点を獲得したカナダののパトリック・チャン、フランスのブライアン・ジュベールが3位に続いた。

 
↓コチラをクリックお願いします。 ↓コチラもクリックお願いします♪ 
  ブログランキング・にほんブログ村へ  人気ブログランキングへ
     (にほんブログ村)      (人気ブログランキング)

    応援ポチが更新の励みです。ありがとうございます

テーマ:フィギュアスケート - ジャンル:スポーツ